仕事 覚えられない 病気 障害

Pick up news !!

仕事が覚えられないのは病気?慣れるまでの期間と覚えるコツ!

仕事が覚えられないのは病気?慣れるまでの期間と覚えるコツ!

 

これまでに経験のない仕事を始めたばかりのときは、「仕事が覚えられない」と悩むことも多いものです。

 

もしかしたらあなたも、そんな風に悩んでいるかもしれません。また仕事覚えについては、以下の様な悩みや疑問が出てくることもあります。

 

「どうして事務の仕事が覚えられないんだろう?」
「仕事を詳しく教えてもらえない。どうすればいい?」
「他の人はどうやって仕事を覚えたんだろう?」
「なかなか仕事が覚えられないのは病気なのかな?」

 

そこで今回は、仕事が覚えられない原因や覚え方のポイントなどをご紹介していきます。また記事後半では、事務の仕事が苦手で覚えられない人向けのミス対策や、業務効率化のポイントについてもまとめています。

 

仕事覚えについて悩んでいる方は是非チェックしてみてくださいね。

 


目次
  1. 仕事が覚えられない!病気や発達障害の可能性はある?
  2. 仕事が覚えられない期間ってみんなどれくらい?未経験職種や中途採用はそもそも覚えにくいもの?
  3. 事務の仕事が苦手で覚えられない!事務職、事務仕事に特化したミス対策&効率化まとめ
  4. 仕事の要領が悪い!早く覚えるコツと改善のポイントまとめ!

仕事が覚えられない!病気や発達障害の可能性はある?

仕事が覚えられない!病気や発達障害の可能性はある?

 

仕事が覚えらえないのは、病気や発達障害の可能性もあるのでしょうか。ここでは、仕事が覚えられないと感じた場合にチェックしたいポイントについてご紹介させて頂きます。

 

また、仕事が覚えらないときの対処法についてもお届けしますので、ぜひご覧になってください。

 

「仕事が覚えられないのが辛い…」自分は病気かも!?と感じた場合にチェックしたい3つポイント!

「仕事が覚えられないのが辛い…」自分は病気かも!?と感じた場合にチェックしたい3つポイント!

 

ここでは、仕事が覚えられない場合に「自分は病気かも」と感じた場合にチェックしたい3つのポイントをご紹介致します。

 

今の仕事に興味はある?仕事が覚えられないのは興味がないのが原因?

 

「仕事をなかなか覚えることができない」と私って病気かも?と不安になりますよね。そんなときは、今の仕事に興味や関心があるのか考えてみた方が良さそうです。

 

今の仕事が「もともと興味のない仕事だった」のか「興味はあったが最近やる気が低迷してきた」のかで大きな違いが生まれます。

 

もし自分が今の仕事に対してもともと興味がない状態で続けているのなら、本来欲しいキャリアやスキルが手に入る可能性が低くなりますので、やる気や興味が低迷するのもある意味では当然でしょう。

 

興味のない仕事の方は、やる気が低下しますから、仕事を覚えるスピードも低下しますよね。

 

また、今の仕事に興味があったのに最近興味がなくなってきている場合には、心身ともに疲労がたまっており、休息が必要な場合があります。

 

急な気分の落ち込みや、やる気の低下はうつ病など病気の可能性も隠れているため注意が必要です。

 

仕事が覚えられないから病気かもと思う場合には、今の仕事にもともと興味があったのか、最近興味がなくなったのかを確認してみてください。

 

あなたの職種は?医療事務や介護職など覚える事が多い仕事は覚えられなくて仕方ないかも?

 

あなたが仕事を覚えることができないと不安になり、私って病気かもと感じる気持ちはわかります。ただ、そもそも仕事の業務範囲自体が広くて難しいということはありませんか?

 

たとえば医療事務であれば、患者様の受付から初診の対応、さらにはレセプトの作成、院内の清掃、診療予約状況の確認、診療室へのご案内など非常に広範囲な業務があります。これらの業務を短期間で覚えることは、難しいでしょう。

 

また、介護職に関しても利用者様の既往歴、認知症の度合いに応じた介護サービスを提供しなければなりません。

 

サービスを提供する利用者様に応じて、症状の度合いは異なりますから、これらの情報をすぐに覚えるのは難しいでしょう。

 

このように、業種や職種によっても仕事を覚えるためにかかる時間は異なるのです。

 

もしあなたが、仕事を覚えるのに時間を要しているのなら、業務範囲が広い可能性がありますので、焦らずゆっくり習得を目指しましょう。

 

仕事を覚えられないのは真面目な性格が関係している!

 

「なんで私は仕事を覚えられないのだろう」と落ち込んでしまう人も多いかと思います。実はそんな人ほど真面目で頑張り屋さんが多いです。

 

完璧主義で真面目な人ほど、確実に仕事を覚えようとメモを取ったり、1つの作業を確実に行っているはず。これは真剣に仕事に向き合っている証拠であり、悲観することはありません。

 

人それぞれ仕事を覚えるスピードは異なります。体で覚えるタイプ、メモをとってしっかり覚えるタイプとさまざま。だからこそ覚えるスピードに違いがあって当然なのです。

 

もしあなたが完璧主義で真面目なタイプなら、周りから仕事を覚えるスピードが遅いなどと言われても、あまり気にせず着実に仕事を覚えましょう。

 

何年も業務をこなしている社員と入社して間もないあなたを比べる必要はありません。何年も仕事をしている社員が出来て当然なのです。

 

未経験職種や中途採用の場合は仕事を覚えられない事が多い!?

未経験職種や中途採用の場合は仕事を覚えられない事が多い!?

 

未経験職種や中途採用の場合は、なかなか仕事を覚えられない場合があります。

 

職種や業種にもよりますが、専門性が高い分野ですと専門用語が飛び交い何を言っているのかわからない事ありますよね。

 

内定の段階では、未経験でも「その都度教育係がついてくれるから大丈夫」と言われて、安心して入社したのは良いけれど、実際にはわからない事が多すぎて聞くことが出来ないという場合もあります。

 

そのような場合には、一度直属の上司に相談してみることをオススメします。もちろん、勤務中にわからなかった専門用語を調べておき、帰宅後に復習することも重要です。

 

ただ、中途採用のように業界未経験でも社会人としてある一定のレベルが求められる場合には、1から丁寧に教えてもらえず、苦労するかもしれません。

 

まずは、業界に慣れるために教育係とコミュニケーションを密にして、少しでも不明点を聞きやすい環境作りを心がけましょう。

 

仕事が覚えられなくて辞めたい!そんな時は誰に相談すべき?

仕事が覚えられなくて辞めたい!そんな時は誰に相談すべき?

 

仕事がなかなか覚えられない場合には、その悩みを相談することで解決することもあります。ここでは、仕事が覚えられない場合に誰に相談するのが良いのか触れていきます。

 

同期に相談する

 

仕事に関する相談で、最も気軽に相談できるのが同期です。同期が仕事の相談に適している理由は、会社の内情をよく理解していますし、仕事の悩みを共感してもらいやすいからです。

 

具体的な解決策の相談に乗ってくれますし、同期だからこそ愚痴を言う事で、リフレッシュすることもありますよね。

 

同期に相談する際の注意点としては、口が軽い人ではなく、誠実に相談に乗ってくれそうな人を選びましょう。

 

先輩や直属の上司に相談する

 

中途採用などで同期がいない場合は、いつも仕事を教えてもらっている先輩や直属の上司に相談すると良いでしょう。今あなたが悩んでいることは、もしかすると先輩も新人の頃に悩んでいたかもしれません。

 

だからこそ、社会人経験の長い先輩に、悩みを打ち明けてみましょう。もし先輩でも、あなたの悩みが解決できない場合は、直属の上司に相談するのも良い方法です。

 

先輩や直属の上司に相談するときの注意点としては、今抱えている問題を整理して「どのような問題で悩んでいるのか」、「今後どのように改善したいのか」を明確にすることです。

 

単なる愚痴になってしまうと、印象も悪くなりますし、解決に時間がかかってしまいます。

 

家族や友人に相談してみよう

 

仕事が覚えられない悩みを会社の同期や、先輩、上司に相談しても解決できないこともあります。

 

会社自体がパワハラやセクハラなどコンプライアンスに問題がある場合には、会社の人に相談しても客観的な見方が出来ずに、良い解決に繋がらないでしょう。

 

そのようなときは、あなたのことを良く理解してくれる家族や友人に相談しましょう。会社の内情を知らない分、客観的な見方ができますし、冷静に悩みに向き合ってくれるでしょう。

 

もちろん、会社の内情をよく知っているわけではないため、業務内容についてアドバイスをもらうことはできないかもしれません。それでも、あなたの悩みを真剣に聞いてくれ、気持ちもリフレッシュできます。

 

会社の内情が、コンプライアンス上の問題がある場合は、冷静な判断のもと退職を勧めてもらえますよね。

 

転職エージェントに相談するのも有り!

 

家族や友人に相談しても、仕事の悩みが改善しない場合には、転職を視野に転職エージェントに相談するのも有りです。

 

転職エージェントとは、転職サイトと異なり選任のキャリアアドバイザーがあなたの職歴や経歴を判断し、ぴったりの求人を探してくれます。

 

求人の紹介だけでなく、履歴書や職務経歴書の添削、面接対策もしてくれるため、難しい手続きはありません。

 

自分の性格や経歴にあった仕事を1から見つけるのは難しいですから、転職のプロに任せて、転職先とのミスマッチを防ぐのも有効な手段です。

 

少しでも興味のある方は、無料会員登録をしてみてください。

 

人気の転職サービス 地域/紹介職種/サービスタイプ オススメスポット
type転職エージェント

関東中心
総合転職
転職エージェント

転職した71%が年収UP
・アドバイザーが年収交渉
・事務職の転職にも強い!
・女性の転職にも強い!

転職サイトdoda

全国対応
総合転職
転職サイト・エージェント

・転職サイトとしても利用可
・営業職やIT分野に強い!
求人数が圧倒的!

マイナビエージェント

全国対応
総合転職
転職エージェント

・20代と第二新卒に強い!
・幅広い職種、業種が揃う
非公開求人も豊富


仕事が覚えられない期間ってみんなどれくらい?未経験職種や中途採用はそもそも覚えにくいもの?

仕事が覚えられない期間ってみんなどれくらい?未経験職種や中途採用はそもそも覚えにくいもの?

 

ここでは、仕事が覚えられない期間についてそもそもどれくらいなのか見ていきましょう。

 

中途採用や未経験職種の場合は、仕事に慣れるまで何日くらいかかる?

中途採用や未経験職種の場合は、仕事に慣れるまで何日くらいかかる?

 

中途採用や未経験職種の場合には、仕事に慣れるまでどのくらいの期間が必要なのでしょう。知恵袋を参考に同じ悩みを持つ方の意見をご紹介します。

 

未経験や中途採用で職場に慣れるまでは3ヶ月以上必要!

 

未経験や中途採用で職場に慣れるまでは3ヶ月以上必要!

未経験や中途採用で職場に慣れるまでは3ヶ月以上必要!

 

アルバイトとして入社して、3週間のお悩みです。まだ3週間という段階では、全体の流れや業務内容を理解するまでに時間がかかりますね。

 

回答者の意見にもある通り、3ヶ月が経過すると、なんとなく全体の流れや業務について理解が深まる場合が多いです。

 

同じ時期に入社した方がいると、自分と比較をして「なんで私はできないの?」と悲観しがちです。しかし、仕事に慣れるまでには多くの場合数ヶ月単位の時間がかかります。

 

焦る気持ちを少しだけ抑えて、じっくり半年以上かけて仕事を覚えるつもりで臨みましょう。

 

慣れるまでの時間は人それぞれ!1年以上かけても大丈夫

 

こちらの質問に対する回答者は、仕事に慣れるまで1年以上かかったということです。1年以上かかっとしても、着実に覚えられるのなら問題ありません。

 

早く覚えられない焦りから、仕事上でミスをするのなら、じっくり覚えて確実にマスターできると良いですね。

 

慣れるまでの時間は人それぞれ!1年以上かけても大丈夫

慣れるまでの時間は人それぞれ!1年以上かけても大丈夫

 

仕事を覚える期間は人それぞれ。仕事の内容や、同僚・上司とのコミュニケーション、社内の雰囲気、通勤時間などトータルで慣れるまでには相当の時間が必要です。焦らずにじっくり仕事に向き合ってみてください。

 

入社3日目で仕事が覚えられないのは当たり前!

入社3日目で仕事が覚えられないのは当たり前!

 

ここまでご紹介した通り、業界未経験や中途採用の場合には、仕事の流れや会社の雰囲気、人間関係に慣れるまでに早い人でも数ヶ月はかかります。

 

このようなことから、入社3日目や1週間で仕事を覚えられないのは当然のことです。

 

中には仕事を覚えるのが早い人もいますが、そのような人は特例だと考えて、焦らずに仕事を習得しましょう。わからないことを恥だと思わないで、素直に質問して習得してみましょう。

 

就職や転職後、1ヶ月経っても仕事が覚えられないのは普通?

就職や転職後、1ヶ月経っても仕事が覚えられないのは普通?

 

ここまでご説明した通り、仕事を覚えるのに1年かかる人もいます。単純に、仕事を覚える期間だけを見ると、長いと感じる人もいるかもしれません。

 

しかし、時間をかけてじっくり確実に仕事を覚えた人と、短期間で曖昧に仕事を覚えた人では、前者の方が今後スムーズに仕事を進められる可能性が高いです。

 

就職や転職してまもなくは、焦りが生じるかもしれませんが、覚えられない仕事はメモを取ったり、先輩に聞くなど工夫をしましょう。

 

働き出してから3ヶ月経っても仕事が覚えられないのは注意が必要!?

車の買い替えに必要な準備や流れ、手続きについてまとめました!

 

働き出してから3ヶ月経っても仕事が覚えられないのは、異常ではありません。

 

ただ、「焦燥感から連日眠れなくなった」、「一人だと仕事に集中できるのに、周囲に人がいると集中できない」、「仕事上のミスが増えて怖い」、「不安が増していく」などの身体的・精神的に支障をきたす症状が現れる場合には、注意が必要です。

 

職場の環境に馴染めずに、精神的な病気にかかるリスクもあります。このような場合には、医療機関を受診したり、リフレッシュする時間を設けましょう。


事務の仕事が苦手で覚えられない!事務職、事務仕事に特化したミス対策&効率化まとめ

事務の仕事が苦手で覚えられない!事務職、事務仕事に特化したミス対策&効率化まとめ

 

ここでは、「事務の仕事が苦手で覚えられない」という方におすすめの事務職、事務仕事に特化したミス対策、効率化するための方法をご紹介します。

 

事務職に就職、転職した方で仕事の悩みを抱える方は、ご覧になってください。

 

事務仕事ができる人、出来ない人の違い!そもそも向いていない人もいる?

事務仕事ができる人、出来ない人の違い!そもそも向いていない人もいる?

 

事務仕事ができる人

 

事務職は、資料作成やファイリング、データ入力、電話や来客対応と非常に多くの業務があります。

 

事務仕事はこれらの仕事を同時にすすめる能力が要求されますので、どのような状況でも臨機応変に対応できる人物ができる人といえます。

 

また、内外問わず多くの人と関わることが多いため、気配りや接客する力も必要なのです。つまり、事務職は誰にでもできる仕事ではありません。複数の能力が必要なのです。

 

事務職が出来ない人

 

事務職は、ルーティンワークが苦でない人が向いています。毎日同じ作業を繰り返し、事務の仕事にはミスは許されないことから、細部まで詳細な見直しも必要。

 

また、1円でも入力が間違っていると、正しい数字を入力しなければなりません。

 

毎日のデスクワーク、ルーティンワークと細かい作業が苦手という人は事務職には向かない場合もあります。

 

さらに、毎日同じ作業をしていれば良いというわけではなく、急な来客や電話対応もしなければなりません。これらの事情を踏まえると、柔軟な対応力も求められます。

 

事務職が難しい!嫌いだと言う人の為のミス対策

事務職が難しい!嫌いだと言う人の為のミス対策

 

事務職は複数の業務を同時進行で行う必要があり、少しのミスも許されない重要な書類を作成する仕事です。それだけに仕事上のミスを減らす努力を会社ごとにしているはずです。

 

ここでは、事務職が難しい、嫌いだという人のためのミス対策をご紹介させて頂きます。

 

マニュアル通りにしっかり業務する

 

会社によっても異なりますが、多くの会社でマニュアルにより事務職の業務内容が記されています。事務職に慣れるまでは、大変かもしれませんが、マニュアルをしっかり読み込み業務を行ってください。

 

もしマニュアルが古く現在の業務内容が反映されていない、見づらいなど改善の余地がある場合は、ためらうことなく先輩や上司に相談しましょう。マニュアル自体に問題があると、判断ミスにつながりかねません。

 

人によるミスを減らす

 

人が行動するためには、「認知→判断→行動」というプロセスが必要です。上司から言われたことや先輩からの教えをしっかり認知する必要があります。

 

たとえば、事務仕事が嫌いで、先輩や上司の話をうまく認知できないと、内容を把握できずに間違った判断を下し、間違った行動に移してしまいます。

 

これらの悪い流れを阻止するためにも、周囲の話しをしっかりと聞き、何を言っているのか把握しましょう。もし、少しでも不安に感じることはわかるまで質問してください。

 

そうすることで、認知もしっかりでき、適切な判断を下せるようになります。わからないことをわからないままにしなければ、ミスは自然に減少します。

 

周辺機器の使い方をマスターする

 

事務職は、多くの周辺機器を使用しますよね。パソコン、コピー機、FAX、電話をはじめエクセルなどの表計算から、ワードなどの文章入力アプリまで幅広いです。

 

また会社によって独自システムを導入している場合もあり、それら全ての使い方をマスターする必要があります。

 

これらの周辺機器をしっかりマスターしていないと、入力ミス、計算ミス、顧客対応のミスにつながります。だからこそ、周辺機器の使い方についても、不明なままにしないで、しっかりと同僚や上司に使い方を確認しておきましょう。

 

さらにパソコンの場合には、重要な書類をしっかりフォルダ分けをし、瞬時にどこにどのファイルがあるのか整理しておくのも有効なミス対策につながります。

 

コミュケーション不足がミスを招く

 

事務職が嫌いだ、苦手という人の中にはコミュニケーション不足に陥っている人も多く見られます。

 

また、職場によってはパソコンに向かってシーンとした環境のオフィスもあり、このような状況では、新入社員にとっては不明点を聞きづらいです。

 

だからこそ、わからない部分をそのままにしてしまうなどミス発生につながる要因が増えてしまいます。

 

もし職場自体が聞きづらい環境の場合は先輩や上司に、環境改善の相談をしてみるのも良い方法です。

 

また、コミュニケーションが不足しているなと感じているのなら、休憩時間に相談したり、できる限りの対策を打ちましょう。

 

事務仕事の覚え方のコツ!工夫や効率化する事で格段に楽になる!?

事務仕事の覚え方のコツ!工夫や効率化する事で格段に楽になる!?

 

ここでは、事務仕事を覚えるためのコツや効率化するためのポイントをご紹介させて頂きます。事務職についている方で、仕事がなかなか覚えられないという方も参考にしてください。

 

全体の流れをまとめておく

 

事務仕事は、業務範囲が多く、全体の流れを把握するまでが大変ですよね。多くの人が出社して「次何をしたら良いのだろう」と悩んでしまいます。

 

そのようなときは、教育担当や先輩にまず全体の流れについて聞いておきましょう。大体で良いので全体の流れを紙やアプリケーションを利用して、タイムスケジュールとして管理します。

 

業務全体の流れ

@9時出社
来客予定や営業との打ち合わせ予定を確認する。その後、部署の清掃をする。

A9時30分業務開始
電話対応、商品の受発注、在庫管理、伝票作成の順にすすめる。締め切りが近いものは午前中に提出する。

B13時
朝出社時に確認した来客対応。お客様を会議室へご案内し、お茶を出します。

C14時
出張から戻った社員と案件に関する会議を行い提出資料の期限と内容を把握する。

D15時
各案件に必要な資料や道具類を準備する。

E18時
明日のスケジュールを把握してから退社する。

 

このように、タイムスケジュールで全体の流れを管理していくと、仕事への理解が深まります。

 

メモを取るときは要点をおさえる

 

事務職は書類の記入や、データ入力が複雑ではじめのうちはミスをしてしまう方も多いですよね。そのような場合には要点をおさえたメモの取り方が重要です。

 

たとえば、わからない箇所のやり方を全てメモするのではなく、キーワードだけ記載すると良いです。全てメモしてしまうと、文章も長くなり、何を書いたメモかもわからず、効率が悪いです。

 

メモ帳に見出しと箇条書きで要点のみを記載します。

 

〇〇書類作成時の注意点

@全ての書類に目を通す
A同じ書類を付箋でカテゴリ分けする
Bカテゴリ分けした書類の提出期限を確認し優先順位を決める
C優先順位が高い順に、パソコンや手帳にスケジューリングする

※優先順位が高い書類には赤色の付箋を貼る!

 

このように、メモの取り方をその業務ごとにわかりやすくまとめましょう!

 

自分ルールを作成する

 

事務仕事は、覚えることが複数あり、なかなか思うように進まないこともありますよね。そのようなときは、自分だけのルールを作成しましょう。考えてもわからない仕事をいつまでも抱えていても他の仕事に影響が及ぶだけです。

 

そのようなときは、10分考えて解決策を見つけられなかったら先輩や上司に相談するというルールを作るのです。

 

このルールがあると、自分だけで解決する能力もつきますし、悩んだ末わからないことは経験値の高い先輩に教えてもらえるので、必要以上に周囲を質問づけにする必要もありません。

 

考えてもダメなものは、割り切って聞くという姿勢を徹底しましょう。

 

余裕をもったタイムスケジュールを作成する

 

事務の仕事は、急な来客や電話対応など予測できないことも発生します。多くの人は、1日のタイムスケジュールを決めていると思いますが、このスケジュールがカツカツだと時間になってもタスクが完了しない事態に陥ります。

 

そのため、タスク管理をするときは、1時間多く見積もってスケジューリングするなどの工夫が必要です。

 

そうすることで、余裕を持ったタイムスケジュールが完成し、その日の業務を気持ち良く完了できます。

 

情報を整理しておく

 

事務仕事は、提出する書類がたまったり、パソコン内部も資料でごちゃごちゃになりがち。このような状態を放置しておくと、資料を探すにも時間がかかり仕事効率化につながりませんよね。

 

そのような場合は、「情報を整理する」ことが重要。書類であれば、カテゴリ別に付箋を貼ってまとめておきましょう。

 

また、パソコン内部であれば資料ごとにフォルダ分けをし、誰が見てもどこに何があるのか区別できるようにするのです。

 

それだけでなく、デスク周りもホッチキスや付箋、テープ、筆記用具、請求書などがすぐに取り出せるようにレイアウトにも工夫をします。

 

もっとも使う頻度が高いものは、手の届きやすいところに配置しましょう。また、収納グッズを活用してデスク周りを整理するのも良い方法です。


仕事の要領が悪い!早く覚えるコツと改善のポイントまとめ!

仕事の要領が悪い!早く覚えるコツと改善のポイントまとめ!

 

「自分はなんて仕事の要領が悪いのだろう」と自分が情けない気持ちになったという方もいらっしゃるはず。そんなときは、自分の仕事の要領を一度見直してみるのも良いですよ。

 

ここでは、仕事を早く覚えるためのコツや改善のポイントをご紹介します。

 

仕事の要領が悪い人と良い人の3つの違い!

仕事の要領が悪い人と良い人の3つの違い!

 

時間管理の仕方で差が出る

 

仕事ができる人は、今日やらなければならないタスクに関する時間管理を、正確に割り出します。

 

たとえば、複数の請求書を作成するにしても会社ごとに余裕のもった時間を算出してスケジュールに落とし込みます。

 

その一方で、仕事の要領が悪い人の場合、なんとなく経験値でスケジュールを管理している場合が多いです。「この案件なら大体これくらいだろう」と憶測で算出してしまいます。

 

もしあなたが時間管理を苦手としているのなら、まずは作業内容を正確に把握し、それに応じた時間管理をしてみてください。

 

余裕のもったスケジュールを管理するためには、正確な時間にプラス1時間多く見積もって管理すると良いでしょう。

 

質問の回数で差が出る

 

仕事の要領が悪い人は、質問回数が少なく1つのことで多くの時間を消費していることが多いです。

 

時間は有限ですから、もし10分悩んで解決しない場合は積極的に質問するなど仕事効率化のために行動しましょう。

 

要領が良い人は、ある程度悩んでわからない部分は、積極的に質問し、課題を解決します。無駄な時間を消費しなくて良いため、仕事をスムーズに進められるのです。

 

優先順位の決め方で差が出る

 

要領の悪い人と良い人の違いは、仕事に対する優先順位でも現れます。要領の悪い人ほど、重たい作業から先に遂行することが多く、余計に時間がかかります。

 

要領の良い人ほど、重たい作業は後にして、先に軽い作業から取りかかります。

 

軽い作業から取り掛かることで、脳をフル回転する必要なく無駄な体力も消費しないため、スイーディーに次の作業に移行できます。

 

優先順位の決め方で悩んでいる人は、その日の全体のタスクを確認して、軽めの仕事から取り掛かるようにしましょう。これだけでも、格段に業務効率化になります。

 

仕事を覚えるのが早い!要領が良い人が意識している改善や効率化、ノートの取り方などまとめ!

仕事を覚えるのが早い!要領が良い人が意識している改善や効率化、ノートの取り方などまとめ!

 

会議のメモはボイスレコーダーや録音アプリを活用

 

会議に出席するとパソコンでメモを取り、後に会議録としてまとめるなんてことがありますが、すごく面倒臭いと思いませんか?

 

最近では、ボイスレコーダーなしでも会議音声をスマホで録音し、自動で文字起こしをしてくれる録音アプリもリリースされています。

 

自動で文字起こしをしてくれるため、その場でパソコンをカチャカチャする必要がありません。また、高性能なボイスレコーダーを使用すれば、会議の音声をそっくりそのまま記録できます。

 

このように、要領の良い人は、ガジェットも使いこなしています。

 

あとから見返せるメモを取る

 

仕事の効率を上げるためにメモを取りますが、そのメモによって逆に仕事の効率が悪くなっていませんか?

 

重要な箇所を書き留めておくはずが全てメモしている
どこに何が書いてあるかわからない
メモを取ることが目的になっている

 

上記の3条件に当てはまっている人は、メモの取り方を見直しましょう。

 

まずメモという性質上、重要な箇所を全てメモしてしまっては文章になってしまいます。ですから、要点やキーワードのみをまとめて、その単語だけを見れば何を書いたか思い出せるようにしましょう。

 

次に、【どこに何が書いてあるのかわからない】という人は、日付を記載し、日付に合わせてその日のメモを残します。

 

そうすることで日付がインデックスの代わりとなり、振り返りやすいですよね。メモ帳のスペースが空いているからと、次々にメモしていては後から振り返りづらいばかりか、効率が悪くなる一方です。

 

メモ帳本来の目的は、重要な項目を忘れないように書き留めておき、あとから復習することです。そのため、メモを取ることが目的となっている人は、まず振り返りやすいメモを取るように心がけてください。

 

逆算思考ができるかどうか

 

仕事を覚えるのが早い人は、総じて逆算思考の人が多いです。逆算思考とは、達成したい目標を先に決めておいて、その目標を達成するためには、1日どれくらいの作業量が必要かを算出すること。

 

たとえば、1ヶ月後に顧客との打ち合わせを予定しているのであれば、2週間前にはプレゼンを完璧にしておく、3週間前には資料を精査する、4週間前には資料作りに入るなどです。

 

これは日々の仕事も一緒で、その日のタスクを逆算思考でスケジュールに落とし込めると、格段と要領の良い人になれますし、仕事が効率化できます。

 

なかなか事務の仕事が覚えられないという場合には、今の覚え方を見直してみる必要があります。

 

ほかの人でもできる部分は任せる

 

自分でやればできることも、全て抱えて混んでしまっては仕事効率化にはなりません。そのようなときは、「自分がやらなければならないこと」と「他人でもできること」を明確に分けると良いでしょう。

 

そうすることで、自分のタスクを最適化することができ、業務改善にもつながります。「あの人しかできない仕事」のような業務になってしまうと、その人ばかりに負担がかかり、とても良い仕事には繋がりませんよね。

 

任せられる部分は、周囲の協力も得ながら仕事を進めましょう。そのためには、周囲とのコミュニケーション力も必要です。日頃から、積極的にコミュニケーションを取るようにしましょう。

 

仕事を始めたばかりの人がミスをするのは、当たり前のことです。

 

ただ、仕事を覚えていくためにはミスをしっぱなしではいけません。ミスをしたときには、なぜそのミスが起きたのかを考え、改善につなげていくことが大切です。

 

そうすれば同じミスを何度もしてしまうといったことも、防ぐことができるのではないでしょうか。

 

今回は、仕事を覚えられないことに悩む方に向けて、仕事を覚えるためのコツや仕事が覚えられない期間などをお紹介しました。

 

本記事で、記載した内容を実行しても、なかなか仕事が覚えられない場合には、ぜひ転職エージェントなども活用してみてください。

 


「東京、埼玉、千葉、神奈川の正社員求人ならtype転職エージェントがオススメ!」がイメージできる画像01

>当サイトから一番登録が多い「type転職エージェント」の詳細はこちら<



↓↓↓当サイト経由で申し込みが多い人気の転職サービスとオススメポイント!↓↓↓


人気の転職サービス

地域/紹介職種/サービスタイプ

オススメポイント

type転職エージェント

関東中心

総合転職

転職エージェント

転職した人の71%が年収UP!
● アドバイザーが年収交渉!
● 履歴書や面接対策までサポート
20代の事務職の転職に強い!
女性の転職に強い!

DODA

転職サイトdoda

全国対応

総合転職

転職サイト・エージェント

面談”あり”、”なし”の選択可!
● 転職サポートが充実!
● アドバイザーの変更も可能!
● 転職業界大手!
● 転職のプロが徹底サポート

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス

関東・関西・中部

アパレル業界専門

転職エージェント

アパレル業界専門サービス!
● 10万人以上の登録ユーザー数
● 求人企業数2300社以上!
● 業界出身のコンサル多数
● デザイナーからMDまで豊富

「転職エージェント徹底比較ランキング!」がイメージ出来る画像01

関連ページ

事務の仕事に行きたくない・・・
出勤前「行きたくないなあ」と気が重くなる事ってありますよね。しかしその思いがいつまでも消えず、今の仕事を辞めた方がいいのか?と真剣に悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回は事務の仕事について合わない、辞めたい方にとって役立つ対処法をまとめました。
事務の仕事が決まらない!
事務の仕事に就きたいと思っている方や、転職したいと探しているけど全然見つからず、困っているという方もおられるのではないでしょうか。今回このページでは事務仕事の求人の探し方やオススメの転職サイトについて紹介しています。是非チェックしてみて下さい。
事務の仕事内容まとめ!
事務の仕事に興味があるけど実際の仕事内容はどのようなものなのか、あまり分からないという方もおられると思います。そこで今回は一般的な事務の仕事の内容や事務仕事の種類についてまとめてみましたので、是非参考にしていただければと思います。
事務仕事の効率化に役立つ!
事務の仕事に就くならエクセルを使いこなせる方が断然有利ですよね。エクセルには色々な技がありますが、今回は事務仕事の効率化につながる7つのエクセル技について、関数やショートカットキーなど詳しく紹介していますので是非お役立て下さい。
事務の仕事の目標設定はどうするの?
事務の仕事をしている方の中で目標設定を立てるのに苦労している、また目標設定シートの書き方に毎回悩んでしまうという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回この記事では目標設定の例やシートの書き方のポイントについてまとめてみました。
事務仕事のやりがいは?
色々な職種がある中で楽なイメージや暇なイメージもある事務仕事。実際はどうなのでしょうか?またそのようなイメージもある事務仕事にやりがいは見出せるのか?そんな事務仕事におけるやりがいや真実についてまとめましたので、興味のある方は是非ご覧下さい。
事務の仕事は疲れる?
現在、事務の仕事をしている方の中には、思ったより大変で疲れる、つまらなくてやる気が出ないなど、毎日出社するのが辛いと悩んでいる方もおられるのではないでしょうか。そんな方の為に事務仕事が辛い場合の対処法などについてまとめてみました。
事務の仕事がしたい!
今まで事務の仕事をしたことがない人にとっては、何か資格を持っていたり、パソコンが使えないと不安ですよね。そこで今回は事務仕事への転職に役立つ資格やパソコンスキルについて詳しくまとめましたので、今後の転職活動に是非お役立て下さい。
事務職採用に向けた面接対策まとめ!
事務の仕事への転職を考えているけど志望動機が思いつかない、上手く書けないと悩んでいるという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は事務仕事の志望動機の例文や面接対策についてまとめてみましたので是非参考にして頂ければと思います。
事務職の種類と仕事内容まとめ!
事務職にも色々と種類があり、またその仕事内容はさまざまです。事務職にはどのような種類があり、資格は必要なのか?給料はどれくらいなのか?事務職の仕事内容について詳しくまとめました。事務職への転職をお考えの方は是非参考にして下さい。
事務職は男性でも可能?!
事務職と言えば女性がイメージされますが、男性でも事務職に就く事は出来るのでしょうか?事務職の気になる男女比や年収などといった、事務職に興味のある男性にとって役立つ情報を詳しくまとめてみましたので、是非参考にしていただければと思います。
事務職の新卒倍率と求人の探し方!
新卒採用で事務職を考えている方の中には、新卒倍率は高いのか?求人はどのように探せばいいのか?と疑問をお持ちの方もおられるのではないでしょうか。そこで今回は事務職の新卒倍率や求人の探し方、また自己PR の仕方などについてまとめてみました。
事務職のキャリアアッププランの立て方!
今現在、事務の仕事をしている方の中には将来的な事や、キャリアアップについて関心をお持ちの方もおられるのではないでしょうか。そこで今回このページでは事務職のキャリアアッププランの立て方や気になる事務職の将来性などについてまとめてみました。
事務職の面接対策まとめ!
どうしても緊張してしまう面接。苦手な方も多いですよね。今回は事務職の採用面接の定番の質問や、服装のポイントなどの面接対策についてまとめました。面接が不安という方は是非ご覧いただき、少しでも不安の解消にお役に立てればと思います。
事務職の離職率と問題点!
事務職は人気の高い職業ですが、離職率はどうなのでしょうか。転職を考えている方にとって気になるところですよね。そこで今回は事務職における離職率について調べ、離職につながる事務職の問題点や平均残業時間などについてもまとめてみました。
事務職の残業まとめ!
事務職への転職を考えているけど、残業が多いのはちょっと…そんな風に思っている方もおられますよね。そこで今回は事務職の残業について、残業時間や残業代の平均、残業がない求人はあるのか?など詳しくまとめましたので、気になる方は是非参考にして下さい。
事務職の電話対応!
事務の仕事に興味はあるけど、電話の応対が苦手という方もおられますよね。事務職に電話対応はつきものですが、電話対応がない求人もあるのでしょうか?今回この記事では電話対応が苦手な場合の対策や電話対応なしの求人の有無についてまとめました。
営業事務のやりがいと仕事内容!
一口に事務職と言っても一般事務や営業事務、医療事務など色々な種類があります。今回このページでは営業事務について、仕事内容ややりがい、年収やキャリアプランなど詳しくまとめました。営業事務に興味をお持ちの方は是非参考にして下さいね。
営業事務が合わない・・・
忙しくて大変な営業事務。今現在営業事務をしている方の中にはこんな風にしか考えられず、自分に合わないんじゃないかと悩んでいる方もおられるのでは?そんな方に向けて、この記事では転職すべきかどうか?や、転職サポートの転職エージェントについてまとめてみました。
営業事務と一般事務の違いは?
同じ事務職でも種類はさまざまでその仕事内容も異なってきます。自分にはどのような事務職が合っているのか事前に調べ知っておくのも大切です。このページでは営業事務と一般事務の違いについてや、また総務事務との違いについても調べまとめてみました。
営業事務は辛いから辞めたい!
忙しくて大変な営業事務。毎日仕事に行くのが辛くてもう辞めたい…そう思い退職を考えてる方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方に向けて退職理由を伝える際のポイントや退職後の転職サポートなどお役に立てる内容をまとめてみましたので是非参考にして下さい。
総務事務の仕事内容とやりがい!
総務事務という言葉は聞いた事はあるがその仕事内容はどういったものなのか?よく知らないという方もおられるのでは?そこで今回は総務事務の仕事内容ややりがい、また志望動機や未経験でも応募可能か?についてまとめましたので興味のある方は是非参考にして下さい。
ハローワークの事務職求人は駄目?
求人を探すのにハローワークを利用する人も多いですが、ハローワークの紹介する企業はあまり良くないと耳にする事もあります。そこで今回はハローワークの事務職求人についてや、求人の探し方のポイントなどまとめてみました。気になる方は是非チェックしてみて下さい。
事務職で平日休みの求人ってある?
転職する上で次の職場の休日事情は気になるところですよね。事務職は土日が休みのイメージがありますが、平日休みの求人もあるのか?また休日出勤はないのか?など気になる事務職の休日事情や事務未経験での転職についてもまとめてみました。
事務職の正社員求人の探し方!
事務職の正社員での採用を望んでいるけど、なかなか決まらないと悩んでいる方もおられるのではないでしょうか。そこで今回は事務職の正社員求人の探し方や受からない場合の対処法、また正社員の給料などについてまとめましたので是非参考にして下さい。
企業受付の仕事内容や給料まとめ!
企業の受付に興味があるけどその詳しい仕事内容は良く分からないという方もおられるのでは?そこで今回このページでは企業受付の仕事内容と給料、採用基準や資格の必要性など、企業受付に興味をお持ちの方に参考になる内容をまとめてみました。
会計事務の仕事内容と給料まとめ!
給料がいいと言われている会計事務。それだけ仕事内容は大変という事なのでしょうか。会計事務の詳しい業務内容と給料、求人の探し方や未経験の場合の志望動機の例などについてまとめましたので会計事務に興味のある方は是非参考にして下さい。
労務事務の仕事内容と給料まとめ!
あまり聞きなれない労務事務。人事事務とはどう違うのか?今回は労務事務について仕事内容や給料、参考になる志望動機や求人の探し方のポイントなどまとめてみました。転職をお考えの方で労務事務に興味のある方は是非参考にして頂ければと思います。
貿易事務の仕事内容と給料まとめ!
色々な種類がある事務職の中で貿易事務が気になるという方もおられますよね。今回この記事では貿易事務についての詳しい情報をまとめてみました。一般事務との違いや仕事内容、給料や求人の探し方など興味のある方にとって役立つ内容になっていますので是非ご覧下さい。