it 転職 回数

Pick up news !!

ITエンジニア業界の転職回数まとめ!

「ITエンジニア業界の転職回数まとめ!【※不利になる回数は何回?】」がイメージ出来る画像02

 

ITエンジニア業界の場合、残業が当たり前のいわゆるブラック企業が多いと言われている事もあり、働きながら将来的な転職を考えている人も少なくないようです。

 

ただ、”経営状態悪化”や”劣悪な勤務環境”により転職を考える人は多い物の、あまり転職を繰り返していると転職回数が周りより多くなり、いずれは転職出来なくなってしまう可能性もあります。

 

そんな事から以下の様な不安を感じている人もいます。もしかするとあなたも同じような疑問や不安を抱えているのではないでしょうか?

 

「IT業界で働いて既に4社目・・・今から更に転職を考えていますが難しいですか?」
「ITエンジニア業界内で転職を考えているんですが、転職回数って何回ぐらいで不利になる?」
「転職回数が多くても相談に乗ってもらえるIT系のエージェントってありますか?」
「30代後半で転職回数も多いのですが、大手IT企業への転職は可能でしょうか?」

 

IT業界は専門職と言う事もあり、スキルや知識はどんどん向上するものの、それに見合った昇給や給料アップが見込める所が少ないのも現状です。

 

そう考えると、多少転職回数が多くても”知識が豊富”だとポジティブに取ってもらえる事もありそうですが、実際はどうなのでしょうか?今回はそんな≪IT業界の転職回数≫に関してまとめてみました。


ITエンジニア業界の転職回数に関する疑問と回答まとめ!

「ITエンジニア業界の転職回数に関する疑問と回答まとめ!」がイメージ出来る画像01

 

一般企業と比べると、ITエンジニア業界は多少転職回数が多くても、ある程度採用側からも理解してもらえそうなイメージがありますが、実際の所はどうでしょうか?

 

ITエンジニアの転職回数に関する疑問と回答をまとめてみました。

ITエンジニアの転職で多いと感じる回数は?

一般的に転職回数が3回以上であったり、勤続年数が短いと「またすぐ辞めるのではないか?」と思われてしまいそうですが、IT関連企業の場合はどうでしょうか?

 

マイナビエージェントを運営するマイナビが以前にリリースした記事の中に『人事担当者は転職回数の多い求職者をどう見ているのか?』と言う題で、IT業界大手である”GMOインターネット株式会社”の人事担当にインタビューした回答が掲載されていました。

 

これによると・・・

20代は3回、30代は5回以上で多いと感じる

と言う内容が書かれていました。

 

そう考えると、もちろん全ての企業に当てはまる事ではありませんが、IT業界で転職を考えた時には、20代であれば3回以内、30代であれば4回までの転職回数は、それほど多いと言ういイメージは持たれないと言う風に取る事も出来ます。

 

不利になる転職回数は何回ぐらい?

前項で、平均的な年齢に対しての転職回数の目安を紹介させて頂きましたが、では実際に転職の際に不利になる回数で考えると、20代で3回、30代で5回以上は不利になるのでしょうか?

 

こちらに関して現実的な所を見ると、転職回数に関してはやはり”多ければ多いほど不利になる”と言うのは基本的に考えておかなければなりません。

 

長く1社に勤めたと言う実績があれば、特にITエンジニア業界の場合、

専門的な分野に長けている
プロジェクトの最初から最後までを経験している
後輩に指示を出したり指導するなどのマネージメント能力もある
忍耐力がある

など、様々な面で採用側はプラスに取ってくれます。

 

そう考えても、転職の回数はやはり少ないに越したことは有りませんし、給料アップやキャリアアップを考えるなら、一つの会社で最低でも3年、出来れば5年以上の経験を積んだ方が、転職の際にも有利に働く事は間違いありません。

 

転職するのに最適な年齢と回数は?

尚、転職するのに最適な年齢と回数の目安としては、転職サイトdodaが『ホンネの転職白書』で掲載していた記事が参考になるので、こちらのデータを更に分かり易くまとめてみました。

 

こちらは実際に転職した人に聞いた、転職の回数と転職で成功したと感じる人の割合です。

転職の回数

転職で成功したと感じる割合 ※29歳以下

転職で成功したと感じる割合 ※30〜34歳

始めて

70%以上

38%以上

2回目

20%以上

30%以上

3回目

5%以上

15%以上

4回目以上

3%以下

5%以上

上記を見ると、29歳以下であれば、やはり始めての転職が圧倒的に成功しやすいと言えますし、逆に20代で既に2回以上の転職回数の場合、20%以下は転職に失敗していると言う事です。

 

興味深いのが30歳以上で、転職回数が始めての場合も2回目の場合も、あまり転職成功者の割合に差がありませんので、30歳を超えて2回目の転職は一般的だと捉える事が出来ます。

 

3回目ともなると転職成功の可能性が半分程の割合になっていますが、人によって”転職が成功だったか?失敗だったか?”の基準や価値観も違ってきますので、あくまで参考程度にしておいてくださいね。


転職回数が多くてもキャリアアップを成功させるポイント!

「転職回数が多くてもキャリアアップを成功させるポイント!」がイメージ出来る画像01

 

ITエンジニア業界の転職回数に関しての理解を深めて頂いた所で、最後に”転職回数が多い場合でも転職を成功させるポイント”についてまとめてみましたので、こちらもご参考頂ければと思います。

転職回数が多いITエンジニアのキャリアップ転職3つのポイント

Point1.退職したポジティブな理由をアピールする!

 

実際の退職理由としては、

 人間関係に疲れた・・・
 給料が中々上がらない・・・
 残業が多く、手当が安い・・・
 ボーナスが少ない・・・

等のネガティブな理由が多いですが、これらは基本的に転職の際には言う必要はありません。

 

面接時には必ず退職した理由や、志望動機を聞かれますが、そこでしっかりとポジティブなイメージを持ってもらえるような明確な理由を考えておき、しっかりとその退職理由や志望動機をアピールすると言うのは、転職を成功させる為には欠かせないポイントとなります。

 

特に転職回数が多いのであれば、

 「幅広いスキルや技術を習得したかった」
 「将来のキャリアアップの為に、他の分野も勉強したかった」
 「トレンドになりつつある技術に携われる企業に行きたかった」

などをしっかりとアピール出来なければ、書類選考にやっと通ったのに、面接で落とされてしまう事にもなりかねないので注意が必要です。

 

Point2.自分の経験や得たスキルをうまくアピールする!

 

転職回数が多少多くても、面接時に企業が欲しくなる人材とはどんな人でしょうか?

 

こちらに関しては、しっかりと今まで仕事で経験してきた事や学んだスキルを説明出来、尚且つその技術をどのように次の企業に活かせるか?と言う所までハッキリと自分の言葉でアピール出来る人です。

 

ITエンジニア業界では、スキルや知識ももちろん必要ですが、環境に適応する能力や、プロジェクトのメンバーや上司、クライアントなどともしっかりとコミュニケーションを取れる事が重要になります。

 

こう言った事から、自分の言葉でしっかりと自分をアピール出来る人と言うのは、転職回数が多少多くても企業が欲しくなる人材だと言う事です。

 

Point3.今後のキャリアプランを明確に伝える!

 

転職の際に志望動機はしっかりと言えても、自分自身が今後どのようなキャリアプランを考えているか?と言う所までしっかりと説明出来る人は中々いません。

 

自分が持っている知識やスキルを新しい企業に還元する為には、今後どのような仕事をしたいか?どのような所を目標にして仕事に取り組むか?と言う所まで伝える必要があります。

 

ここまでのポイントを整理しても、”いかに自分自身を客観的に捉えられているか?”と言うのは重要になるので、是非転職前には≪自分自身の棚卸し≫をされる事をオススメします。

 

 

 

ITエンジニア業界の転職回数に関して今回はまとめてみましたがいかがだったでしょうか?「多少回数が多くても転職出来る!」とポジティブに受け止める事が出来た人もいれば、「自分は転職回数が多いからやっぱり転職は難しいかも・・・」と少し肩を落とした人もいるかもしれません。

 

もし、ある程度転職回数が多く、更に上記で紹介した様に自分自身をしっかりとアピール出来ないと言う人は、IT関連に特化した転職エージェントを利用し、キャリアアドバイザーなどにまずは相談される事をオススメします。


「東京、埼玉、千葉、神奈川の正社員求人ならtype転職エージェントがオススメ!」がイメージできる画像01

>当サイトから一番登録が多い「type転職エージェント」の詳細はこちら<



↓↓↓当サイト経由で申し込みが多い人気の転職サービスとオススメポイント!↓↓↓


人気の転職サービス

地域/紹介職種/サービスタイプ

オススメポイント

type転職エージェント

関東中心

総合転職

転職エージェント

転職した人の71%が年収UP!
● アドバイザーが年収交渉!
● 履歴書や面接対策までサポート
20代の事務職の転職に強い!
女性の転職に強い!

DODA

転職サイトdoda

全国対応

総合転職

転職サイト・エージェント

面談”あり”、”なし”の選択可!
● 転職サポートが充実!
● アドバイザーの変更も可能!
● 転職業界大手!
● 転職のプロが徹底サポート

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス

関東・関西・中部

アパレル業界専門

転職エージェント

アパレル業界専門サービス!
● 10万人以上の登録ユーザー数
● 求人企業数2300社以上!
● 業界出身のコンサル多数
● デザイナーからMDまで豊富

「転職エージェント徹底比較ランキング!」がイメージ出来る画像01

関連ページ

ITの転職、年齢の限界は?
他業種からIT業界への転職を考えている人や、IT業界内で30代、40代で転職を考えている人へ向けて、転職は可能なのか?30代や40代で転職しても転職先はあるのか?などについてまとめました。もし今現在30代、40代で転職を考えていて興味があるなら、是非チェックしてみてくださいね。
IT系に強い転職サイト7選
数ある転職サイトの中でも、今回はIT業界に特化して強い転職サービス、転職エージェントをまとめてみました。今現在IT業界で働いていて転職をかんがえている人も、これからIT業界への転職を考えている人も、こちらで紹介しているいずれかに登録しておけば、優良な求人を見つけやすくなります。
IT業界はうつ病が多い?
ITエンジニア業界で働くSEやプログラマなどは、一般企業に勤める会社員よりもうつ病になる人が多いと言われています。今回はIT業界で働く人がうつ病になる理由や、実際にうつ病になっている場合は転職した方が良いのか?改善法は?などについて紹介していきます。もし今現在悩んでいる事があり、「うつ病かもしれない・・・」と感じているようなら是非チェックしてみてくださいね。
IT業界の給料アップ転職
転職を考えた時、キャリアアップはもちろん、現状よりも給料をアップさせたいと言う気持ちは誰でもああるかと思います。今回はそんな気持ちを持つITエンジニア業界の転職希望者へ向けて、「給料アップを成功させるには?」、「IT業界の現状を見て転職を考えるべき?」と言う気になる点についてまとめてみました。もしこれから給料アップ転職を視野に入れているなら是非チェックしてみてくださいね。
IT業界のキャリアアップ転職
ITエンジニア業界のキャリアアップに関して、2018年の状況や今後の求人に関してをまとめています。2015年以降にキャリアアップ転職を考えた場合、何をすればいいのか?また、今後転職しやすい状況になるのか?について紹介していきます。もし近い将来転職する予定があると言う事なら、是非参考にしてもらえればと思います。
転職に必要なスキルは?
ITエンジニア業界で転職を考えた時、「どんなスキルが必要なのか?」、「今の自分のスキルで転職出来るのか?」と言うのは気になる所ではないでしょうか?そこで今回は、ITエンジニア業界の転職に必要なスキルに関してまとめてみましたので、興味があれば是非チェックしてみてくださいね。
IT転職のコツ3選!
ITエンジニア業界で転職を考えた時、年収もやりがいもアップして成功している人もいれば、キャリアアップ出来ずに転職を繰り返す人もいます。この両者の違いは何なのでしょうか?転職のコツは?などについて今回はまとめてみました。
ネットワークエンジニア?
IT業界と言っても、その職種は多岐に渡る為、今現在働いている所以外の仕事内容や必要な資格などについては中々分からないかもしれません。そこで今回は≪ネットワークエンジニア≫をピックアップして、必要な資格や知識、ネットワークエンジニアの求人についてなどを調査してまとめてみました。
ITの転職に有利な資格
ITエンジニア業界においては、必ず資格が必要と言う訳ではありませんが、転職や就職の際に資格があった方が有利なのは間違い有りません。しかし、一言に資格と言ってもIT業界にはたくさんの資格があり、どれを取ればいいか?いつ試験が開催しているのか?などは気になる所かと思いますので、今回はこちらについてまとめてみました。
IT業界の残業なし求人
ITエンジニア業界においては、”残業が当たり前”と言う風習が未だにあり、ひどい所なら残業代がほとんど出ないいわゆる”サービス残業”が多い会社も未だに多く存在します。そこで今回はITエンジニア業界において、残業なしの求人はあるか?残業代が出ない場合はどうすべきか?についてまとめてみました。
プログラマの残業時間
プログラマの平均残業は厚生労働省の調査によると20時間という結果が!!でもその実態はどうなのかを調べてみました。
面接時のアピールのコツ
ITエンジニアの転職においてアピール内容が成功と失敗の大きな分かれ道となります。書類や面接においてどんな志望動機がいいのか、スキルをどう伝えればよいのかといった、アピールする秘訣をご紹介します。
ITエンジニアのキャリアパス
ITエンジニアのキャリアパスは、最終的に自分がどうなりたいのかを意識してキャリアを築いていくことが大切になってきています。自分にあったキャリアパスはどういったものがあるのかをご紹介します。
IT業界の転職人気企業!
ITエンジニアが転職したい人気企業について調べてみると、人気の理由からITエンジニアの理想的な働き方が見えてきます。その理想的の企業を目指して、どうしたら転職できるのか?実際に転職に成功した例を元にまとめてみました。
異業種からIT業界への転職
異業種からITエンジニアに転職したい人必見!!実際に異業種から転職した人の実例をまとめて紹介しています。事務職からの転職、保育士からの転職など、他業種から転職を考えている方、未経験から転職を考えている方のお役に立てれば幸いです。
IT業界で生き残るには?
ITエンジニアが時代が変わっても生き残る為に必要な3つの事を紹介しています。特定のスキルではなく、普遍的なスキルを身に着ける事が重要です。流行りの技術が変わっても、ITエンジニアとして求められるものが変わっても、生き残れるよう参考にしてみてください。
子育てしながら働く方法
ITエンジニアの不足から、女性のITエンジニアへの期待が高まり、女性を積極的に採用している企業も増えてきています。IT企業は男性中心の企業ではあるけれども、女性が働きやすく、子育てしながらITエンジニアとして働く方法についてまとめてみました。
IT業界の管理職の転職
ITエンジニアとして技術職として働きたいにも関わらず、年齢を重ねるに連れて会社は管理職としての能力を求めてきます。30代後半になるとなぜ管理職を求められるのか、また、管理職以外で採用される方法に関してまとめてみました。
エンジニアの退職理由
ITエンジニアの退職理由には様々なものがありますが、他の人の本音の退職理由を知る事で転職に失敗しない為のポイントが見えてきます。将来自分が転職した際に再転職する事にならないよう今のうちにチェックしておきましょう。
ITエンジニアの辛い悩み
ITエンジニアは3K(きつい・厳しい・帰れない)と言われるが、なぜそのような辛い状況となるのか、その理由をまとめてみました。その理由から3KにならないITエンジニアの転職方法について有効な手段を紹介しています。より良い転職の参考になれば幸いです。
絶対的に必要な能力とは?
ITエンジニアとして仕事をする上で必ずいる能力に関して紹介します。この能力がないとITエンジニアとして仕事に支障が出ますが、決して特別な能力ではありません。普段の生活の中でも磨く事が出来るので、是非この機会に意識してみてください。
本気で会社を辞めたい時は?
社会人であればが会社を辞めたい!!と思った事がある人は多いと思いますが、ITエンジニアの場合はどうなのでしょうか?どんな状況の時に辞めたい!!と思うのか、また辞めたいと思った後はどうしているのでしょうか。転職活動は?実際の転職は?