働きながら 転職活動 方法

Pick up news !!

働きながら転職活動をする方法!在職中の転職活動、成功の秘訣

働きながら転職活動をする方法!在職中の転職活動、成功の秘訣

 

今現在正社員として働いていて転職を考える場合、「今よりも給料の良い所へ行きたい!」、「もっとやりがいのある仕事がしたい!」など、それぞれに大きなモチベーションを持っているのではないかと思います。

 

ただ、転職先を探す際には、”長く働ける会社かどうか?”や”自分のやりたい仕事が出来るか?”などは、じっくり調べなければ中々わかりません・・・。

 

今現在転職を考えているあなたも、以下の様な不安や悩みを抱えてはいないでしょうか?

 

「転職活動をしようか考えていますが、辞めてから探すべきですか?」
「働きながら転職活動が上手く出来ません・・・みんなどうやって探してる?」
「朝から夜まで仕事で休みは週1日・・・こんな場合の転職活動の仕方は?」
「働きながら転職活動をするメリットとデメリットは?結局どっちが良いの?」

 

もし上記一つでも疑問に思う点があったり、不安に思っている様でしたら、是非当記事を最後までご覧頂くと、その悩みも解決するのではないかと思います。

 

・・・と言う訳で今回は≪働きながらの転職活動≫についてまとめてみました。転職先に関しては、今後の人生を大きく左右する分かれ道ともなるので、しっかりと自分に合った方法で転職活動を進めたい所です。


働きながら転職活動!辞めてから転職活動?どっちがいい?

働きながら転職活動!辞めてから転職活動?どっちがいい?

 

働きながら転職活動をするべきか、それとも辞めてから転職活動をするべきか考えどころですよね。結論から言うと、働きながら転職活動をする方が、その後の転職にスムーズにはたらきます。

 

ただ、働きながらの転職だと「仕事が忙しく週に1回しかまともに転職活動する時間がない」という方も多いはずです。ここでは、まず働きながら転職活動をするメリット、デメリットを整理しましょう。

 

また、辞めてから転職活動をするメリットとデメリットも整理することで、どちらが自分にとっては有利なのか考えていきましょう。

 

働きながらの転職活動をするメリット・デメリット!

働きながらの転職活動をするメリット・デメリット!

 

そもそも働きながら転職活動をするメリットは何なのでしょうか?

 

中には「辞めてから転職活動をした方が絶対に良いよな・・・」と考えている人もいるかもしれませんので、まずは頭を整理する為にメリットとデメリットを紹介させて頂きます。

 

働きながら転職活動をするメリット

 

まずは働きながら転職活動をするメリットに関して紹介させて頂きます。

 

働きながら転職活動をするメリットの1つ目に「辞めてからのお金の心配をしなくて良い」という利点があります。

 

突然会社を辞めてしまうと、当然のことながら収入が途絶えてしまいます。

 

それにより、転職活動を早くしなくちゃと焦りや不安から、希望の条件を度外視して「仕方がないからここで良いや」と大幅に妥協をした状態で転職活動をしなければなりません。

 

もともと経済的に余裕のある方は、まだ良いのですが、そうでない方は焦りや不安がつきまといます。

 

このような状態では、妥協した状態で次の転職先を決めやすいので、転職しても「やはり自分には合わない会社だった」などマッチング率が低くなります。

 

働きながら転職活動をするメリットの2つ目は、「キャリアが途絶えないのでブランクが空かない」という理由があります。

 

ブランクが途絶えないことで、転職先からも在職中に転職活動をこなせる人物として、評価されることが多いです。

 

ブランクが空かなければ、同業種であれば転職してからも、効率よく仕事に移行できますよね。

 

働きながら転職をするメリットの3つ目としては、転職先を決めることで、退社のきっかけになるということです。

 

転職先を決めずに退社しようと考えると、「やっぱりとどまった方が良いかな」「収入は安定しているし」と今の会社に妥協してしまいます。

 

しかし、今よりも良い条件の転職先が決まることで「今よりも良い条件だし、はやく辞めたい」と思うようになります。

 

ちょっとした心理の違いですが、この違いが転職活動をスムーズにするか、しないのかに関わります。働きながら転職活動をするメリット4つ目は、「家族や恋人に迷惑をかけない」です。

 

転職先を決めずに辞めてしまうと、その分収入源が減りますから、経済的に家族に迷惑をかける可能性があります。

 

まだ小さなお子様がいらっしゃる場合には、転職先が決まらないうちは不安になるでしょう。

 

また恋人の場合には、経済的な不安をかけることは少ないかもしれませんが、なかなか転職先が決まらなかったら不安になりますよね。

 

働きながら転職活動をすることで、数多くのメリットが存在しました。

 

働きながら転職活動するメリットまとめ

辞めてからのお金の心配をしなくて良い
キャリアが途絶えないのでブランクが空かない
転職先が決まると、退職もスムーズに出来る
転職に向けてモチベーションを維持しやすい
家族や恋人などに迷惑や心配をかけずにすむ

 

働きながら転職活動をするデメリット

 

次に働きながら転職活動するにあたってのデメリットも紹介させて頂きます。働きながら転職活動をするデメリットの1つ目は、「転職先が決まるまでは休日を削る」ことになるということ。

 

日々、忙しい方は特に休日を削りたくないですよね。しかし、働きながら転職活動をする場合には、有給等を取得しない限り、休日や空き時間を利用して転職活動しなければならず、休日が犠牲になってしまうこともしばしば。

 

次のデメリットとして「探す時間がないので、早く退職したい場合は焦ってしまう」ということです。

 

探す時間がないからこそ、早く退職したいという焦りが生まれます。これらの焦りと向き合いながら、転職活動をするポイントとしては、自分だけで探さないということです。

 

現在では、無料の転職エージェントなどが充実しています。転職エージェントであれば、忙しいあなたの代わりにキャリアアドバイザーがあなたに合った求人を探してくれるため、忙しい方にはぴったりです。

 

働きながら転職活動をするデメリットの3つ目は、「良い転職先が見つからないとダラダラ勤務を続けることになる」です。

 

普段仕事をしていて、自分だけで転職活動をしていると、良い案件を見過ごす場合もあります。特に、急募案件ですと仕事中には閲覧できない可能性も高く、見つけることができません。

 

自分の希望する求人がなければ、ダラダラと転職活動を行うことになり、仕方なく今の会社に働き続けないといけない場合も。

 

ただ、仕事が忙しくなかなか希望の求人を見つけることができない場合も、転職サイトのスカウト機能や、転職エージェントによるキャリアアドバイザーのサポートを受ければ、仕事中に求人を見つけられないジレンマを解消することも可能。

 

働きながら転職活動をすることのデメリットとしては、休日が犠牲になる、時間がなくて良い求人を見つけられないというものが圧倒的に多いです。

 

しかし、これらの悩みは転職サイトや転職エージェントを活用することで解消する場合もありますので、ぜひ検討してみてください。

 

働きながら転職活動するデメリットまとめ

転職先が決まるまでは、休みの日をずっと削る事になる
探す時間がないので、早く退職したい場合は焦ってしまう
良い転職先がみつからなければ、ダラダラと勤務を続ける事になる
働きながらになるので、思う様に時間を取れない

 

上記の様に、メリットもあればデメリットもありますので、これらを参考にした上でもう一度良く検討してから転職活動をされる事をオススメします。

 

辞めてから転職活動をするメリット・デメリット!

辞めてから転職活動をするメリット・デメリット!

 

続いては、会社を辞めてから転職活動をするメリットとデメリットについてお届けします。辞めたから転職活動をするメリットやデメリットを整理して、今後の転職活動に生かしてください。

 

辞めてから転職活動をするメリット

 

会社を辞めてから転職活動をすることの最大のメリットは、「十分な時間をかけて転職活動ができる」ところでしょう。辞めてから転職活動をすると、これまで仕事で転職活動が進まなかった人でも、スムーズに転職活動に移行できます。

 

さらに、経済的に余裕がある場合には、次の転職に生かせるスキルや資格取得にかける時間も増えます。

 

もう一度、自分の今後のキャリアについてじっくり考えて、転職活動をすることは重要なことですから、辞めてからの時間を有意義に活用したいですね。

 

さらに、最近では会社に勤務をしていてうつ状態や精神的な病気にかかる人も増加しており、そのような場合には、辞めてからじっくり治療や休息をとることも可能です。仕事をしながら、転職活動をするとまともに休息がとれません。

 

体調を崩している人の場合は、まず休息が必要な場合が多いですから、辞めてから十分休息をとり、体調が回復したら転職活動を再開しましょう。

 

辞めてから転職活動するメリットまとめ

転職活動に十分な時間をかけられる
資格やキャリアへの自己投資ができる
今後のキャリアをじっくり考えられる
休息の時間がとれる

 

辞めてから転職活動をするデメリット

 

辞めてから転職活動をするデメリットをご紹介します。まず、一番にあげるデメリットは「収入が途絶える」ということ。

 

当然のことながら、会社を辞めるということは収入が途絶えます。転職活動が長引けば長引くほど、資金が減り、転職活動にも余裕がなくなってきます。

 

次の職場が決まらないことの不安や焦りから「とりあえず就職しなくては」という思考になり、妥協した転職活動となります。妥協した条件で、転職先を決めてしまうと、職場環境が合わずにすぐに辞めてしまう場合もあるのです。

 

辞めてから転職活動をするデメリットの2つ目は、「ブランクが空く」です。ブランクが空きすぎた場合には、次の転職先の面接などで、どうして期間が空いたのかを聞かれることも多いです。

 

たとえば、次の転職に生かすための資格取得でブランクが空いたのならまだ良いのですが、ダラダラと転職活動をしたことでブランクが空いてしまった場合は、あまり良いイメージをもたれません。

 

ダラダラと転職活動をすると、企業からのイメージも悪くなり、選考から落とされるケースもあるのです。

 

このように、辞めてから転職活動をすると、収入が途絶えたり、ブランクが空きすぎることで、ダラダラとした転職活動になる可能性もあります。

 

また、収入源は失業保険を活用すれば良いだろうと考えがちですが、失業保険は申請しても受け取れるのは数ヶ月後なので、ある程度の貯蓄が必要です。

 

辞めてから転職活動するデメリットまとめ

収入が途絶える
ブランクが空く
ダラダラとした転職活動になりやすい

 

実際の転職活動事情は?

 

働きながらの転職活動には、前項で紹介した様にそれぞれ良い面もあれば悪い面もありますが、世間一般的にはどちらが多いのでしょうか?

 

こちらに関しては、転職大手リクナビNEXT が公開しているデータとして興味深いものがあったので、引用させて頂きます。

 

「働きながらの転職活動についてのデータ!」がイメージ出来る画像01

 

上記の様に、”会社を辞めてから転職活動をした人”と”働きながら転職活動をした人”の割合は100人に調査した所、半々ぐらいだったようです。

 

ですが上記を詳しく見てみると、「転職して成功だったか?」と言う問いに対しては、”辞めてから転職活動をした人”が73.6%だったのに対し、”働きながら転職活動をした人”は93.6%の人が「転職して成功だった」と答えている所を見ると、やはり”働きながら転職活動をする方が良い”様な気もします。


働きながらの転職活動が難しい理由とやり方のコツ!

働きながらの転職活動が難しい理由とやり方のコツ!

 

働きながら転職活動をするメリットやデメリット、そして辞めてから転職活動をするメリットやデメリットをご紹介しました。それぞれの違いや利点などを整理できたでしょうか。

 

続いては、働きながらの転職活動が難しい理由と、働きながら転職活動をするやり方のコツをご紹介させて頂きます。

 

さらに、具体的に働きながら転職活動をする方法について踏み込んでいきますので、仕事をしながら転職活動中の方もご覧になってください。

 

働きながらの転職活動はなぜ難しい?

働きながらの転職活動はなぜ難しい?

 

働きながらの転職活動が難しい主な理由は、「求人を探すための時間がない」、「上司や同僚に知られる可能性がある」、「急募案件に応募できない」、「面接のために休みをもらわなければならない」などがあります。

 

特に時間的な制約や急募案件に応募できないことで、効率の良い転職活動が行えずストレスを抱える方が多いです。

 

そのほかにも、面接の日程調整がうまくいかずに、急遽仕事を休まなければならず、なかなか調整できないといった理由もあります。

 

しかし、これらの時間的な制約を解消したり、面接の日程調整などもスムーズに行える方法もあります。次章では、在職中の転職活動の方法について踏み込んでみていきましょう。

 

在職中の転職活動の方法@:面接の日程調整方法!

在職中の転職活動の方法@:面接の日程調整方法!

 

希望する転職先の書類選考が無事に通過したら、次に面接日程の調整に入りますよね。

 

まずは書類審査を通過したわけですから、少なくても企業があなたに興味を持っているわけです。つまり第一関門は突破ですよね。

 

最近では、在職中の求職者に対して企業が、面接の調整をしてくれる場合が多いです。「面接が可能な日をメールで送信してください」と言われた場合には、候補日を少なくても3つ以上掲載する必要があります。

 

また、候補日だけでなく、その日の中でも面接が可能な時間帯の幅も指定すると、企業側から見ても調整がつきやすくなります。

 

このような対応をすることで、働きながらでも柔軟な面接を行うことが可能です。

 

もし、転職希望の企業から日時を完全に指定され、その日に面接ができない場合にはスケジュール調整の返信メールを入れましょう。

 

スケジュール調整のメールには、さきほどと同様に面接が可能な日付や時間帯の幅も記載すると、効率の良い転職活動につながります。

 

在職中の転職活動の方法A:入社日の調整方法!

在職中の転職活動の方法A:入社日の調整方法!

 

転職先の面接で「いつから来れますか?」と聞かれることがあります。このような質問を受けた場合には、企業側も入社を意識しているとお考えください。

 

ただ、この質問の受け答えの仕方では、あなたのイメージが下がってしまい採用を見送る場合もあります。

 

では、どのように答えたら良いのかというと、在職中の場合には現在の会社の就業規則をよく確認しておき、退職届を提出してからどのくらいで退職できるのかを踏まえて、企業側に伝えれば良いのです。

 

たとえば

「現在、リーダー職としてプロジェクトが進行中で、引き継ぎや就業規則による規定に従うと、最低でも退職日は2ヶ月先になるかと存じます。ただし、できる限り貴社の入社希望日に調整できるよう努力して参ります」

 

このように、きちんと就業規則に従っていることや現在の仕事に責任をもって関わっている点を伝えて、明確に入社予定日を伝えることが重要です。

 

なお、退職届ですが、期間の定めのない雇用契約を結んでいる場合には、退職をしたい日の2週間前に退職届を提出すれば良いと労働基準法によって記載されています。

 

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

(民法627条1項)

 

また、就業規則によってそれ以上の期間が決まっている場合には、それに従い退職日を想定すれば大丈夫です。採用する企業側も、求職者が最低でも退職するまでに1ヶ月程度かかることは承知しています。

 

それを承知した上で、転職者のスケジュール調整能力や判断能力を見ているのです。

 

在職中の転職活動の方法B:履歴書の書き方!

在職中の転職活動の方法B:履歴書の書き方!

 

転職活動中の履歴書の書き方ですが、「データ入力で提出する方法」と「手書きで提出する方法」の2つの方法があります。転職を希望する企業から指定がある場合もありますので、注意してください。

 

また、特に履歴書について指定がない場合には、手書きでもデータ入力でも構いません。ただし、手書きの場合にはわかりやすく読みやすい書き方にすることが重要です。

 

データ入力の場合にも、空欄や空白は極力さけて、まとまりのある文章を書くように努めます。

 

半角と全角の余白が混じっていたり、改行が不規則であるなども避けましょう。また、学歴や職歴の年月などもしっかりと調べた上で記載してください。

 

そのほかにも、志望動機などは自分が貴社に貢献できることをわかりやすく端的に記載することも必要です。

 

結論ありきで、あまり長々しい文章は好まれませんので注意してください。

 

在職中の転職活動の方法C:会社を休めない時の理由や言い訳は?

在職中の転職活動の方法C:会社を休めない時の理由や言い訳は?

 

在職中に転職活動をする際に、重要なプロジェクトやスケジュールと重なってしまい、なかなか転職活動を行えない、もしくは面接日程を決められないということがありますよね。

 

そのような場合には、会社を休めない場合に理由をつけて休暇を取得する人もいるようです。では、その場合の理由についてはどのように説明すれば良いのでしょうか。

 

たとえば、面接の日程調整の際に有給休暇を取得する際は、周囲に旅行に行くと伝えたり、冬休みという名目で、できる限り当たり障りのない理由で休暇を取得する人が多いようです。

 

当然のことですが、具体的に面接があることを伝える人は少ないですから、できるだけ具体的でなく理由をつけて休暇を取得すると良いでしょう。

 

そのほかにも、「私用」や「家事都合」などと言って、休暇を取得する方も多いようです。

 

在職中の転職活動の方法D:転職活動がばれることはある?

在職中の転職活動の方法D:転職活動がばれることはある?

 

在職中の転職活動中は、できるだけ周囲の人に気づかれたくないですよね。

 

ただ、どうしても転職活動中の行動や言動によっては、ばれてしまうことがあるようです。では、どのような行動でばれてしまうのかみていきましょう。

 

いきなり有給休暇を取得した
会社の悩みを上司に相談したらばれた
服装がいつもと違うからばれた
電話の対応の仕方でばれた

 

上記は、転職活動中にばれたことのある人の理由を集めたものです。あまり有給休暇を取得しなかった人が、いきなり有給休暇を取得する場合は、やはり周囲からも変だなと思われます。

 

そのほかにも、会社の上司について会社のことで悩んでいることを伝えると、その後の行動などからばれてしまったということもあり、くれぐれも信頼のある上司や同僚といえども会社では口外しない方が良いようです。

 

意外とありがちなこととして、勤務中に利用する転職エージェントのキャリアアドバイザーから連絡があり、聞かれていないはずが、実は同僚に電話の内容を聞かれてしまったという方もいます。

 

できる限り、勤務中での電話にならないように転職エージェントとの相談も必要になりますね。

 

働きながら転職活動をする方法まとめ!

働きながら転職活動をする方法まとめ!

 

転職サービスへの登録!

 

働きながら転職活動をするのであれば、基本的に転職エージェントや転職サイトに登録するのは必須となります。

 

地域のハローワークや求人雑誌などでももちろん探す事は出来ますが、時間を含めた様々な面を考えると、転職エージェントなどに登録する方が圧倒的に効率的です。

 

まずは1社だけでも転職サイトに登録し、移動時間や休憩時間などの”隙間時間”に求人を眺める所から始めると、働きながらでも比較的スムーズに転職先を見つける事が出来ます。

 

キャリアアドバイザーへの相談!

 

働きながらの転職活動となると、元々時間がない中で転職先を探す事になるので、転職エージェントに登録だけして行動出来ないと言う人も少なくありません。

 

転職エージェントや転職サイトに登録すると、登録した後にキャリアアドバイザーやアドバイザーから連絡が入りますが、まずしっかりとこの時点で相談しておくべきです。

 

忙しい中での転職活動なので面倒に思えますが、最初にしっかりと相談しておくのと、おろそかにして自分だけで求人を探すのとでは、その後の転職にも大きく影響してきます。

 

時間管理を徹底的にする!

 

働きながらの転職活動は、時間管理をしっかりと行わなければ、いつまでも良い転職先は見つかりません。

 

特に週に1日しか休みがない様な人の場合、貴重な1日の休みをつぶして転職活動をする事になるので、しっかりと時間管理はすべきです。

 

転職活動と言っても、以下の様にやる事は沢山あります。

 

転職サイトへの登録
転職エージェントからのヒアリングや面談
転職先の検索と検討
履歴書や職務経歴書などの作成
転職希望先への面接

 

これらをプライベートの時間や仕事が終わった後など、効率良くこなしていけるようにしっかりと時間管理やスケジューリングを行う事が、働きながら転職活動をするポイントとも言えます。

 

 


辞めてからの転職は不利?成功できる?

辞めてからの転職は不利?成功できる?

 

ここでは、在職中ではなく、仕事を辞めてからの転職は本当に不利なのか、そして成功できるのかをご紹介します。基本的には、在職中に転職活動をする方が、その後有利に働くと言われていますが、例外もあります。

 

どういう理由だったら仕事を辞めてから転職して良い?

基本的には、在職中に次の仕事を決める方が効率の良い転職活動になり、収入が途絶えるなどの経済的な心配もなくて済みます。

 

その一方で、仕事を辞めてから転職する場合には、どのような理由だったら良いのでしょうか。その理由についてみていきます。

 

国家資格など転職に有利な資格を所持している
特別なスキルを保有している
同業種への転職
体調不良
知人から仕事先を紹介してもらえる

 

上記が、仕事を辞めてからでも転職して良い理由の代表的な事例です。たとえば、医師免許や看護師免許など国家資格を持っている方などは、先に仕事を辞めても次の職場が決まりやすいという特徴があります。

 

特に医療分野や福祉分野は人材が極端に不足していますから、国家資格を持っていて実務経験があるというだけで、条件を絞りすぎなければスムーズに転職先が決まることが多いです。

 

そのほかにも、プログラマーやエンジニアなど需要はあるのに供給が足りてないジャンルでも、実務経験があれば、スムーズな転職を可能にします。

 

基本的には、需要と供給のバランスを見て、供給が足りていない職種のスキルや実務経験があれば、そこまで苦労してなくても転職が決まりやすいです。

 

その反対に、需要はあるけど供給が足りているジャンルでは、次の転職先が決まりにくいです。福祉分野でいえば「ケアマネージャー」、医療分野でいえば「医療事務」などです。

 

ケアマネージャーは需要のあるジャンルではありますが、施設等に在籍できる人数が1〜2名と少ないため、供給は足りています。

 

また、医療事務も常に需要はあるジャンルですが、比較的人気の職業であるため、競合者が多いですよね。

 

また、仕事を先に辞めて良い理由として、体調不良も関係します。在職中に、人間関係やストレスから体調を崩す方も多いですから、そのような場合には次の仕事を決める前に、やむを得ず辞めざるを得ない場合もあるのです。

 

また、知人や同僚だった方から仕事を紹介してもらえる確証がある場合には、先に仕事を辞める場合もあります。

 

退職後の転職活動は?目標とする期間?3ヶ月は危険?

在職中に転職を決める場合ではなく、退職後に転職活動をしたい方は、少なくても3ヶ月は転職先が決まらないことを踏まえて、そのための貯蓄を確保することが重要です。

 

転職活動に必要とする期間ですが、基本的には「転職準備から書類作成」で約2週間かかり、「求人応募から面接まで」で約2ヶ月かかります。

 

さらに、「内定から退職」までで、約1ヶ月かかるのです。しかし、これは転職活動がスムーズにいった場合を想定しているため、複数の転職先でなかなか転職が決まらないとなると、転職期間は延長されて、6ヶ月〜1年かかる場合もあります。

 

これらを踏まえても、じっくり転職をしたい方の場合は、十分な貯蓄が必要となるでしょう。養う家族がいる場合などは、より慎重にならざるを得ません。最低でも、3ヶ月分のお金を確保しましょう。


働きながらの転職活動を成功させる為には?

働きながらの転職活動を成功させる為には?

 

では最後に、働きながらの転職活動にオススメのサービスについてご紹介させて頂きます。こちらはそれぞれ、転職活動を成功させる為には欠かせないものなので、是非積極的に利用される事をオススメします。

 

働きながらの転職活動にオススメのサービスまとめ!

人気の転職エージェントと転職サイト

 

当サイトでは、以下のポイントに絞って様々な転職サイトを紹介させて頂いております。

運営元がしっかりとしている
サービス内容が充実している
評判や口コミが良い
求人数が多い

 

上記4つを満たしている人気の転職エージェントと転職サイトをまとめてみました。

マイナビエージェント ITエンジニア業界に強い
type転職エージェント 求人数が多く、色々な職種をカバー
パソナキャリア 職種ごとに特化したアドバイザーが魅力
レバテックキャリア こちらはIT・WEB業界に特化した求人サービス
ハタラクティブ フリーターなど若年層に向けた正社員就職支援サービス
ファッショーネ アパレル業界の転職に強いサービス
JACリクルートメント 海外転職、外資系企業に強い転職エージェント
ワークポート インターネット・IT・ゲーム業界の求人に強い

 

企業からのスカウトを受けられるサービス

 

当サイトでも何度か紹介させて頂いておりますが、登録しておくだけで企業から受信ボックスにオファーが届くのが≪リクナビNEXT≫のサービスです。

 

こちらは管理人が転職活動をする際にも利用していた転職エージェントで、企業からたくさんのオファーと、更に内容の濃い”プライベートオファー”等も届きます。

 

このサービスに登録しておくと、”自分を必要としてくれる企業”がどういった所なのか?また年収はどれぐらい貰えるのか?などを知る事が出来るのでオススメです。

 

自分の適正年収が分かるサービス

 

転職先を探す際には、自分自身の”市場価値”を知っておく方が、自分にあった転職先を見つけやすくなります。

 

そこでオススメなのが、スキルや経験により自分の適正年収が分かるMIIDAS(ミーダス)≫です。

 

こちらは、自分の市場価値を知った上で求人情報を探す事が出来るサービスで、企業からのオファーも直接届くので、前項で紹介したリクナビNEXTと同じようなサービスを受けることも出来るのでオススメです。

 

働きながら転職活動をする方法として、今回はまとめて紹介させて頂きましたが、頭ではわかっていても、実際には行動に移せていないと言う人も少なくありません。

 

そう言う方の為に今回は分かり易くまとめてみましたので、是非ここまでの内容を参考にして頂き、出来る所から転職活動を始めてみてはいかがでしょうか。


「東京、埼玉、千葉、神奈川の正社員求人ならtype転職エージェントがオススメ!」がイメージできる画像01

>当サイトから一番登録が多い「type転職エージェント」の詳細はこちら<



↓↓↓当サイト経由で申し込みが多い人気の転職サービスとオススメポイント!↓↓↓


人気の転職サービス

地域/紹介職種/サービスタイプ

オススメポイント

type転職エージェント

関東中心

総合転職

転職エージェント

転職した人の71%が年収UP!
● アドバイザーが年収交渉!
● 履歴書や面接対策までサポート
20代の事務職の転職に強い!
女性の転職に強い!

DODA

転職サイトdoda

全国対応

総合転職

転職サイト・エージェント

面談”あり”、”なし”の選択可!
● 転職サポートが充実!
● アドバイザーの変更も可能!
● 転職業界大手!
● 転職のプロが徹底サポート

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス

関東・関西・中部

アパレル業界専門

転職エージェント

アパレル業界専門サービス!
● 10万人以上の登録ユーザー数
● 求人企業数2300社以上!
● 業界出身のコンサル多数
● デザイナーからMDまで豊富

「転職エージェント徹底比較ランキング!」がイメージ出来る画像01

関連ページ

年収アップ転職7つの方法
給料の安さに転職を考えた場合、年収アップを実現させたいと思うのが一般的ですが、転職で年収をアップさせるには何からすればいいでしょうか?自分の能力を上げる為の資格取得か?それとも企業との交渉か?今回はこちらに関してまとめてみました。
IT業界のキャリアアップ
今回はIT業界に特化して、キャリアアップ転職を成功させる方法をご紹介します。エンジニアがキャリアアップをしようと思うと、転職を成功させるしかありません。ではどのような方法を取れば転職は成功するのでしょうか?こちらについて今回はまとめてみました。
キャリアアップ転職の方法
転職でキャリアアップを実現させようと考える人は多いですが、その転職活動の方法によって、失敗と成功が別れてしまう場合もあります。そこで今回はキャリアアップ転職を成功させる為の方法をまとめてみました。
通勤時間の理想と限界
通勤時間に関しては、短いに越したことは有りませんが、他の条件を優先させると、どうしても長くなってしまう可能性があります。転職を考えた時、どれぐらいの通勤時間で選ぶのがいいでしょうか?その理想と限界についてまとめてみました。
30代オススメのエージェント
30歳を超えて転職する場合、路頭に迷わない為にもしっかりとキャリアプランなどを考える必要があります。その上で、客観的に自分を見てくれる転職エージェントの利用は必須なので、今回はそんなオススメの転職サイトやエージェントについてまとめてみました。
40代からの転職は厳しい?
今の時代40代から転職を考えると、少し厳しいのではないか?と言う見方も少なくありません。実際の所はどうなのでしょうか?今回は40代からの転職を成功させるコツや方法についてまとめてみました。今現在40代で転職を考えているなら、是非参考にしてもらえればと思います。
転職先の選び方まとめ!
転職を考えた時、転職先の選び方に関して、何を基準に選べばいいか?決め手になるのは?など気になる所かと思います。そこで今回は転職先を選ぶ際に失敗しない様に、選ぶ基準や確認する事をまとめてみました。