年収500万 手取り

Pick up news !!

年収500万円以上貰える仕事や転職先は?!年収500万だと手取り月収はいくらになる?

年収500万円の仕事と転職!※手取り月収はいくら?20代でも可能?

 

転職や昇進によって年収がアップした場合、「昇給後の年収では手取りがどれくらいになるのか?」といった疑問が出てくることもありますよね。

 

もし、その年収が500万円である場合には以下の様な点にもお心当たりがあるかもしれません。

 

「日本人の平均年収は400万円くらいと聞くけど、年収500万はやっぱり割合としては少ないほう?」
「年収500万が目指せる職業って?営業でも目指せる?」
「20代でも年収500万は実現可能?」

 

今回は、上記の疑問を解消していただける情報の他にも、たくさんの情報をお届けしていきます。

 

気になった方は是非チェックしてみてくださいね。


年収500万円の給料まとめ!20代でも可能?

年収500万円の給料まとめ!20代でも可能?

 

年収500万は、手取りにするといくらくらいになるのでしょうか?

 

こちらでは、その手取りをはじめとし、さまざまな情報を紹介していきます。

 

年収500万円だと手取り月収はいくらぐらいになる?

ボーナスあり(夏冬各2.5ヶ月)の場合

 

500(万円)÷17(12+2.5×2)(ヵ月)≒29万円

 

年収を単純に割ると、月収は29万円となりますが、ここから税金など会社から天引きされる事を考えると、手取り月収は約25万円程度と考えられます。

 

ボーナスなしの場合

 

500(万円)÷12(ヶ月)≒42万円

 

ボーナス無しの場合だと、単純に手取り月収はボーナスありよりも高くなるので、税金などを引いても手取り月収は約34万円程度となります。

 

なお扶養家族の有無によって手取り額が変わるので、上記はあくまでもひとつの目安となります。

 

年収500万円以上って何パーセントぐらいいる?低い方?高い方?

国税庁が行った「平成26年民間給与実態統計調査結果」によると、年収500万円台の男女の人数、割合は以下の様な結果になりました。

 

年収500万円台男性の人数と割合

 

男性

人数

割合

500万円台

358.2万人

12.8%

 

年収500万円台女性の人数と割合

 

女性

人数

割合

500万円台

92.0万人

4.7%

 

年収400万円台・300万円台男性の人数と割合

 

男性

人数

割合

400万円台

487.8万人

17.4%

300万円台

513.8万人

18.3%

 

年収400万円台・300万円台女性の人数と割合

 

女性

人数

割合

400万円台

175.5万人

9.0%

300万円台

310.3万人

15.9%

 

上記のデータ結果から見ると年収500万円以上の男女の人数と割合は少なく、500万円以上の年収は平均より高い方と言えるのではないでしょうか。

 

ちなみに上記調査においては、日本人の平均年収というイメージの強い400万円台よりも300万円台のほうが人数・割合ともに多いということが判明しました。

 

年収500万円の人の平均年齢は?20代でも実現可能?

上記のように、年収500万円の人は割合的に少ないですから、平均年齢の結果がどうのようになるのかも気になるところです。

 

dodaの「平均年収ランキング2017※」によれば年代別平均年収は、

  • 20代…346万円
  • 30代…455万円
  • 40代…541万円
  • 50代…661万円

という結果になりました。

 

※2016年9月〜2017年8月までのdodaエージェントサービス新規登録者 約29万人が調査対象。

 

年収500万円ある人の平均年齢ではないですが、参考例のひとつにはなるのではないでしょうか。

 

また、上記データを見る限り20代での年収500万円はまれなケースといえます。

 

以下は20代の各年齢の平均年収です。

 

20代男女の平均年収

 

年齢

男女全体の平均

20歳

277万円

21歳

286万円

22歳

279万円

23歳

293万円

24歳

320万円

25歳

342万円

26歳

360万円

27歳

376万円

28歳

388万円

29歳

402万円

出典:doda

 

このように、20代のうちは20代終わりごろになるまで年収400万円以上を稼ぐことも難しいといえます。

 

何歳で年収500万円以下なら転職すべき?

今は昔と違って年齢を重ねるにつれて順調に給料が上がっていくという時代ではなくなっているので、「何歳で年収○○○万円以下なら転職」といった考え方は成り立たなくなっているといえます。

 

上記にもあったように、年収500万円台の人は男性でも12.8%と決して多くありません。

 

住んでいる地域や年齢にもよりますが、今や「年収500万円は勝ち組」という見方さえあるほどです。

 

ただ年収アップをモチベーションにして転職活動をするのは悪いことではありませんので、年収500万円超えが狙えそうなら、そこを目標にして転職活動をスタートさせてみてもいいですね。


年収500万円以上狙える職業や仕事まとめ!

年収500万円以上狙える職業や仕事まとめ!

 

職業や業界による平均年収の差は決して少なくありません。

 

そこでこちらでは、年収500万円以上も目指せる職業などについてまとめていきます。

 

年収500万円以上狙える職業や仕事ってある?

上記でも紹介したdodaの「平均年収ランキング2017」では、職種や業種別の平均年収も公開されています。

 

それを以下で紹介しましょう。

 

職種別の平均年収

 

職業分類

平均年収

営業系

443万円

企画/管理系

520万円

事務/アシスタント系

329万円

販売/サービス系 

326万円

専門職(コンサルティングファーム・専門事務所・監査法人)

609万円

金融系専門職

425万円

技術系(IT/通信)

463万円

技術系(電気/電子/機械)

484万円

技術系(建築/土木)

414万円

技術系(メディカル/化学/食品)

404万円

クリエイティブ系

380万円

 

業種別の平均年収

 

業種分類

平均年収

IT/通信 

466万円

インターネット/広告/メディア

413万円

サービス

379万円

メーカー

465万円

総合商社

478万円

専門商社

406万円

メディカル

453万円

金融

450万円

建設/プラント/不動産

419万円

小売/外食

359万円

 

上記の平均年収で500万円に届いていなくても、400万円以上であれば年収500万円超えも期待できるのではないでしょうか。

 

ITエンジニアで年収500万円以上を目指す!

上記データから察するに、ITエンジニアという職業は年収500万円以上が目指せる職業のひとつといえます。

 

では実際に転職サイト@typeで「ITエンジニア×年収500万円以上」で検索してみたところ、「884件」の求人情報がヒットしました。

 

また、リクナビNEXTにて「社内SE・情報システム×年収501〜700万円」の条件で検索したところ、「120件」の求人情報がヒットしました。

 

このようにエンジニア系の職業には年収500万円以上を目指せる職業が含まれていますので、該当する場合は転職サイトで気軽に検索してみてくださいね。

 

※上記データはいずれも2018年3月2日時点のもの。

 

営業で年収500万円以上って可能?

上記では営業系の平均年収が443万円でしたので、営業で年収500万円以上は十分可能であるといえます。

 

ただ営業といっても幅広いですので、年収アップのための転職を実現させたい場合は業界や会社などによる差を考えたうえで活動を進めていく必要があります。

 

例えばリクナビNEXTにて職種を「企画営業・法人営業・個人営業・MR・その他営業関連」に設定し、さらに業種を設定していった場合、職種は同じでも業種によって年収501〜700万円の求人数は以下のように違ってきます。

 

営業職 年収501〜700万円の業種別求人数

 

業種

年収501〜700万円の求人数

IT・通信系

223件

メーカー系(電気・電子・機械系)

116件

メーカー系(素材・医薬品他)

171件

商社系(電気・電子・機械系)

133件

商社系(総合商社・素材・医薬品他)

232系

流通・小売系

224件

サービス系

441件

専門コンサル系

290件

マスコミ系

128件

金融・保険系

110件

不動産・建設系

341件

その他

227件

※上記データはすべて2018年3月2日時点のもの。

 

上記のうち年収501〜700万円の求人がもっとも少ない業種はメーカー系(電気・電子・機械系)で116件、もっとも多い業種はサービス系で441件でした。

 

このように、同じ営業職でも目指す業種によっては年収501〜700万円の求人数があまり多くないという現状があります。

 

平均年収500万円以上の企業って?

平均年収500万円以上となると対象範囲が広すぎますので、今回は平均年収500万円〜600万円までの企業のごく一部を紹介します。

 

なお下記のデータの取得年度は企業ごとで異なり、いずれも2018年現在からすると最新のものではないため、現在とは平均年収が異なる可能性があります。(最も古い取得年度は2011年度。)

 

あくまでもひとつの参考としてご覧ください。

 

  • 東建コーポレーション
  • 阪神電気鉄道
  • ホテルオークラ
  • 東洋水産
  • フタバ産業
  • 三京化成
  • 新日鐵住金
  • オーハシテクニカ
  • 東洋証券
  • 名古屋鉄道
  • TSIホールディングス
  • 大正銀行
  • 帝国電機製作所
  • よみうりランド
  • デサント
  • 石原薬品
  • ソディック
  • 新日本建設
  • コカ・コーライーストジャパン
  • 日本金銭機械
  • ゴルフダイジェスト・オンライン
  • ワークマン
  • 宇部マテリアルズ

など多数


年収500万の気になるお金事情!貯金はどれくらいしておくべき?生活レベルはどれくらい?

年収500万の気になるお金事情!貯金はどれくらいしておくべき?生活レベルはどれくらい?

 

日本人全体の平均年収からすると、年収500万円というのは比較的高めの収入であるといえます。

 

この場合、年間の貯金額はいくらぐらいを目安にすればいいのでしょうか?

 

一人暮らしなら手取り年収の15%を目安に

独身時代は人生でもっともお金を貯めやすい時期です。

 

ですから家賃という大きな出費があったとしても、手取り年収の15%を目安に貯金を続けていくということが可能になります。

 

将来的に結婚するにしても独身で過ごすにしても、貯蓄があるに越したことはありませんから、できる範囲で貯金を続けていきたいですね。

 

例えば年収500万円の手取り年収を約390万円とし、そのうちの15%を貯金に回すとすると、年間で58.5万円の貯金ができます。

 

実家暮らしなら手取り年収30%の貯金を目指そう!

実家暮らしであれば家賃という大きな負担がない分、一人暮らしよりもたくさんの貯金ができます。

 

ですから手取り年収の30%を目安に、貯金を続けていましょう。

 

先程と同様、年収500万で手取り年収を約390万円とした場合、そこから30%を貯金に回せば年間で117万円もの貯金ができることになります。

 

また、DINKS(共働きで子どもを持たないようにしている夫婦)も大胆な貯金がしやすいライフスタイルですので、上記の実家暮らしと同様に手取り年収の30%を目安に貯金を行っていきましょう。

 

DINKSの場合は手取りの世帯年収の30%ということになりますので、稼ぎ次第では年間で相当な額の貯金ができることになります。

 

30代の子育てファミリー平均貯金額は?

子育てにはお金がかかるので、よほど経済的な余裕がない限り独身者やDINKS(※)のようにはなかなか貯金できません

 

※DINKS(ディンクス)とは?・・・ディンクスとは夫婦共働きで、お互いの意識的に子供を作らない、あるいは持たない夫婦やその生活感の事を言います。

 

「家計の金融行動に関する世論調査(2014年)/金融広報中央委員会」では、30代子育てファミリーの平均貯金額は「370万円」というデータが出ています。

 

これをひとつの参考にして「あまり貯金できていない」と感じる場合は、節約できる部分はなるべく節約するなど工夫をして、少しでも貯金額を増やしていけるようにしましょう。

 

年収500万で独身者なら生活レベルは普通よりやや上

年収500万円の人は日本人全体の平均年収を上回る年収を得ているわけですので、独身者であれば一人暮らしでも実家暮らしでも、生活レベルは普通よりやや上といえるでしょう。

 

ただ生活レベルの実感には個人差がありますし、貯金に懸命に励んでいる場合は年収500万であってもあまりゆとりある生活ができない可能性があります。

 

また家賃の高い地域に住んでいて、それなりの住居に住もうと思うと家賃の負担が大きくなるため、年収500万の独身者であっても住居以外のところではあまり生活レベルが高くないというケースも出てきます。

 

年収500万だと住宅ローンはいくらくらいが妥当?

住宅ローンの年間返済額は、年収の2割以下に留めておくことが望ましいといわれています。

 

年収500万円であればその年間返済額が最大100万円程度となります。

 

例えば金利3%で35年ローンであれば、返済額月額8万円、約2000万円の住宅ローンを組むことが可能です。

 

もし500万円の貯金があれば、住宅ローンと合わせて約2500万円のマイホームを買うことができます。

 

実際にご自分のケースで住宅ローンの借入を考える場合は、ローンシミュレーションなどを使ってじっくりと計画を練ることが大切です。

 

ローンシミュレーションは、住宅ローンを提供する企業のWebサイトなどで利用することができます。

 

また、共働きのご夫婦であれば二人で借りるということもできるので、当然一人で借りる場合よりも多くの金額を借り入れることが可能になります。


年収500万円以上を狙う場合にオススメの転職エージェントサービス!

年収500万円以上を狙う場合にオススメの転職エージェントサービス!

 

では最後は、転職によって年収500万円以上を実現させたい場合にオススメの転職エージェントサービスを紹介していきます。

 

転職エージェントとは、転職活動サポートのプロフェッショナルであるキャリアアドバイザーが、利用者の転職活動を無料でサポートするサービスのことです。

 

type転職エージェント

会社概要

 

会社名 株式会社キャリアデザインセンター
設立 平成5年7月8日
代表者 代表取締役社長兼会長 多田 弘實
社員数 369名(平成26年9月末現在)
所在地 本社 〒107-0052 東京都港区赤坂3-21-20 赤坂ロングビーチビル

 

type転職エージェントの他に、求人サイトの「@type」や「typeIT派遣」などのサービスを運営しています。

 

type転職エージェントの主な特徴

 

  • 転職のプロがカウンセリング。
  • ネット上で公開されている求人はわずか20%。残りの80%には応募殺到を避けたい非公開求人も!
  • 応募書類、面接に対するアドバイスを得られる。
  • 企業との面接日程の調整や給与、入社日などの交渉もおまかせ。
  • type転職エージェントを通じて転職をした人の71%が年収アップを実現。

 

type転職エージェントの詳細はコチラ!

 

 

dodaエージェントサービス

会社概要

 

社名 パーソルキャリア株式会社
本社所在地 〒100-6328 東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング27F
代表取締役社長 峯尾 太郎
社員数 369名(平成26年9月末現在)
従業員数(単体) 4,321名(有期社員含む、2017年3月時点)

 

dodaエージェントサービスの他に、アルバイト情報サイト「an」や「LINEバイト」、「doda人材紹介」などのサービスを運営しています。

 

dodaエージェントサービスの主な特徴

 

  • キャリアアドバイザーの他に採用プロジェクト担当があなたの転職活動をサポート。
  • 非公開求人の一例がWebサイトでチェックできる。非公開求人にはプレミアムな好条件求人も!?年収アップにも期待。
  • 職務経歴書の添削や応募の代行、面接ロールプレイも!
  • 雇用契約書の手続き代行。
  • 悩みがちな退職手続きのアドバイスも!
  • 年間18,000人を超える転職サポート実績。

 

dodaの詳細はこちら!

 

マイナビエージェント

会社概要

 

会社の商号 株式会社 マイナビ
本社所在地 東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号
代表者代表取締役社長 中川信行
設立年月日 昭和48年(1973年)8月15日
従業員数 8,142名(マイナビグループ全体)※2017年10月時点

 

マイナビグループ企業には、株式会社マイナビサポート、株式会社毎日オークション、株式会社マイナビ出版などがあります。

 

マイナビエージェントの主な特徴

 

  • 年収アップの実績多数!450万→540万などの年収アップの可能性もあり。
  • 約80%が非公開求人。
  • 2回目以降の転職のサポートもおまかせ。
  • 専用個別面談ルームにてキャリアアドバイザーがヒアリング。
  • 企業の社風や雰囲気、成長性といった求人票からはわからない情報も提供可能。
  • 転職希望者の人柄や良さを応募先へアピールできるような推薦状を作成。
  • 内定、入社後に必要となる交渉も代行してくれる。
  • 転職後のアフターフォローも!

 

マイナビエージェントの詳細はこちら!

 

上記ではあえて各転職エージェントの特徴の内容に差をつけましたが、実際に提供される内容はほぼ共通しています。

 

ですから迷ったときには複数の転職エージェントに登録するのもありです。

 

いずれの転職エージェントも、採用を決定した企業から成功報酬を得ているため利用者は無料でサービスを利用することができます。

 

 

さて今回は、年収500万円のサラリーマンの手取りや、年収500万円が目指せる仕事の種類などからオススメの転職エージェントまで、幅広い情報をお届けしてきました。

 

何かお役立ていただける情報があれば幸いです。


「東京、埼玉、千葉、神奈川の正社員求人ならtype転職エージェントがオススメ!」がイメージできる画像01

>当サイトから一番登録が多い「type転職エージェント」の詳細はこちら<



↓↓↓当サイト経由で申し込みが多い人気の転職サービスとオススメポイント!↓↓↓


人気の転職サービス

地域/紹介職種/サービスタイプ

オススメポイント

type転職エージェント

関東中心

総合転職

転職エージェント

転職した人の71%が年収UP!
● アドバイザーが年収交渉!
● 履歴書や面接対策までサポート
20代の事務職の転職に強い!
女性の転職に強い!

DODA

転職サイトdoda

全国対応

総合転職

転職サイト・エージェント

面談”あり”、”なし”の選択可!
● 転職サポートが充実!
● アドバイザーの変更も可能!
● 転職業界大手!
● 転職のプロが徹底サポート

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス

関東・関西・中部

アパレル業界専門

転職エージェント

アパレル業界専門サービス!
● 10万人以上の登録ユーザー数
● 求人企業数2300社以上!
● 業界出身のコンサル多数
● デザイナーからMDまで豊富

「転職エージェント徹底比較ランキング!」がイメージ出来る画像01

関連ページ

社内SEで評価されない
ITエンジニア業界の中でも今回は社内SEの悩みで特に多い、≪社内で評価されない・・・≫についてを考察してみます。頑張っても評価されない場合は辞める方が良いのか?それとも今の職場で働き続ける方が良いのか?もし今現在迷っていると言う事なら是非チェックしてみてくださいね。
社内SEの残業まとめ!
当たり前の様に残業しなければならない事も多い社内SEの仕事、今後転職を考えた時には出来るだけ残業が少ない所で働きたいと考えてしまいます。そこで今回は残業の少ない社内SEの求人や転職事情に関してまとめてみました。
仕事を辞める時期
毎日会社に勤めているとどんどん不満が溜まり、ふとした瞬間「会社を辞めたい!」と思ってしまいます。そんな時に転職を決意しても、辞める時期やタイミングに関しては迷う所です。そこで今回は転職に最適なタイミングや時期に関してまとめてみました。
仕事を辞めたい時の対処
仕事を辞めたいと考えた時はすぐに転職を考えてしまいますが、勢いで辞めてしまうと後悔する事になるので、一度落ち着いて様々なリスクや最適な方法を考える必要があります。そこで今回は仕事を辞めたいと思った時に考えた方が良い事や最適な方法についてまとめてみました。
仕事で涙が止まらない原因
仕事を辞めたいと毎日考えながら出勤していると、涙が止まらなくなる事もあります。そんな時はうつ病の可能性もあるので注意が必要です。今回はそんな”涙が止まらないほど仕事を辞めたい”と悩んでいる人に向けて役立つ内容を紹介させて頂きます。
ブラック企業の辞め方は?
残業が多くて給料が安い・・・今現在そんなブラック企業に勤めている人からすると、いつ辞めようか?どうやって転職すればいいのか?迷っている所かもしれません。そこで今回はブラック企業の抜け出し方や、今後ブラック企業に入社しないようなコツをまとめてみました。
退職の流れまとめ
会社を辞めるタイミングや、退職の流れに関してが分からないと言う人が意外と多いようです。そこで今回は退職に意向を伝える時期や、いつまでに言えばいいのか?等、会社を辞めるタイミングや流れについてまとめてみました。
会社を辞める準備まとめ!
会社への不満が募って転職を考えた時、辞める準備や転職先に関しては迷う所ではないでしょうか?次の仕事はどうやって探せば良いか?貯金額はどれぐらいあれば退職しても大丈夫か?など、会社を辞める準備に関してまとめてみました。
仕事に行きたくない時は?
誰でも仕事に行きたくないと思う時もあるかと思いますが、そんな時の休む理由や、毎日行きたくないと思う場合は辞めた方が良いのか?などについてまとめてみました。今現在退職や転職を考えている場合は是非参考にしてくださいね。
仕事に行きたくないSE
ITエンジニア業界の中で活躍するSE(システムエンジニア)も様々な理由により仕事に行きたくないと感じます。今回はそんなSEの悩みと転職についてをまとめてみました。
辞めたいのに次の仕事が見つからない原因と対処
会社を辞めたいと漠然と考えていても中々前に進まないばかりか、転職先(次の仕事)も見つからないと言う場合もあります。そんな時、どのようにして求人を探せばいいでしょうか?今回はこちらに関して分かり易くまとめてみました。
正社員のバイトはバレる?
正社員で仕事をしている人の中でも、給与が安かったり、何か目標を持って仕事をしている人の場合、バイトや副業をしようかと考える人も少なくありません。ただ、正社員のバイトは会社にばれそうで中々出来ないと言う人も多いと言う事なので、今回は本当にバレるのか?についてまとめてみました。
正社員の退職まとめ!
正社員として働いていると、転職や退職を考える人もいるかと思います。しかし、アルバイトと違い、色々と手続きがややこしかったり、退職金や退職届に関して分からないと言う人も多い様です。そこで今回は正社員の退職に関してまとめてみました。
会社を辞めるか迷う場合
色々な理由で会社を辞めようと考える人がいるかと思いますが、どんな理由であれ長年勤めた会社を辞めるとなると、迷うと言う人も多い様です。そこで前向きに辞める為にはどうすればいいか?会社を辞めるメリットは何か?等をまとめてみました。
転職前の貯金まとめ
転職を考えて会社を辞めようと思っても、経済的な不安で中々退職出来ないと言う人も少なくありません。会社を辞める前には普通どれぐらい貯金しておくものでしょうか?転職前の注意点は?などについてまとめてみました。
給料の未払い対処法
中小企業や零細企業の場合、一生懸命働いても給料が未払いで、と困っている方も中にはいます。未払いの会社側も無い袖は振れないと開き直っている場合もあり、そんな時はどうすればよいのでしょう。給料が未払いの場合の相談先や対処法などを紹介します!
給料が上がらない時の対処法
働いても成果を上げても給料が上がらないと嘆く方も多いのではないでしょうか。自分の労力や成果に見合った給料を受け取れないと仕事に対するモチベーションも上がりません。そんな場合この先給料が上がるのを待つか、転職して違う仕事を探すべきか迷っている方に、どうすればよいのか記事をまとめていますので是非参考にしてみてください。
給料が少ないと結婚できない!?
一生懸命働いていても、満足行く給料がもらえず給料が少ないと感じる方も多いと思います。給料が少ないと貯金が出来ないとか、結婚できないのでは?と不安になるかたもいるのではないでしょうか。給料と結婚・貯金や転職などについて記事をまとめていますので是非参考にしてみてください。
転職先の決め手と注意点
今の職場の人間関係や休日、給料などに悩んで転職を考えているけど、良い転職先があるのか、うまく転職出来るだろうかと不安を感じて転職に踏み切れないと言う方は多いのではないでしょうか。そんな方の為に失敗しない転職先の決め手と転職する際の注意点をまとめましたので是非参考にしてください。
異なる職種や業種への転職
同業種への転職より異なる職種や業種へ転職する方が1からのスタートになる分ハードルは高くなります。ましてや新卒で入社してすぐに転職と言う事になると転職先にも不信感を与えてしまかねません。異なる職種や業種への転職に関する注意点や新卒から何年目で転職するべきかなどをまとめましたので是非参考にしてください。
販売職からの事務職、営業職への転職
販売職をしていて時間的な理由や体力、ノルマなど様々な理由で他の業種へ転職したいと考える方も意外と多いものです。中でも販売職から事務職や営業職へ転職すると言う方も多くいます。販売職からの転職で成功する転職先やイメージの良い転職理由などをまとめましたので、転職を考えている方は是非参考にしてください。
第二新卒のアピールポイント!
一旦新卒として就職して、短期間のうちに転職する第二新卒という枠を設けて受け入れる企業が増えてきています。第二新卒はどのような理由で転職を考えるのか、第二新卒が企業から受け入れられる理由やアピールポイントなどをまとめました。また、第二新卒で転職する際にどこの転職サイトを活用すればよいかも紹介しています。
転職活動の正しい進め方流れ
転職しようと決意しても、転職先がみつからない、転職活動したいけど休みをとれない、退職を引きとめられて転職出来ない、などの理由で転職が進まず悩んでいると言う方も多いと思います。転職が進まない方の原因と対処法、正しい進め方とスムーズな転職の流れについてまとめましたので、転職を考えている方は是非参考にしてください。
転職先の不安を払拭するには?
いざ転職しようと決めても、転職先の人間関係や勤務条件、給料など自分の納得のいく職場に転職出来るのかなどさまざまな不安が付きまとうものです。転職先選びでよくある不安や人気の企業の特徴、転職先の選び方で重要なポイントなどを分かりやすく紹介しています。これから転職を考えている方は是非参考にしてください。
職場が合わない場合の対処法や相談先
社会人なのだから職場に対する多少の不満は我慢しなければ、と職場と合わなくても耐えて毎日働いていると言う方も多いと思います。我慢ばかりして、精神的に追い詰められたり、体調を崩してしまう前に退職や転職を考えるのも一つの方法です。職場と合わない、行きたくないと感じた時の対処法や相談先などを紹介しています。
転職を繰り返すのは性格が原因?
入社してもすぐに転職、と言う様に転職を繰り返すと言う方もすくなくありません。キャリアの為、人と合わせられないなど様々な原因がありますが、転職を繰り返す事のメリット・デメリットをまとめました。また採用への影響や給料は下がるのか?転職を繰り返す方の転職先選びのポイントなどもまとめています。
職探しの焦りの解消法
転職したい、けれど転職先の職探しがうまくいかない・・・職探しに焦りを感じている方も多いと思います。職探しで息詰まる原因や転職活動がうまくいかない原因などをまとめました。また、職探しのイライラの解消法や転職が絶対にうまく行く方法などもまとめて紹介していますので、是非参考にしてください。
転職に迷った時の転職診断
今の会社に不満はあるけれど、転職すべきかどうかその判断は難しいと思います。我慢して続けるべきか、今よりもっとよい条件の会社を見つけるべきか、迷った時に使いたい転職診断や占いサイトを厳選して紹介します。転職すべきかどうか迷ったら是非チェックしてみてください。
副業解禁はいつ?なぜ?
本業だけでは満足できる収入が得られず、副業を考える方も少なくありません。そこで気になるのが政府による「副業解禁」の動き。今回は副業解禁はいつ行われるのか?またその理由や時期、副業解禁のメリット・デメリットについて詳しくまとめてみました。
副業解禁している大手企業と会社まとめ!
近年、働き改革により副業に対する考え方は変わろうとしています。近々副業解禁される予定になっていますが、もうすでに実施している企業はあるのか?副業解禁する理由や今後、解禁している会社の調べ方などについてまとめました。興味のある方は是非ご覧下さい。
公務員も副業解禁される!?
話題になっている政府主導による「副業解禁」。興味をお持ちの方も多いのではないでしょうか?今回このページでは公務員や正社員も副業解禁されるのか?や今現在、副業を認めている会社などについてまとめました。気になる方は是非チェックしてみて下さい。
社会インフラ業界の求人と探し方のコツ!
安定しているイメージの強い業界である「社会インフラ業界」。今回は社会インフラ業界に興味のある方に向けて、基本的な情報から社会インフラ系企業の求人の探し方やおすすめの転職サイトまで詳しく紹介しています。是非チェックして頂き参考にして下さい。
正社員と個人事業主は兼業出来る!?
2018年に実施される見込みである「副業解禁」。そうなると気になるのが兼業についてではないでしょうか?正社員と個人事業主は兼業出来るのか?兼業するメリットはあるのか?また確定申告についてなど詳しくまとめてみました。興味のある方は是非参考にして下さい。
プロゲーマーになりたい!
海外には多くのプロゲーマーがいると言われています。しかし日本ではその数はごくわずか…。日本でプロゲーマーになるにはどうすればいいのでしょうか?今回はプロゲーマーに興味のある方に向けてそのなり方や専門学校、収入や何歳までなれるかなど詳しくまとめてみました。
よくある転職失敗談&失敗例5選!
転職するにあたって誰もが失敗はしたくないと思うものですよね。今回は転職活動でありがちな失敗例や失敗談をまとめ、転職成功のためのヒントを紹介しています。転職活動中の方やこれから転職を考えているという方は是非チェックしてみて下さいね。
前職の退職理由に関するお役立ち!
転職先での面接で前職の退職理由をどのように伝えるかは、採用の結果を左右する事もあり、重要なポイントの一つです。そこで今回は退職理由に使える例文や伝え方のポイントなど役立つ情報についてまとめてみました。是非参考にして頂ければと思います。
転職に失敗した人から学ぶ!
さまざまな理由から転職を考える人はいますが、いざ転職しようと思っても失敗しないかあ…と不安になる方も多いのではないでしょうか?そこで今回は失敗しない為の7つのポイントについて詳しく紹介します。転職を成功させる為にも是非参考にして下さいね。
前職の退職理由って調べられるの?
退職するにはネガティブな理由もあり、転職先で知られたくないという場合もありますよね。そういった方にとっては転職活動において前職の退職理由を問い合わせされるのか?は気になるところです。そこで今回は問い合わせや紹介、確認されるかなど詳しくまとめてみました。
未経験分野で再就職を目指すには?
転職活動されている方の中には、今までとは違う職種で頑張ってみたい!と未経験分野での再就職を考えている方もいると思います。そこで今回は未経験分野での求人探しと、おすすめの職種、資格取得など再就職を成功させるポイントについてまとめてみました。
再就職が決まらない!
再就職がうまくいかない…再就職先がなかなか決まらない状況が続くと精神的にも参ってしまいますよね。今回は再就職が決まらない原因とその対処法について詳しくまとめてみました。再就職が決まらずお悩みの方は是非一度、目を通してみてください。
産後・産休後の再就職まとめ!
産後の再就職となるとブランクもある上に、子育てとの両立もあり、不安を感じる女性も多いのではないでしょうか?そこで今回は産後の女性の再就職について、求人の探し方やポイントなど詳しくまとめました。気になる方は是非チェックしてみて下さいね。
再就職支援サービスまとめ!
年齢が高くなるにつれて再就職への不安は大きくなるものです。そんな方にも役立つ再就職支援会社や支援サービス、セミナーや説明会の内容などについて、また転職成功率など今回詳しくまとめてみました。是非ご覧頂き、今後の再就職活動にお役立て下さい。
20代の再就職と転職まとめ!
新卒で入社したけどどうしても自分には合わない…こういった理由で再就職を検討される20代の方も多いのではないでしょうか?そこで今回は20代の再就職と転職について、再就職を成功させるコツやおススメのサービスなど詳しくまとめました。是非参考にして下さい。
30代男女の再就職と転職!
再就職や転職をするうえで、やはり年齢は気になるものですよね。30代での再就職や転職となると不安要素も大きくなるようです。そこで今回は30代男女の再就職と転職について、未経験業種への挑戦は無謀か?30代後半の転職は厳しいか?など詳しくまとめてみました。気になる方は是非参考にして下さい。
履歴書や職務経歴書の無職期間の書き方は?
履歴書や職務経歴書を記入する際、無職だった期間がある場合はどのように記入すればいいのか?と迷う方も多いのではないでしょうか?アルバイトの期間も書かないといけないのか?転職が多い場合も全て記入すべきなのか?など、履歴書や職務履歴書の無職期間の書き方や記入例について詳しく紹介しています。
無職期間が半年を超えると再就職しにくい?
転職活動がうまくいかず無職期間が長くなってしまう場合もあります。無職期間が長ければ長いほど再就職や転職への不安も大きくなるものです。無職期間が半年、または一年以上の就職事情や面接時の言い訳、おすすめの転職サービスについてなど詳しくまとめました。
年収400万円の手取り月収は?
年収400万円の人の給料や税金、手取り月収や住民税などについてまとまています。結婚後もやっていけるのか?転職すべき目安の年齢は?など、今後の将来についてのヒントになる様な項目を網羅しています。
年収350万円の手取り月収と税金!
年収350万円の場合の手取り月収や差し引かれる税金の計算方法、適正な車のローンや住宅ローンの組み方など、お役立ち情報をまとめました。年収350万円で転職を考えた方が良い年齢などもまとめていますので、今現在の給与に不満がある方は是非参考にしてもらえればと思います。
非営利団体の求人と転職!
よく耳にする非営利団体ですが、営利団体との違いやどういう仕組みで利益を上げているのか?は分かりにくい所です。そこで非営利団体のメリットや給料、未経験でも正社員になれるのか?などをまとめてみましたので、参考にしてもらえればと思います。