仕事 転職先 見つからない 探し方

Pick up news !!

辞めたいのに次の仕事が見つからない!?転職先の探し方まとめ!

辞めたいのに次の仕事が見つからない!?転職先の探し方まとめ!

 

勤めている会社を辞めたいと考えた時、働きながら次の転職先を探す人がほとんどですが、なかなか良い求人、仕事が見つからない、求人は応募したのに転職先が決まらないという方は多いです。

 

転職先が見つからない、仕事が見つからないと、いくら会社を辞めたいと思っても辞める事が出来ず、どんどん気持ちばかりが焦ってしまいます・・・。

 

実際に以下の様な悩みを抱えている人は多いようです。

 

「会社を辞めたいのに中々良い転職先が見つかりません・・・」
「転職を考えて求人を探しているのですが、良い所が見つからず会社を辞めれません。」
「転職先が見つからないのですが、どうやって求人を探せば良いですか?」
「働きながら転職先を探して応募するのですが、中々採用がきまりません・・・・」

 

上記は実際に大手掲示板などに書き込まれていた内容となるのですが、もしかするとあなたも同じ悩みを抱えている1人かもしれませんね。

 

そこで今回は、≪辞めたいのに転職先が見つからない原因と対処≫についてまとめてみましたので、興味があれば是非最後までチェックしてみてくださいね。


目次
  1. 仕事が見つからない原因と対処法!転職活動でいいところがない場合は!?
  2. 20代と30代では違う?仕事が見つからない年齢毎の特徴!
  3. 転職先が決まらない理由と対処法!
  4. 20代と30代では違う?転職先が決まらない年齢毎の特徴!
  5. 仕事が見つからない時の焦りや不安を解消する方法!

仕事が見つからない原因と対処法!転職活動でいいところがない場合は!?

仕事が見つからない原因と対処法!転職活動でいいところがない場合は!?

 

仕事が見つからない理由と見つけ方!

仕事が見つからない理由と見つけ方!

 

転職先が見つからずに焦る気持ちもわかりますが、なかなかみつからないのには何か原因があるかもしれません。こちらについてまずはみていきましょう。

 

職種を絞り過ぎている

 

仕事先が見つからない理由の1つに、「職種を絞り過ぎている」ことが挙げられます。

 

たとえば、需要はあるけれど未経験ではすぐにつけない仕事ってありますよね。プログラマーやエンジニアなどの専門的な職種がこれに該当します。

 

今は、確かに人手不足でリソースが足りていない時代ではありますが、専門職に限っては実務経験の有無やスキルが重視されます。

 

そのような職種に就きたいからと、スキルがない状態で転職活動をしていませんか?

 

これは極端な例かもしれませんが、職種を絞り過ぎると、決まりそうな仕事も決まりません。

 

まずは、「自分がやりたい仕事」ではなく、「自分ができそうな仕事」で仕事を探すことをオススメします。多くの場合、「自分がやりたい仕事」で仕事を探している人が多いです。

 

もちろん「自分がやりたい仕事」で仕事を探すことを否定するわけではありませんが、自分がやりたい仕事は、高いスキルを伴う職種が多いです。

 

「自分には一体どういった仕事ができるのか」そのような視点で仕事を見つけてみてください。

 

正社員にこだわり過ぎている

 

仕事が見つからない理由には、雇用体系も関係しているようです。福利厚生もしっかりしている正社員は、誰もが憧れますよね。

 

しかし、仕事につきたい職種が未経験であればあるほど、企業側すると正社員で採用するにはリスクが伴います。

 

  • 「人材がどの程度、企業に貢献してくれるのか」
  • 「人材の価値」

について把握しないうちに、正社員で採用したがらないでしょう。

 

そのような場合は、正社員登用制度の有無も確認して、正社員にこだわらずにまずは、パートやアルバイトで採用されることも視野に入れましょう。

 

現在では、派遣でも賃金の引き上げ等により、高い時給を頂ける企業も増えています。ひとまず雇用形態を問わずに業界に採用されることを考えましょう。

 

業界に入ってしまえばあとは、その業界でスキルを学び成長するだけです。スキルを高めて土台を作れば、次の転職の際に正社員になれる可能性も高まりますよ。

 

自分の長所を生かしてきれていない

 

仕事が見つからない人の理由に、自分の長所を生かしきれていないという方も多いです。仕事を見つけられない焦りから、求人票を見ては「自分にはできない」と諦めていませんか?

 

焦りや心配から求人票を見つめる日々が続くのは、致し方ないことですが、まずは自分の長所と短所についての棚卸しをしましょう。棚卸しとは、商品在庫を計算するように、自分の長所と短所の在庫を整理します。

 

サービス業が得意な人やオフィスワークで書類作成のスキルに長けている人、その人によって長所や短所は異なりますよね。

 

また、性格上サービス業に向いていない人もいるかもしれませんし、黙々と作業する単純作業が得意な人もいます。

 

自分自身の強みと弱み、長所と短所を紙やメモ帳に書き出してみましょう。そうすることで、漠然と判断していた「できる仕事」、「できない仕事」のカテゴリに「できそうな仕事」が加わります。

 

転職先でいいところ(良い会社)がない場合の探し方!

転職先でいいところ(良い会社)がない場合の探し方!

 

転職先で良い会社がない場合の探し方について、いくつかご紹介させて頂きます。自分に合った転職先を決めるためには、その探し方が重要です。

 

地元求人をハローワークで探す

 

ハローワークは、地元求人を探す際には有利に働きます。お住まいの地区ごとの求人を取り扱っているため、地元で転職をお考えの場合にはオススメです。

 

また、ハローワークでは職業訓練と言って、離職者を対象に次の転職に生かせるよう、専門スキルを身につけるプログラムが用意されています。

 

離職者を対象にしているプログラムのため、失業保険や交通費、受講手当などが支給され、お金をかけずに、スキルを身につけることが可能です。

 

地元での転職をお考えの方は、まずは、ハローワークで求人票を確認しましょう。

 

なお、職業訓練プログラムには「パソコン」、「簿記・経理」、「医療事務」、「介護」、「宅建」、「ファイナンシャルプランナー」、「Web制作」、「機械・電気」などさまざまなコースが用意されています。

 

求人誌も見逃せない

 

ハローワークに通っても、転職先で良い会社がないという場合には、同時に求人誌も参考にすると良いでしょう。求人誌は、駅構内やコンビニ、スーパー、ドラッグストアなど幅広く配布されています。

 

転職活動中も見逃せない求人の探し方です。これらの求人誌には、地元でありながらハローワークには掲載していない求人情報も掲載されている可能性もあるのです。

 

転職サイトを活用する

 

転職サイトとは、登録されている求人の中から、自分のペースで求人を探せるサービスの1つです。

 

登録されている職種は、転職サイトによっても異なりますが「営業」、「事務・管理」、「企画・マーケティング」、「経営・管理職」、「IT・エンジニア」など幅広いジャンルの中から検索可能です。

 

転職サイトは、転職エージェントのようにキャリアアドバイザーによる転職支援などはありませんが、その代わり自分のペースで自分に合った転職先を見つけることも可能に。

 

また、転職サイトの中には、企業からのスカウト機能がついている転職サイトもありますので、登録しておいて損はありません。代表的な転職サイトは以下の通りです。

 

転職サイト 特徴
リクナビNEXT

人材業界大手のリクルートホールディングス。
転職者の8割が利用している代表的な転職サイトです。
全国の求人を網羅し、ジャンルも問わないため登録する価値があります。

doda

リクルートと並び、総合人材サービスを運営する企業で、大手企業から中小企業まで、幅広い求人を網羅しています。
リクナビNEXTのようにスカウト機能も充実。

@type

@typeは、株式会社キャリアデザインセンターが運営する転職サイトです。
求人数は、首都圏が圧倒的に多く、関東圏にお住まいの方には有利な転職サイトです。
IT・エンジニア部門には強いため、この業種に興味のある方は、登録してみると良いでしょう。

 

転職エージェントを活用する

 

本格的に自分の希望に合わせて、しっかり自己分析した上で転職活動をしたいという方は、転職エージェントを活用して会社を探すという方法もあります。

 

転職エージェントは、転職サイトとは異なりキャリアアドバイザーが、求職者の要望や職歴を分析し、最適な求人を探してくれます。

 

自分の強みや弱みがわらかない、求人の見つけ方がわからないという方は、全て無料で求人紹介から、履歴書・職務経歴書の書き方、面接対策までサポートしてくれる転職エージェントを選択しましょう。

 

代表的な転職エージェントは以下の通りです。

 

転職エージェント 特徴
リクルートエージェント

業界最大手のリクルートホールディングスが運営する転職エージェント。
全国の求人を揃えており、求人数や実績ともに圧倒的
キャリアアドバイザーによる希望職種に合った求人紹介や書類対策などのサポートが充実

doda

リクルートエージェントと並び、人気のある転職エージェントです。
取り扱う職種は、幅広く、非公開求人を含めると131,674件にのぼります。
圧倒的な求人数と、キャリアアドバイザーによる添削が魅力

type転職エージェント

type転職エージェントは、@typeと同様に株式会社キャリアデザインセンターが運営しています。
転職エージェントとしては、求人数は大手企業には及ばないものの、老舗企業のため非公開求人が魅力的
求人は、首都圏を中心に揃えています。

 

ハローワークで仕事が見つからない場合はどうしたらいい?

ハローワークで仕事が見つからない場合はどうしたらいい?

 

ハローワークに幾度となく通っているものの、なかなか良い仕事が見つからないという方も多いのではないでしょうか。

 

ここでは、ハローワークで失業保険の受給をうけつつ、求人検索をしてみたけど、良い仕事が見つからない場合の対処法をご紹介させて頂きます。

 

窓口で相談しよう

 

ハローワークでは、自己の長所がわからないなどの個人的な相談や経歴からぴったりの案件はどのようなものがあるのかについて相談にのってくれます。

 

もう一度、窓口に行って希望の条件や理想の転職先を相談してみましょう。パソコンだけの検索では見つからない案件について紹介してくれる可能性もありますよ。

 

まずは求人・転職サイトを利用しましょう

 

前章でもお伝えしましたが、ハローワークで希望の求人が見つからない場合には、転職サイトを利用して空き時間を活用し、求人を検索してみましょう。

 

ハローワークは、お住まいの地域の案件を中心に掲載されていますが、転職サイトですともう少し広範囲に希望の条件で検索することが可能。

 

また、転職サイトであればスカウト機能といって、企業から直接スカウトがくるシステムも完備しています。

 

ハローワークでは見つからない案件が、転職サイトで見つかる可能性もありますよ。

 

シングルマザーで仕事が見つからない時の見つけ方!

シングルマザーで仕事が見つからない時の見つけ方!

 

シングルマザーが働く場合、未就学児を抱えていると保育園へのお迎えや、保育園がお休みの場合は働けない等の時間的制約がありますよね。

 

また、シングルマザーの場合、将来を見据えて安定した収入を得たいのが切実な願いです。しかし、ハローワークなどでは正社員で時間的な融通が利く仕事がなかなか見つからないのも事実。

 

ここでは、シングルマザーで仕事が見つからない時の見つけ方について、ご紹介させて頂きます。

 

女性専用の転職サイトを活用する

 

これまでシングルマザーで仕事を見つける場合、時間的な融通や正社員など、その全てを叶えることはできにくかったです。

 

特にハローワークで求人を探す場合には、そのような案件を見つけることは特に難しいです。そこで、おすすめしたいのが女性専用の転職サイトです。

 

女性専用の転職サイトであれば、求人検索の際に「35歳以上も歓迎」、「正社員登用あり」、「育児と両立OK」などシングルマザーに嬉しい検索機能がついています。

 

女性専用の転職サイトでおすすめなのは「女の転職@type」です。

 

女の転職@type

 

女の転職@typeは、株式会社キャリアデザインセンターが運営しており、女性の転職に特化した求人ばかりを揃えています。

 

また、求人検索も仕事と家庭、育児を両立したい女性向けとなっていて「仕事も家庭も両立」、「育休産休活用事例あり」など細かい絞り込みが可能です。

 

そのほかにも「女性にうれしい!積極採用中の求人」特集や「Woman type働く女のワーク&マガジン」など、働く女性に特化した特集が魅力的です。

 

女性の転職typeの無料登録はこちら!

 

女性専用の転職エージェントを活用する

 

さきほどご紹介させて頂いた、転職サイト「女の転職@type」については、自分の空いた時間を活用して希望の求人を探せるものでした。ただ、シングルマザーの多くが、スキマ時間を確保できないのが現状です。

 

そこで、ご紹介したいのが女性専用の転職エージェントです。

 

転職エージェントとは、転職サイトとは違い、キャリアアドバイザーによる転職支援サポートを受けることが可能です。

 

また女性専用の転職エージェントであれば、キャリアアドバイザーのほとんどが女性で構成されていることもあり、女性ならではという悩みについて親身に相談に乗ってくれます。

 

女性専用の転職エージェントとしておすすめしたいのが「type女性の転職エージェント」です。

 

こちらの転職エージェントについても、「女の転職@type」と同様に株式会社キャリアデザインセンターが運営しております。

 

type女性の転職エージェント

 

特徴としては、年間5,000名以上のキャリアカウンセリングの実績があり、キャリアアドバイザーも女性に寄り添えるよう、女性中心に構成されています。

 

また、18年続く転職エージェントのため、女性に関する豊富なノウハウを蓄積しています。

 

女性ならではという悩みを相談でき、非公開求人の紹介、面接対策や企業との日程調整など、忙しいシングルマザーにもおすすめの転職エージェントです。

 

type女性の転職エージェントの詳細はこちら!


20代と30代では違う?仕事が見つからない年齢毎の特徴!

20代と30代では違う?仕事が見つからない年齢毎の特徴!

 

ここでは、仕事が見つからない年齢毎の特徴をご紹介致します。実は、仕事が見つからない背景には、20代と30代、40代、そして50代ではそれぞれに特徴がありました。

 

20代はやりたい事が明確になっていないから仕事が見つからない

20代の転職で仕事が見つからない特徴としては、20代は体力もありますし、行動力も30代と比較すると大きな違いがあります。

 

それだけに、やりたい事がたくさんあり過ぎて、自分が最もやりたい事が明確になっていないという点があります。

 

「あれもやりたい」、「これもやりたい」と考えているうちに、良い仕事が見つからないということはありませんか。体力や行動力があるからこそ、やりたい仕事見つからないのが20代にありがちな特徴です。

 

30代は市場価値がわからないから仕事が見つからない

30代は、一通り仕事も覚えて、職場でも頼りにされる、役職に就くなど人によっては働き方が大きく変化する年齢でもあります。

 

それだけに、これまでの仕事よりも責任が増して、望んでいたはずのポジションなのに、責任の重さから会社を辞めたいという方も多いです。

 

また、30代になるとこれまで勤めた会社だとこれ以上成長できないと感じて、自己スキルを向上させたいがゆえに会社を辞める方も多いです。

 

いずれにしても、30代の転職は自分の市場価値を見極め、転職する必要があります。20代と比較をすると、採用率も下がるため、自己スキルの分析も必要です。

 

30代で仕事が見つからない場合、自分には何ができるのか、どう会社に貢献できるのかが明確になっていない場合が多いです。もう一度、自分の能力について分析してみましょう。

 

40代は自分の経歴を生かしきれていないから仕事が見つからない

40代は、一般的に会社でも役職に就き、責任のある仕事をこなす年齢でもあります。

 

中小企業であれば、取締役など重要なポジションについている方も多いです。それだけに、40代の転職となると「何ができるのか」を強く求められます。

 

また何ができるのかの範囲が広く、マネジメントスキルや仕事量、会社にどう貢献してくれるのかを重視します。

 

ほとんどの業種で未経験で40代から転職となると、不利になることは間違いありません。つまり、40代ではこれまでのスキルを活用できる仕事を見つける必要があります。

 

これまでの十分な経験を活かせる仕事でないと、転職先でもリスクが大き過ぎて採用には至りません。

 

自分の経歴を生かすことのできる仕事先を見つけられるよう、もう一度経歴やできるスキルの棚卸しをしましょう。

 

50代はゼネラリスト思考だから仕事が見つからない

いまでこそ、政府の推し進める働き方改革などの影響で、人生100年時代などと言われ、雇用年齢の引き上げや40代、50代の転職市場も活発化してきています。

 

とはいえ、30代などと比べると40代、50代の転職はスムーズに行くことが難しい状況です。

 

特に50代というと、同じ会社に勤務してきた人なら何かしらの役職に就いているもの。その役職とプライドが邪魔をして、仕事先が見つからないということがあります。

 

50代だと、マネジメントスキルや営業スキルなど、さまざまなスキルを持ち合わせていることが多いです。そう、まさにゼネラリストです。

 

50代で役職も経験し、なんでもできますと輝かしい経歴をアピールしても、多くの場合企業のニーズに合わず、仕事を見つけることができません。

 

大企業を経験した50代であっても、中小企業でそのゼネラリスト思考が通じるとは限らないのです。大切なことはゼネラリスト思考を捨てて、スペシャリストとして何ができるのかを考えることです。

 

もしくは、ゼネラリストのプライドを捨てて、需要がありながらも人手不足の職種、たとえば福祉職などの未経験からでも採用率の高い職種を選ぶ必要があるでしょう。


転職先が決まらない理由と対処法!

転職先が決まらない理由と対処法!

 

ここでは、転職先が決まらない理由と対処法についてお届け致します。自分が転職したい求人はたくさんあるのに、応募しても不採用通知ばかりが届く。

 

そのような場合には、もう一度転職先が決まらない理由を分析してみましょう。

 

転職先が決まらない人の特徴!

転職先が決まらない人の特徴!

 

1.探し方が間違っている

 

今現在は優良な転職サービスが多く、基本的に転職サイトに登録しておけば仕事が見つからない事はありません。

 

もし仕事が見つからないのであれば、求人雑誌や地域の求人誌のみで探しているなど、限定的な所で仕事先を探している可能性があります。

 

以下の3つのポイントを押さえれば、容易に仕事先候補が見つかります。

優良な転職サービスに登録する
マイナビエージェントパソナキャリアtype転職エージェント etc)
転職サービスのエージェントにしっかりと希望を伝える
リクナビNEXT の様な、企業オファーのあるサービスに登録しておく

 

2.条件を限定し過ぎている

 

転職先が見つからないほとんどの理由は、この”転職先の条件を絞り込み過ぎている”というケースです。

 

転職先を選ぶ基準に関しては以下の様にたくさんあります。

給与面や賞与面
福利厚生や手当面
通勤時間や交通手段
企業規模
職種や仕事内容
仕事のやりがい
人間関係
働いている人の年齢層

 

「今の職場よりももっと良い所へ転職したい!」という気持ちが強すぎるあまり、条件を3個、4個と設定して探す人がいますが、あまり条件が厳し過ぎると転職先は見つかりません。

 

ただ、ある程度中長期のスパンで転職先を探すのであれば、最初に転職サイトに登録だけしておき、納得する条件の所が見つかるまで探せば、納得行く転職先も見つかるかもしれません。

 

3.辞めたい気持ちが足りない

 

「辞めたいのに中々転職先がみつからなくて・・・」という人の中には、真剣に転職先を探していない場合もあります。

 

辞めたいとは思ってはいるものの、心の奥底で”会社に居続けるメリット”もおそらく分かっているのではないでしょうか。

 

条件もそれほど絞っていないのに、転職先が見つからない場合は、もしかすると”会社を辞めたい”と言う気持ちが少し足りないのかもしれません。

 

まずは、主要な転職サイトや転職エージェントに登録して頂き、希望の条件で求人検索してみましょう。本当に自分には転職が必要なのかをもう一度、確認しておくことをオススメします。

 

転職先が決まらない人の解決法!

転職先が決まらない人の解決法!

 

1.職務経歴書、履歴書を見直す

 

希望する転職先はたくさんあり、条件もそれほど絞り込んでいないにも関わらず、中々採用されないという場合は、一度職務経歴書や履歴書を見直す必要があります。

 

転職先がなかなか決まらない焦りや不安があることもわかりますが、まずはしっかり見直しをかけましょう

 

「自身の今までのキャリアの売りはどこか?」、「自分が企業に対して力になれる事は何か?」などが具体的に書かれていないと、企業側も中々採用しにくいものです。

 

中には、自分のやりたい事や希望ばかり書いていた所、転職エージェントにアドバイスされた通りに職務経歴書を修正し、あっと言う間に転職先が決まったと言う事例もあるぐらいです。

 

職務経歴書や履歴書の見直しが自分だけでは不安な方は、転職エージェントでの添削をオススメ致します。転職エージェントであれば、希望職種に合わせた書き方も指導してくれます。

 

2.希望する転職先を見直す

 

何度も書類審査に落とされたり、面接まで行くのに中々転職先が決まらない場合は、一度希望する転職先についても見直すべきです。

 

もしかするとあなたが今まで経験してきた事や、今現在の知識とスキルが、希望する企業と合致していない可能性があります。

 

一度転職先に関しての視野を広げてみると、もっとあなたの経験が活かせる職場が見つかるかもしれません。

 

3.面接を完璧にする

 

もし面接で落とされる事が多いという事なら、面接時の対応がまずいのかもしれません。

 

元々今の会社に入る時に転職活動等をせずに入社し、長年今の会社に勤めていると、しっかりと面接の対応が出来ていない可能性があります。

 

面接で質問される事や、”企業側の印象が良くなる回答”というのはある程度決められているので、以下の様なサイトで面接を完璧にしてみてください。

 

転職の際の採用面接に役立つサイト3選!

 

事前にこういった準備をすると、面接の印象も良くなり、転職先も決まりやすくなる可能性もあります。

 

半年や1年経っても転職が決まらない!長引いた時の対処法!

半年や1年経っても転職が決まらない!長引いた時の対処法!

 

履歴書や職務経歴書の見直しもして、自分の長所や短所なども自己分析をし、転職エージェントに相談もしているのに、半年や1年経っても転職先が決まらない、仕事が見つからないという方を対象に、長引いたときの対処法についてご紹介させて頂きます。

 

書類選考や面接で落ちた原因を常に改善する

 

転職先が決まらずに長引いてしまっている理由の1つに「書類選考や面接で落ちた原因」の改善ができていない人が多いです。

 

もっともいけないことは、場当たり的に応募書類を送るという転職先の探し方です。

 

自己分析や市場分析も行わずに、選考に落ちてしまうのは当然です。重要なことは、「なぜ書類選考で通らなかったのか」、「なぜ面接で落ちたのか」を徹底的に分析し、改善すること。

 

基本的には、このPDCAサイクルを回し続けることで、書類選考や面接の精度が上がり、採用確率が高まります。

 

徹底的に準備をする

 

お仕事をしつつ、転職活動をしている方も多いと思います。この場合、スケジュール調整が難しいですよね。ただ、スケジュール調整が難しいからと、転職活動を中途半端にしていませんか。

 

転職活動をスムーズに成功させるためには、自己分析、市場分析、求人探し、履歴書・職務経歴書の作成を丁寧に行う必要があります。

 

それに加えて、現職についている中で面接日程なども調整しなければならず、徹底的に準備しなければ、スムーズな転職活動が難しいです。

 

本来はいけないことかもしれませんが、現職を休暇できるようであれば休みを利用して集中して転職活動を行うのも1つの方法です。しっかりと準備しましょう。

 

第三者に意見を求める

 

転職活動が長期化してしまう理由に、自分では努力をしていても間違った方法で転職活動をしている可能性もあります。

 

何がいけないのかさえもわからない状態に陥っている可能性も。そのようなときは、自分以外の第三者に意見を求めるのも1つの方法です。

 

自分では営業職の経験があり、転職活動でも営業職を中心に探していたとしても、実はオフィスワークの方が向いている可能性もあるのです。

 

転職エージェントに申し込むと、第三者目線から性格診断や、適職診断等もしてくれ自分はどの職業に向いているのか、幅広い視野で求人サポートをしてくれます。

 

転職活動が長期化してしまい、自分ではどうにもできない場合には、転職エージェントを活用してみましょう。

 

転職エージェント 特徴
リクルートエージェント

業界最大手のリクルートホールディングスが運営する転職エージェント。
全国の求人を揃えており、求人数や実績ともに圧倒的。
キャリアアドバイザーによる希望職種に合った求人紹介や書類対策などのサポートが充実

doda

リクルートエージェントと並び、人気のある転職エージェントです。
取り扱う職種は、幅広く、非公開求人を含めると131,674件にのぼります。
圧倒的な求人数と、キャリアアドバイザーによる添削が魅力。

type転職エージェント

type転職エージェントは、@typeと同様に株式会社キャリアデザインセンターが運営しています。
転職エージェントとしては、求人数は大手企業には及ばないものの、老舗企業のため非公開求人が魅力的。
求人は、首都圏を中心に揃えています。

 

女性だから転職が決まらない?成功する転職先の探し方とは?

女性だから転職が決まらない?成功する転職先の探し方とは?

 

基本的に女性だから転職先が決まらないということはありません。

 

ただ、女性の場合、妊娠・出産・育児とライフイベントが重なる時期があるため、転職先を探すのが難しい時期があるのも事実です。

 

ここでは、女性の転職で、転職活動を成功させるための探し方についてご紹介します。

 

女性の転職に特化した転職エージェントを利用する

 

最適な転職先の探し方として、女性に特化した転職エージェントを利用することをオススメします。また、女性に特化した転職エージェントだけでなく、年齢に応じた転職エージェントも意識しましょう。

 

転職エージェントの中には、第二新卒や業界未経験にも強いエージェントや、スキルが豊富な方に向けてハイクラスの転職エージェントもあります。

 

30代女性が、20代女性の転職に力を入れているエージェントに相談するよりは、ハイクラスな案件を取り扱う転職エージェントに相談する方が良い場合もありますよね。

 

このように、自分の年齢に合わせた転職エージェントを利用するのも、自分に合った転職先を探す良い方法です。

 

女性の転職に特化した転職エージェントは以下の通りです。

 

女性に特化した転職エージェント 地域/紹介職種/サービスタイプ オススメポイント
リブズキャリア

全国区
女性転職
転職エージェント

・キャリア女性のための転職エージェント
・年収400万円以上の案件も多い
・企業からのスカウト機能あり
・育児サポートなど女性受けのこだわり求人あり

type女性の転職エージェント

首都圏が中心
女性転職
転職エージェント

・20〜30代女性におすすめの転職エージェント
・転職成功者の71%が年収アップ
・キャリアアドバイザーのほとんどが女性
・年間5,000名以上のカウンセリング実績あり

マイナビエージェント

全国区
総合転職
転職エージェント

・20〜30代女性におすすめ
・大手転職支援サービスだから女性の転職にも力を入れている
・圧倒的な求人数で広範囲に検索できる


20代と30代では違う?転職先が決まらない年齢毎の特徴!

20代と30代では違う?転職先が決まらない年齢毎の特徴!

 

ここからは、20代と30代、40代・50代で転職したい仕事は見つかったけれど、転職先が見つからない人向けの年齢ごとの特徴をご紹介します。

 

20代は転職先のニーズを分析できていないから転職先が決まらない!

20代は30代と比較しても、体力的にもエネルギーがありますし、行動力もあります。これは非常に良いことです。

 

なぜなら、企業としても職種によりますが、しっかり教育できれば長く自社に貢献してくれる人材になるからです。

 

とはいえ企業も、全ての20代応募者を積極的に採用できるほどのリソースは持ち合わせていません。

 

そこで重要になる考えが、企業のニーズを分析するということです。企業としては、実務経験者や即戦力を採用したいのが常です。

 

しかし、人手不足の時代において大企業でもない限り、優秀な人材を多額の報酬を提示して採用はできません。となった場合、次の対象となるのが1年未満でも実務を経験している人材です。

 

それでも人材が集まらなければ、ここで初めて未経験者の中から採用者を決める場合があります。未経験者の中でも、より熱意があり実力がある人材を採用するのです。

 

このように、企業には職種によってニーズがあります。さらに言うと、このレベルまでは到達していて欲しいという境界線が存在します。その境界線に近い人材を獲得したいのです。

 

30代は自分の強みを理解していないから転職先が決まらない!

20代の転職活動よりも、より自己分析を必要とするのが30代です。一般的に30代になると、企業側からも一定のビジネススキルやマナー、マネジメントスキルが求められます。

 

つまり20代の転職活動よりも、より多くのふるいにかけられることになり、転職のハードルが高まります。

 

そこで重要になるのが、自分の強みはどこにあるのかです。20代と違い、同じスタートラインに立つ転職希望者は、皆一定のビジネススキルを身につけています。

 

あなたは、その中で勝ち抜く自信はありますか。もし不安だなと感じる場合には、自分の武器となる強みは、どこにあるのか分析しましょう。

 

武器がないという方は、さらに自分を磨く必要があります。同じ転職希望者よりも1つでも秀でた特徴があると、面接で目にとまりやすいですよ。

 

40代は十分にスキルを生かしきれていないから転職先が決まらない!

40代での転職活動では、基本的に未経験での分野になればなるほど、転職に不利に働きます。転職したい仕事先が決まっても、その転職先ではビジネススキルに加えて、高い実務レベルが求められるからです。

 

つまり40代で転職先をスムーズに決めるためには、これまでのスキルを十分に活かせる転職先が圧倒的に有利です。

 

たとえば、プログラマーとして中小企業に勤務していた求職者がベンチャー企業にチーフリーダーとして転職するなどです。いかに、自分のキャリアを生かすことができるかで、転職先がスムーズに決まるかが分かれます。

 

50代は妥協できないから転職先が決まらない!

50代で仕事が見つからない特徴でも記載しましたが、なんでもできるから年収を今より10%アップして、土日は休みが良いなど「あれも、これも」の状態ですと、多くの場合、転職先を決められないでしょう。

 

50代は確かに、キャリアを積み役職を経験し、部下のマネジメントスキルも長けていますが、その分妥協点を見出すことができず、会社を選んでしまう場合があります。

 

やりたい仕事は決まっているのに、転職先が決まらない理由はここにあるんですね。自分の中で、給料が一番なのか、それとも週休2日が良いのか、その全てを叶えるのではなく、妥協点を見つけましょう。

 

ただでさえ、転職が難しくなる50代は、知人の紹介などがない限り、理想の転職先を見つけることが難しいです。


仕事が見つからない時の焦りや不安を解消する方法!

仕事が見つからない時の焦りや不安を解消する方法!

 

ここでは、仕事が見つからないときの焦りや不安を解消する方法をお届け致します。

 

仕事が見つからない焦りをどう解消するか!

仕事が見つからない焦りをどう解消するか!

 

少し休暇を取る

 

転職活動をしているけれど、希望の仕事が見つからないときはすごく焦りますよね。

 

焦りからくる不安で、常に求人票や転職サイトを見る日々が続きます。しかし、あまりにも疲労しているようなら少しだけでも休暇を取りましょう。

 

会社勤めの方なら、有給を消化しても良いですし、小旅行に出かけるのも良いです。

 

「転職活動中に休暇なんて」と感じるかもしれませんが、リラックスすることで焦りや不安から、ほんの少しだけ解放されて、また転職活動をするエネルギーが湧いてきます。

 

アルバイトで少しでも経済的ゆとりを

 

会社勤めをしていて、転職活動している方は最低限の収入源は確保できていますが、既に会社を辞めてしまった方は、仕事が見つからないことによる経済的な焦りや不安が大きいはずです。

 

そのようなときは、一旦アルバイトでもパートでも良いので、収入源を確保しましょう。

 

収入源が確保できない状態ですと、自分に妥協してしまい本来転職したくない会社に転職するなど良いことがありません。

 

まずは、アルバイトでも良いので収入源を確保しつつ、休日を利用して転職活動をしましょう。そうすることによって、私生活にもメリハリがつきますよ。

 

この機会を利用して自己投資をする

 

転職活動をしているのに、自分に合った仕事が見つからない場合は、この機会を利用して、今需要の高いスキルを獲得するため自己投資してみるのも良いでしょう。

 

たとえば、仕事の休日を利用して未経験から「介護の資格試験の勉強をする」。「ファイナンシャルプランナー」の資格取得を目指す、「プログラマー養成講座」を受講するなどです。

 

理想の仕事はあるけれど、スキルがないことを理由にチャレンジできないのならば、ぜひ自己投資のつもりで新しい資格やスキル取得に挑んでみてください。

 

転職先が決まらない不安をどう克服するか!

転職先が決まらない不安をどう克服するか!

 

転職時期を冷静に判断する

 

やりたい仕事は見つかったけれど、転職先の書類選考や面接で落選し続けているという方は、毎日が不安で仕方ないですよね。

 

しかし、何ごとにもタイミングというものがあります。その1つが、求人数です。転職活動において、求人数が一気に高まる時期があります。

 

それは、3〜4月と9〜10月です。企業の年度切り替えや節目で退職する人が多いことなどが関係し、中途採用率が上がります。

 

この時期に転職活動をすると、求人数も増えており、それ以前よりもスムーズに転職先が決まる可能性が高いでしょう。焦りや不安でいっぱいの方も、少しだけ転職活動の時期を変えてみるのも良いですよ。

 

直接企業に応募する

 

転職活動を優位に進めるハローワークや、転職サイト、転職エージェントですが、なかなか転職先が決まらないと焦りや不安がつきものです。

 

そのようなときは、直接興味のある企業の採用フォームや、直接電話などをして積極的に