ルート営業 転職

Pick up news !!

ルート営業の転職と求人探しのコツ!採用される為の面接での志望動機の書き方とかある?

ルート営業の転職と求人探しのコツ!【※面接での志望動機の書き方】

 

「ルート営業への転職を考えているけど、実際はどういう仕事なんだろう?」「ルート営業って普通の営業とどう違うの?」

 

こういった疑問をお持ちの方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

 

また自分にとって未経験分野であるルート営業への転職に興味がある場合には、以下の様な疑問にもお心当たりがあるかもしれません。

 

「ルート営業の一日の流れってどんな感じなんだろう?」
「ルート営業の給料ってだいたいどれくらい?」
「ルート営業の志望動機はどう作っていけばいい?書き方のポイントは?」

 

そこで今回は、こうした疑問を解消していただける情報をまとめていきます。

 

気になった方は是非チェックしてみてくださいね。


ルート営業の仕事内容と給料まとめ!

 ルート営業の仕事内容と給料まとめ!

 

それではさっそく、ルート営業の仕事内容や一日の流れ、気になる給料事情をチェックしていきましょう。

 

ルート営業とはそもそもどんな仕事?

一般営業にとっては新規顧客の開拓が非常に重要になりますので、それまで取引がなかった企業や法人への営業も行います。

 

一方でルート営業の場合は、既存顧客への営業が中心となります。

 

既存顧客を回りながらそのニーズなどを把握し、それを商品提案などで顧客に還元するというのが仕事です。

 

ただ、ルート営業でも顧客の新規開拓をする場合がありますので、飛び込み営業がまったくないわけではありません。

 

ルート営業の一日の流れから仕事内容をつかもう!

ルート営業の詳しい仕事内容を知るには、一日の流れをチェックするのが手っ取り早いです。

 

ルート営業の一日の流れ(例)

8:30 出社
9:00 朝礼
9:30 得意先へ提案する資料等の準備
10:00 外回り(ルート営業)
    得意先を訪問し、新規プロジェクトのミーティングや見積り依頼の受注などを行なう。
12:30 昼休憩
13:30 外回り(ルート営業第二部&新規訪問)
    新規訪問では、電話でのアポを入れる場合もあれば飛び込み営業をする場合もある。
17:00 訪問先からの注文内容等の再確認や明日の準備等
18:00 退社

 

これはあくまでも一例なので、おなじルート営業職でも細かな仕事内容は業種ごとで違います。

 

例えば自動販売機事業を行なう会社のルート営業は、商品の補充や自動販売機の清掃なども仕事に含まれます。

 

ルート営業の給料ってどれぐらい?平均年収は?

こちらではまず、2015〜2016年にマイナビエージェントの新規登録者となった20〜30代の年収データをベースとした営業系職種の年収ランキングを紹介します。

 

20〜30代営業系職種の年収ランキング

 

営業系職種

平均年収

20代平均年収

30代平均年収

1位 管理職・マネージャー(営業系)

528万円

433万円

623万円

2位 海外営業・貿易営業

513万円

432万円

599万円

3位 営業企画・営業推進

490万円

451万円

544万円

4位 法人営業

447万円

413万円

530万円

5位 個人営業

424万円

397万円

539万円

6位 代理店営業

423万円

393万円

542万円

7位 ルートセールス(ルート営業)

403万円

379万円

482万円

8位 内勤営業・カウンターセールス

366万円

356万円

417万円

≪出典:マイナビエージェント

 

このように上記ランキングでは、営業系職種のなかではルート営業の平均年収は低めという結果になっています。

 

ルート営業と新規顧客開拓が中心の一般営業とを比べると、やはり後者のほうが仕事的に大変だろうという印象があるので、それがこうした給料の違いの要因になっている可能性があります。


ルート営業への転職に関するお役立ち情報まとめ!

 ルート営業への転職に関するお役立ち情報まとめ!

 

では続いて、ルート営業への転職に向けた活動にお役立ていただける情報を紹介していきます。

 

ルート営業への転職、営業未経験でも大丈夫?

営業職未経験の状態からルート営業への転職を考えている場合、やはり「未経験」という点がどう響いてくるのか気になるところです。

 

転職サイトでよく見る「未経験者歓迎」には、「業界未経験」と「職種未経験」の両方の意味があるので、営業未経験の場合は「職種未経験者歓迎」の求人に応募していく必要があります。

 

企業によっては求人情報のページに「職種未経験者歓迎」の記載がありますし、また転職サイトによっては「職種未経験OK」などのタグ付けが行われていることもあります。

 

そういった求人であれば、企業の問い合わせをしなくても応募できるのでいいですね。

 

ルート営業に転職するなら身につけておきたいスキルや資格は?

営業未経験でも応募できるルート営業の求人は、たくさんあります。

 

ですがやはり未経験という点が不安で、それが自信のなさにつながってしまうということもあるでしょう。

 

自信を持つことができないとそれが面接での態度として表れてしまい、合否の結果を左右するなんてことにもなりかねません。

 

そうならないようにするためには、転職活動を始める前にスキルや資格を獲得して、ある程度自信を持ったうえで転職活動を進めていくことが大切です。

 

そのスキルや資格などは、以下をご覧ください。

 

ルート営業に求められるスキル

 

  • 相手の話を聞く力。
  • 相手を気持ちよくさせる話術、コミュニケーションスキル。
  • 相手のニーズを把握し、それを現場に伝える力。
  • 提案力。
  • 企画力。
  • 最低限のPCスキル。(Word、Excel、PowerPoint等)
  • 普通自動車免許(都心以外は必須。)

 

ルート営業にとって大切なこと

 

  • 清潔感のある見た目。とにかく身だしなみが重要。
  • ビジネスマナー

 

ルート営業に活かせる経験

 

  • 社会人経験(営業以外でも、販売、接客などの経験は活かしやすい。)

 

ルート営業への転職に役立つ可能性のある資格・検定

 

  • 営業士検定
  • 営業力強化検定
  • セールスレップ
  • TOEIC
  • 販売士
  • MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

ルート営業の転職のコツ!志望動機の書き方は?

 ルート営業の転職のコツ!志望動機の書き方は?

 

転職活動を始めていくなかで多くの人がぶつかる壁といえば「志望動機」です。

 

そこでこちらでは、ルート営業の志望動機を作成するうえでのヒントとなる書き方のポイントを紹介していきます。

 

ルート営業の志望動機を作成するうえでのポイントまとめ!

経験者ならプロらしい志望動機を

 

例えば、これまでも医療機器や医薬品のルート営業に携わっているのであれば、経験者らしく深い知識を感じられるような志望動機が望ましいです。

 

そのためには、エントリーする企業が取り扱う機器やそれが使われるシーンなどについて丹念に調べ上げ、それを志望動機に上手く落とし込んでいくことが重要です。

 

「なぜこの会社を目指したのか?」が伝わるような志望動機を

 

採用担当者は、「なぜ当社に応募したのか?」という点を気にします。

 

ですから、なぜこの会社なのか?、もっと言えば「なぜこの会社のルート営業なのか?」が採用担当者に伝わる内容を心がけることが大切です。

 

例えば医療機器や医薬品を取り扱う会社のルート営業を志望する場合、自身や家族、友人、知人が入院した経験があれば、そこから志望動機を膨らませていってもいいですね。

 

ちなみに医療機器や医薬品の業界ですと、「安定している」というイメージが強いのでそれを志望動機に加えたくなるかもしれません。

 

それは必ずしも悪手とはいえませんが、採用担当者によっては利己的な印象を持ってしまうので注意しましょう。

 

自分の経験でルート営業に活かせそうなものをアピール

 

経験者であれば、過去に自分が何を誰に対して販売してきたのか、そしてそれをどのようにして販売してきたのかなどを、なるべく具体的に記載しましょう。

 

未経験者の場合は、過去の自分の仕事で得た経験の中でルート営業に活かせそうなエピソードをピックアップし、それを志望動機に落とし込みましょう。

 

例えば販売・接客業であれば、「お客さんと一対一で応対したときに培われたスキル」なんかは、ルート営業に活かしやすいのではないでしょうか。

 

なぜ転職してまでこの仕事を目指したのかも明確に

 

経験者なら、なぜ業界や会社を変えたのか?、未経験者ならルート営業のどういったところに惹かれ転職しようと思ったのか?ー こういった部分も志望動機に含めておきましょう。

 

見やすい文章を心がける

 

志望動機の内容も重要ですが、パッと見たときに見やすい文章や字面であることも重要です。そのためには、字の大きさのバランスや文字のキレイさなどにこだわることも大切になってきます。

 

志望動機でよくあるNG例

「理念に共感いたしました」

 

「御社の〜という理念に共感し、志望いたしました。」

 

一見するとNGとは思えないかもしれません。現に「どこにどう共感したのか?」「共感したことがなぜ志望動機になるのか?」といった部分を明確にできればこれはNGではありません。

 

しかし、ただ「共感した」というだけではそこに突っ込まれたときに答えに窮してしまいます。

 

「学ばせていただきたいと思います」

 

「学ばせていただく」

 

このスタンスを強調することで自身の謙虚さを相手に知ってもらうことができるというイメージもありますが、場合によっては他人任せな印象を与えてしまうので伝え方には注意しなければなりません。

 

「学ばせていただく」ではなく、「これまでの経験に固執せず、良いと思うやり方はどんどんと吸収したい」といった表現にすれば、そういった印象を与えずに済みます。

 

「やりがいのある仕事だと感じた」

 

その仕事にやりがいがあるかどうかは、本人の感じ方次第というところもあります。ですから「やりがい」という言葉も使い方には注意しましょう。

 

「なぜ当社のルート営業にやりがいを感じるのか?」という点を明確にできれば、その言葉を上手く使いながら志望動機を作り上げることができます。

 

【例文】ルート営業の志望動機

例文の丸暗記はNGですが、やはり参考例として気になりますよね。

 

そこでこちらでは、その例文を紹介します。

 

例文1.医薬品メーカーのルート営業

 

私が貴社を志望いたしましたのは、貴社が他社に先駆けてジェネリック医薬品の開発に着手し、それを世に広めるきっかけとなった企業だからです。

 

私の母は、私が新社会人となった頃に病気になりました。長患いだったため薬代も高くつくようになりました。しかしそのときに病院でジェネリック医薬品を紹介され、これまでよりも安い薬代で治療を続けられることになりました。

 

こうした経験からジェネリック医薬品の素晴らしさを身をもって知りましたので、そのさらなる普及のため自分に何かできることはないかと考え、医薬品営業という仕事に興味を持ちました。(補足:この後に医薬品営業に役立ちそうな経験を交えたエピソードなどを紹介。)

 

例文2.販売業からルート営業

 

前職では、アパレルショップで販売員をしておりました。その仕事では、お客様との会話などからお客様の服の好みをキャッチし、それを先回りして提案するという機会も多くありました。

 

そうやって提案したアイテムがお客様に喜んでもらえたときに、やりがいを感じていました。ただ、お客様と販売員は一期一会なところもあります。

 

それはそれで魅力がありますが、私としてはだんだんと「一人のお客様と深く、長く関わっていきたい」と思うようになりました。

 

○○○のルート営業であればそれを実現することができ、また販売員としての提案力も活かせるのではないかと思い、このたび志望いたしました。(補足:なぜその会社のルート営業なのか?についてのエピソードも交えたうえで、最後の一文につなげていく。)

 


ルート営業の求人探しのコツ!オススメの転職エージェントは?

 ルート営業の求人探しのコツ!オススメの転職エージェントは?

 

では最後に、ルート営業への転職時に要チェックな転職エージェントを紹介します。

 

そもそも転職エージェントとは?

転職エージェントとは、簡単に言うと企業と求職者のマッチングサービスです。

 

カウンセリングを通して求職者の希望条件を聞き出し、それとマッチしそうな企業の求人をキャリアアドバイザーが提案します。

 

ですから「土日祝休みがいい」「大手企業がいい」「とにかく労働環境がいい会社に転職したい」といった希望があれば、それをどんどんキャリアアドバイザーに伝えましょう。

 

それをすべて叶えられるかは状況次第ですが、希望条件を伝えるのはその人の自由ですからね。

 

また転職エージェントでは、応募書類のアドバイスや面接日程の調整など、求人紹介以外のサポートも行っています。

 

オススメその1.type転職エージェント

リクナビNEXTエージェントランキングの総合満足度部門で第2位に入るという実績を持つtype転職エージェント。

 

また利用者満足度は驚きの87%と、利用者満足度でも高い評価を得ています。

 

type転職エージェントの主な特徴

 

  • 非公開求人の割合は約80%。
  • 一都三県の転職支援に強い。
  • 営業職も得意領域のひとつ。
  • 検索条件とマッチする非公開求人がどれくらいあるのかが、サイト上でチェックできる。
  • 給与や入社日といった条件交渉の代行。
  • 円満退職のためのアドバイス。

 

type転職エージェントの詳細はこちら!

 

オススメその2.dodaエージェントサービス

「条件は、今よりいい会社。以上。」というキャッチコピーも印象的なdoda。

 

そんなdodaの転職エージェントが「dodaエージェントサービス」です。

 

dodaエージェントサービスの主な特徴

 

  • 転職活動のサポート実績は、年間18,000件超え。
  • キャリアアドバイザーと採用プロジェクト担当の2人体制であなたをサポート。
  • 非公開求人の一例がサイトでチェックできる。
  • 面接対策では面接ロールプレイまでも行なう。
  • 雇用契約書の手続き代行。

 

dodaの詳細はこちら!

 

オススメその3.マイナビエージェント

就活の印象も強いマイナビですが、転職活動もマイナビエージェントを通じてしっかりサポートしてくれます。

 

マイナビエージェントの主な特徴

 

  • 非公開求人の割合が約80%。
  • 年収アップの実績多数。
  • 営業職専任のキャリアアドバイザーが在籍。プロフィールもチェックできる。
  • 気になる企業の社風や入社後のキャリアパスなど、求人票からは見えてこない情報もフォロー。
  • 相談者の魅力が伝わるような推薦状を作成してくれる。

 

マイナビエージェントの詳細はこちら!

 

さて今回はルート営業への転職について、仕事内容や一日の流れ、給料事情、志望動機といった幅広い情報をお届けしてきました。

 

未経験からルート営業を目指す場合はとくに不安が大きくなりやすいですが、そんなときこそ上記の転職エージェントがオススメです。

 

経験豊富なキャリアアドバイザーが相手なら、自分が抱えている悩みや今後のキャリアパスなどについて安心して相談することができますからね。


「東京、埼玉、千葉、神奈川の正社員求人ならtype転職エージェントがオススメ!」がイメージできる画像01

>当サイトから一番登録が多い「type転職エージェント」の詳細はこちら<



↓↓↓当サイト経由で申し込みが多い人気の転職サービスとオススメポイント!↓↓↓


人気の転職サービス

地域/紹介職種/サービスタイプ

オススメポイント

type転職エージェント

関東中心

総合転職

転職エージェント

転職した人の71%が年収UP!
● アドバイザーが年収交渉!
● 履歴書や面接対策までサポート
20代の事務職の転職に強い!
女性の転職に強い!

DODA

転職サイトdoda

全国対応

総合転職

転職サイト・エージェント

面談”あり”、”なし”の選択可!
● 転職サポートが充実!
● アドバイザーの変更も可能!
● 転職業界大手!
● 転職のプロが徹底サポート

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス

関東・関西・中部

アパレル業界専門

転職エージェント

アパレル業界専門サービス!
● 10万人以上の登録ユーザー数
● 求人企業数2300社以上!
● 業界出身のコンサル多数
● デザイナーからMDまで豊富

「転職エージェント徹底比較ランキング!」がイメージ出来る画像01

関連ページ

営業職に向いている人の特徴5つ!
人にはそれぞれ向き不向きというのがあり、現在働いている職種は自分に向いているのか?と悩んでいる方もおられるのではないでしょうか。今回この記事では、営業職について、向いている人の特徴と向いていない場合の対処法などまとめてみました。
営業職に向いていない場合にオススメの転職先6選!
営業の仕事は自分に向いてないと思い、転職を考えている方の中には、いざ転職すると決心しても転職先はどのような職種がいいのか?とお悩みの方もおられますよね。そこで今回は営業に向いてない場合のオススメの転職先について、男女別でまとめてみました。
販売職から営業職って転職可能?
他の職種への転職というと大変なように思いますが実際のところどうなのでしょうか?今回は販売から営業への転職についてまとめてみました。また他職種から営業への転職についてもまとめてありますので、興味のある方は是非チェックしてみて下さいね。
営業職の給料と仕事内容まとめ!
営業職と一口に言っても色々な業種の営業があります。それぞれの業種ごとの給料や仕事内容はどのようなものなのか?今回このページでは詳しくまとめてみました。また営業職への転職のポイントについても紹介していますので是非参考にして下さい。
営業職は休日出勤や残業が当たり前!?
営業職に興味はあるけど残業はどれくらいあるのか?休日出勤は多いのか?気になるところですよね。そこで今回は営業職の残業時間や休日出勤などの詳しい情報や、ホワイト企業の探し方についてまとめてみました。気になる方は是非参考にして頂ければと思います。
営業職のキャリアアッププラン!
営業職として働いている方の中には、キャリアアップについて考えているという方もおられますよね。そこで今回は営業職としてのキャリアアップに必要な資格やスキル、営業職のキャリアパスなどについてまとめました。今後のキャリアアッププランの参考に是非ご覧下さい。
営業職はつらい!?
営業職と言えばやりがいもありそうだけど、身体的にも精神的にも大変というイメージもあります。中には営業職はつらい、疲れた、つまらないとお悩みの方もいらっしゃるのでは?そんな方に向けてその原因と解決法についてまとめましたので是非ご覧になって下さいね。
営業職におすすめの転職エージェント3選!
転職を決意すると出来るだけ早く次の職場を見つけ安心したいですよね。転職をスムーズに進めていく上で役立つ転職エージェント。今回は営業職におすすめの3つの転職エージェントについて詳しくまとめました。今後の転職活動に是非お役立て頂ければと思います。
営業職で30代転職は難しい?
30代くらいになると転職に興味があっても今からは難しいのでは?と諦めかけている方もおられるのではないでしょうか。そこで今回は営業職の30代の転職事情についてや、給料・平均年収などについてまとめてみましたので興味のある方は是非参考にして下さい。
営業職3年目での転職はあり?
営業職に就いてまだ3年目とは言え、今の会社の待遇や評価のされた方に不満のある人は転職を考える方もいると思います。そこで今回は営業3年目での転職や転職事例、転職の年齢や年収アップについてまとめましたのでお悩みの方は是非ご覧になって下さい。