女性 転職 タイミング 育休明け 出産 結婚

Pick up news !!

女性の転職のタイミングや時期まとめ!結婚や出産を考えると!?

女性の転職のタイミングや時期まとめ!結婚や出産を考えると!?

 

現在では結婚後も仕事を続けたいと考える女性が多くなっています。

 

しかし、残業が多かったり、福利厚生が整っていない会社の場合、現実問題として結婚・出産後も勤務し続けることは難しく、転職のタイミングをはかっている人も少なくありません。

 

そこで今回は女性の転職のタイミングや時期に関して、以下の点についてまとめてみました。

 

 

転職のタイミングに悩んでいる女性は、ぜひ参考にしていただければと思います。


女性の転職のタイミングや時期で良くある疑問と回答まとめ!

女性の転職のタイミングや時期で良くある疑問と回答まとめ!

 

女性は結婚・出産で大きくライフスタイルが変わるため、今の仕事に慣れてきた25歳頃に転職を意識しだす人が多いようです。

 

女性の転職のタイミングや時期に関して、よくある疑問と回答をまとめてみましたのでご覧ください。

 

女性の転職が成功しやすい年齢とタイミングは?

女性の転職にベストな年齢について、巷では「20代後半は厳しい」「35歳が限界」など様々なことが言われていて、気ばかりが焦ってしまいがちです。

 

実際のところはどうなのか、キャリア理論の視点で考えてみます。

 

女性が転職するなら何歳まで?

 

20代は「探索期」といわれ、自分のスキルや可能性を探す時期にあたります。30代は「確立期」といわれ、専門性を確立する時期です。

 

そう考えた場合、30代になる手前には転職を成功させておく必要があります。新しい職場で、仕事を覚えるのに2年かかるとして逆算すると、28歳頃が転職のタイミングと言えます。

 

女性が転職するのにベストなタイミングは?

 

転職は早ければ早い程いいという意見もありますが、20代前半だと経験が浅く、新卒と同じ年収になってしまいかねません。

 

また30歳を過ぎてしまうと、結婚・出産が近いと思われ、採用されにくいケースもあり、求人自体が少なくなってしまうのが現実です。

 

つまり、4,5年経験を積んだ27〜28歳頃に、今まで積んだ経験やスキルを最大限に活かして転職をするのがベストなタイミングだと言えるようです。

 

結婚や出産予定がある場合はいつ転職すべき?

とらばーゆが、30代の働く既婚女性を対象に行ったアンケートによると「仕事と家庭が両立できる職場に転職をしたいと考えた場合、どのようなタイミングで転職をするのがよいと思いますか?」 という問いに対しての回答は以下のようになったそうです。

 

1位 結婚をする前 30%
2位 出産後、子育てが落ち着いてから 19%
3位 結婚をしてから(妊娠出産前に) 19%

 

ご覧頂いたように、既婚で働いている女性達、いわば経験者は「結婚をする前に転職をするべき」と考えます。

 

その主な理由は以下の通りです。

結婚前に職場になれておく方が、結婚後の生活がスムーズにいくと思う
結婚してからだと産休・育休取得までの会社への貢献期間が短く、迷惑をかけてしまう
独身のほうが転職においても身動きが取りやすい

 

同様のアンケートで「結婚後、家庭と仕事を両立するのは想像以上に大変と感じた」という人が64%にものぼることからも、結婚後に今と同様のペースで仕事を続けることの大変さがおわかりいただけるのではないかと思います。

 

産後で子持ちの場合の転職タイミングは?

出産をきっかけに会社を辞めて、旦那様の地元へお引越しというママも多いですよね。

 

前職を続けたいけど、やむを得ず仕事をやめるという方も多くいらっしゃいます。そのような場合に、産後で子持ちの場合にはどの時期に転職すると良いのでしょうか。

 

まず、小さなお子様がいらっしゃる場合の転職のタイミングとしては、子どもが幼稚園や保育園に通うタイミングが多いのではないでしょうか。

 

幼稚園の場合には、3歳くらいが多いですし、保育園の場合には1歳になる前に預けるご家庭も多いです。

 

となると、幼稚園や保育園に子どもを預けるタイミングに差はあれど、概ね幼稚園であれば3歳くらいには働ける環境が生まれます。

 

幼稚園もお迎えの時間もありますし、保育園も延長保育はありますが、働ける時間には制約があるというのが現状です。

 

次に、小学校に上がるタイミングで働くママも多いようです。というのも、小学校くらいになれば学校終わりに学童保育に通うご家庭も増えるため、働ける時間も必然的に増えます。

 

この頃になると、短時間勤務からフルタイムでのお仕事に切り替える女性も多いです。

 

このように、産後で子持ちの場合の転職タイミングは、幼稚園や保育園に預けるタイミングや小学校に上がるタイミングが多いようです。


結婚前と結婚後で女性が転職するのに良いタイミングとは?

結婚前と結婚後で女性が転職するのに良いタイミングとは?

 

ここからは、結婚前と結婚後で転職した場合のメリットとデメリットをご紹介させて頂きます。それぞれの特徴を整理することで、今後の転職活動に生かすことが可能です。

 

結婚前に転職した場合のメリットとデメリット!

結婚前に転職した場合のメリットとデメリット!

 

結婚前に転職した場合のメリット!

 

結婚前に転職した場合の大きなメリットは、結婚後の状況や出産に合わせることができるということです。

 

たとえば、結婚後すぐに出産を考えている女性であれば、時短勤務や産休や育休を取得しやすい会社、さらには同じママが働いている会社など予め条件を絞り込めますよね。

 

また結婚後に引っ越すことを想定して、引っ越し先の職場に近い転職先を見けられるという特徴もあります。

 

そして、もう1つ結婚前に転職する最大のメリットが存在します。それは、結婚前の方が採用率が高いということです。

 

どうしても独身女性の方が、会社としても出張やプロジェクトへの参加など柔軟な働き方ができると考える企業も一定数存在するため、採用率にも差が出てきます。

 

結婚前に、家事や育児を両立できそうな会社に転職しておき、ポジションを確立してしまえば、結婚後、出産や育児を経験しても、働きやすいということが挙げられますよね。

 

結婚前に転職した場合のデメリット

 

次に、結婚前に転職した場合のデメリットです。

 

結婚前に転職をし、すぐ出産や育児を考えている人にとっては、まだ職場環境に慣れていない中で産休・育児休業を取得しなければならず、少々気が引けたり、復帰後に嫌なイメージを持たれたりしないかと不安に思う方もいらっしゃいます。

 

また、慣れない職場と慣れない育児や家事との両立になるため、旦那様やご家族の協力が必須です。

 

結婚前の転職ですぐに出産や育児となると、職場環境も慣れていない中で非常にストレスがかかります。

 

今後に控える出産や育児など慣れないことへの不安を少しでも軽減するために、結婚前に転職する場合は、ある程度は期間を空けると良いでしょう。

 

結婚後に転職した場合のメリットとデメリット!

結婚後に転職した場合のメリットとデメリット!

 

結婚後に転職した場合のメリット!

 

結婚後に転職した場合のメリットとしては、より私生活に合った職場を選べるという点です。

 

結婚後であれば、旦那様の地元へ引っ越すなど生活スタイルの変化を体験し、今後の出産や育児に備えて、想定する保育園がどのくらいの距離にあるのか、希望する職業の求人数はどのくらいなのか、病院は近いのか等の私生活を意識した具体的な職場選びが可能

 

パート勤務や正社員でも時短勤務ができる会社、出産や育児と両立できそうな福利厚生がある会社など自分の経験をもとに判断できるようになります。

 

結婚前だと、幼稚園や保育園に空きがない地域の特性や、子どもが万が一体調を崩したときに通う病院がどこにあるのか、行政の子育て支援制度の内容などを具体的にイメージすることはできませんよね。

 

結婚後に転職した場合のデメリット!

 

結婚後に転職をした場合のデメリットとしては、結婚前に転職した場合と比較して、自分のキャリアやポジションを維持するのが難しいということです。

 

例えば、20代後半で結婚前に転職をする場合、キャリアやポジションを確立するための十分な期間が空きます。

 

また独身ということで、出張やプロジェクトの参加など多様な働き方ができるため、キャリアが形成しやすいです。

 

また、結婚前に子育てや家事と両立しやすい職場に転職しておけば、結婚後の生活も維持しやすいですよね。

 

しかし、同じ20代後半で結婚してから転職をすると、それまでのキャリアがリセットされますので、もう一度ポジションを確立するまでに時間がかかります。

 

その中で、出産や育児と両立しなければならず、ストレスもかかるでしょう。ただ、結婚後すぐの出産や育児を考えていない人であれば、それほどの問題はないでしょう。

 

女性が結婚を機に転職する理由は?

女性が結婚を機に転職する理由は?

 

仕事は続けたいが引っ越しをする可能性がある

 

女性が結婚を機に転職する理由として「引っ越しをする可能性がある」という理由が挙げられます。

 

今までの仕事を続けたいけど、結婚後に旦那様の地元に引っ越すという方はすごく多いです。このように、本当は仕事を続けたいのに、やむを得ず仕事をやめる方も多いです。

 

全国に営業所がある企業の場合は、転勤も可能ですが、そのような企業はすごく少ないですよね。その場合は、会社を辞めるしかなく苦渋の決断です。

 

働き方を変えたい

 

結婚を機に、転職する際に働き方を変えたいという場合もあります。たとえば、以前の会社では、長時間労働をしていて、帰宅も遅く給料も安かったとします。

 

そのような場合に、結婚を機に今後の出産や育児を意識して、短時間労働や子育てママが働きやすい福利厚生がある会社に転職したいと考える人も多いです。

 

結婚は女性にとっても大切なライフイベントの1つ。だらこそ、家族や自分の時間を大切にしたいと考えるきっかけになるようです。

 

休暇を取りやすい会社へ

 

女性が結婚を機に転職をする理由の3つ目は、子育てや家事との両立を図るため休暇を取りやすい会社に転職をしたいからという理由もあります。

 

結婚を機に、今後の出産や育児を意識するという方も多いです。

 

子どもが小さいうちは、体調も崩しやすいですし、病院に通う回数も増えます。だからこそ、休暇の取得しやすい会社に転職したいのです。

 

転職後すぐに結婚はあり?入社して何年目が良い?

転職後すぐに結婚はあり?入社して何年目が良い?

 

転職後すぐの結婚はありかについてですが、結論からお伝えすると「あり」です。

 

結婚と言っても、事実婚や入籍もそうですし、結婚式をあげることも結婚というカテゴリーですし、さまざまな見方があります。結婚そのものに時期は関係ありません。

 

とてもめでたいことですから、結婚するお二人が決断した日であれば、問題ないでしょう。ただ、転職直後は心も落ち着かず、なれない環境に対応しきれていない時期ですよね。

 

新しい職場で人間関係も構築されていないので、ストレスが溜まりやすい時期でもあります。さらに、結婚式等も考えているのなら、式の準備と仕事との両立で大変かもしれません。

 

おすすめは、転職をして少し落ち着いた頃が良いのではないでしょうか。あくまで目安ですが、3ヶ月〜半年であれば、会社のこともある程度は理解できる頃ですし、多くの会社の場合は有給休暇も半年が経過すると10日頂けます。

 

この頃になると、仕事にも少しずつ余裕が出てきますので、落ち着いて結婚の準備ができるのではないでしょうか。


産休や育休は取れる?出産前に転職した場合の悩みを解消!

産休や育休は取れる?出産前に転職した場合の悩みを解消!

 

ここからは、出産前に転職をした女性を対象にして、産休や育休はいつ頃から取得できるのかをさまざまなシチュエーションの中でご紹介していきます。出産前の転職をお考えの女性も参考にしてください。

 

転職後の産休はいつから取れる?転職してすぐ取れる?

今後、出産を考えている人にとって産休についていつから取れるのかは気になるところですよね。ここでは、気になる産休についてご紹介します。

 

まず産休は、「産前休業」と「産後休業」の2種類が存在します。産前休業は、出産予定日の6週間前(双子以上の妊娠をしている場合は14週間前)から取得できるお休みのことです。

 

そして、産後休業は、出産の翌日から8週間取得できる休みのことを言います。

 

出産予定の女性であれば、産前休業と産後休業を転職直後など時期に関係なく、取得できます。もちろん、転職してすぐでも大丈夫です。

 

さらに詳しくご説明すると、産前休業は必ずしも取得しなければならないというものではなく、あくまで休む権利が全ての出産予定の女性に付与されているということで、本人が休みたくないという場合であれば、休む必要はありません。

 

また、産後休業の場合には、出産後42日間は休まなくてはならず、43日目から56日目は、出産をした本人から働きたいという申し出があり、医師が許可をすれば働くことが可能となります。

 

産前休業と産後休業共に、正社員・派遣社員・パートなどの雇用形態は関係なく休むことも可能です。

 

転職後に産休手当はもらえる?

基本的に、産休手当(出産手当金)には、受給条件が決まっています。出産手当金は、産休中に会社から給料が支払われなかった人をサポートするための制度で、健康保険から補助金が支給されます。

 

出産手当金の受給条件は、「会社の健康保険に加入している」、「妊娠4ヶ月(85日)以上での出産」、「産休中に給与が支払われていない」という3つの条件に該当しなければなりません。

 

これらの条件に合致しいている方であれば、産休手当は転職直後でも支給されます。

 

転職後の育休は?1年未満は育休とれる?

転職直後の育休についてご紹介します。育児休業制度とは、子どもが1歳(一定の場合は最長で2歳)に達するまで(父母ともに育児休業を取得する場合は、子どもが1歳2ヶ月に達するまでの1年間)を申し出により育児休業を取得することが可能です。

 

ただ、産休は原則として誰でも取得できますが、育休の場合には少し条件が異なります。育児休業制度では、申し出時点で1年未満の労働者を対象外にすることができるのです。

 

つまり、会社に転職して1年未満の労働者は育児休業を取得できない可能性もあります。

 

ただ、1年未満の労働者全てが取得できないわけではなく、あくまで対象外にすることができると明記されているだけで、1年未満であっても勤務している会社の裁量で決めて良いのです。

 

会社が育児休業を積極的に推進している会社であれば、転職して1年未満でも育児休業を取得できます。ですので、転職をする際は育児休業の取得状況なども確認しておくと良いでしょう。

 

転職後に育休手当もらえる?勤務1年未満の場合は?

育児休業については、1年未満の労働者であっても会社の対応次第では、取得できる場合がありますが、育休手当と呼ばれる「育児休業給付金」については、過去2年間に11日以上働いた月が、12ヶ月以上あることが条件です。

 

つまり、転職して1年未満では育児休業給付金を受給できない可能性があります。育児休業を取得できても、育休手当までは受給できない場合もあることを理解しておきましょう。


育休明けに転職できる?出産後に転職した場合の悩みを解消!

育休明けに転職できる?出産後に転職した場合の悩みを解消!

 

ここでは、育休明けすぐに転職はできるのか、そして出産後に転職した場合の悩みなどを、それぞれご紹介します。

 

「育休明けの転職は大丈夫なの?」「出産後の転職は難しいの?」など数ある疑問にお答えします。

 

育休後に復職せずに転職することはできる?

結論からお伝えすると、育休後に復職せず転職することは可能です。たとえば、育児休業給付金を受給している場合であっても、復職せず退職しても返還の必要はありません。

 

求職者の中には、産前休業と産後休業だけでは判断がつかず、育休中に会社を辞めるか、今後の生活をどうするかを決める人も多いです。

 

基本的には、子どもが1歳になる前まで休暇を取得できるわけですから、今後のキャリアについて向き合える良い機会でもあります。

 

ただ、育児休業や育児休業給付金を取得して、会社をいきなり辞めることに気がひける方も多いはずです。ですので、そのあたりはじっくり周囲の人の意見も交えながら決定してみてください。

 

育休明けの復帰後に転職した方が良い?

育休明けに復職せずに転職することは可能とお伝えしました。ただ1つだけ言えることは、育休中はあなたの代わりに、ほかの同僚が仕事を代わってくれたということ。

 

そして、育休制度そのものが復職を前提としている制度であるということです。

 

当然、育休中に家庭の事情が生じる、病気になったなどさまざまな理由がありますので、復帰せずに退職や転職をしても問題はありません。

 

ただ、やむを得ない理由がなく、円満退社をしたいと望んでいるのなら、育休明けに復帰してから転職した方が良いでしょう。

 

会社側も育休後に復帰することを前提として、手続きをしていますし、同僚や上司も復帰してくれるだろうと考えています。

 

ですので、特に会社とあなたの間に問題がなければ、一度復帰をしてから転職すると円満に退社できる可能性が高いです。

 

出産後の転職活動は難しい?

一般的に出産後の転職活動については良いイメージを持たれていない方も多いようです。

 

「子供がいると時間的に制約があるし、採用で落とされそう」などさまざまな意見があります。

 

しかし、最近ではワークライフバランスが重視される傾向にあり、女性の社会進出も加速しています。このことから、出産後、子どもがいるという理由だけで採用が見送られるということはないでしょう。

 

それよりも短時間正社員や、柔軟に休暇が取れる企業などが増えてきたイメージです。どちらかというと、子供がいるから転職活動が難しいわけではなく、転職に必要なスキルや経験があるのかが重要です。

 

30代未経験で、いきなりエンジニア職へ転職することは難しいかもしれませんが、前職がエンジニアであれば30代で出産後でも転職できる可能性は高いです。

 

出産後の転職で正社員になれる?

出産後の転職で正社員になれるかどうかですが、結論から言いますと正社員になれます。

 

その理由としては、ここ数年で柔軟な働き方の仕組みを導入する企業が増えていることや、働き方改革でこれまでの規則を見直す企業が増えているからです。

 

これまでは、出産後の転職ですと、育児との両立があったため、パート勤務で働く以外に選択肢がありませんでした。

 

しかし、今は有給消化についても午前休・午後休のみならず、時間単位で有給を消化できる時間休を取り入れる会社も増えています。

 

そのほかにも短時間正社員の導入など、出産後でも正社員として働きやすい制度がたくさんあるのです。このような理由から、出産後でも正社員になることは可能です。


女性が転職するのに役立つ情報まとめ!

女性が転職するのに役立つ情報まとめ!

 

女性で転職のタイミングに悩んでいる場合や、実際に転職活動を始める際に役立つサイトをまとめました。ぜひ利用してみてください。

 

転職のタイミングに迷う場合に役立つサイト3選!

City Living転職タイミング診断

 

City Living転職タイミング診断

 

City Livingは、恋愛や最新コスメ、スキルアップ、ビューティーヘルス、グルメなどオフィスで働く女性にフォーカスを当てて、働く女性を応援するための情報を発信しているメディア。

 

サンケイリビング新聞社が運営しており、女性を応援する企画が満載のメディアです。こちらのメディアでは、転職タイミングを診断できる「転職タイミング診断」というものがあります。

 

10個の問いに答えていくことで、本当に今が辞めどきなのかがわかりますので、一度利用してみることをおすすめします。

 

doda転職タイプ診断

 

doda転職タイプ診断

 

転職エージェント大手のdodaは、求人数が非常に多く常時10万件以上の案件が登録されています。

 

転職エージェントのため、あなたにあった求人をキャリアアドバイザーが見つけてくれるほか、履歴書や職務経歴書の添削や、面接日の調整、年収交渉など企業に代わり、直接交渉してくれるから、毎日残業や家事、育児で忙しい女性にもおすすめです。

 

そんな大手転職エージェントdodaが提供する「転職タイプ診断」は、20の質問に答えるだけで、あなたにあった転職タイプと転職おすすめ診断をしてくれます。

 

転職おすすめ度は、パーセントで指定してくれるため、今の自分に転職が必要かどうかを判断しやすいです。

 

「自分にはどんな職種が良いのかわからない」、「転職して良い時期なのかわからない」という方は、「転職タイプ診断」を行ってみてください。

 

また、転職タイプ診断は、あくまでも簡易的な診断のため、より詳しく転職タイプの診断をしてもらいたい方は、無料のエージェントサービスに登録してみることをおすすめします。

 

今すぐ?まだ先?転職すべきタイミング 無料占い

 

今すぐ?まだ先?転職すべきタイミング 無料占い

 

「ココロ二 プロロ」は、恋する女性を応援してくれるサイトで、恋愛コラムや占い、日常のちょっとした豆知識を紹介してくれます。

 

その中で、無料の転職占いも使用できるため、転職に迷いがある人は、息抜きもかねて、こちらのサイトを利用してみるのも良いでしょう。

 

名前と生年月日を入力すれば、転職のタイミングを占いで決めてくれます。調べてみたところ、利用者が急増しているようです。悩みすぎた時の気休めに、占ってみるのもいいかもしれません。

 

こちらの占いを参考にして頂き、気持ちが整理できたら、転職エージェントを活用して本格的な転職活動に移行するのもありですね。

 

転職の時期やタイミングに迷う女性へオススメの転職サイトまとめ!

転職のタイミングに迷っているのであれば、どんな求人が今あるのか調べてみたり、転職エージェントに相談することをお勧めします。

 

よく転職エージェントを転職サイトと勘違いする方が多いですが、転職エージェントは、求職者1人1人にキャリアアドバイザーがついてくれるので、あなたに合った求人のご提案や、忙しい方でもあなたに代わり、企業と年収や面接日などの交渉をしてくれます。

 

キャリアアドバイザーの支援のない転職サイトは気軽に求人検索できますが、転職エージェントであれば家事や育児、仕事で忙しい女性にもおすすめです。

 

ぜひ、それぞれの転職エージェントの特徴を比較して、自分にあった転職エージェントに無料登録してみましょう。

 

パソナキャリア

 

パソナキャリア

 

働く女性の転職に特化した「ウーマンキャリア」という転職支援サービスがあります。女性の転職に関して経験豊富なキャリアアドバイザーが転職の時期やタイミングの相談に乗ってくれます。

 

また、パソナキャリアは全国にエージェントの支店があるため、お住まいの地域の求人も検索できますよ。

 

パソナキャリアの転職支援実績は、25万人、取引企業実績も16,000社以上もあるから、職種問わず豊富な案件が揃います。

 

さらに女性のための転職支援サービスを展開する「ウーマンキャリア」では、キャリアアップしたい働く女性を応援するために「ハイキャリア」、「次世代リーダー」、「第二新卒」、「リケジョ」など、それぞれに特化した求人を検索可能です。

 

転職を機に、家事や育児と両立しやすい会社や年収アップの相談もしてみましょう。産休や育休などステージに合わせた求人の相談にも乗ってくれますよ。

 

80%の求人が非公開求人のため、あなたにあった厳選求人を見つけることができるかもしれません。

 

転職エージェントパソナキャリアの無料登録はコチラ!

 

type転職エージェント

 

type転職エージェント

 

typeは転職エージェントですが、関連サイトで「女の転職@type 」という転職求人サイトを運営しており、女性を対象とした案件を多く扱っていますので、まずはどういった求人があるかチェックしてみてください。

 

type転職エージェントの主な特徴としては、1994年から人材紹介の実績のある老舗転職エージェントで、利用した人の実に71%が年収アップに成功しているという特徴があります。

 

求人案件としては、「IT・エンジニア」や「営業職」の実績が豊富で、こちらの業界へ転職を希望している方にはおすすめ。

 

注意するポイントとしては、東京・神奈川・千葉・埼玉の案件が中心ですので、関東圏の方はチェックしてみると良いでしょう。

 

そのほかにも、「type女性の転職エージェント」という女性の案件に特化した転職支援サービスも行っています。

 

キャリアアドバイザーのほとんどが女性で構成され、出産や育児など女性のライフステージに合わせた転職先の提案をしてくれますよ。ぜひこちらも合わせて、チェックしてください。

 

type転職エージェントの無料登録はこちら!

 

リクナビNEXT

 

リクナビNEXT

 

全国規模の求人を多数扱っており、転職サイトの中でもダントツの転職実績を持っているのが「リクナビNEXT」です。

 

楽天リサーチ2015年の転職調査では、「転職決定数No.1」を獲得しています。

 

企業からの「スカウト機能」が使えたり、常時1万件ほどの案件が掲載され、利用者も20〜50代と幅広いのが特徴。第二新卒での転職から、ミドル層の転職まで幅広く求人があります。

 

スカウト機能は、職務経歴を登録しておくと、転職エージェントや企業から直接オファーを受けることが可能です。

 

気になるオファーがあったときが、あなたにとっての転職のベストタイミングになるかもしれません。

 

転職サイトなら、転職エージェントよりは気楽に登録ができるので、まずどんな求人があるのかをチェックするためにも利用してみることをお勧めします。

 

また転職サイトながら、エージェントに直接相談したいという場合に、専任のキャリアアドバイザーに転職活動について相談できる「転職支援サービス」も充実しています。

 

転職サイトとしての活用方法と、転職エージェントとしての活用方法、両方使えるのが良いですね。

 

リクナビNEXTの無料登録はコチラ!

 

女性の転職のタイミングや時期について見てきましたがいかがでしたか?転職は大きな決断なので、そのタイミングで悩んだり、迷ったりするのは当然のことです。

 

でも、あれこれ考えすぎて一歩を踏み出せないでいると、絶好のチャンスを逃してしまう可能性もあります。

 

こちらでご紹介したサイトやエージェントを上手に利用して計画的に、賢く転職を成功させて頂きたいと思います。


「東京、埼玉、千葉、神奈川の正社員求人ならtype転職エージェントがオススメ!」がイメージできる画像01

>当サイトから一番登録が多い「type転職エージェント」の詳細はこちら<



↓↓↓当サイト経由で申し込みが多い人気の転職サービスとオススメポイント!↓↓↓


人気の転職サービス

地域/紹介職種/サービスタイプ

オススメポイント

type転職エージェント

関東中心

総合転職

転職エージェント

転職した人の71%が年収UP!
● アドバイザーが年収交渉!
● 履歴書や面接対策までサポート
20代の事務職の転職に強い!
女性の転職に強い!

DODA

転職サイトdoda

全国対応

総合転職

転職サイト・エージェント

面談”あり”、”なし”の選択可!
● 転職サポートが充実!
● アドバイザーの変更も可能!
● 転職業界大手!
● 転職のプロが徹底サポート

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス

関東・関西・中部

アパレル業界専門

転職エージェント

アパレル業界専門サービス!
● 10万人以上の登録ユーザー数
● 求人企業数2300社以上!
● 業界出身のコンサル多数
● デザイナーからMDまで豊富

「転職エージェント徹底比較ランキング!」がイメージ出来る画像01

関連ページ

転職がうまくいかない
女性の転職活動に関しては『男性だったらもう少し楽に転職先が決まっていたのに・・・』と女性である為に、転職がうまくいかないと感じる場面が多々あります。こちらの記事ではそんな悩みに対して役に立つ様な転職成功のコツや秘訣などをまとめてみました。
オススメのエージェント
今回は女性が転職する際にオススメ出来る転職エージェントや転職サイトについてまとめてみました。オススメ出来る理由や簡単なサービスの特徴などをまとめて一覧でご紹介していますので、気になるサービスは是非登録してみてくださいね。
キャリアアップ転職の方法
女性でもキャリアウーマンとしてバリバリと働き、将来的に独立したいと考える人も少なくありません。そんな人へ向けて、キャリアアップや給料アップは転職する事で実現するのか?についてまとめてみました。
女性の転職と資格
女性の転職に関して、持っておくと有利な資格を業種や状況別でまとめてみました。また年齢的に資格がなくても転職できるのか?などについても紹介していますので、今現在転職や再就職を考えていて、「やっぱり資格がないと厳しいかな・・・」と考えている様なら、是非参考にしてくださいね。
未経験と正社員での雇用
転職に悩む女性は多いですが、中でも「未経験でも他の業界へ転職出来るのか?」、「未経験でも正社員で雇って貰えるのか?」と言うのは気になっている人も多いようです。そこで今回は≪女性、未経験≫でも雇ってもらえる業種や転職のコツに関してまとめてみました。
30代独身女性の転職
30代独身女性の転職に関して、世間一般的に厳しいと言われていますが、なぜ転職がうまくいかないのか?失敗と成功を分けるポイントは何なのか?などについてまとめてみました。当記事を読んで頂くと、30代独身女性の転職ももしかすると上手く行くかもしれませんので、是非参考にしてみてくださいね。
女性の育児時短勤務まとめ!
女性の育児時短勤務について、給料計算の方法や転職先、求人数の調査、残業がない職場はあるのか?などをまとめています。そもそも育児時短勤務は子供が何歳まで使えるのか?などお役立ち情報満載。
結婚&出産後の働き方
女性の転職や復職、再就職に関して、独身の時とは違い、結婚後や出産後の働き方に関しては、働き方や働く会社もしっかりと選ぶ必要があります。今回はそんな結婚後、出産後の女性の働き方や転職に関して役立つ情報をまとめてみました。
子持ち女性の転職
子持ち女性の転職に関して、育児をして家庭と両立しながら働く為の転職活動の仕方や転職先についてまとめました。もし今現在結婚していて子供がいる中で転職を考えていると言う事なら是非チェックしてくださいね。