Pick up news !!

保育士の転職は3年目?4年目?5年目?最適なタイミングは?

保育士の転職は3年目?4年目?5年目?【※最適なタイミングは?】

 

保育士になってから3年目ともなると、「そろそろ本格的に転職活動をしようかな」などと、転職への興味が増すこともあります。

 

もちろん、今の保育園にとくに不満がなければそういうことにもなりませんが、以前から保育園に不満があり一度でも転職を考えたことがあるとなると、3年目という節目を迎えた後に気持ちが転職へとグッと傾くことも少なくありません。

 

また、そんな風に転職に対して興味を持っている場合には以下の様な疑問にも引っかかる部分があるかもしれません。

 

「3年目の保育士は、みんなどういう悩みを持っているものなの?」
「保育士歴3年目での転職って早いかな?5年目くらいまで待つべき?」
「3〜5年目で転職するとしたら、次の職場選びではどんな部分に注目するべき?」

 

そこで今回は、保育士歴別の保育士の悩みや転職に対する考え方などについて情報をお届けしていきます。

 

転職に興味ありという方は、是非参考になさってくださいね。


保育士歴3年目〜5年目の悩み&転職への考え方まとめ!

保育士歴3年目〜5年目の悩み&転職への考え方まとめ!

 

他の保育士が抱える悩みというのは、一人の保育士として気になるものですよね。

 

こちらでは、そんなお悩みや転職への考え方を保育士歴別に紹介していきます。

 

保育士歴3年目の悩み!&転職への考え方

悩み

 

保育士になってから2年目までは、まだまだ新人保育士のような扱いですが、3年目ともなると「新人と中堅のちょうど間」というような存在になります。

 

そして保育士歴が3年にもなれば仕事には完全に慣れているので、場合によっては先輩保育士からの頼まれごとが増えてしまうこともあります。

 

また、園によっては3年目の保育士でも新人教育を任されるため、これまでやったことない新しい仕事に不安を感じるなんてこともあります。

 

このように3年目の保育士は、「新人でなくなったことによる仕事上の変化」に悩まされることが多いです。

 

転職への考え方

 

保育士歴3年目を迎えると、だんだんと転職への興味が増してきます。

 

それは、たとえそれまで保育園に不満があっても「1〜2年で辞めるのはさすがになぁ」という思いがあるので、「とりあえず3年はここで続けてみよう」と3年目までは転職活動をしない保育士が多いからです。

 

ですが保育士の場合、年度始めの4月入職を目指して転職することが多いので、保育士3年目を迎えた4月に生じた転職への興味が、その後転職活動を本格化させる前に薄れてしまうなんてこともあります。

 

ですから保育士3年目でも、あえて3年目ということを意識しすぎずに転職への気持ちと向き合っていくことが大切かもしれません。

 

保育士歴4年目の悩み!&転職への考え方

悩み

 

保育士歴3年目と4年目での悩みは、そこまで大きくは違わないかもしれません。

 

ですが、やはり3年目より1年保育士歴が長いということで、頼りにされる頻度は3年目より増える傾向にあります。

 

先輩や後輩から頼られるのは嬉しいことではある反面、とくに先輩保育士からは良いように使われてしまうこともあるので、余計な仕事が増えることでの悩みが生じることがあります。

 

また、保育士歴が4年を迎えたにも関わらず昇給らしい昇給がないという事実を突きつけられると、それが「この先どうしていけばいいんだろう?」という漠然とした不安にもつながってしまいます。

 

転職への考え方

 

保育士歴4年目で転職に興味を持つ人の中には、「本当は昨年転職したかった」という人も結構いるのではないでしょうか。

 

そういった「昨年できなかった転職を今年度中に実現させたい」という前向きな気持ちがあれば、転職活動も進めやすくなります。

 

保育士歴5年目の悩み!&転職への考え方

悩み

 

保育士歴が5年目ともなると、後輩保育士がさらに増えてきます。

 

ですから3年目、4年目以上に頼れる機会も増え、重圧を感じることも出てくるかもしれません。

 

また後輩保育士に恵まれないと仕事で怒ることが増え、そんな自分にストレス…というような悪循環を生み出してしまうこともあります。

 

さらにこれくらいの保育士歴になると、「他の職種への興味」が生まれてくることもあります。しかし、それもまた悩みの種にもなりえます。

 

転職への考え方

 

保育士歴5年で転職を考える人の中には、「今までは転職への興味がなかった」という人も案外いるのではないでしょうか。

 

5年という節目で初めて考える転職。保育士歴が5年ともなると、その経験を高く評価してくれる保育園との出会いにも期待が持てます。

 

また、「5年勤めた園を辞めるからには給与アップを実現したい」と考える人も増えてきます。

 

自分の保育士としての経験が給与アップにつながれば、保育士としてのやる気がさらにアップしそうです。


保育士3年目での転職は早い?転職のベストタイミングって?

保育士3年目での転職は早い?転職のベストタイミングって?

 

上記のように、保育士が抱える悩みや転職への考え方はさまざまです。そして続いては、気になる「転職のタイミング」について紹介していきます。

 

保育士3年目での転職は早い?早くない?

保育士3年目での転職を早いと感じるかどうかは人それぞれですが、中には保育園を1年や2年で辞める人もいますので、それと比べれば3年目での転職はそう早いわけではありません。

 

ただ、今後も3年程度のスパンでの転職を何度か繰り返してしまうと、転職回数があっという間に増えてしまいます。

 

どれくらいの回数から「転職回数が多い」と判断するかはこれもまた人それぞれですが、30歳の保育士ですでに2回の転職歴があると、やはり「多い」と判断する人のほうが多いのではないでしょうか。

 

しかし人手不足も起きている保育士業界では、「転職回数が多くても面接で好印象なら採用」という現状もあるため、他職種転職を考えていなければ転職回数にはあまり神経質にならなくても良さそうです。

 

保育士3年目・4年目・5年目で転職をするなら

21歳から保育士をして、3年目や4年目、5年目で転職をするとしたら、20代での転職はそれが最後になる可能性もあります。

 

ですからもし20代での結婚や妊娠、出産を考えているのであれば、「産休・育休取得実績あり」の保育園を選ぶのもひとつの方法です。

 

ただ中には、これまでの保育士経験から「妊娠がわかれば産休を取るより辞めてしまったほうが楽だな」という考えを持つ人もいます。

 

そういった場合は、とくにそういうこだわりは持たずに、好きに保育士求人を探してみてください。

 

さて今回は、保育士3年目〜5年目の悩みや転職への考え方などについてまとめてきました。

 

もし転職活動を本格化させたいという気持ちがあれば、是非保育士転職サイトの「転職支援サービス」に注目してみてください。

 

このサービスは、アドバイザーから希望条件に合う求人を紹介してもらえたり、面接日程の調整や面接対策、待遇面の交渉などをしてもらえたりと充実の内容になっています。

 

しかもご利用は無料ですので、気軽に登録していただけますよ!


「東京、埼玉、千葉、神奈川の正社員求人ならtype転職エージェントがオススメ!」がイメージできる画像01

>当サイトから一番登録が多い「type転職エージェント」の詳細はこちら<



↓↓↓当サイト経由で申し込みが多い人気の転職サービスとオススメポイント!↓↓↓


人気の転職サービス

地域/紹介職種/サービスタイプ

オススメポイント

type転職エージェント

関東中心

総合転職

転職エージェント

転職した人の71%が年収UP!
● アドバイザーが年収交渉!
● 履歴書や面接対策までサポート
20代の事務職の転職に強い!
女性の転職に強い!

DODA

転職サイトdoda

全国対応

総合転職

転職サイト・エージェント

面談”あり”、”なし”の選択可!
● 転職サポートが充実!
● アドバイザーの変更も可能!
● 転職業界大手!
● 転職のプロが徹底サポート

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス

関東・関西・中部

アパレル業界専門

転職エージェント

アパレル業界専門サービス!
● 10万人以上の登録ユーザー数
● 求人企業数2300社以上!
● 業界出身のコンサル多数
● デザイナーからMDまで豊富

「転職エージェント徹底比較ランキング!」がイメージ出来る画像01
このページの先頭へ戻る