Pick up news !!

保育士の年間休日日数でどれぐらい?勤務時間の平均や残業は?

保育士の年間休日日数でどれぐらい?【※勤務時間の平均や残業は?】

 

「保育士って、年間休日はどれくらいあるものなんだろう?」こんな風に思っている方も多いのではないでしょうか。

 

また、保育士の年間休日や勤務時間等についての疑問としては、以下の様なものもあります。

 

「保育士の勤務時間ってどれくらいなの?」
「保育士もやっぱり残業はある?」
「休日が取りやすい保育士求人を探すにはどうすればいい?」

 

もしかしたらあなたも、こうした疑問に心当たりがあるかもしれません。

 

そこで今回は、気になる保育士の年間休日や勤務時間、残業などについてまとめていきます。是非チェックしてみてくださいね。


保育士の年間休日や勤務時間はどれくらい?残業はある?

保育士の年間休日や勤務時間はどれくらい?残業はある?

 

保育士の年間休日や勤務時間は、だいたいどれくらいが平均なのでしょうか?

 

また保育士の仕事にも、やはり残業はあるものなのでしょうか?

 

保育士の年間休日をチェック!

認可保育園は、日曜・祝日が休日です。

 

このため、完全週休2日制か隔週週休2日制など、週あたりの休みの決まりによって保育士の年間休日は大きく変わってきます。

 

また祝日が休日であるため、ゴールデンウィークなどの祝日は休日となりますし、年末年始にも休暇があります。

 

完全週休2日制である場合、週に必ず2日の休日があるので、夏季休暇や年末年始休暇などを含めると、年間休日数は「105日程度」あるいは「115〜120日程度」と多めになります。

 

一方、隔週週休2日制で有給がまったく取れないような環境だと、年間休日が「85日程度」になることもあります。

 

保育士の年間休日の相場は「100日程度」になるので、それを大きく下回るようだと休日が少なめであるといえます。

 

保育士の勤務時間をチェック!

保育園の開園時間は、「朝7時台〜夜7時台」というパターンが多いです。

 

したがって、保育園の1日の開演時間は約12時間となります。

 

ですが保育士の勤務時間には「早番・中番・遅番」というシフト制が導入されているので、12時間すべてが勤務時間になるわけではありません。

 

各時間帯の中での実働時間は「7時間45分」や「8時間」など、8時間以内になるように調整されています。

 

なお休憩時間は、「45分」or「1時間」であることがほとんどです。

 

保育士の残業の実態とは?

保育士の仕事は、子どもたちのお世話だけではありません。

 

おたよりや報告書の作成などの事務的な仕事も多くあるため、残業が発生することもあります。

 

また、本当はもう帰れるのに子どもたちから「まだ遊ぼうよ」などといわれると、帰るに帰れず残業になってしまうこともあります。

 

しかも保育士の場合は保育園の開園時間が長いため、中には「休憩なしで12時間労働」なんていう、劣悪な環境で働く保育士もいるといわれています。

 

また保育士の場合、「サービス残業が当たり前」という現状があります。

 

多少残業があってもそれが給与に上乗せされればいいですが、そうでないとなると「いったい私の時給いくらよ?」なんて考えたくもなります。

 

また、上記の書き物系の仕事は家でもできるため、「持ち帰り仕事」としてそれらを持ち帰る保育士も少なくありません。

 

そうなると、家でも保育士の仕事をすることとなり、しかも残業代は出ない…。ただでさえお給料が安めな保育士がこうでは、待遇がますます悪くなってしまいます。


有給消化率が高く働きやすい保育士求人を見つけるには?

有給消化率が高く働きやすい保育士求人を見つけるには?

 

年間休日も100日を大きく下回り、残業も多く有給もあってないようなものというような環境では、疲労が溜まる一方になってしまいます。

 

そんな環境を変えるには、有給消化率が高く働きやすい保育園への転職が有効です。

 

働きやすさの向上につながりそうな条件に注目!

有給消化率が高かったり残業が少なめだったりと、とにかく「働きやすそう」と感じられるような保育士求人を探すためには、保育士転職サイトで検索する際に以下の様な検索条件に注目してみてください。

 

残業少なめ
年間休日120日以上
有給消化率100%
賞与4ヶ月以上
産休・育休取得実績あり
完全週休2日制

など

 

上記のような項目は、各保育士転職サイトの「こだわり条件」などとチェックするとご覧いただけます。

 

また、もし上記のような項目がなかった場合は「フリーワード検索」を活用してみてください。

 

フリーワードを入力する画面に「有給消化率」「完全週休2日制」「残業少なめ」など、自分が求める労働条件に関するワードを入力し、検索をすることで、そのワードに引っかかる保育士求人をご覧いただけるようになります。

 

転職支援サービスのご利用もオススメ

各保育士転職サイトは、アドバイザーによる「転職支援サービス」も提供しています。

 

転職支援サービスを利用することで、アドバイザーと相談しながら応募する求人を決めることができます。

 

またアドバイザーからは、気になる実際の残業時間や職場の雰囲気、保育士の定着率といった情報を教えてもらうこともできます。

 

求人情報を見ているだけでは、「やたらと働きやすそうな条件が揃っているけど本当のところはどうなの?」という疑問ばかりが膨らんでしまうという場合も、この転職支援サービスのご利用はオススメです。

 

転職支援サービス利用者の声

では最後は、実際に転職支援サービスを利用した方の声を少し紹介していきます。

 

マイナビ保育士を利用した保育士さんの声

 

マイナビ保育士を利用した保育士さんの声2

≪出典:マイナビ保育士

 

さて今回は、保育士の年間休日や勤務時間、残業の実態などについて情報をお届けしてきましたがいかがでしたでしょうか?

 

ご覧のように、保育士転職サイトを上手く使うことによって働きやすい環境の保育園を見つけていただくことができます。

 

もし興味をお持ちなら、気軽に保育士転職サイトへとアクセスしてみてくださいね。


「東京、埼玉、千葉、神奈川の正社員求人ならtype転職エージェントがオススメ!」がイメージできる画像01

>当サイトから一番登録が多い「type転職エージェント」の詳細はこちら<



↓↓↓当サイト経由で申し込みが多い人気の転職サービスとオススメポイント!↓↓↓


人気の転職サービス

地域/紹介職種/サービスタイプ

オススメポイント

type転職エージェント

関東中心

総合転職

転職エージェント

転職した人の71%が年収UP!
● アドバイザーが年収交渉!
● 履歴書や面接対策までサポート
20代の事務職の転職に強い!
女性の転職に強い!

DODA

転職サイトdoda

全国対応

総合転職

転職サイト・エージェント

面談”あり”、”なし”の選択可!
● 転職サポートが充実!
● アドバイザーの変更も可能!
● 転職業界大手!
● 転職のプロが徹底サポート

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス

関東・関西・中部

アパレル業界専門

転職エージェント

アパレル業界専門サービス!
● 10万人以上の登録ユーザー数
● 求人企業数2300社以上!
● 業界出身のコンサル多数
● デザイナーからMDまで豊富

「転職エージェント徹底比較ランキング!」がイメージ出来る画像01
このページの先頭へ戻る