Pick up news !!

保育士に向いていない・・・辞めたい場合は他業種へ転職すべき?

保育士に向いていない・・・辞めたい場合は他業種へ転職すべき?

 

「自分は向いていないかもしれない」と思い始めると、だんだんと「このまま保育士を続けていていいのかな」といった不安が大きくなってくるかもしれません。

 

そしてその不安が、以下の様な疑問へとつながっていくこともあります。

 

「保育士を辞めたい気持ちが出てきた。思い切って転職するべき?」
「保育士に向いていない場合は、別の仕事に転職したほうがいい?」
「保育士をまだ諦めきれない場合は、他の保育園に転職するのもアリ?」

 

もしかしたらあなたも、こうした疑問に心当たりがあるかもしれません。

 

そこで今回は、「保育士に向いていないかもしれない」という方に向けて、転職の必要性や他職種への転職などについて情報をお届けしていきます。

 

保育士としての今に迷いや不安を感じている方は、是非ご覧くださいね。


保育士に向いていないと感じ始めたら転職をするべき?

保育士に向いていないと感じ始めたら転職をするべき?

 

どんな職種にも向き・不向きというものがあります。それは、たとえ自分がなりたくてなった職種であってもです。

 

ですから保育士に憧れがあったとしても、「向いていない」と感じることは当然あります。

 

そういった場合、やはり他職種へと転職するべきなのでしょうか?

 

保育士に向いていない場合は転職がオススメ?

ミスが続いたり仕事が楽しく感じられなかったりすると、「自分は保育士に向いていないのかも」と思うものですよね。

 

また以下の様な特徴に当てはまる人は、保育士にあまり向いていないかもしれません。

 

人前で話すと緊張してしまう
喜怒哀楽があまりはっきりせず、子どもと一緒に大笑いしたり大きなリアクションを取ったりするのが苦手
体力があまりない
どちらかというと神経質
人付き合いが苦手

 

こうした特徴に多く当てはまれば当てはまるほど、保育士としての仕事がより大変に感じるのではないでしょうか。

 

もし、体力的にも精神的にもキツく、「辞めたい」という思いも出てきているのであれば、転職を前向きに考えていてはいかがでしょう。

 

別の仕事に保育士転職するのはアリ?

保育士に向いていないと判断される場合、同じ保育士の仕事へと転職をしても、また同じことの繰り返しになってしまう可能性があります。

 

もちろん、保育士としてのキャリアを重ねていくことで克服できる苦手もありますので一概には言えませんが、よほど保育士という仕事への情熱がなければ、また保育士に…という形での転職は厳しくなります。

 

ですから保育士に向いていないという理由での転職では、別の仕事への転職を考えてみてください。

 

保育士から他職種転職をしたケースはたくさんあります。

 

保育士から事務職、保育士から営業職、保育士から介護職、保育士から看護師などなど、その転職パターンはさまざまです。

 

資格を取ってから他職種転職

保育士から別の仕事への転職では、前職の経験を高く評価してもらえず、なかなか思うような結果が得られないこともあります。

 

実際、保育士から他職種転職をした人の中には、資格取得をしたり職業訓練校に通ったりしてから転職をしたという人もめずらしくありません。

 

例えば事務職を目指すのであれば、未経験であってもパソコンスキルは必須ということがほとんどなので、エクセルやワード、パワーポイントなどのソフトウェアが使えないという場合は、まずはそれらを使えるようになることが必要です。

 

そういった事務職で使用するソフトウェア関連の資格では、「マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)」「日商PC」などがあります。

 

事務職はただでさえ狭き門ですので、未経験者の場合はそういった資格を取ってから転職活動をするという方法もあります。

 

別の仕事に転職してもまた保育士に戻ってくる人も

保育士という仕事は、大変な仕事な割に給料がお安めという現状があります。

 

だからこそ、それでも保育士を選ぶ人というのは、「保育士になりたい」という強い気持ちを持った人です。

 

それもあってか、一度は嫌になって辞めた保育士の仕事に再び戻ってくるというケースもあります。

 

そのようなキャリアの歩み方もあると思えば、保育士から別の仕事へと転職するという決断も下しやすくなるのではないでしょうか。


今の保育園は辞めたいけれど保育士は諦めきれない…どう転職活動すればいい?

今の保育園は辞めたいけれど保育士は諦めきれない…どう転職活動すればいい?

 

「もしかしたら保育士にはあまり向いていないかもしれないけれど、まだ諦めきれない」こんな風に思っている人もいるのではないでしょうか。

 

そういった場合、他の保育園へと転職をするというのもアリなのでしょうか?

 

保育園を変えることで状況が好転することも

本当は保育士に向いているのに、今の保育園の職場環境が悪いせいで自身の能力が十分に発揮されないという可能性も考えられます。

 

ですから保育士をまだ諦めきれないというのであれば、別の保育園へと転職をしてみるというのも当然アリです。

 

それでもし、また「向いていない」と思うようなら、そのときはキッパリと保育士という仕事に対して諦めがつくのではないでしょうか。

 

保育士転職で利用したいサービス

「保育士に向いていないから保育士を辞めたい」あるいは「もう一度他の保育園で保育士にチャレンジしたい」という場合、今後どんな風に転職活動をしていけばいいのかという点で不安も大きくなってくるかもしれません。

 

そんなときにオススメなのが、転職サイトの転職支援サービスです。

 

転職支援サービスでは、まずキャリアアドバイザーとの相談からサポートがスタートします。

 

そこで「他職種を考えていること」や、あるいは「職場環境が整った保育園への転職を考えていること」などを伝え相談を重ねていくことで、キャリアアドバイザーからあなたに合った求人を紹介してもらえます。

 

つまり、転職支援サービスを利用すれば求人選びはキャリアアドバイザーへとおまかせできるというわけです。

 

この他にも転職支援サービス(転職エージェント)では、面接日程の調整や待遇面の交渉など、多くのサポートを受けることができます。

 

なお、他職種転職を考えている場合は、保育士転職サイトの転職支援サービスではなく、さまざまな職種や業種に対応している総合転職サイトの転職支援サービスをご利用いただくことをオススメします。

 

さて今回は、「保育士に向いていないかもしれない場合の転職」などについて多くの情報をお届けしてきました。

 

何かお役立ていただける情報があれば幸いです。


「東京、埼玉、千葉、神奈川の正社員求人ならtype転職エージェントがオススメ!」がイメージできる画像01

>当サイトから一番登録が多い「type転職エージェント」の詳細はこちら<



↓↓↓当サイト経由で申し込みが多い人気の転職サービスとオススメポイント!↓↓↓


人気の転職サービス

地域/紹介職種/サービスタイプ

オススメポイント

type転職エージェント

関東中心

総合転職

転職エージェント

転職した人の71%が年収UP!
● アドバイザーが年収交渉!
● 履歴書や面接対策までサポート
20代の事務職の転職に強い!
女性の転職に強い!

DODA

転職サイトdoda

全国対応

総合転職

転職サイト・エージェント

面談”あり”、”なし”の選択可!
● 転職サポートが充実!
● アドバイザーの変更も可能!
● 転職業界大手!
● 転職のプロが徹底サポート

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス

関東・関西・中部

アパレル業界専門

転職エージェント

アパレル業界専門サービス!
● 10万人以上の登録ユーザー数
● 求人企業数2300社以上!
● 業界出身のコンサル多数
● デザイナーからMDまで豊富

「転職エージェント徹底比較ランキング!」がイメージ出来る画像01
このページの先頭へ戻る