Pick up news !!

保育士の給料は安い!?平均年収や手取り月収の相場は?

保育士の給料は安い!?【※平均年収や手取り月収の相場は?】

 

「保育士の給料が安いことは知っていたつもりだけど、それでも今の給料が平均と比較してどうなのか気になる」

 

保育士として働いている方の中には、こんな風に考えている方も多いのではないでしょうか。

 

そんな保育士の給料について、ネット上では以下の様な疑問も数多く見られます。

 

「保育士の平均年収ってどれくらいなんだろう?」
「保育士の給料の手取りってどれくらい?」

 

また、もし今の給料に対して不満が出てきた場合、「給料アップを求めての保育士転職」というのも気になってくるのではないでしょうか。

 

そこで今回は、気になる保育士の給料事情を中心に、お給料について気になっている保育士の方にお役立ていただけるような内容をお届けします。是非チェックしてみてくださいね。


保育士の給料はやっぱり安い?手取りはいくらくらい?

保育士の給料はやっぱり安い?手取りはいくらくらい?

 

保育士の給料は安いというイメージが強いですが、実際のところ平均年収や手取り額はどれくらいなのでしょうか?

 

保育士の平均年収まとめ!

以下で、保育士全体の平均年収や各年代の平均年収等を紹介します。

 

保育士全国平均

平均年収 323.3万円
平均月給 21.9万円
平均年間賞与 60.3万円

出典:平成27年度 賃金構造基本統計調査

 

保育士の年代別平均年収 マイナビ保育士

≪出典:マイナビ保育士 楽天リサーチ「保育士に関する調査」≫

 

いかがでしょうか?今あなたが得ている給料は、平均データと比べると低いでしょうか?それとも高いでしょうか?

 

また保育士業界では、以下の様に給与面での官民格差が大きいという側面もあります。

 

保育士の給料の官民格差 東洋経済

≪出典:東洋経済

 

「上を見ればきりがない」とはいえ、ここまで平均年収に差があるのは驚きですね。

 

ですがその分、やはり公立保育所の保育士は大変人気が高く競争も激しくなっているようです。

 

民間保育所の保育士にも朗報!?

厚生労働省は、待機児童問題の解消に向けて、以下の様な取り組みも行っています。

 

保育所入所待機児童のための解消法 構成

≪出典:厚生労働省

 

待機児童問題の解消のためには保育士の確保も必要不可欠であるため、上記のような取り組みが実施されているのです。

 

また、待機児童問題が深刻な東京の一部地域では、平成27年1月における有効求人倍率は5倍を超えていました。

 

このような事情が絡み合っているということもあり、保育士転職サイトでは上京を考える保育士の方に向けた特集記事もよく見られます。

 

保育士の給料、手取りはいくらくらい?

保育士の給料については、平均年収や平均月収はもちろん、手取り額がいくら程度になるのかというのも当然気になります。

 

上記のデータによれば、保育士全体の平均月収は「21.9万円」でした。

 

ここから手取り額を計算すると、手取り額はだいたい「18.3万円」になります。

 

ただ上記データを見る限り、20代や30代の保育士の場合、手取り額はそこから数万円低くなることが多いようです。


給料に不満があったら保育士転職で給料アップ!

給料に不満があったら保育士転職で給料アップ!

 

平均年収に近い給料を得ていれば、給料に対する不満はとくにないかもしれません。

 

ですが今の給料がそれよりもかなり低い給料だということがわかると、「平均に近いだけでもいいから今よりも給料が良い所に転職したい」という気持ちが出てくるものです。

 

そこでこちらでは、給料面で比較的恵まれている保育士求人を探すポイントなどを紹介していきます。

 

検索機能を使って保育士求人を絞り込み!

給料アップをいちばんに考えた保育士転職を実現させたいときには、保育士求人を探すときに以下の様なポイントを意識してみてください。

 

年収や月収を設定できる場合は希望額を設定してから検索

 

「賞与4ヶ月以上」など、給料アップにつながりそうなこだわり条件があればチェックをいれて検索

 

こだわり条件に思うような項目がなければ、「賞与4ヶ月」などのフリーワードで検索

 

転職支援サービスなら給与交渉もおまかせ!

保育士転職サイトを見ていると、給与の項目に「経験に応じて優遇」などと書かれている求人情報を目にすることもあります。

 

保育士としての経験をすでに十分に重ねている場合、そのような求人には給与面で期待してしまいますよね。

 

ですが、面接などの際に、実際に相手方に「給与のことなんですが…」と打ち明けるのもなかなか難しいですよね。

 

そこで頼りになるのが保育士転職サイトの「転職支援サービス」です。

 

転職支援サービスは、利用者が求める条件に合った求人の紹介だけでなく、「給与の交渉」なども行ってくれるんです。

 

これなら「給与について聞くと不採用になりそう」なんて不安を感じることなく、安心して交渉を任せることができますよね。

 

さて今回は、保育士の給料についての情報や、給料アップのための転職のポイントなどを紹介してきました。

 

保育士の場合、20代や30代ですととくに「給料が安い」と感じやすい傾向にありますが、もちろん各園によって給料は異なるので中には平均を上回る給料の保育園も存在します。

 

そういった好条件の求人は、実は「非公開求人」扱いになっていることもあります。

 

そんな非公開求人も、無料で利用できる転職支援サービスを通じて紹介してもらうことができますよ!


「東京、埼玉、千葉、神奈川の正社員求人ならtype転職エージェントがオススメ!」がイメージできる画像01

>当サイトから一番登録が多い「type転職エージェント」の詳細はこちら<



↓↓↓当サイト経由で申し込みが多い人気の転職サービスとオススメポイント!↓↓↓


人気の転職サービス

地域/紹介職種/サービスタイプ

オススメポイント

type転職エージェント

関東中心

総合転職

転職エージェント

転職した人の71%が年収UP!
● アドバイザーが年収交渉!
● 履歴書や面接対策までサポート
20代の事務職の転職に強い!
女性の転職に強い!

DODA

転職サイトdoda

全国対応

総合転職

転職サイト・エージェント

面談”あり”、”なし”の選択可!
● 転職サポートが充実!
● アドバイザーの変更も可能!
● 転職業界大手!
● 転職のプロが徹底サポート

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス

関東・関西・中部

アパレル業界専門

転職エージェント

アパレル業界専門サービス!
● 10万人以上の登録ユーザー数
● 求人企業数2300社以上!
● 業界出身のコンサル多数
● デザイナーからMDまで豊富

「転職エージェント徹底比較ランキング!」がイメージ出来る画像01
このページの先頭へ戻る