Pick up news !!

40代保育士の転職!転職先はある?キャリアアップは?

40代保育士の転職!【※転職先はある?キャリアアップは?】

 

いくつになっても、転職に興味が出てくることはあります。

 

ですが、転職35歳限界説などの言葉を耳にすると、「40代での保育士転職はやっぱり厳しいのかな?」なんて思うものですよね。

 

また、40代の保育士が感じる転職に対する疑問としては、以下の様なものもあります。

 

「主任保育士を目指しているけど、求人はあるんだろうか?」
「主任保育士になれば、給与もちゃんとアップする?」
「40代で園長っていうのもアリなのかな?」

 

保育士としてのキャリアアップを考えるうえでは、主任保育士や園長への道というのも当然気になってきますよね。

 

そこで今回は、40代保育士の転職にお役立ていただけるさまざまな情報をお届けしていきます。

 

転職に興味がおありなら、是非チェックしてみてくださいね。


40代保育士の転職!キャリアアップなら主任保育士を目指すべき?

40代保育士の転職!キャリアアップなら主任保育士を目指すべき?

 

40代という年齢での転職は、やはり若い時よりも思い切った転職になります。

 

それゆえ、「リスクを背負って転職をするのであれば転職でキャリアアップをしたい」と考える人も多いです。

 

実際のところ、キャリアアップが叶う主任保育士の求人はどれくらいあるものなのでしょうか?

 

40代の保育士転職でキャリア&給与アップを目指す!

「自分はずっとクラス担任として子どもたちと接していたい」といった思いがあるのなら、40代での転職だからと言って無理に主任保育士を目指す必要はありません。

 

それに保育園の場合は、園長⇒主任保育士⇒乳児リーダー・幼児リーダー⇒クラス担任というように役職が少ないのが一般的です。

 

このため、40代以上の保育士がすべてそういう役職に就くとは限らないのです。

 

こういった事情があるので、主任保育士の求人数は通常の保育士求人数よりも少なくなってしまいます。

 

ですが主任保育士になることができれば、いち保育士としてキャリアアップに成功することができるだけでなく、給与アップにも期待が持てます。

 

給与は各保育園によって異なりますが、保育園によっては「月給28万円〜」というように、30万円近い月給を提示している場合もあります。

 

これに加え賞与が4ヶ月ほど出れば、私立保育園の保育士としてはかなり恵まれた年収になるのではないでしょうか。

 

主任保育士の求人数をチェック!

主任保育士への転職に興味が出てきたとき、やはり気になるのが「実際の求人数」です。

 

そこでこちらでは、3つの保育士転職サイトで公開されている主任保育士の求人数を紹介します。

 

保育ひろば…383件
(主任というワードでの検索結果)
マイナビ保育士…81件
(こだわり条件:主任 での検索結果)
FINE!保育士…152件
(主任求人での検索結果)

 

※上記データはすべて2017年4月27日に取得いたしました。

 

保育士転職サイトは、サイトでは公開されていない「非公開求人」も取り扱っています。したがって、主任保育士の求人はサイトで公開されている以上にあるということになります。

 

なお、主任保育士の求人の中には「主任候補を募集」という求人もあります。

 

「いきなり主任になるのは不安」といった場合、あえてそのような求人に応募してみてもいいのではないでしょうか。


40代保育士が「園長」に転職するのもアリ?

40代保育士が「園長」に転職するのもアリ?

 

すでに主任保育士をしている場合、さらなるキャリアアップのためにはその先の「園長」を目指すことになります。

 

ですが、一般的なイメージとして40代で園長というのは早いような気がしますが、実際はどうなのでしょうか?

 

場合によっては40代でも園長が当たり前!?

今自分が働いている保育園の園長が60代以上だったりすると、「40代の園長」なんてあまりピンときませんよね。

 

ですが、ある保育士の方は「40代園長が当たり前」という状況を経験したと言います。

 

“結婚して横浜に出てきて再就職したら、いきなり主任を命じられ戸惑いました。

 

若い園長、主任がたくさんいるという事を知りました。
たいていは、企業が保育園経営をしてる場合だと思います。
社会福祉法人園のように、広い園庭がなかったり、一園だけではなく、各地に系列園が何園もあるような所は、人件費の安い若い保育士を使い、30代ともなると主任、40代なら園長が当たり前です。”

≪出典:YAHOO!JAPAN知恵袋

 

地方よりも保育園の数が多い都会だと、40代であっても園長を務めるケースがあるようです。

 

ただ上記の“人件費の安い若い保育士を使い”という記述は少し引っかかるかもしれません。

 

とにかく人件費の節約を優先させるような方針だと、それが保育士の働きにくさに直結する可能性もありますから注意が必要です。

 

すでに主任保育士の経験があるなら

上記のように、場合によっては40代でも園長になり得る保育士業界。

 

もし、すでに主任保育士としての経験があるのであれば、少し早めのキャリアアップのために園長職を目指すという方法もあります。

 

ただ園長ともなると、園児たちとの距離がさらに離れてしまうことにもなるので、それに対して寂しさややりがいのなさを感じるようなら、園長を目指すのは先送りされることをオススメします。

 

園長や主任保育士を目指さない場合の40代保育士の転職

ここまで、保育士としてのキャリアアップに関わる情報を中心にお届けしましたが、上記でも述べたように「いつまでもクラス担任でいたい」という考え方もあります。

 

ですがその場合の40代保育士の転職では、「クラス担任を希望する40代の保育士に需要はあるのだろうか?」という不安が出てくることもあるのではないでしょうか。

 

もし、年齢のことが心配なら、「年齢不問」などのこだわり条件で保育士求人を検索してみてください。

 

また、そういった不安は、保育士転職サイトのキャリアアドバイザーに打ち明けることで解消させることもできます。

 

どのような形での転職を希望するにせよ、やはりキャリアアドバイザーからのサポートは安心につながるので、興味があれば是非保育士転職サイトの転職支援サービスをチェックしてみてくださいね。

 

さて今回は、40代保育士の転職について掘り下げた内容をお届けしてきました。

 

40代になっての転職では何かと不安が大きくなるかもしれませんが、40代保育士の経験を必要としている保育園はきっとありますので、あまり考え過ぎずに前向きに転職活動に取り組まれてくださいね。


「東京、埼玉、千葉、神奈川の正社員求人ならtype転職エージェントがオススメ!」がイメージできる画像01

>当サイトから一番登録が多い「type転職エージェント」の詳細はこちら<



↓↓↓当サイト経由で申し込みが多い人気の転職サービスとオススメポイント!↓↓↓


人気の転職サービス

地域/紹介職種/サービスタイプ

オススメポイント

type転職エージェント

関東中心

総合転職

転職エージェント

転職した人の71%が年収UP!
● アドバイザーが年収交渉!
● 履歴書や面接対策までサポート
20代の事務職の転職に強い!
女性の転職に強い!

DODA

転職サイトdoda

全国対応

総合転職

転職サイト・エージェント

面談”あり”、”なし”の選択可!
● 転職サポートが充実!
● アドバイザーの変更も可能!
● 転職業界大手!
● 転職のプロが徹底サポート

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス

関東・関西・中部

アパレル業界専門

転職エージェント

アパレル業界専門サービス!
● 10万人以上の登録ユーザー数
● 求人企業数2300社以上!
● 業界出身のコンサル多数
● デザイナーからMDまで豊富

「転職エージェント徹底比較ランキング!」がイメージ出来る画像01
このページの先頭へ戻る