Pick up news !!

保育士の転職は30代がオススメ!?結婚後の働き方まとめ!

「保育士の転職は30代がオススメ!?【※結婚後の働き方まとめ!】」がイメージできる画像01

 

何歳から保育士を始めたかにもよりますが、新卒で保育士として採用されて働き始めたという方なら、30代になればもうベテランと言えるだけの実績があります。

 

そんな中、以下の様に30代での転職や結婚後の働き方について関心を持つ方も出てきます。

 

「今まで転職経験はないが、30代になり転職に興味が出てきた」
「30代なかばだけど、転職は厳しい?」
「保育士の場合、結婚によって働き方は変わる?」

 

そこで今回は、こうした疑問やお悩みの解消につながる内容をお届けしていきます。


30代での保育士転職!やっぱり20代よりも厳しい?

30代での保育士転職!やっぱり20代よりも厳しい?

 

一般的に、年齢が高くなるにつれて転職事情は厳しくなると考えられていますが、保育士業界でも同じことが言えるのでしょうか?

 

保育園によって求める保育士の年齢層が変わることも

結論から言うと、30代であっても人によってはスムーズに転職活動を進めることが可能です。

 

なぜなら保育園によっては、即戦力となる30代の保育士に活躍してほしいと考えているからです。

 

少子化な世の中ではありますが、昔に比べると子どもが小さいうちから働くお母さんも増え、保育園の需要も高まっています。

 

このため保育士不足な保育園もあり、そのような保育園にとっては30代のベテラン保育士は希望する条件とマッチする存在なのです。

 

しかし一方で、体力的な問題などから20代の若手保育士をより必要とする保育園もあります。

 

したがって、そういった保育園にばかり応募してしまうと、転職活動が難航する可能性が出てきます。

 

公立保育園の正職員への道は厳しい?

保育士の場合、30代であっても有利に転職活動を進めていくことも可能ですが、もし30代で「公立保育園の正職員」を目指しているのであれば、その道は厳しいと言えます。

 

公立保育園では、20代を正職員採用のボーダラインにしているケースが多いため、30代だとその年齢の壁にぶつかってしまうことがあります。

 

ですが臨時職員であれば、30代でも採用される可能性が出てきます。

 

もし公立保育園への転職を目指すのなら、臨時職員の保育士求人に注目してみてはいかがでしょうか。

 

勢い任せの転職はNG

20代のうちなら勢い任せの転職もアリかもしれませんが、30代の場合1回の転職機会がとても貴重なものになるわけですから、勢いに任せるのではなく計画的に転職活動を進めていくことが大切です。

 

自分が転職先に何を求めるのかを具体的に考え、その中で「これだけはゆずれない」ということを決めていきます。

 

そういった柱があると、ブレずに転職活動を進めていくことができます。


保育士の結婚後の働き方!退職や転職をする人も多い?

保育士の結婚後の働き方!退職や転職をする人も多い?

 

晩婚化が進んだ現代では、30代で結婚される方も多くなっています。

 

今は昔とは違い、結婚が決まれば寿退社というお決まりのコースばかりではありませんが、やはり現在でも結婚によって働き方が変わることもあります。

 

保育士の場合、結婚後の働き方としてはどういった選択肢があるのでしょうか。

 

保育士の結婚後の働き方

1.結婚後も今の保育園で働き続ける

 

「結婚後は家庭に入ってほしい」という男性も今はあまりいないでしょうから、今の保育園に特に不満がなく、引越しなどの必要もないのなら、結婚後もそのまま今の保育園で働き続けるという方も当然多くいらっしゃいます。

 

2.結婚を機に転職をして保育士を続ける

 

前々から転職に関心があったという方にとって、結婚というのは転職のチャンスでもあります。結婚が理由なら、退職の申し出もしやすいという面もありますからね。

 

また、今の保育園は産休や育休の取得実績がほとんどないというような場合、今後に備えてその取得実績が豊富な保育園へと転職をするというのも結婚後の選択として有効です。

 

3.正社員からパートへ

 

結婚後は、家庭との両立も考えてパートとして働きたいと考える方もいらっしゃいます。

 

その場合、職場は今のままで雇用形態を正社員からパートへと変更するという選択肢のほか、転職活動をしてパートとしての転職を目指すという選択肢があります。

 

またパートと一口に言っても働き方はいろいろですが、短時間勤務や週2〜3日程度の勤務であれば、家庭との両立もしやすくなります。

 

4.結婚後は退職して専業主婦に

 

結婚をひとつの区切りとして退職し、専業主婦になる方もいらっしゃいます。

 

保育士という仕事は体力的にも精神的にもハードですから、妊娠・出産に備えるためといった理由から結婚後に退職するケースもあります。

 

その後ずっと専業主婦を続けるケースもあれば、子育てが一段落してから保育士などの仕事に復帰するというケースもあります。

 

こうした結婚後の身の振り方については、是非ご夫婦でじっくりと話し合われてはいかがでしょうか。

 

さて今回は、30代での保育士転職事情や結婚後の働き方について情報をお届けしてきました。

 

もし30代での転職に不安があるという場合は、保育士転職支援サービスをチェックしてみてください。

 

そのサービスでは、ヒアリングや求人紹介、条件交渉といった幅広いサポートを行っていますから、転職に対する不安もきっと解消されるはずですよ。


「東京、埼玉、千葉、神奈川の正社員求人ならtype転職エージェントがオススメ!」がイメージできる画像01

>当サイトから一番登録が多い「type転職エージェント」の詳細はこちら<



↓↓↓当サイト経由で申し込みが多い人気の転職サービスとオススメポイント!↓↓↓


人気の転職サービス

地域/紹介職種/サービスタイプ

オススメポイント

type転職エージェント

関東中心

総合転職

転職エージェント

転職した人の71%が年収UP!
● アドバイザーが年収交渉!
● 履歴書や面接対策までサポート
20代の事務職の転職に強い!
女性の転職に強い!

DODA

転職サイトdoda

全国対応

総合転職

転職サイト・エージェント

面談”あり”、”なし”の選択可!
● 転職サポートが充実!
● アドバイザーの変更も可能!
● 転職業界大手!
● 転職のプロが徹底サポート

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス

関東・関西・中部

アパレル業界専門

転職エージェント

アパレル業界専門サービス!
● 10万人以上の登録ユーザー数
● 求人企業数2300社以上!
● 業界出身のコンサル多数
● デザイナーからMDまで豊富

「転職エージェント徹底比較ランキング!」がイメージ出来る画像01
このページの先頭へ戻る