Pick up news !!

保育士の転職のタイミングまとめ!転職が厳しい時期は?

「保育士の転職のタイミングまとめ!【※転職が厳しい時期は?】」がイメージできる画像01

 

多くの人が経験する転職。そんな転職に対して、以下の様な悩みや疑問を抱えている方も多くいらっしゃいます。

 

「保育士転職のタイミングで迷っている」
「保育士求人が増える時期って?」
「保育士の転職には厳しい面もある?」

 

今回は、こうした疑問や悩みの解消につながる情報を紹介していきます。転職に少しでも興味があれば、是非ご覧くださいね。


保育士の転職にオススメな時期やタイミングは?

保育士の転職にオススメな時期やタイミングは?

 

保育士業界に限らず、どの業界でも求人数というのは常に一定というわけではありません。

 

だからこそ求人数が比較的多い時期もあれば少ない時期もあります。

 

せっかく保育士転職をするのであれば求人数が多い時期に転職活動をしたいと思うものですよね。

 

そこでこちらでは、保育士の転職にオススメな時期、そして転職をする際のタイミングについてご説明します。

 

保育士転職にオススメの時期

一般的に保育士求人が増えると言われているのが「1〜3月」です。

 

保育園の場合も年度が新たに切り替わる4月から新入園の園児たちがやってきますので、その時期に向けて新しい人材を確保するための採用活動をする保育園が増えます。

 

こういった事情があるので、1〜3月には他の時期に比べ保育士求人が増加傾向にあります。

 

保育士求人が多いほうが転職活動しやすいとは一概には言えない部分もありますが、やはり選択肢が多いに越したことはありません。

 

また現在保育士として働いている方にとっても、年度が切り替わるタイミングを利用しての転職のほうがスムーズにいきやすいですから、そういった面からも保育士の転職時期としては1〜3月がオススメと言えます。

 

むしろ保育士業界の場合、それ以外の時期の転職だと厳しい面が出てくる可能性もあります。

 

1〜3月に比べ求人数が落ち込めば転職活動が上手くいかなくなることもありますし、内定が出ても年度の途中での入職となると人間関係などで戸惑うということも十分に考えられます。

 

悩ましい保育士転職のタイミング

以前から「転職したい」という気持ちはあるけれど、転職のタイミングで悩んでいるという方も多いのではないでしょうか。

 

もちろん、いつ転職をするのかはあなた次第ですが、もし今の職場で採用されてから1〜2年という段階で転職を考えているのなら、もう少し転職を待ってみたほうがいいかもしれません。

 

わずか1〜2年での転職だと、「前の職場で何かあったのかな?」と思われることがありますし、新卒の場合、1〜2年の経験だとそれを保育士としての経験となかなか認めてもらえず、転職活動に苦労する可能性があります。

 

よほど嫌な職場であれば辞めたいときに辞めてしまえばいいですが、そういった事情がなければとりあえず3年は今の職場を続けてみてはいかがでしょうか。


保育士の転職は厳しい?気になる保育士の転職事情

保育士の転職は厳しい?気になる保育士の転職事情

 

すでに少子化が現実のものになっている今、もしかしたらあなたも「保育士の転職なんて簡単にできるの?」と不安になっているかもしれません。

 

実際問題、保育士のニーズや転職事情はどうなっているのでしょうか?

 

気になる保育士のニーズ

転職難易度に大きく関わってくる保育士のニーズ。

 

「少子化なのに保育士のニーズなんてあるの?」と言いたくなりますが、近年は東京をはじめとした一部地域で待機児童の問題が声高に叫ばれていることもあって、そういった保育園不足の地域では保育士のニーズは高くなっています。

 

一方、地方では待機児童100人未満というような県もめずらしくないため、そういった県では保育園ならび保育士のニーズが現状以上になるということは考えにくくなります。

 

ですからもし、保育士として新たな活路を見出したいという思いがあれば、都市部へと目を向けてみるというのも有効です。

 

もちろん待機児童問題が深刻な地域で保育士をするのは少し不安な面もあるかもしれませんが、「地元には転職したいと思える保育園がない」「求人数が少なすぎて転職活動をする勇気がない」といった状況であれば、「都市部への転職」を現実的に考えてみてもいいのではないでしょうか。

 

少子化でも保育士の求人は多い?

保育士は大変な仕事であるにも関わらず、その労働環境やお給料は恵まれたものであるとは言えません。

 

こうした現状が知れ渡ると、保育士を目指そうという人も少なくなってしまいます。

 

このため、以下の様に「保育士の求人は多い」と述べる方もいます。

 

“保育園を増やしたくても
保育士をする人が少なくて
保育園を増やせないという実態があります。

 

資格や経験を持ちながら
労働条件の悪さから
長く続けられなくて
結婚と同時に辞めたり
ほかの仕事に就く人が多いのです。

 

求人はとても多いです。”

 

保育士として働いている方からしてみると、この意見にも納得できる部分があるのではないでしょうか。

 

こういった事情があるので、保育士の場合は待機児童問題がほぼないような地方であってもある程度ニーズがあるという風にも言えます。

 

保育士の方にとってはこのような事情がニーズにつながるのは複雑な面があるでしょうが、「ニーズがある」ということは前向きに捉えていきたいですね。

 

さて今回は、保育士の転職にオススメな時期やその事情などについて情報をお届けしてきました。

 

転職に不安や迷いを抱えている保育士の方にとって、こうした情報が参考になるものであれば幸いです。


「東京、埼玉、千葉、神奈川の正社員求人ならtype転職エージェントがオススメ!」がイメージできる画像01

>当サイトから一番登録が多い「type転職エージェント」の詳細はこちら<



↓↓↓当サイト経由で申し込みが多い人気の転職サービスとオススメポイント!↓↓↓


人気の転職サービス

地域/紹介職種/サービスタイプ

オススメポイント

type転職エージェント

関東中心

総合転職

転職エージェント

転職した人の71%が年収UP!
● アドバイザーが年収交渉!
● 履歴書や面接対策までサポート
20代の事務職の転職に強い!
女性の転職に強い!

DODA

転職サイトdoda

全国対応

総合転職

転職サイト・エージェント

面談”あり”、”なし”の選択可!
● 転職サポートが充実!
● アドバイザーの変更も可能!
● 転職業界大手!
● 転職のプロが徹底サポート

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス

関東・関西・中部

アパレル業界専門

転職エージェント

アパレル業界専門サービス!
● 10万人以上の登録ユーザー数
● 求人企業数2300社以上!
● 業界出身のコンサル多数
● デザイナーからMDまで豊富

「転職エージェント徹底比較ランキング!」がイメージ出来る画像01
このページの先頭へ戻る