Pick up news !!

会計事務の仕事内容と給料まとめ!未経験でも可?求人の探し方は?

「会計事務の仕事内容と給料まとめ!※未経験でも可?求人の探し方は?」がイメージできる画像

 

「転職を考えていて会計事務が気になっているけれど、どんな仕事なのかよくわからない」などとお思いの方も多いのではないでしょうか。

 

せっかく気になる仕事があっても、具体的な仕事内容がわからないことには、なかなかその先に進むことができませんよね。

 

また、会計事務への転職を考えている場合、ネット上では以下の様な疑問もよく挙げられています。

 

「会計事務の給料ってどれくらいなんだろう?」
「未経験の場合、志望動機はどうすればいい?
「会計事務の求人はどう探せばいい?」

 

そこで今回は、会計事務の業務内容や未経験の場合に参考にできる志望動機の例、給料、求人の探し方などについて幅広い情報をお届けしていきます。

 

会計事務が気になっているという方は、是非このまま下記の情報をご覧になってみてくださいね。


会計事務の仕事内容は?給料はどれくらい?

会計事務の仕事内容は?給料はどれくらい?

 

会計事務というのは、一体どのような仕事をする職種なのでしょうか?また、平均的な給料はどれくらいなのでしょうか?

 

会計事務の仕事内容

会計事務は、企業の財務状況を把握し、管理していくためにさまざまな仕事を行います。

 

会計事務(経理・会計・財務)の主な仕事内容

記帳
決算書、収支明細などの報告
振替伝票の作成
税理士や会計士などとのやり取り
経費精算
伝票処理、管理
電話応対、メール応対
固定資産管理
財務諸表の作成

など

 

気になる会計事務のお給料

マイナビエージェントのWEBサイトで公開されている「職種別平均年収ランキング(2015〜2016年)」では、会計事務(財務・会計)の平均年収は以下の様になっていました。

 

会計事務の平均年収

≪出典:マイナビエージェント

 

この平均値は、マイナビエージェントに登録した20代・30代のユーザーの年収データが算出元になっています。

 

このため他の転職サイトでは、上記平均年収よりも高い数字や低い数字が紹介されていることもあります。

 

ですがマイナビエージェントにおいては、会計事務の平均年収は比較的高いといえます。

 

日本人全体の平均年収が、今は400万円くらいといわれる時代ですので、その中にあってこの平均年収500万円超えは、十分に収入面で恵まれているといえるのではないでしょうか。

 

会計事務の業務内容!一般事務との違いは?

会計事務はその分野において専門的な事務仕事をしますが、一方で一般事務の場合は、その会社において発生するさまざまな事務仕事を行います。

 

一般事務の仕事内容としては、電話応対やメール応対、来客対応、郵便物仕分け、ファイリング、データ入力、データ集計、書類作成、勤怠管理、備品管理などが挙げられます。

 

また一般事務の場合、会社によっては営業事務や経理などの領域の仕事まで任されることもあります。

 

ですから仕事内容の幅広さや会社ごとの違いは、会計事務よりも一般事務のほうが大きいといえます。


未経験の場合の会計事務の志望動機!求人はどう探す?

未経験の場合の会計事務の志望動機!求人はどう探す?

 

未経験から会計事務を目指す場合、志望動機をどうしようかと悩むことも多くなるかもしれません。

 

そこでこちらでは、志望動機の参考例、さらには求人を探すうえでのポイントについて紹介していきます。

 

会計事務未経験の場合の志望動機

職種未経験から新しい職種を目指す場合、志望動機を作成するうえでポイントとなるのが主に以下の様なポイントです。

 

なぜ会計事務を志望するのかを明確にする

 

なぜ前職を辞めたのかを辞めたのかについても述べる(〜したかったけれど、〜してもらえなかったからというような受け身な表現は避ける)

 

前職で得た経験から、会計事務の仕事につながりそうなものを見つけ、それを上手く志望動機に落とし込む

 

「会計事務として頑張りたい」という熱意が伝わるような表現を意識する

 

簿記の資格など、会計事務に役立ちそうな資格や経験をアピールする

 

会計事務の求人探しのポイント

転職サイトで求人を検索するうえでの最低限の条件となるのは「職種」と「勤務地」です。

 

会計事務の場合、その職種の選択で迷うことがあるかもしれません。

 

そこでこちらでは、3つの転職サイトでの職種選択の方法を紹介します。

 

マイナビエージェント

 

詳細検索職種を選択ステップ1.分類を選択で「経営企画/管理部門全般」を選択ステップ2.希望の項目を選択で「財務・会計」を選択

 

パソナキャリア

 

求人情報のご案内→条件を指定して求人を探す→職種から「企画・人事・総務・経理・事務」を選択→「経理・財務・会計」を選択

 

type転職エージェント

 

求人を探す→職種で検索から「管理・事務・企画系」を選択→ページ右側の職種で絞り込みから「経理/財務/会計」を選択

 

このように、会計事務の仕事は経理や財務と一括りにされることがあります。

 

ですから求人検索の際には、職種選びでは柔軟に対応する必要がありそうです。

 

さて今回は、会計事務の仕事内容から求人探しのポイントまで、さまざまな情報をお届けしてきました。

 

こうした会計事務の仕事に興味があり転職活動を始めようとしている場合には、「転職エージェント」のご利用もオススメです。

 

転職エージェントであればキャリアアドバイザーがユーザーの希望に合った求人を紹介してくれますし、面接対策や待遇面の交渉などの幅広いサポートも得られます。

 

気になった方は是非転職エージェントをチェックしてみてくださいね。


「東京、埼玉、千葉、神奈川の正社員求人ならtype転職エージェントがオススメ!」がイメージできる画像01

>当サイトから一番登録が多い「type転職エージェント」の詳細はこちら<



↓↓↓当サイト経由で申し込みが多い人気の転職サービスとオススメポイント!↓↓↓


人気の転職サービス

地域/紹介職種/サービスタイプ

オススメポイント

type転職エージェント

関東中心

総合転職

転職エージェント

転職した人の71%が年収UP!
● アドバイザーが年収交渉!
● 履歴書や面接対策までサポート
20代の事務職の転職に強い!
女性の転職に強い!

DODA

転職サイトdoda

全国対応

総合転職

転職サイト・エージェント

面談”あり”、”なし”の選択可!
● 転職サポートが充実!
● アドバイザーの変更も可能!
● 転職業界大手!
● 転職のプロが徹底サポート

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス

関東・関西・中部

アパレル業界専門

転職エージェント

アパレル業界専門サービス!
● 10万人以上の登録ユーザー数
● 求人企業数2300社以上!
● 業界出身のコンサル多数
● デザイナーからMDまで豊富

「転職エージェント徹底比較ランキング!」がイメージ出来る画像01
このページの先頭へ戻る