Pick up news !!

事務の仕事は疲れる?つまらない、辛い場合の対処と改善法

「事務の仕事は疲れる?【※つまらない、辛い場合の対処と改善法】」がイメージできる画像

 

それまで事務仕事に憧れを持っていても、いざその仕事に就いてみると「思っていたよりも疲れるから大変かも…」などと、ギャップに苦しむこともあるのではないでしょうか。

 

また、そういった思いが積み重なっていくと、やがて以下の様な疑問や不安が生じてくることもあるかもしれません。

 

「事務仕事がとても疲れるけど、改善する方法はないの?」
「事務仕事がつまらない…。このまま続けていけるんだろうか?」
「職場の人間関係が悪くて出社が辛い。どう対処すればいい?」

 

そこで今回は、事務仕事が疲れる場合や、つまらない・辛いと感じる場合の対処法について紹介していきます。

 

もっと理想に近い職場環境で働きたいなどと考えている方は、是非こうした情報を参考になさってくださいね。


事務仕事がすごく疲れる!疲れを少なくするにはどうすればいい?

事務仕事がすごく疲れる!疲れを少なくするにはどうすればいい?

 

仕事で疲れを感じるのは当たり前といえば当たり前なのですが、帰宅後は毎回そのままベッドに倒れ込むほどの疲れ方となると、今の状況を考えてみたほうがいいかもしれません。

 

では、事務仕事の疲れを少なくするにはどのようにすればいいのでしょうか?

 

事務仕事の疲れを少なくさせるコツまとめ!

1.可能であれば、自分のペースで仕事をこなす

 

1日で少しでも多くの仕事をこなそうと焦って仕事をしていると、仕事終わりにはどっと疲れが出ます。

 

一方、自分のペースで仕事をすることができていれば、心身ともに余裕があるため激しい疲れは感じにくくなります。

 

事務仕事の場合、「この分は明日に回す」というのが自分で決められることもありますから、そうであれば無理に急いで仕事をする必要はありません。

 

もちろん、自分のペースで仕事をするというのはのんびり仕事をすることとは違いますから、その辺を履き違えることなく仕事をしていれば、とくに注意を受けるということもないのではないでしょうか。

 

2.たまに席を離れて動いてみる

 

事務仕事をしている方で勤務時間中はほとんど自分の席から動くことがないという方は、その勤務スタイルを少し変えてみてください。

 

ずっと座っているというのは健康上あまり良くないことでもあるので、少し仕事が落ち着いたら席を離れて軽く体を動かしてみましょう。

 

これだけでも、疲れ方に違いが出てくることがあります。

 

3.目の疲れや肩こりの予防を心がける

 

事務仕事は目の疲れや肩こりを感じやすい仕事でもあるので、その予防を心がけることで疲労を軽減できる場合があります。

 

例えば目の疲れ対策でいうと、ここ最近はブルーライトカットメガネを利用する方が増えています。

 

メガネであればかけるだけでOKなので、手っ取り早い対策としてオススメです。

 

また肩こり予防としては、正しい姿勢で座ることも大切です。

 

猫背などの悪い姿勢で過ごす時間が増えると、それが肩こりの要因のひとつになってしまいます。

 

仕事量はあまり変わらなくても、上記のような工夫を取り入れることによって、事務仕事の疲れを軽減することは可能です。


事務仕事がつまらない・辛い場合の対処法まとめ!

事務仕事がつまらない・辛い場合の対処法まとめ!

 

「どうも事務仕事がつまらない」「仕事に行くのが辛い」そんなときの対処法を紹介します。

 

事務仕事がつまらないときの対処法

1.まずは放っておいてみる

 

ルーティンワークと無縁というような仕事なら、毎日変化があって楽しいと感じられるかもしれません。ですが世の中にそういう仕事はほとんどありません。

 

ですから自分の仕事につまらなさを感じたことがあるという人はとても多いものです。

 

しかし、一度仕事がつまらないと感じたからといってすぐに仕事を辞める人はほとんどいません。

 

「つまらないな」と感じながらも生活のために仕事を続けていくことで、いずれそのつまらなさが自然と消えていくということも多いです。

 

ですからまずは、事務仕事がつまらないと感じても放っておいてみましょう。

 

2.事務仕事の効率化に向けて自分なりに頑張ってみる

 

何か新たな目標を見つけられると、それに向けて頑張ることができます。そしてその目標が達成されればやりがいも感じられます。

 

もし事務仕事がつまらないのであれば、業務のさらなる効率化に向けて自分なりにできることを試してみてはいかがでしょうか。

 

そうしたちょっとした刺激でも、仕事のつまらなさが軽減できる場合があります。

 

3.思い切って転職してみる

 

もうずっと事務仕事がつまらないと感じているとなると、その職場で仕事を続けるというのも難しくなってしまうものです。

 

そうなれば、思い切って転職をしてみるのもオススメです。

 

事務仕事がもうウンザリという場合は異業種転職を目指してみてもいいですし、職場が変わればつまらなさも軽減されそうと思うのなら同業種転職でももちろん構いません。

 

事務仕事が辛いときの対処法

1.その辛さの原因がいずれ終わるものなら耐えるのもアリ

 

仕事覚えの悪い新人に苦労している場合や繁忙期で体力的に厳しい場合など、いずれ終わる可能性のあるものが原因で辛いと感じているのであれば、辛い時期を耐えてみるのもアリです。

 

「この辛い時期もいずれ終わってくれるだろう」という希望を持てば、事務仕事の辛さも多少軽減されるのではないでしょうか。

 

2.辛さが深刻なものなら転職を考えてみて

 

職場の人間関係が理由で仕事に行くのが辛いとなると、転職も視野に入れてみる必要があります。

 

仕事量の多さやパワハラなどが原因なら、自分で職場に訴えかけるなどして状況を改善することも可能ですが、人間関係が原因となるとなかなかそうもいきません。

 

人間関係を悪くしている諸悪の根源的存在がタイミングよく辞めてくれればいいですが、その気配がないようなら無理に職場にとどまらず、転職を考えてみてはいかがでしょうか。

 

また、もし仕事が辛くて精神的に追い詰められているようなら、退職をして仕事をお休みすることが必要になる場合もあります。

 

いずれにせよ、事務仕事が辛くて辛くて仕方がないというような場合は、転職がもっとも効果的な対処法であるといえます。

 

さて今回は、事務仕事が疲れる場合などの対処法について紹介してきました。

 

今回の情報を通して転職に興味を持ったのなら、是非転職サイトや転職エージェントをチェックしてみてくださいね。


「東京、埼玉、千葉、神奈川の正社員求人ならtype転職エージェントがオススメ!」がイメージできる画像01

>当サイトから一番登録が多い「type転職エージェント」の詳細はこちら<



↓↓↓当サイト経由で申し込みが多い人気の転職サービスとオススメポイント!↓↓↓


人気の転職サービス

地域/紹介職種/サービスタイプ

オススメポイント

type転職エージェント

関東中心

総合転職

転職エージェント

転職した人の71%が年収UP!
● アドバイザーが年収交渉!
● 履歴書や面接対策までサポート
20代の事務職の転職に強い!
女性の転職に強い!

DODA

転職サイトdoda

全国対応

総合転職

転職サイト・エージェント

面談”あり”、”なし”の選択可!
● 転職サポートが充実!
● アドバイザーの変更も可能!
● 転職業界大手!
● 転職のプロが徹底サポート

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス

関東・関西・中部

アパレル業界専門

転職エージェント

アパレル業界専門サービス!
● 10万人以上の登録ユーザー数
● 求人企業数2300社以上!
● 業界出身のコンサル多数
● デザイナーからMDまで豊富

「転職エージェント徹底比較ランキング!」がイメージ出来る画像01
このページの先頭へ戻る