Pick up news !!

事務職のキャリアアッププランの立て方!ステップアップするには?

事務職のキャリアアッププランの立て方!ステップアップするには?

 

「事務職としての今の働き方にはそれなり満足しているけれど、キャリアアップについても気になる。」こんな風にお考えの方も多いのではないでしょうか。

 

また事務職としてのキャリアを考えるうえでは、以下の様な点も気になってくるかもしれません。

 

「事務職は、どういったキャリアプランを描いていけばいいの?」
「事務職の将来性も少し心配。実際のところは?」
「求める人材にもっと近づきたい!そういう人材にはどんな特徴がある?」
「事務職のキャリアチェンジはどのようなプランが良いの?」
「一般事務や営業事務、医療事務、貿易事務のキャリアプランが知りたい!」

 

そこで今回は、事務職のキャリアアップやキャリアプラン、将来性などについてさまざまな情報をお届けしていきます。

 

今後のキャリアプランについて関心をお持ちの方は、是非チェックしてみてくださいね。

 

※事務職は大手と中小企業で待遇、給与に大きな差が!今の職場に不満があるなら


目次
  1. 事務職のキャリアプランはどう立てる?事務職のキャリアアップは難しい?
  2. 事務職の面接対策!「キャリアプラン」を聞かれた時の答え方や例文!
  3. 一般事務でのキャリアプラン!キャリアアップするためには?
  4. 営業事務でのキャリアプラン!キャリアアップするためには?
  5. 医療事務でのキャリアプラン!キャリアアップするには?
  6. 貿易事務でのキャリアプラン!キャリアアップするには?
  7. 事務職の将来性はある?キャリアアップにオススメのキャリアチェンジ!

事務職のキャリアプランはどう立てる?事務職のキャリアアップは難しい?

事務職のキャリアプランはどう立てる?事務職のキャリアアップは難しい?

 

事務職、あるいは一社会人としてキャリアアップしていくためには、どのようなキャリアプランを立てていけばいいのでしょうか?

 

事務職のキャリアアップは難しい?

事務職のキャリアアップは難しい?

 

事務職の業務内容は多岐にわたること、さらに専門的な知識が身につきにくいイメージがありますよね。それだけにキャリアプランを立てるのも大変です。

 

しかし、自社の特徴や分野を良く分析し、将来を考えることでキャリアアップは決して難しいものではありません。

 

たとえば、IT分野で働く事務職であれば自社コンテンツやSNSの運用なども視野に入れWebマーケティングスキルを磨くというプランを立てることもできます。

 

このように、働く会社の業種によってもキャリアプランは異なるでしょう。

 

事務職で長く働くためにできること!

事務職で長く働くためにできること!

 

事務職は長く働けるイメージを持たれるかもしれません。しかし、決められた仕事をただ毎日こなすルーティンワークなら誰でもできますよね。

 

これからの時代は、AI(人工知能)やロボットの介入なども予想されますし、ルーティンワークが多い事務職の仕事もこれらのロボットに取って代わられるとも言われています。

 

つまり今後の事務職では長く働くのは大変なこと。では、事務職として長く働くためにはどのような工夫が必要なのでしょうか。

 

専門分野にシフトチェンジ

 

事務職におけるルーティンワークは、今後AIやロボットに取って代わられると言われています。だからこそ、誰にでもできるルーティンワークだけを行なっていては生き残れません。

 

そこで、働く会社でニーズがあるが需要が足りてない専門分野へのシフトチェンジをしていきましょう。

 

「事務職の仕事じゃないからやらない」という概念は捨てて、さまざまな分野にチャレンジする必要があります。

 

気配りやコニュニケーション力

 

事務職というと、デスクで黙々とパソコン作業をする職種と思われがちですが、急な来客や電話対応もあり、気配りやコミュニケーション力が求められます。

 

また、事務職という性質上多くの職種と連携する立場にあり、自分から多くの人に声をかける積極性も欲しいところ。

 

AIやロボットが普及する時代になっても、人間しかできないきめ細やかなサービスや気配りは、多くの需要があるでしょう。このような観点からも、人間力が試されています。

 

今の自分に+αのスキル

 

事務職は、結婚や出産、育児などのライフイベントと重なっても続けやすく女性が多いです。

 

しかし、繰り返しになりますが、今後の事務職はAIやロボット等の普及によりルーティンワークは今ほど必要なくなります。その分、基本的なPC操作に加えて、+αのスキルが必要です。

 

出産や育児で一時的に職場を離れても「また戻ってきて欲しい」と思ってもらえる人材にならないと、AIや優秀な人材にポジションを奪われてしまう可能性も。

 

事務職のキャリアプランにはどんなものがある?

事務職のキャリアプランにはどんなものがある?

 

事務職に付加価値をつけるためには、どのようなキャリアプランがあるのでしょうか。ここでは、現代の事務職におけるキャリアプランについてご紹介させて頂きます。

 

人事や総務部への転換

 

一般的に事務業務は、データ入力や文書作成、電話・来客対応、郵便物の仕分けや発送、資料のファイリング、請求書の作成など多岐にわたります。

 

しかし、これらの作業の一部はAIやロボットなどが介入する恐れもあり、他の仕事もこなせなければなりません。

 

たとえば、人事職であれば、人材採用計画の立案・実行、ソーシャルネットワークを活用して採用イベントの開催、人材研修、マナー・スキルアップ研修など事務職とはまた違ったスキルが必要です。

 

総務職も同様に、社会保険手続や勤怠管理、給与計算などの業務から、最近では過労死やうつ病などの問題によって、メンタルヘルスに力を入れている会社も多く、メンタルヘルス対策に産業カウンセラーを配置する企業も増えています。

 

このことから、事務職から人事や総務に転換する幅広くより専門的な業務をこなせるようになります。

 

専門性の高い事務職へ

 

同じ事務職でもルーティンワークだけでなく、その人しかできない専門性を磨くと会社からも重宝されます。

 

たとえば、事務職の中でも営業事務や貿易事務、経理事務、医療事務、法務事務、財務事務、特許事務、英文事務、秘書などです。

 

これらの事務職は、通常の事務とは違い、専門性が非常に高い職種です。普段の仕事を行いながら、簿記検定を受けたり、TOEICで高得点を取ったりと専門性の高い事務職へ移行しましょう。

 

他職種へのチャレンジ

 

今後事務職に求められる需要は多岐にわたります。冒頭でもお伝えしましたが、IT企業であれば、SNSやWeb広告の運用、データ解析を行い集客率の向上を図る「Webマーケティング」のスキルが求められています。

 

そのほかにも、Aiやロボットの導入、ビッグデータの分析を行う「データアナリスト」も人材が不足しており、多くの企業で必要としています。

 

統計や分析、マイニングなどの分野はこれからということもあり、ハードルは低くはありませんが、チャレンジする意味はありそうです。

 

うつ病や過労死などが問題になっていることから「メンタルヘルス・マネジメント検定」も有効な資格の1つ。

 

実はこの資格、社員が50人以上の事業所には必ず1人は配置することを国が定めています。よって、事務職が社員のメンタルヘルス対策を講じることができれば重宝される可能性が高いです。

 

そのほかにも「人事総務検定」や人事や労務のプロである「社会保険労務士」なども人気のあるキャリアアッププランになります。

 

事務職の自分が考えるキャリアプランの立て方

事務職の自分が考えるキャリアプランの立て方

 

今は終身雇用や年功序列が当たり前というわけではないですから、会社に頼り切りではキャリアは育っていきません。

 

だからこそ、今後の自分を長い視点で見つめるときには、キャリアプランについても具体的に考えてみる必要があります。

 

ですが、キャリアプランの立て方にもいろいろあります。「何が正解」というのもありません。

 

それゆえ、どうキャリアプランを立てるかというのが悩みどころかもしれません。

 

そこでこちらでは、キャリアプランにはどのようなものがあるかご紹介させて頂きます。

 

短期的な目標はある程度現実的なものに

 

1年後、3年後などにどうなっていたいかという短期的な目標を設定する際にはある程度現実的な目標を設定しましょう。

 

 

キャリアプランではなくキャリアビジョンなら

キャリアデザインでは「キャリアビジョン」という言葉も使われます。

 

プランに比べ、ビジョンであればそこまで実現可能かどうかにこだわる必要はありません。

 

願望が前面に押し出されているのがキャリアビジョンの特徴でもあります。

 

ですがキャリアビジョンが明確なら、その実現に向けて動き出すためのモチベーションアップにもつながります。

 

「こうなりたい」からプランを立てるのも◎

 

「将来こんな風になりたい」という姿を思い描き、それを実現するためには今どんな行動を取るべきか。このような考え方はバックキャストといわれます。

 

未来から現在へと時間をさかのぼってキャリアプランを立てていくので、1年後の自分、3年後の自分…と考えていく場合とは違い、常識にとらわれない発想がしやすくなります。

 

キャリアアップで悩む事務職

キャリアアップで悩む事務職

 

実際に事務職に就いている方は、キャリアアップについてどう考えているものなのでしょうか?以下で、ネット上の気になる意見を一部抜粋して紹介します。

 

ネット上で気になる事務職のキャリアアッププランの悩み

 

ネット上で気になる事務職のキャリアアッププランの悩み

ネット上で気になる事務職のキャリアアッププランの悩み

≪出典:YAHOO!JAPAN 知恵袋

 

このように、事務職の今後を考えて有効な資格にチャンレンジする方も増えているようです。

 

ネット上で気になる事務職のキャリアアッププランの悩み3

ネット上で気になる事務職のキャリアアッププランの悩み4

≪出典:YAHOO!JAPAN 知恵袋

 

このような事例は、事務職である自分がステップアップしていくためのキャリアプランにとっても参考になるのではないでしょうか。

 

事務職のキャリアアツプに役立つ情報

 

また、キャリアアップの可能性を探るためにお役立ていただける記事として、少し古いのですが以下のページを紹介します。

 

事務職のキャリアアップに役立つページ

≪出典:AllAbuto

 

こちらでは、自分が行っている事務仕事の中身をチェックリストを使って整理することができます。

 

上記ページの次ページでは、「Aグループは○○に通じる仕事」というように、キャリアアップの可能性を探るための情報が紹介されています。

 

※事務職のキャリアアッププランならコチラがオススメ!


事務職の面接対策!「キャリアプラン」を聞かれた時の答え方や例文!

事務職の面接対策!「キャリアプラン」を聞かれた時の答え方や例文!

 

ここでは、事務職の面接でキャリアプランについて聞かれた時の答え方や例文についてご紹介させて頂きます。

 

事務職の面接では、キャリアプランについて聞かれることも多いですから、ぜひこちらを参考にして対策を講じましょう。

 

「キャリアプラン」の質問の回答例!

「キャリアプラン」の質問の回答例!

 

質問@ 事務職として3年後のキャリアプランはありますか?

 

この質問では、企業側があなたを採用し自社に貢献できる人材なのか、活躍してくれるのか判断するための質問です。

 

この質問により将来のキャリアプランを設計できているかだけでなく、実現可能なキャリアプランなのか、具体的内容なのかを見極めています。

 

回答@ 将来設計を明確にした回答例

私は、事務職は未経験ではありますが今後の業界の動向を見据えてキャリアについて検討しております。

 

具体的には、1年目では事務職の基礎を習得し、スムーズな業務を目指します。

 

2年目では、前職で培ったマーケティングスキルを活かして、事務職でありながらSNSやコラム記事の運用など、集客率を上げるための業務にも携わることができればと考えております。

 

3年目では、事務職として飛躍できるよう必要に応じてコンサルタント業務など、マーケティングスキルを活かせる事務として業務遂行できるよう努めて参ります。

 

このように1年目ではどうか、2年目ではどうかをシンプルかつ明確に伝えると、企業側もあなたの貢献度についてイメージでき、印象もアップしますよね。

 

質問A 10年後にこの業界はどのようになっていると思いますか?

 

この質問も、基本的にはあなたの入社意欲や、自社に貢献できる人材かを見極めるための質問になります。

 

たとえば、一定の社会人経験のある30代の人材がこの質問に明確に答えられないと「この人は短期間では戦力にはならない」「事務職に本気に向き合っていない」と判断されます。

 

回答のポイントとしては、事前に事務職や業界についてリサーチして「業界未経験ではありますが、先日〇〇市場調査を参考にしたところ、〇〇だと思います。」と具体的に展望を説明できるよう努めましょう。

 

回答A 業界未経験でもしっかり展望を話す

私は、事務職未経験ではありますが、先日〇〇市場調査を参考にしたところ、事務職自体の業務はAI(人工知能)というより、「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)」により置き換わると考えております。

 

そのため、今後ルーティンワークはできて当たり前とし、RPA導入後の運用業務も増加すると考えております。

 

入社後、事務業務をいち早く習得し、早期の段階でRPAの運用やデータアナリストのような解析業務も行える人材になるための努力も必要かと存じます。

 

このように、業界未経験でもしっかりと事務職の展望を話せるかどうかで、面接時の印象が変わります。

 

「将来の目標」の質問の回答例!

「将来の目標」の質問の回答例!

 

質問@ あなたは仕事で何を目標にしていきたいですか?

 

この質問では、あなたが見事転職を成功した場合に、何を仕事の目標にしたいのか見極めます。

 

この質問の回答によって、その目標を達成するために、どのような手段を用いるのか、目標達成のための具体的対策を考えられているかどうかを見ています。

 

回答@ 目標達成のための手段と方法を明確に説明する

私は、事務未経験ではありますが、事務業務をスムーズに遂行することで、他職種の業務が効率化でき御社売り上げに貢献できるよう努めたいと考えております。

 

その目標を達成するためには、事務業務をいち早く習得するため、基本的な業務内容に加えて簿記や労務に関する資格なども視野に入れていきたいです。

 

このように目標達成のための、具体的な手段と方法を明確に伝えることが重要です。

 

質問Aあなたの将来の夢は何ですか?

 

この質問では、あなたの仕事に対する「熱量」と「自主性」を企業側が判断するために多く使われます。

 

たとえば、採用担当者からみてあなたが「与えられた仕事を遂行するだけの人材なのか」、もしくは「将来の夢や目標を抱き、それを実現するために行動できる人材」なのかで、大きく印象は変わるはずです。

 

おそらく採用担当者からみると、後者を優先的に採用したいでしょう。

 

つまりあなたは、この質問を受けて、将来に対して前向きに行動的に動ける姿勢を示す必要があります。

 

回答A企業の理念にマッチした夢を説明する

私は、御社を志望した理由として「売上主義ではなく、お客様満足度を高めたい」という理念に強く共感致しました。

 

事務職は直接お客様と関わることは少ないですが、私が事務職として働くことで、各部署が滞りなく業務遂行でき、その結果としてお客様満足度に貢献できればと考えております。

 

さらには「君がいないと困る」と言って頂けるような人材を目指して精進して参ります。御社のホームページを拝見すると、新規顧客の開拓にも注力されていることを知りました。

 

前職では、カスタマーサポートとしてお客様対応やお問い合わせに関する業務に携わりました。その経験を最大限に活かして、新規顧客からのお問い合わせなどもスムーズに対応できるよう努めて参ります。

 

面接先の企業の理念も踏まえて、明確に将来の夢や目標を打ち出しましょう!

 

「キャリアビジョン」の質問の回答例!

「キャリアビジョン」の質問の回答例!

 

質問@ あなたの5年後、10年後のキャリアビジョンについて教えてください

 

この質問では、あなたの5年後、10年後の想像力や将来設計をみています。

 

どこまで真剣に事務職としてキャリアを描いているのかみている為、この質問に対する回答が曖昧だと、印象が落ちてしまいます。

 

回答@ あなたなりに5年後、10年後のキャリアを伝える

私は、事務職として入社し5年後までには、一般事務だけでなく経理事務や労務事務など、さらに広範囲に業務をこなし御社への貢献度を高めて参りたいと考えております。

 

さらに、10年後には事務職としてリーダーになれるよう目標を定めております。部下の育成や管理業務なども積極的に携わっていきたいです。

 

今の時点での明確なキャリアビジョンを示せるかどうかで、あなたへの印象が変わります。

 


一般事務でのキャリアプラン!キャリアアップするためには?

一般事務でのキャリアプラン!キャリアアップするためには?

 

ここからは、事務職のカテゴリ別にキャリアアップするためのポイントや、キャリアプランについて詳しくご紹介します。

 

まずは一般事務でのキャリアプランについてみていきましょう!

 

一般事務でのキャリアプランはどんなものがある?

一般事務でのキャリアプランはどんなものがある?

 

一般事務の業務内容は、総合職や専門職のサポートが多いですよね。請求書や報告書などの資料作成から、伝票入力、FAX対応、データ入力、備品の管理、郵便の発送や仕分けなど多岐に渡ります。

 

ですがこれらの業務の一部は、今後AI等に置き換わると言われており、キャリアプランを考える必要があるのです。

 

まずは一般事務がもっとも関わりやすいキャリアプランとして「経理事務」や営業部署のサポートを行う「営業事務」などがあります。

 

また、労務に関する知識とスキルを磨いて「労務事務」として活躍する道も開かれています。いずれにしても、いかに事務としての幅広い専門性を磨いていくかがポイントとなります。

 

一般事務の面接でキャリアプランを聞かれた時の回答例!

一般事務の面接でキャリアプランを聞かれた時の回答例!

 

ここでは、事務職の面接で必ずと言っていいほど聞かれる「キャリアプラン」について、その回答例をご紹介させて頂きます。

 

回答@ 今後の一般事務の動向も踏まえて説明する

 

私は、一般事務職未経験ではありますが、〇〇市場調査を拝見したところ、一般事務はAIに代替えされる可能性が高い職種として認識されています。

 

その事実を踏まえて、より専門的なキャリアアップができるよう、データアナリストなどITスキルの習得をし、AI導入後も事務職としてデータ分析等に関われる人材として御社に貢献できればと考えております。

 

ポイントは、今後の一般事務の動向をきちんと認識していることを示すこと。そうすることで、将来設計がきちんと出来ている人材として印象が上がります。

 

回答A 自分の持つスキルや資格をキャリアアップと結びつける

 

私は、一般事務職未経験ではありますが前職では、営業として新規顧客の対応をして参りました。

 

御社でもその経験を最大限に発揮し、営業職のサポートや連携を強化して、売り上げに貢献して参ります。営業職と連携することで、営業部署の業務効率化を図ります。

 

さらに将来は、一般事務という業務にとどまらず人事教育やメンタルヘルス対策など社内で幅広く活躍できる「人事事務」としても活躍していきたいです。

 

自分のスキルがいかに会社に貢献できるのかを説明し、会社への必要性を訴えかけると良いでしょう。また、自分のスキルとキャリアアップを結びつけて、将来性を説明することも重要です。

 

一般事務でのキャリアアップに必要な考え方やスキル!

一般事務でのキャリアアップに必要な考え方やスキル!

 

コミュニケーション力

 

一般事務は、AIやロボットにより将来代替えされると認識しております。

 

ただ、人間らしいきめ細やかなサービスはAIにはまだ実現できないと言われており、気配りや人間らしいサービスは生き残る可能性が高いです。

 

一般事務は、お客様対応や電話でのご案内なども関係してきますから、ぜひビジネスマナーやコミュニケーション力を向上すると良いでしょう。

 

コミュニケーション力やビジネスマナーのスキルアップを図るには、「秘書技能検定(2級程度)」「国際秘書検定(CBS)」「TOEIC600点〜」が有効でしょう。

 

英語力

 

一般事務職として「英語力は関係ないでしょ?」と思いがちですが、英語力があることで一般事務から貿易事務へのキャリアプランを立てられます。

 

貿易事務とは、貿易に関わる企業で働く事務職のことです。他の事務職よりも専門性があり、かつハードルが高いことから、一定のニーズが見込めます。貿易書類の作成は英文書類で記載されているため、英文の理解が不可欠。

 

その上、海外の取引先とは英語での電話対応が求められます。英語力を生かして仕事をしたい人や、一般事務からスキルアップしたい人に向いています。

 

貿易事務に必要な英語力は、「TOEIC600点以上」が必要と言われています。そのほかにも、パソコン作業は必須ですから「マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)」などを保有していても有利です。

 

また一般事務から貿易事務に就きたいと考える人は、「貿易実務検定」という資格を保有するのも有りです。

 

貿易実務検定を持っていると、貿易事務に関する一定の知識があると認定され、業界未経験でも資格を持っていない人よりも有利に転職活動ができるでしょう。

 

貿易実務検定には、「C級」・「B級」・「A級」があり、業界未経験から転職を考えている方は「C級」から受験することをオススメします。

 

高い専門性

 

一般事務職は、業務内容こそ幅広いですが、その代わり専門性についてどうしても劣ってしまいます。ただし、基本的な事務業務が身についているため、キャリアアップの仕方は何通りもあるのが良いところ。

 

たとえば、医療事務へキャリアップしたい方は「医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)」「診療報酬請求事務能力認定試験」などを取得すると良いです。

 

もちろん先ほどご紹介した「貿易事務」も専門性の高い選択肢になります。また事務と名のつく職種でなくても、IT企業の事務職であれば「Webマーケティングスキル」を習得し、マーケティング部署にキャリアチェンジする方法もあるのです。

 

Webマーケティングスキルは、オンライン講座等でも気軽に受講できます。

 

※競争率が高い事務職は転職エージェントへの登録がオススメ!


営業事務でのキャリアプラン!キャリアアップするためには?

営業事務でのキャリアプラン!キャリアアップするためには?


一般事務におけるキャリアプランの次は、営業事務のキャリアプランについてご紹介します。

営業事務のキャリアプランはどんなものがある?

営業事務のキャリアプランはどんなものがある?


営業事務は、主に営業職のサポートをするお仕事です。営業職の売り上げに貢献できる事務として、他の事務とは全く異なる喜びややりがいを味わえます。

営業職に関する「契約書」や「発注書・申込書」、「納品書」などのほか、営業担当が外出時は、営業に代わりお客様対応をすることも。

営業職に非常に近い職種として、キャリアプランとしても営業職につきたい人にはもってこいです。営業経験がなく、営業職に就くのが難しい人は営業事務からチャレンジすると良いでしょう。

また、IT企業の営業事務であればプロモーション課とも連携する場合が多いため、Webプロモーション課へのキャリアプランも立てられます。

Webプロモーションとは、Web広告の運用や導入、さらにはSNSマーケティングを用いて、企業商品やサービスの販促活動を行うこと。Webマーケティングは、オンライン講座でも気軽に学べます。

そのほかにも、英語力を生かして外資系企業の営業事務に転職すれば、収入アップも実現できるでしょう。

営業事務の面接でキャリアプランを聞かれた時の回答例!

営業事務の面接でキャリアプランを聞かれた時の回答例!


営業事務の面接でキャリアプランを聞かれた時にどう答えたら良いのか迷いますよね。そのような時の回答例をご紹介します。

営業事務だけでなく、事務職全般に言えることですが、入社後のキャリアプランについて聞かれることが多いです。しっかりと対策を練りましょう。

回答@ 将来設計を具体的に説明する

 

私は、営業事務未経験ということもあり入社後は、まず業務内容を徹底的に覚えるところからスタートしていきたいと考えております。

ただ、入社半年後には営業業務の効率化をサポートできるよう資料作成や、営業日程の調整などをスムーズに行えるようにしたいです。

また、御社ホームページにて新規顧客獲得にも力を入れていることを知り、営業事務として新規顧客獲得のための資料作成などを通し、成約率アップに貢献できればと考えております。

営業事務が未経験でも、しっかり職務内容についてリサーチして、1年後、3年後のプランを考えていることをアプローチしましょう。

回答A 前職での経験を生かしたキャリアアッププランの提示

 

私は、営業事務は未経験ではありますが、前職はWeb制作会社にて広告運用を担っており、将来的には営業事務でありながらも広告運用スキルを活用し、取引先の販促支援をすることも可能です。

営業職の手が足りない時は、その代わりを担えるような人材になりたいと考えております。また、広告運用スキルと合わせて営業職を多方面でサポートできるよう努めて参ります。

このように、営業事務だけでなくこれまでの経験を生かして、いかに会社に貢献できるかを説明できるとあなたの印象がグッとアップするでしょう。

営業事務でのキャリアアップに必要な考え方やスキル!

営業事務でのキャリアアップに必要な考え方やスキル!


コミュニケーション力

 

コミュニケーション力は、営業事務に限らず一般事務、医療事務、貿易事務に共通するキャリアアップスキルといえます。

今後の事務職は、AI等の導入により多くのルーティンワークが取って代わられると言われていますが、人間らしいきめ細やかなコミュニケーションは、AIやロボットによる再現はまだ難しいです。

一般事務と同様に、コミュニケーション力やビジネスマナーのスキルアップを図るには、「秘書技能検定(2級程度)」や「国際秘書検定(CBS)」、「TOEIC600点〜」などが有効になるでしょう。

英語力

 

営業事務としてキャリアアップするためには、海外取引のある営業事務に転職するという道も残されています。いわゆる外資系企業の営業事務です。

海外取引先とのやりとりとなるため、英語力が必須です。「TOEIC700〜800点」は欲しいところ。

また、営業事務でのキャリアアップだけでなく、英語力を身につけて、そのまま外資系企業の営業にキャリアチェンジするのも良い方法です。英語力を身につけるだけで、多くの企業から重宝されますし、年収アップも可能に。

営業経験の有無

 

営業事務は、営業職のサポートをメイン業務にしています。業務範囲には、営業職に代わり顧客対応をする場合もあり、営業職を最も近くで把握している職種の1つ。

それに加えて、営業事務は迅速な資料作成や売り上げ分析ができますから、営業職としてキャリアチェンジすることも可能です。

全く営業職に就いたことのない方でも、営業事務として顧客対応をしていたことをアピールすれば可能性が広がるでしょう。

高い専門性

 

営業事務は、一般事務と比較をしても顧客と関わる機会が非常に多いです。また、最近の企業のほとんどは自社商品やサービス拡充のためにWebプロモーションを実施しているところが多いですよね。

このような観点から、営業事務が「Webマーケティングスキル」「コンサルタント」などの業務を担えると今後のキャリアアップに向けて、視野を広められます。

営業事務と直接繋がらないようなことでも、会社の業務形態によっては有効にはたらく場合もあります。ぜひ多方面のスキルを身につけましょう!

※キャリアアップを狙うなら登録必須の転職エージェントはコチラ!


医療事務でのキャリアプラン!キャリアアップするには?

医療事務でのキャリアプラン!キャリアアップするには?

 

医療事務業界も大きな変革期を迎えようとしています。というのも、医療業界の多くが電子カルテを導入し、レセプト業務ですら電子化しています。

 

また、AIの導入も叫ばれており、窓口業務における人員が削減される可能性が高いのです。そのような背景のもと、医療事務でのキャリアプランについてご紹介させて頂きます。

 

医療事務のキャリアプランはどんなものがある?

医療事務のキャリアプランはどんなものがある?

 

医療事務においてもAIが導入されると、これまで医療事務が診療点数早見表を確認しながら行っていたレセプト作成は、AIの学習により高速化し人間の能力を超えるでしょう。

 

また会計業務についても、多くの病院で自動会計となっており、人間による会計は縮小傾向にあります。これらの背景を考えると、医療事務業界にも確実にAIの波がやってきそうです。

 

ただ、病院の受付が全てAIやコンピューターが代替えすることはあるのでしょうか。おそらくその可能性は低いでしょう。

 

その理由としては、どんなにAIやコンピューターが優れていても、患者さんの表情を見て、お声かけをしたり、体調の悪い人を見極めて、看護師に報告するなどの緩和的なケアはAIやコンピューターには不可能だからです。

 

もし病院の受付が誰もいなくなってしまったら、ホスピタリティーが失われてしまいますよね。

 

つまり、医療事務のキャリアプランを考える上では、これまでの業務に加えて患者さんの困りごとに目を向けられるコンシェルジュのような道が残されているのです。

 

医療事務の面接でキャリアプランを聞かれた時の回答例!

医療事務の面接でキャリアプランを聞かれた時の回答例!

 

営業事務の面接でキャリアプランを聞かれた時の回答例についてご紹介します。

 

医療事務は、出産や育児などのライフイベントがあっても続けやすい仕事として非常に人気があります。それだけにキャリアプランについてもしっかり説明できるようにしましょう!

 

回答@ 医療事務の動向も踏まえてどう貢献するかをアピール

 

最近の医療事務業界について〇〇市場調査を参考にすると、将来はAI等によってレセプト作成業務が代替えとなり医療事務業界にも影響があると報告されていました。

 

しかし、私はその業務全てが代替えになる可能性は低いと考えています。その理由としては、患者さまの心情に寄り添い、ケアすることはAIにはできないからです。

 

ぜひ医療事務として就職した際は、前職の「接客業」で培った人間にしかできないきめ細やかなコミュニケーションを大切にしていきたいと考えています。

 

また、今後のAI時代を前に医療事務として、体調の悪い患者さまのケアに関われるよう「メンタルケア」に関する資格も取得したいと考えております。

 

医療事務は、病院を訪れた患者さんが最初に関わる職業で、いわば病院の顔です。だからこそ、コミュニケーション能力や患者さんの気持ちに寄り添う心が大切。

 

それらを踏まえて、キャリアアップについても含めて面接対策を考えると良いでしょう。

 

医療事務のキャリアアップに必要な考え方やスキル!

医療事務のキャリアアップに必要な考え方やスキル!

 

コミュニケーション力

 

医療事務は、コミュニケーション力が必須です。その理由は、病院を訪れた患者さんが、最初に出会うのが医療事務だからです。

 

患者さんの気持ちの寄り添い、問診票を渡したり、診察室へご案内したり、お会計を行います。

 

最近では、機械による受診受付や自動会計も増えてはいますが、やはり人間のきめ細やかなサービスは機械には再現できないものがあります。

 

今後は、AIやロボットの普及によりますます需要が増すと見込まれますので、体調の悪い患者さんの心理に寄り添えるコミュニケーション力が問われます。

 

医療事務としてコミュ二ケーションを学ぶには、「メンタルケア学術学会」「一般財団法人ヘルスケア産業推進財団」「一般財団法人生涯学習開発財団」が認定する「メンタルケア心理士」などが有利でしょう。

 

公的学会認定の資格で、臨床心理分野における心理カウンセリングや心理療法を習得できます。

 

医療や福祉分野に勤務する人だけでなく、企業や教育機関など幅広い機関にてカウンセラーとして活躍できる能力が認められています。

 

講座は、通信教育などで受けることが可能です。そのほかメンタルケアを扱う資格として、「精神保健福祉士」「産業カウンセラー」などもあります。

 

英語力

 

日本の病院にも、年々多くの外国人が受診しています。それらの現状を踏まえると、英語力を身につけておくと医療事務としてスキルアップできるでしょう。

 

「TOEIC」などにチャレンジして、ほかの医療事務と差をつけるのも良いでしょう。

 

高い専門性

 

医療事務は、無資格でも転職できる事務職の1つです。しかし、今後の医療事務はAI等の導入によりルーティンワークは代替えとなる可能性があります。

 

ですので、医療事務で働く人の中でまだ資格を保有していないという方は、まず医療事務資格にチャレンジしてみましょう。

 

「医療事務技能審査試験」「診療報酬請求事務能力認定試験」などが代表的な資格となります。

 


貿易事務でのキャリアプラン!キャリアアップするには?

貿易事務でのキャリアプラン!キャリアアップするには?

 

貿易事務は、輸出や輸入に関わる企業に勤務する事務職のことです。他の事務職と比較すると専門性は高いです。しかし、AIに代替えされる職業リストに貿易事務も掲載されています。

 

それでは、貿易事務として生き残るためには、どのようなキャリアプランがあるのかみていきましょう。

 

貿易事務のキャリアプランはどんなものがある?

貿易事務でのキャリアプラン!キャリアアップするには?

 

貿易事務として大手企業に勤務の場合、AI導入に伴い、仕事が減少するリスクがあります。

 

ですので、新たにEコマースサイトを立ち上げる企業や、ネットショップでの輸入販売を手がける中小企業では比較的ニーズがあります。

 

また、貿易事務としての業務範囲を超えて、輸入業に関するネットショップ運営スキルを学ぶと、より活躍の場が増えるでしょう。

 

英文でのネットショップの更新や、SNSの運用、さらにはWeb広告の導入など、貿易事務と平行して「Webマーケティング」を学ぶと、貴重な人材となります。

 

英語力をさらに生かしたい方は、貿易事務ではなく外資系企業にて英文事務に移行するパターンもあります。そのほかにも高い語学力を生かせる、翻訳・翻訳者を目指す方も。

 

貿易事務の面接でキャリアプランを聞かれた時の回答例!

貿易事務の面接でキャリアプランを聞かれた時の回答例!

 

貿易事務の面接でキャリアプランを聞かれても、どう答えていいのか悩みますよね。貿易事務に限らず、事務職全般ではキャリアプランを立てづらいのも事実です。

 

ここでは、貿易事務のキャリアプランで困ったときの回答例をご紹介します。ポイントは、貿易事務の分野だけにとらわれないことです。

 

回答@ 語学力を磨くだけでなく他のスキルもアピール

 

私は、前職で塾の英語教師として働いていましたが、さらに語学力を高めたいと思い御社を志望しました。転職後のキャリアアップとしては、英語だけでなく他の語学への挑戦をし、さらに活躍の幅を広げたいと考えております。

 

また、業務内容を把握した後は、御社が力を入れているネットショップの運営に携われるようマーケティングスキルも習得できるよう努めたいです。

 

貿易事務として、1年後、3年後を見据えて面接に望むと良いでしょう。

 

貿易事務のキャリアアップに必要な考え方やスキル!

貿易事務のキャリアアップに必要な考え方やスキル!

 

語学力

 

貿易事務には高い語学力が必要です。そのため入社の段階でTOEIC600点以上などの条件が指定されていることが多いです。

 

ただ、英語だけでなくニーズの高まっているビジネスレベルの中国語や、ロシア語なども習得すると、より活躍の幅が広がります。

 

ビジネス英語は自信があるけれど、さらに年収アップをしたいという方は、中国語などにもチャレンジしてみると良いですよ。

 

高い専門性

 

貿易事務として働いており、さらにキャリアアップをしたい人は「通関士」などの国家資格を取得するとさらに需要が高まるでしょう。通関士とは、税関に関する手続きを行う資格のことです。

 

通関士を取得すると、商社やメーカー、フォワーダー、海運業など幅広い業種へキャリアアップすることが可能です。

 

もちろん通関士は合格率が低く、難易度が高いためハードルは上がりますが、1つの選択肢として考えてみるのも有りです。

 


事務職の将来性はある?キャリアアップにオススメのキャリアチェンジ!

事務職の将来性はある?キャリアアップにオススメのキャリアチェンジ!

 

AI(人工知能)の進歩が著しい今、「自分がやっている仕事も将来はAIに奪われてしまうのでは?」と心配になることもあります。

 

そこでこちらでは、気になる事務職の将来性等について紹介していきます。

 

事務職の将来性は?事務職はなくなる可能性があるの?

気になる事務職の将来性

 

競争率の高いことでも知られる事務職。ですが競争率や人気が高いからといって、事務職が将来性のある仕事という風にはいえないようです。

 

事務職に限らず、いつかは多くの職業がAIに取って代わられるといわれるほど、私たちの生活に対するAIの影響力は日に日に強まっています。

 

ただ専門家は、その中でも事務職はAIの影響をとくに受けやすいと指摘しています。

 

“「出張の手続きや経費の精算、扶養手続き、確定申告といったルーチンの事務作業が、少しずつAIに取って代わられるのがいちばん現実的です。

 

どの職種でも日本の働く人の多くはそういった事務作業を自身でやっていますが、それだけを専門でやる人はいらなくなるでしょうね」”

≪出典:AERAdot.

 

事務職はますます狭き門に!だからこそ求める人材の再確認を

 

事務職がAIの影響を受けるといっても、事務職に就く人が完全にいなくなるというのはあまり現実的ではありません。

 

事務仕事のすべてをAIに任せるというのは現状ではまだ難しい部分がありますし、仮にそれが実現しても、臨機応変な対応が可能な人材は置いておく必要があります。

 

しかし、AIの導入によってこれまでは複数人必要だった事務職が1人で済むようになるといった可能性は十分考えられます。

 

事務職というのは現時点でも採用枠が少なく狭き門となっていますが、近い将来、その門がさらに狭くなってしまうおそれがあります。

 

だからこそ、事務職としての将来やキャリアプランを考えるのであれば、「求める人材」というのを再確認しておくことが大切かもしれません。

 

求める人材というのは企業ごとで差があるものですが、事務職という職種を絞ればある程度共通点が出てくるものです。

 

そんな求める人材の特徴としては、以下の様な例が挙げられます。

仕事が速く正確である
必要とされる仕事を先読みできる
コミュニケーションスキルがある
生産性をさらにアップできる工夫等を提案できる
仕事の優先順位などを速やかに判断できる力がある

など

 

また、こうした求める人材に近づきたいという方は、事務職のためのスキルアップセミナーなどに参加してみてもいいのではないでしょうか。

 

キャリアアップのためのキャリアチェンジという方法!

今後事務職の業務の一部は、AIによって置き換わると予想されています。

 

それだけに、今までのようなルーティンワークだけでは生き残れない可能性が高いです。その状況を改善するには、キャリアチェンジするのも良い方法です。

 

たとえば、一般事務であればマーケティングスキルを身につけて、マーケティング業務を担えるようにする。

 

営業事務であれば、営業職をサポートした経験を生かして、営業職へ転向する。社内の労務や教育を担当する総務・人事にキャリアチェンジするのもありでしょう。

 

今後、やってくるAI時代を前に、キャリアチェンジの決断も視野に入れてみてください。

 

キャリアチェンジを相談できる転職エージェント!

ここでは、事務職におけるキャリアチェンジをお考えの方にオススメの転職エージェントをご紹介します。

 

転職エージェントは、専任のキャリアアドバイザーがあなたの経歴・職歴をヒヤリングし、ぴったりの業種や職種を選んでくれます。

 

もちろん無料で登録できますし、履歴書や職務経歴書の添削、さらには面接日の調整など面倒なことは全て対応してくれます。

 

転職エージェントのオススメやそれぞれの特徴は以下の通りです。

人気の転職サービス 地域/紹介職種/サービスタイプ オススメスポット
type転職エージェント

関東中心
総合転職
転職エージェント

・転職した71%が年収UP
・アドバイザーが年収交渉
・事務職の転職にも強い!
・女性の転職にも強い!

転職サイトdoda

全国対応
総合転職
転職サイト・エージェント

・転職サイトとしても利用可
・営業職やIT分野に強い!
・求人数が圧倒的!

マイナビエージェント

全国対応
総合転職
転職エージェント

・20代と第二新卒に強い!
・幅広い職種、業種が揃う
・非公開求人も豊富

パソナキャリア

全国対応
総合転職
転職エージェント

・ものづくりやIT分野に強みがある!
・不採用でも企業からの評価が知れる
・80%も非公開求人が

 

さて今回は、事務職のキャリアアップを考えるうえで参考にしていただけるような情報をいろいろとまとめてきました。

 

事務職に限らず、キャリアアップのためには「転職」が大いに役立つことがあります。

 

もし転職に興味がおありなら、是非「転職エージェント」をチェックしてみてください。

 

転職エージェントによる転職支援サービスでは、転職についての相談や求人紹介はもちろん、面接対策や待遇面の交渉など、幅広いサービスを受けることができますよ。

 

※事務職は大手と中小企業で待遇、給与に大きな差が!今の職場に不満があるなら


「東京、埼玉、千葉、神奈川の正社員求人ならtype転職エージェントがオススメ!」がイメージできる画像01

>当サイトから一番登録が多い「type転職エージェント」の詳細はこちら<



↓↓↓当サイト経由で申し込みが多い人気の転職サービスとオススメポイント!↓↓↓


人気の転職サービス

地域/紹介職種/サービスタイプ

オススメポイント

type転職エージェント

関東中心

総合転職

転職エージェント

転職した人の71%が年収UP!
● アドバイザーが年収交渉!
● 履歴書や面接対策までサポート
20代の事務職の転職に強い!
女性の転職に強い!

DODA

転職サイトdoda

全国対応

総合転職

転職サイト・エージェント

面談”あり”、”なし”の選択可!
● 転職サポートが充実!
● アドバイザーの変更も可能!
● 転職業界大手!
● 転職のプロが徹底サポート

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス

関東・関西・中部

アパレル業界専門

転職エージェント

アパレル業界専門サービス!
● 10万人以上の登録ユーザー数
● 求人企業数2300社以上!
● 業界出身のコンサル多数
● デザイナーからMDまで豊富

「転職エージェント徹底比較ランキング!」がイメージ出来る画像01
このページの先頭へ戻る