Pick up news !!

事務職の残業まとめ!残業時間や残業代の平均!残業なし求人はある?

「事務職の残業まとめ!残業時間や残業代の平均!残業なし求人はある?」がイメージできる画像

 

「今の仕事が残業が多いから、次は残業が少ない仕事がしたい。事務職の場合はどうなんだろう?」などと考えている方も多いかもしれません。

 

また残業について掘り下げていくと、以下の様な疑問が出てくることもあるのではないでしょうか。

 

「事務職で残業をする場合、残業代はちゃんと出るんだろうか?」
「事務職の残業時間は、平均してどれくらい?」
「残業なしの事務職求人は見つけられる?」

 

そこで今回は、事務職と残業に関する情報をお届けしていきます。なるべく残業したくないという方は是非チェックしてみてくださいね。


事務職は残業多い?平均残業時間はどれくらい?

事務職は残業多い?平均残業時間はどれくらい?

 

ワークライフバランスの実現に向けては、やはりその仕事の残業がどれくらいあるのかも重要な要素になってきます。

 

事務職の場合、平均残業時間はどれくらいになってくるのでしょうか?

 

事務職の月平均残業時間

転職サイトdodaにて2013年9月に更新された「残業の多い職業・少ない職業は?全80業種、95職種別の残業時間調査!」。

 

その中で「残業時間が少ない職種TOP10」は、以下の様な結果になりました。

残業時間が少ない職種

※順位の横の数字が月平均残業時間

≪出典:doda

 

このように、残業時間の少なさでは「事務・アシスタント系」の職種は優秀な成績を収めています。

 

ただ、年間休日数が多い順となると、一般事務は95職種中60位、医療事務は78位というように、下から数えたほうが早いという結果になってしまっています。

 

ちなみに7位のCAE解析は年間休日数の多い順で1位と、誰もが羨むような結果となりました。

 

なお、他のサイトなどでチェックできるランキングでも、一般事務や医療事務などの事務職は残業時間の少なさで上位にくることが多いようです。

 

ですから職種全体では、そういった事務職は比較的残業時間が少ないといえます。

 

事務職の残業代はちゃんと支払われている?

「残業代なしが当たり前」という環境で働いていると、事務職の残業代についても心配になってしまうかもしれません。

 

事務職の場合、月平均残業時間が少ないことから、たとえサービス残業になったとしても収入への影響はそこまで大きくはないでしょうが、当然のことながらサービス残業は避けたいですよね。

 

ですが事務職に就いている方の中にも、やはり残業代なしという環境で働いている方はいらっしゃるようです。

 

事務職の残業代について

 

事務職の残業代について2

≪出典:YAHOO!知恵袋

 

ですが、1日最大8時間※と労働基準法で決められている労働時間を超えて時間外労働(残業)をさせる場合に残業代となる割増賃金を支払わないのは、労働基準法から見ると「違法」です。

 

※1週最大40時間/労働基準法第40条第1項に当てはまるケースは例外

 

そのように違法であるにも関わらず、残念ながら日本では当たり前のようにサービス残業が行われている現状があります。

 

ですがせっかく転職をするのであれば、多少残業があっても残業代がしっかりと支払われる企業を選びたいものですよね。


残業なしor残業代がちゃんと支払われる事務職求人はある?

残業なしor残業代がちゃんと支払われる事務職求人はある?

 

残業なしの職場は、できるだけプライベートや家庭を優先させたいという方にはとくに魅力的な存在ですよね。

 

ですが、そんな職場は果たして存在するのでしょうか?

 

「残業ほぼなし」なら比較的見つけやすい

一般事務や医療事務などの事務職は、職種全体で月平均残業時間が比較的少なめなので、「残業ほぼなし」という条件を満たす求人であれば割りと簡単に見つけていただけます。

 

転職サイトによっては「残業ほぼなし」という条件で絞り込み検索ができる場合もありますし、また「残業ほぼなし」とフリーワード検索の画面に入力することでもそういった事務職求人を見つけていただくことができます。

 

ただ「残業なし」と言い切るのは難しい部分がありますし、また残業なしと言い切っている職場でも実際に残業が発生する可能性はゼロではありません。

 

ですから残業なしにこだわらずに、残業ほぼなしという条件を上手く使って求人検索をしていくといいのではないでしょうか。

 

多少残業があっても働きやすい職場で事務職がしたい

残業代がきちんと支払われるのであれば、ひと月あたり8時間程度の残業なら構わないという方も結構いらっしゃるかもしれません。

 

残業代が満額出ればその分収入に上乗せされるわけですから、もう少し収入があると嬉しいと考えている方には多少の残業はむしろ好都合といえます。

 

そのような環境の職場を希望する方は、転職エージェントの利用をオススメします。

 

転職エージェントを利用することで、求人票には載っていない職場環境や職場の雰囲気、就業環境といった情報も知ることができます。

 

ですから気になる残業代の支払いについても、転職エージェントに聞いてみればわかるかもしれません。

 

さて今回は、事務職の残業について掘り下げた内容をお届けしてきました。

 

上記のランキングを見ると一般事務などの事務職については残業時間はそこまで心配はいらないように思えますが、当然のことながら職場によっては一般事務でも残業時間が多い場合もあります。

 

月に何十時間も残業をしたくないという方は、やはり職場選びは慎重に行うことをオススメします。

 

その職場選びのサポートをしてくれるのが、転職のプロである転職エージェントです。


「東京、埼玉、千葉、神奈川の正社員求人ならtype転職エージェントがオススメ!」がイメージできる画像01

>当サイトから一番登録が多い「type転職エージェント」の詳細はこちら<



↓↓↓当サイト経由で申し込みが多い人気の転職サービスとオススメポイント!↓↓↓


人気の転職サービス

地域/紹介職種/サービスタイプ

オススメポイント

type転職エージェント

関東中心

総合転職

転職エージェント

転職した人の71%が年収UP!
● アドバイザーが年収交渉!
● 履歴書や面接対策までサポート
20代の事務職の転職に強い!
女性の転職に強い!

DODA

転職サイトdoda

全国対応

総合転職

転職サイト・エージェント

面談”あり”、”なし”の選択可!
● 転職サポートが充実!
● アドバイザーの変更も可能!
● 転職業界大手!
● 転職のプロが徹底サポート

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス

関東・関西・中部

アパレル業界専門

転職エージェント

アパレル業界専門サービス!
● 10万人以上の登録ユーザー数
● 求人企業数2300社以上!
● 業界出身のコンサル多数
● デザイナーからMDまで豊富

「転職エージェント徹底比較ランキング!」がイメージ出来る画像01
このページの先頭へ戻る