Pick up news !!

プログラマの年収は低いの?平均月収&1000万越えは可能?

「プログラマの年収は低いの?【※平均月収&1000万越えは可能?】」がイメージ出来る画像01

 

基本的にITエンジニア業界の給与は、一般企業の営業職などに比べると高い水準にあると言われています。

 

ですが、IT業界といっても様々な職種があり、また企業規模によっての給与格差が激しい業界だとも言われている事もあり、キャリアアップを考える人も多い様です。

 

特にプログラマに関しては、IT業界の中でも”残業が多くて給与が低い”と言うイメージがある為、以下の様な疑問を持つ人も少なくありません。

 

「プログラマって年収が低いって言うけどその理由は?」
「プログラマの平均年収って他の職種より低い?今後の動向は?」
「プログラマで1000万円の年収って実現可能?」
「プログラマの適正年収や残業時間ってどれぐらい?」

 

もしかするとあなたも上記の様に、プログラマと言う職種に対して疑問を抱えて当記事をご覧頂いているのではないでしょうか?

 

そこで今回は≪プログラマの年収≫に関してまとめてみました。もし上記一つでも興味があるようでしたら、是非最後までご覧頂くと、その悩みも解決するのではないかと思います。


プログラマの年収に関するまとめ!

「プログラマの年収に関するまとめ!」がイメージ出来る画像01

 

では早速プログラマの年収や労働時間などに関して、良くある疑問や回答をまとめましたのでご参考頂ければと思います。

プログラマの年収が低い理由は?

プログラマと言えば誰でも出来る仕事ではない”専門職”の為、一般企業で働く異業種の人から”給料が高い”と思われている事もあります。

 

確かに従業員数が多い大手企業や、大きい仕事を請け負う事がメインの会社に所属するプログラマは、一般企業に比べてもかなり年収も高くなります。

 

しかし、下請けがメインの会社の場合は、何重にも請負会社を経由している事も少なくないので、会社として受ける仕事の単価も低くなってしまいます。

 

こういった理由から、技術職であるプログラマーと言えども、下請けがメインの企業に所属していると必然的に年収も低くなる傾向にあります。

 

プログラマの給料や労働時間は?

では2015年現在プログラマの給与や就業状況はどの様になっているのでしょうか?

 

今回は厚生労働省が毎年公開している『平成26年賃金構造基本統計調査』を元にまとめてみました。

 

比較項目

企業規模10人以上(中小企業)

企業規模1000人以上(大手企業)

平均年齢

32.4歳

37.2歳

勤続年数

7.4年

11.5年

所定内実労働時間数

161時間

167時間

超過実労働時間数

20時間

22時間

現金給与額

30万7千6百円

37万9千5百円

年間賞与、その他特別給与額

56万4千7百円

103万1千5百円

 

上記データを見ると、企業規模が1000人以上のいわゆる大手企業に所属するプログラマの場合、”基本給与”で月に約7万円、”年間賞与その他特別給与額(ボーナスetc)”で46万円程、中小企業で働くプログラマよりも給与が多いと言う事が分かります。

 

そう考えると同じプログラマで同じぐらいの実労働であっても、所属する企業によって年収に大きな差が出るので、キャリアアップや給料アップを狙うなら、間違いなく企業規模の大きい所への転職を狙う方が良いかと思います。

 

プログラマの過去5年間の平均年収!

前項で紹介した様に、基本的にプログラマの年収は企業規模が大きいほど高いと言う事が分かりました。

 

しかし、これからプログラマになる人や、プログラマとして他の企業への転職を考えている場合、”どれぐらいの年収が適正か?”と言う点は知っておきたい所です。

 

そこで、プログラマの過去5年間の平均年収も調査してみましたので、こちらを参考に”転職する際の年収の最低ライン”を決めても良いかと思います。

 

プログラマの年度別年収

平成26年

426万円

平成25年

436万円

平成24年

419万円

平成23年

433万円

平成22年

420万円

 

上記の様に年収は年度毎に若干の上下がありますが、基本的には月収31万円程がプログラマの平均給料と言う事が分かります。

 

もし、プログラマとして転職を考えている場合は、最低この月収31万円を上回れる様な企業を優先的に見つける方が、将来的な事を考えても良いのではないでしょうか。


プログラマで年収1000万円越えは可能?

「プログラマで年収1000万円越えは可能?」がイメージ出来る画像01

 

プログラマで1000万円の年収を越えるには?!

現実的なプログラマの給料としては、賞与など込みで400万円前後と言うのが妥当な数字だと言う事が分かりましたが、ではプログラマで年収1千万円を超える事は可能なのでしょうか?

 

こちらについては、転職サイト大手のdodaが公開している『平均年収/生涯賃金データ2014』を参考に見てみると・・・

 

「平均年収/生涯賃金データ2014」がイメージ出来る画像01

 

上記の様に、SE(システムエンジニア)とプログラマ全体でも、年収1000万円以上は0%だと言う事です。

 

ただ、これが『40代以上の年収データ』を参考にしてみると・・・

 

「平均年収/生涯賃金データ2014」がイメージ出来る画像02

 

と言う様に、全体の約3%の人が年収1000万円を超えていると言う事です。では一体どうすれば年収1000万円を超えるのでしょうか?こちらについても調査してみました。

 

年収1000万円を超えるプログラマの条件

フリーランスのプログラマとして働く
自作したツールやソフトをネットで販売する
大手企業で長く勤め、様々な仕事を兼任する

 

上記の様な働き方を実際にしたとしても、正直な所プログラマとして年収1000万円を超えるのは難しいかもしれません。

 

 

 

プログラマの年収は低いのか?について、今回は平均年収や企業格差などについて見て頂きましたがいかがだったでしょうか?

 

今回の記事をご確認頂くとプログラマの年収が低い理由や、平均年収を上回る為の転職の仕方などが少しはお分り頂けたのではないかと思います。

 

もし今現在プログラマへの転職を考えていたり、プログラマとして給与面に不満があると言う事なら、是非当記事を目安に転職の際の参考にして頂ければと思います。


「東京、埼玉、千葉、神奈川の正社員求人ならtype転職エージェントがオススメ!」がイメージできる画像01

>当サイトから一番登録が多い「type転職エージェント」の詳細はこちら<



↓↓↓当サイト経由で申し込みが多い人気の転職サービスとオススメポイント!↓↓↓


人気の転職サービス

地域/紹介職種/サービスタイプ

オススメポイント

type転職エージェント

関東中心

総合転職

転職エージェント

転職した人の71%が年収UP!
● アドバイザーが年収交渉!
● 履歴書や面接対策までサポート
20代の事務職の転職に強い!
女性の転職に強い!

DODA

転職サイトdoda

全国対応

総合転職

転職サイト・エージェント

面談”あり”、”なし”の選択可!
● 転職サポートが充実!
● アドバイザーの変更も可能!
● 転職業界大手!
● 転職のプロが徹底サポート

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス

関東・関西・中部

アパレル業界専門

転職エージェント

アパレル業界専門サービス!
● 10万人以上の登録ユーザー数
● 求人企業数2300社以上!
● 業界出身のコンサル多数
● デザイナーからMDまで豊富

「転職エージェント徹底比較ランキング!」がイメージ出来る画像01
このページの先頭へ戻る