Pick up news !!

ITエンジニアのキャリアパスって?

「ITエンジニアのキャリアパスまとめ【※理想のキャリアの築き方!】」がイメージ出来る画像01

 

キャリアパスと言えば、一般的なサラリーマンでは、

平社員 ⇒ 係長 ⇒ 課長 ⇒部長

と言うように、会社における立場を上げて行くという道がほとんどで、管理職になれるかどうかが出世に大きく左右します。

 

では、ITエンジニアのキャリアパスに関して、どういったものがあるかはご存知でしょうか?

 

エンジニアに憧れる人は、モノづくりに興味があって、あまりキャリアパスに関心がないという人も少なくありません。ですので、いざ将来の事を考える必要性がでてきたときに、キャリアパスに関して悩みを抱える人も多いようです。

 

「キャリアパスってどんなのがあるのだるか・・・」
「将来の事を考えて、自分が今できることは何だろう・・・」
「やっぱり管理ができるマネージャにならないといけないかな・・・」

 

もしかしたら今ITエンジニアとして働いている方も、これからITエンジニア業界への転職を考えている方も、上記のような悩みを持ってこの記事を読まれているかもしれませんね。

 

やはり、目先の事だけでなく将来の事を考えた行動が大切になってきますので、本記事を読み進めていただき、少しでも自分の理想に近づけるように、キャリアパスについて理解が深まれば幸いです。


ITエンジニアのキャリアパスはマネージャ?

「ITエンジニアのキャリアパスはマネージャ?」がイメージ出来る画像01

 

おそらく、ITエンジニアに興味がある方は、プログラミングが好きであっても一生プログラミングして生計を立てることが難しいので、いずれはマネージャとならなければならない、というような事を耳にしたこともあるかと思います。

 

ITエンジニアのキャリアパスは、数年前までは一般的なサラリーマンと同様管理できる能力を最終的には求められてマネージャの道をたどるのが一般的でした。

 

これまでのITエンジニアのキャリアパス

職種

役割

プログラマー

設計書に沿ってプログラムを実装する職種

システムエンジニア

顧客の要望に沿ってソフトウェア開発の設計を手がける職種

プロジェクトリーダー

開発プロジェクトの管理や開発メンバーの管理を行う職種

プロジェクトマネージャー

開発プロジェクトにおいて計画の立案と実行責任者となる職種

 

なので、プログラマーやシステムエンジニアとしてより現場に近いところでソフトウェア開発を経験したあと、マネージャになって現場を離れてソフトウェアの設計やプログラミングをする事が少なくなっていきます。

 

プログラミングが好きである上に、現場ではプログラミングができなければ開発は成り立たないにも関わらず、会社にとっては、マネージャとして大きな開発プロジェクトを請け負うことが利益に繋がるためにマネージャを優遇していました。

 

ところが、最近のソフトウェア開発の市場では、大規模且つ複雑な上に、短納期を求められており、これまで以上に現場での技術力が強く求められるようになっています。

 

その為、これまでのマネージャのみを目指すキャリアパスから変わってきています。


今求められているのは技術のスペシャリスト!

「今求められているのは技術のスペシャリスト!」がイメージ出来る画像01

 

さきほど、最近のソフトウェア開発では、現場での技術力が求められているということをお話しましたが、マネージャ以外のキャリアパスは何があるかをご説明したいと思います。

 

最終的に目指すキャリアパスとして技術力が求められるものとしては以下があげられます。

ITアーキテクト
ITスペシャリスト

 

ITアーキテクトとは?

クライアントの要望からどのようなシステムで実現できるかを検討し、多様な技術や既存製品・サービスなどを組み合わせて、最適なシステムの全体設計を担う職種です。

 

ITアーキテクトになる為に必要な事は?

プログラマやシステムエンジニアにおいて、様々な技術を経験した上で、より大きい範囲のシステムにおける全体設計の経験を積む事が必要になってきます。

 

ITスペシャリストとは?

ソフトウェア技術の専門家として、その知識や経験を活かしながら、システムの設計・構築、テスト、保守・運用までの幅広いところで、技術力を生かす職種です。

 

そのため、ITスペシャリストは、特化した技術によってさらに細分化されています。

データーベースエンジニア
ネットワークエンジニア
アプリケーションエンジニア

 

ITスペシャリストになる為に必要な事は?

様々な技術を自分のものにしていく事はもちろんですが、何かに特化したものを極める専門家のように技術を習得していく必要があります。

 

上記の様に最近ではマネージャを目指さなくても、技術やプログラミングが好きな人が更に磨きをかけることができるキャリアパスがあるので、自分が将来やりたいことを見据えて、今できる事をしっかりやっていく事が大切です。

 

 

 

ITエンジニアのキャリアパスは、これまでとは違って様々な道が用意されている事が、今回の記事でお分かり頂けたのではないかと思います。

 

ただし、どのキャリアパスが自分にあっているかと言うのは、まず”自分がやりたい事は何か?この先どうなりたいか?”を自問自答して自分自身を見据える必要があります。その上でキャリアパスを選択する時にどう判断して良いか悩む事があれば、ITエンジニアの有識者や転職エージェントなどを利用するといいかと思います。


「東京、埼玉、千葉、神奈川の正社員求人ならtype転職エージェントがオススメ!」がイメージできる画像01

>当サイトから一番登録が多い「type転職エージェント」の詳細はこちら<



↓↓↓当サイト経由で申し込みが多い人気の転職サービスとオススメポイント!↓↓↓


人気の転職サービス

地域/紹介職種/サービスタイプ

オススメポイント

type転職エージェント

関東中心

総合転職

転職エージェント

転職した人の71%が年収UP!
● アドバイザーが年収交渉!
● 履歴書や面接対策までサポート
20代の事務職の転職に強い!
女性の転職に強い!

DODA

転職サイトdoda

全国対応

総合転職

転職サイト・エージェント

面談”あり”、”なし”の選択可!
● 転職サポートが充実!
● アドバイザーの変更も可能!
● 転職業界大手!
● 転職のプロが徹底サポート

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス

関東・関西・中部

アパレル業界専門

転職エージェント

アパレル業界専門サービス!
● 10万人以上の登録ユーザー数
● 求人企業数2300社以上!
● 業界出身のコンサル多数
● デザイナーからMDまで豊富

「転職エージェント徹底比較ランキング!」がイメージ出来る画像01
このページの先頭へ戻る