Pick up news !!

35歳以上のITエンジニアの転職はなぜ管理職が求められるのか!?

「35歳以上のITエンジニアの転職【※なぜ管理職が求められるの?】」がイメージ出来る画像01

 

最近ではマイナンバーカードが話題ですが、世の中の様々な物が電子化されITエンジニアの需要はどんどん増えています。

 

ところがプログラマーの募集要項には、「応募は35歳まで」など年齢に制限があり、35歳を超えるとプログラマーの需要は多くなく、プロジェクトを管理できる管理職としての募集が目立ちます。

 

この記事をご覧になっている方の中には、「ITエンジニアとして技術を生かしたい!」、「現場で活躍したい!」と考え、以下のような疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。

 

「どうして30代後半になるとマネージャー(管理職)採用なのか?」
「プログラミングが好きでも管理職にならなければならないのか?」
「30代の転職でも生涯技術力を生かした仕事ができないのか?」

 

ITエンジニアを目指す人は、元来プログラミングに興味があり技術力を生かした仕事をしたいと思っているかと思いますが、企業側としては、年齢によって求めるものが異なる傾向にあります。

 

本記事では、”なぜ35歳以上の場合に管理職が求められるか?”を分かり易く説明し、管理職以外の選択肢を見ていきたいと思います。35歳以上の転職の際のお役に立てれば幸いです。


35歳以上の転職で管理職資質が求められる理由!

「35歳以上の転職で管理職資質が求められる理由!」がイメージ出来る画像01

 

35歳の人が大学を卒業後に入社して同じ会社にいた場合、経験年数としては15年近くとなり、会社の中の立ち位置としては中堅以上になります。

 

このような人達は、入社して最初の頃はメンバーの一人として自分の作業を行いますが、経験を重ねるにつれて、サブリーダーやリーダーとなり、他の社員や協力会社の人などをまとめていく立場となっていきます。

管理職資質が求められる理由

1.管理職不在の穴埋めとして

 

ITエンジニアは”技術はあるけど管理能力が乏しい”という人が多くいます。企業によっては、慢性的にマネージャークラスの人員が不足している所も少なくありません。

 

その為、マネージャクラスの人員不足の穴埋めとして管理職の資質がある人を求めており、中でも20代のようなまだ経験を積んでいない人よりは、30代で経験をしっかり積んで即戦力となる人を求めています。

 

2.会社への高い貢献力

 

ITエンジニアはたくさんのメンバーを抱えるチームで出来る仕事は規模も大きい分、会社としての利益も上がります。

 

そのためメンバーの一人として技術が出来る人員よりも、管理能力がありチームとして会社に貢献できる人を求めています。

 

また、部下の育成という面でも、管理職資質がある人はメンバーやその他の社員にもいい影響を与える事ができる為、会社への貢献力が高い人材として重宝されます。

 

3.環境に柔軟に適応できる

 

ITエンジニアの仕事は需要が増えていることもあって、仕事量は増えていく傾向にあります。

 

もちろん仕事量に見合った人員が確保できればいいのですが、必ずしも充分な人員が常にいるとは限りません。

 

そんな時に管理職の人は、もともと現場で作業していた人が多いため、プレイングマネージャーとして、管理しながら現場での作業をこなすことも可能です。

 

プレイングマネージャー本人はとても大変ではありますが、会社としては仕事の環境に柔軟に適応できる貴重な人材として優遇しています。


35歳以上の転職では管理職を目指すべきか?

「35歳以上の転職では管理職を目指すべきか?」がイメージ出来る画像01

 

さきほど、35歳以上の転職で管理職資質が求められる理由を見てきました。では、35歳以上の人は必ず管理職を目指すべきなのでしょうか。

管理職を目指すべきか?は本人の目指す所による。

もちろん、元々管理職を目指している人や、技術よりも管理の方が得意といった人にとっては言うまでもありません。

 

管理職の方が仕事の難易度が高いため給与は高いですし、立場が上がることによって自分でコントロールできる範囲も増えて、自分がやりたい事ができる可能性は上がるかと思います。

 

ただし、その分責任の面では、自身が抱えている組織の責任を負う事になりますし、もしうまくいかなかった場合の会社からのプレッシャーも大きくなります。

 

また、現場で技術職として活躍したいという気持ちがあるにも関わらず管理職になった場合は、やりがいを感じられないといった事もよく聞かれます。

 

やはり、自分がどうなりたいか?本当にやりたい事か?を考えて、会社が求めるものとマッチしない場合は選択しないという事も必要かと思います。


35歳以上の転職で管理職以外になるためには?

「35歳以上の転職で管理職以外になるためには?」がイメージ出来る画像01

 

ここまで、”35歳以上の転職では会社が管理職を求める理由”を見て頂き、必ずしも管理職を目指すべきではないという話をしてきました。

 

では35歳以上の転職において管理職以外で採用されるためにはどうしたらよいのでしょうか。

35歳以上の転職で管理職以外になるためには?

一つの手段として、例えば≪レバテックフリーランス ※≫といったフリーランス専門の求人を扱って、支援してくれるサイトに登録することで技術職として開発現場に参加することが可能です。

 

まずは、そこで紹介してもらった開発現場でフリーランスとして経験を積み、またその開発で主体的に動いている企業の方との人脈を築き、会社を移るといった事も可能です。

 

もちろん簡単な事ではないですが、実際にこのような方法でフリーランスから企業に移り、技術職として活躍している中年の方もいます。

 

 

 

35歳以上は管理職が求められる理由や管理職以外になる方法に関して見てきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

昔と異なり今はITエンジニアに求められる能力や働き方も多様化しているので、必ずしも管理職になる必要はないかと思います。

 

自分にあった働き方を見つける為に、フリーランスになるという事はこれからも増えて行くかもしれませんね。


「東京、埼玉、千葉、神奈川の正社員求人ならtype転職エージェントがオススメ!」がイメージできる画像01

>当サイトから一番登録が多い「type転職エージェント」の詳細はこちら<



↓↓↓当サイト経由で申し込みが多い人気の転職サービスとオススメポイント!↓↓↓


人気の転職サービス

地域/紹介職種/サービスタイプ

オススメポイント

type転職エージェント

関東中心

総合転職

転職エージェント

転職した人の71%が年収UP!
● アドバイザーが年収交渉!
● 履歴書や面接対策までサポート
20代の事務職の転職に強い!
女性の転職に強い!

DODA

転職サイトdoda

全国対応

総合転職

転職サイト・エージェント

面談”あり”、”なし”の選択可!
● 転職サポートが充実!
● アドバイザーの変更も可能!
● 転職業界大手!
● 転職のプロが徹底サポート

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス

関東・関西・中部

アパレル業界専門

転職エージェント

アパレル業界専門サービス!
● 10万人以上の登録ユーザー数
● 求人企業数2300社以上!
● 業界出身のコンサル多数
● デザイナーからMDまで豊富

「転職エージェント徹底比較ランキング!」がイメージ出来る画像01
このページの先頭へ戻る