Pick up news !!

ITエンジニアの退職理由!本音から見える失敗しない転職!

「ITエンジニアの退職理由!【※本音から見える失敗しない転職!】」がイメージ出来る画像01

 

ITエンジニアが働く企業は大手ソフトウェア会社から小さなソフトハウスまで様々な規模の会社がありますが、離職率の多い会社もあれば、多くの人が長く働いている会社も存在します。

 

離職率が多い会社というのは、やはり働いている人が働き辛い会社であり、その退職理由を知る事で自分が転職する際に役立ちます。

 

ただし、実際に会社へ伝える退職理由は建前の場合もあり、例えば前向きに表現しての「キャリアアップの為」や後ろ向きに考えてしまっての「自分には合っていない為」などありますが、本音の退職理由を知る事が大事で、そこに転職の際に気を付けておくポイントが潜んでいます。

退職理由の本音とは?

転職業界大手のリクナビNEXTがアンケートを取ってまとめた「退職理由のホンネランキング」では、

1位・・・「上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった」
2位・・・「労働時間・環境が不満だった」
3位・・・「同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった」

となっていました。

 

上記のように3つのうち2つが人間関係に対する事が退職理由になっており、好きな仕事ややりがいのある仕事であっても、”人間関係がうまくいくかどうか?”が大きなポイントとなってきます。

 

ただ、「人間関係は会社に入ってみないとわからないから・・・」とあなたも思われたかもしれませんし、確かに実際に入ってみないと本当の事はわからないですが、人間関係の良い会社に入る可能性を高める事はできます。

 

そこで、本記事では転職前にIT企業の人間関係を見抜く3つのチェックポイントをご紹介します。少しでも人間関係の良い会社に転職できる助けとなれば幸いです。


IT企業の人間関係を見抜く3つのチェックポイント!

「IT企業の人間関係を見抜く3つのチェックポイント!」がイメージ出来る画像01

 

では、IT企業の人間関係を見抜くにはどうしたらいいでしょうか?その方法として”転職の際の面接”が見抜く為の一つのタイミングになります。

 

面接では、どのような仕事をしているのか、給与面や待遇面等気になると思いますが、会社としての社員に対する扱いや社員の取り組みを確認する事で会社と社員が一体となっているかが見えてきます。

企業面接で人間関係を見抜く3つのチェックポイント

1.会社として残業を減らす取り組みをしているか?

 

ITエンジニアはどうしても残業が多くなる傾向にありますが、その残業に対して会社として減らす取り組みをしているか?を確認してみてください。

 

「リスクが高く社員への負担がある場合は仕事を受けないようにしている」、もしくは「リスクが高くても会社としてメンバーが疲弊しないようにバックアップ体制をとっている」などのように、会社としての取り組みがあれば、経営者と社員、管理者とメンバーの関係は良好な場合が多いです。

 

逆に残業を減らすように考えているが具体的な取り組みをしていない場合は要注意です。人間関係が良くないIT企業ほど、残業に関して個人任せになっており、管理者はメンバーへ、上司は部下へ仕事を振る事で他責にし他人の残業をほったらかしです。

 

そのような会社は社員同士に協力関係が築く事ができないので人間関係が良くありません。

 

2.プログラマーの能力を高く評価しているか?

 

ITエンジニアは基本的にソフトウェアを作る事で価値を提供し対価として利益を得ています。社員にプログラムを組んでいる人はどれくらいいるか?を確認してみてください

 

「管理者も含めてプログラムができる」「社員が基本的にプログラムは組んでいる」などのように社員がプログラムに関わる人間が多いほどプログラマーを大切に考えています。

 

一方「プログラマーは外注化している」「管理者はプログラムが組めない」などのようにプログラムに価値を置いていない場合は、プログラムは誰でも出来るもので、できるだけ単価を安くするという考えを持っており、プログラマーを簡単に代替可能のモノとしか見ていません。

 

ですので、管理者と社員や上司と部下に溝ができています。

 

3.社員旅行など会社の行事が毎年行われているか?

 

仕事への直接的な取組みとは違いますが、社員旅行などの会社の行事に関して、特に全社員での取り組みがあるかどうか?また、その参加率はどれくらいか?を聞いてみてください。

 

「全社員の取り組みがあり参加率が高い」という場合は会社全体の仲が良い証拠と言えます。ただし、強制参加かどうかも聞いてみる必要はあります。

 

強制参加で参加率が高い場合は逆に経営者の権力が強い可能性が高いです。上下関係に厳しく社員が立場の弱い地位にいる可能性があります。

 

また、毎年行われる行事において経営難の年でも行っていれば、苦しい時こそみんなで力を合わせたいという表れです。社員同士の繋がりが強い証拠と言えるでしょう。

 

 

 

本音の退職理由から失敗しない転職を考える為に、人間関係を見抜く3つのチェックポイントを見てきましたがいかがでしたでしょうか?

 

楽しさを共有する事は簡単ですが、辛い事や大変な事でも共有して力を合わせるという事が大切ですし、そのようなIT企業ほど人間関係は良好です。

 

企業に勤める以上は人と共に仕事をする事は避けれません。少しでも人間関係が良く協力関係にある会社を見つけ、長い期間働く事ができる転職先を見つけれる事ができるといいですね。


「東京、埼玉、千葉、神奈川の正社員求人ならtype転職エージェントがオススメ!」がイメージできる画像01

>当サイトから一番登録が多い「type転職エージェント」の詳細はこちら<



↓↓↓当サイト経由で申し込みが多い人気の転職サービスとオススメポイント!↓↓↓


人気の転職サービス

地域/紹介職種/サービスタイプ

オススメポイント

type転職エージェント

関東中心

総合転職

転職エージェント

転職した人の71%が年収UP!
● アドバイザーが年収交渉!
● 履歴書や面接対策までサポート
20代の事務職の転職に強い!
女性の転職に強い!

DODA

転職サイトdoda

全国対応

総合転職

転職サイト・エージェント

面談”あり”、”なし”の選択可!
● 転職サポートが充実!
● アドバイザーの変更も可能!
● 転職業界大手!
● 転職のプロが徹底サポート

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス

関東・関西・中部

アパレル業界専門

転職エージェント

アパレル業界専門サービス!
● 10万人以上の登録ユーザー数
● 求人企業数2300社以上!
● 業界出身のコンサル多数
● デザイナーからMDまで豊富

「転職エージェント徹底比較ランキング!」がイメージ出来る画像01
このページの先頭へ戻る