Pick up news !!

ITエンジニアが生き残る為に必要な3つの事!その条件とは?

「ITエンジニアが生き残る為に必要な3つの事!【※その条件とは?】」がイメージ出来る画像01

 

ITエンジニアの需要は年々増加する傾向にありますが、その時代によってITエンジニアに求められるモノが変わってきている為、特定のスキルだけを追いかけているととても危険です。

 

新しい技術が生まれては消えていくIT業界では、特定のスキルよりもどんな時代でも通用する普遍的な(エンジニアとして共通な)スキルを身につける方が、長い目で見るととても重要になってきます。

 

ただし、そのような普遍的なスキルは、1日ですぐに身に付ける事ができる様なものではありません。日々心がける事によって習慣化し、身に付ける事が出来るようになります。

 

本記事では、どんな時代でも生き残る為に必要な3つの事(スキル)をまとめています。

 

目的指向:何の為にそれをしているのか?
無知の知:本当にわかっているか?
問題解決力:その方法しかないのか?

 

順に詳しく説明していきますので、もし自分には足りないなと感じた方は、少しでもいいので普段から意識するよう心掛けてみてください。


生き残りの条件その1.目的指向:何の為にそれをしているのか?

「目的指向:何の為にそれをしているのか?」がイメージ出来る画像01

 

ITエンジニアの仕事をしている人に「あなたは何の為にその仕事をしているのですか?」と聞いて適切に答える事ができる人はどれくらいいるでしょうか?

 

もし、その様な問いを普段から意識していない人だと、以下の様な答えが返ってきます。

 

「上司に言われたから・・・」
「クライアント(客先)から言われたから・・・」

 

普段から「何の為にその仕事をしているのか?」という事を意識していないと、上司や会社、クライアントに振り回され、疲弊した挙句の果てに解雇させられるなんて事もあるかもしれません。

 

ITエンジニアとして活躍している人の特徴は?

ITエンジニアとして活躍している人は「何の為にするのか」という「目的指向」で仕事に取り組んでいます。

 

「何の為にするのか」という事を考える事によって、依頼されている事が明確になり、出来上がった仕事の質が高まります。

 

その結果、依頼主や関係者に喜ばれ、ますます上司や会社、クライアントから必要とされる存在になっていきます。

 

もし「目的指向」で仕事をしていないと、言われた事をやっただけになり、依頼主から「こんな事をお願いしたのではない」と一蹴され、次第に相手にされなくなるといった事になり兼ねません。

 

ですので、普段から「何の為にするのか」という問いを頭に置きながら、「目的指向」で取り組む事が大切となります。


生き残りの条件その2.無知の知:本当にわかっているか?

「無知の知:本当にわかっているか?」がイメージ出来る画像01

 

上司が部下に「これ分かってる?」と聞いて「分かっている」と即答する人に限って、説明を求めると、実は全く分かっていないという事がよくあります。

 

こういう人は、自分が「分かっていない事」に気付いておらず、多分こういう事だろうと自分の中で無理やり解釈して「分かった事」にしています。

 

出来るエンジニアの解釈の仕方は?

”実は分かっていない”という人と一緒に仕事をすると、認識の違いやコミュニケーションの問題が発生し、軌道修正するのにとても骨が折れます。

 

良く出来るエンジニアは、この様な分かったつもりになっている事が少なく、少しでも分からない事があればその場で相手に確認を取ったり、自分で調べてみたりと、分かろうとする努力を怠りません。

 

無知の知(自分が分からない事を知っている)だからこそ、理解を深める事ができ、その結果スムーズに仕事を進める事ができます。

 

ですので、普段から「本当にわかっているか?」という問いを頭に置きながら、「無知の知」を意識する事が大切です。


生き残りの条件その3.問題解決力:その方法しかないのか?

「問題解決力:その方法しかないのか?」がイメージ出来る画像01

 

ITエンジニアとして仕事をしていて、何か問題にぶつかった時に「この方法ではできないので・・」と、ある1つの手段しか選択肢がなく、解決する事ができないといった人がいます。

 

物事を手段で捉えて、ある1つの正解があると思い込んでおり、1つ目でお話した「目的指向」が出来ない人にこの様な傾向が見られます。

 

必要とされる問題解決力とは?

問題を解決する手段は1つではなく、問題を解決する為にはどんな事ができるのかを考えて、選択肢をたくさん出す事が大切です。

 

選択肢をたくさん出す事によって、その中から現状に合ったより最適な解を出す事ができます。

 

選択肢を出すためには、「問題は何か」「なぜ問題なのか」「なぜ解決する必要があるのか」といった「目的指向」で物事を捉える事が必要です。

 

これが出来れば、もし今後ITエンジニアの需要が減ってきたとしても、「生き残る為にはどうしたらいか」といった事も自分で考え、最適な解を出す事ができるようになるでしょう。

 

ですので、「目的指向」と合わせて「問題解決力」を鍛えてみるという事を普段から心がけるといいと思います。

 

 

 

ITエンジニアが生き残る為に必要な事を見てきましたが、いかがでしたでしょうか。この記事を読む前にITエンジニアが生き残る為に必要な事、と聞くと何を思い浮かべていましたか?

 

プログラミング言語やWebのような技術的なスキルやコミュニケーション能力を浮かべた方もいるかもしれませんね。そのような事も必要ではあるのですが、土台として「目的指向」「無知の知」「問題解決力」でそれらを捉える事が重要です。

 

「そのプログラミング言語は何の為にあるのか?」「今話をしている事は何か?」といった所を抑えておけば、技術的なスキルも更に生かすことができ、時代が変わっても生き残る事ができるはずです。普段から意識する事を心がけて自分のものに出来る様に取り組んで見てくださいね。


「東京、埼玉、千葉、神奈川の正社員求人ならtype転職エージェントがオススメ!」がイメージできる画像01

>当サイトから一番登録が多い「type転職エージェント」の詳細はこちら<



↓↓↓当サイト経由で申し込みが多い人気の転職サービスとオススメポイント!↓↓↓


人気の転職サービス

地域/紹介職種/サービスタイプ

オススメポイント

type転職エージェント

関東中心

総合転職

転職エージェント

転職した人の71%が年収UP!
● アドバイザーが年収交渉!
● 履歴書や面接対策までサポート
20代の事務職の転職に強い!
女性の転職に強い!

DODA

転職サイトdoda

全国対応

総合転職

転職サイト・エージェント

面談”あり”、”なし”の選択可!
● 転職サポートが充実!
● アドバイザーの変更も可能!
● 転職業界大手!
● 転職のプロが徹底サポート

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス

関東・関西・中部

アパレル業界専門

転職エージェント

アパレル業界専門サービス!
● 10万人以上の登録ユーザー数
● 求人企業数2300社以上!
● 業界出身のコンサル多数
● デザイナーからMDまで豊富

「転職エージェント徹底比較ランキング!」がイメージ出来る画像01
このページの先頭へ戻る