Pick up news !!

プログラマの残業時間の平均ってどれくらい?

「プログラマの平均残業は20時間【※残業の実態はどうなのか?!】」がイメージ出来る画像02

 

プログラマと聞くと、あまりIT業界に詳しくなくても何となく「残業が多そう・・・」と言うイメージを持つ人も少なくありません。

 

それでもプログラミングが好きで、将来的にプログラマになりたいと考える人もいれば、今現在プログラマとして働いていて、残業の多さに嫌気がさしている人もいるかもしれません。実際にプログラマの残業に関しては、以下の様な悩みや疑問を持つ人もたくさんいます。

 

「プログラマの残業時間って平均どれくらいなんだろうか・・・」
「プログラマの残業代ってちゃんと出るんだろうか・・・」
「プログラマでも残業がない仕事ってあるんだろうか・・・」
「入った会社がサービス残業が多いブラック企業だったらどうしよう・・・」

 

厚生労働省「平成24年度 賃金構造基本統計調査」によると、プログラマの超過労働(つまり残業時間)は20時間/月との結果がでています。この結果だと、月に一般的な20日勤務の場合、1日の平均残業時間は1時間です。

 

これって本当にプログラマの残業の実態を表しているのでしょうか?調べてみると仕事の内容や会社によって様々であることがわかりました。

 

当記事では、プログラマとして残業ができるだけない会社を見極める方法について説明していきます。よりよい環境でプログラマとして活躍されたい方の参考になれば幸いです。


残業のない会社とある会社の違い&残業が発生する仕組み!

残業のない会社とある会社の違い&残業が発生する仕組み!

 

今現在プログラマとして働いていて、「何故こんなに毎日残業しなければならないんだ・・・」と悩みを抱えている人もいるかと思います。そもそもなぜプログラマは残業が多いのでしょうか?

プログラマの残業はなぜ発生するか?

プログラマは、設計書に基づいてプログラミングを行い、そのテストを実施する役割を担っています。

 

基本的には計画に基づいて行われ、設計に基づいてプログラミングを行うため、開発計画通りに進んでおり、適切な設計が行われていれば残業する必要はありません。

 

ただし、開発計画通りに進んでいない、もしくは、きちんと設計されていない状態であると、プログラマへの負担が大きくなり、結果残業せざるを得ない状況となります。

 

では、残業が多い会社と少ない会社は何が違うのでしょうか?あなたが今現在働いている会社に当てはめて考えてみてください。

残業のない会社とある会社の違い

残業が多い会社は、さきほど説明したように、

開発計画通りに進んでいない
設計が適切に行われていない

上記のいずれか、又は両方が常態化している会社ということになります。

 

ソフトウェアの業界の流れとしては、

ソフトウェアを発注するクライアント

仕事を請け負う一次受け

仕事を請け負う二次受け

仕事を請け負う三次受け

と言う形で、別の会社に開発を委託することが一般的に行われるのですが、その際一次受けより二次受け、二次受けより三次受けになるほど、開発計画に”ゆとり”がなくなって行きます。

 

開発計画が逼迫(※ゆとりがない状態)するとどうなるか?

 

この流れにより、仕事が回ってくる中でのコミュニケーションエラーも多くなり、設計もろくにできない状況として開発が回ってくることになります。

 

そうなると、納期に間に合わせるためにプログラマが一生懸命作り込みを行う必要に迫られ残業が増えるということになります。

 

つまり、プログラマの残業が多い会社というのは、ソフトウェア開発を二次受け、三次受けといったように下位で仕事が回ってくる会社です。

 

一方、プログラマの残業が少ない会社というのは、ソフトウェア開発を自分達で内製している会社や一次受けとしてソフトウェア開発を行っている会社です。


残業代が出る会社と出ない会社の違いは?

残業代が出る会社と出ない会社の違いは?

 

先ほど残業が少ない会社はどういう会社か?と言うのを見てきましたが、次に、残業した時に残業代が出る会社と出ない会社の違いについても紹介させて頂きます。

残業代が出る会社と出ない会社の違い

残業代をきちんと払える会社というのは、単純に収入が安定している会社です。さきほどソフトウェアの業界では、クライアント⇒一次受け⇒二次受け⇒三次受けと仕事が委託されるという話をしましたが、下位になればなるほど開発単価は安くなるため、収入も少なくなります。

 

つまり、残業代が出る会社は、そもそもその企業経営が安定している会社で、クライアントの立場にある会社や一次受けの会社です。そのような会社は収入が多い傾向にあるため、きちんと残業代を支払う会社が多いです。

 

経営が安定していても残業代が出ない会社もある!?

ただし、落とし穴があるので注意が必要です。経営が安定していても、いわゆるブラック企業が存在し、過度なサービス残業や違法な雇用を行うことで利益を得ている会社もあります。

 

そういった会社は、プログラマやソフトウェア開発する人たちをモノとして扱い、過酷な労働を強制してきます。ブラック企業では、残業が多い上にサービス残業を強いられることが多いため、プログラマを目指す方にとって、ブラック企業は避けなければなりません。

 

ブラック企業を見分ける方法

ブラック企業を見分ける方法としてその特徴は・・・

会社の創業年収と比較して社員の平均年齢が若い
長期間勤務している女性社員が少ない

要は離職率が高い会社、社員を大切にしていない会社がブラック企業である可能性があります。

 

※尚、ブラック企業の見分け方に関しては、『ブラック企業の辞め方は?【※抜け出す為の方法3選♪】』似て詳しく紹介しているので、興味があればこちらもチェックしてみてくださいね。


残業に対して優良な会社はどこで見つければいいか?

残業に対して優良な会社はどこで見つければいいか?

 

ここまで残業時間が少ない会社、残業代がきちんと支払われる会社はどのような会社かを見てきましたが、実際にそのような会社はどこで見つければいいのでしょうか?

残業に対して優良な会社はどこで見つければいいか?

もちろん、残業に関する知識をもった上で自分で会社のHPや転職サイトの採用募集ページを見て探してもいいのですが、残業に関する判断材料が載っていなかったり、残業に関して直接会社に問い合わせしにくかったりして、なかなか難しいところもあるかと思います。

 

そんなときに有用なのが転職エージェントです。転職エージェントを利用すれば、プログラマを採用したい企業情報を豊富に持っているので、直接会社に問い合わせにくい残業に関しての自分の希望を気軽に相談することができ、適切な会社を提案してくれます。

 

いくつかある転職エージェントの中でも評判の良いものを下記に紹介しておきます。残業の少ない優良な会社を探したい方のお役に立てれば幸いです。

 

 

 

プログラマの残業に関しては、企業によってその平均残業時間や残業代に大きな違いがあります。

 

今後プログラマへの転職を考えていたり、今現在プログラマで残業が多く転職を考えている場合は、是非転職エージェントなどを利用して、ブラック企業へ転職しないようにしてくださいね。


「東京、埼玉、千葉、神奈川の正社員求人ならtype転職エージェントがオススメ!」がイメージできる画像01

>当サイトから一番登録が多い「type転職エージェント」の詳細はこちら<



↓↓↓当サイト経由で申し込みが多い人気の転職サービスとオススメポイント!↓↓↓


人気の転職サービス

地域/紹介職種/サービスタイプ

オススメポイント

type転職エージェント

関東中心

総合転職

転職エージェント

転職した人の71%が年収UP!
● アドバイザーが年収交渉!
● 履歴書や面接対策までサポート
20代の事務職の転職に強い!
女性の転職に強い!

DODA

転職サイトdoda

全国対応

総合転職

転職サイト・エージェント

面談”あり”、”なし”の選択可!
● 転職サポートが充実!
● アドバイザーの変更も可能!
● 転職業界大手!
● 転職のプロが徹底サポート

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス

関東・関西・中部

アパレル業界専門

転職エージェント

アパレル業界専門サービス!
● 10万人以上の登録ユーザー数
● 求人企業数2300社以上!
● 業界出身のコンサル多数
● デザイナーからMDまで豊富

「転職エージェント徹底比較ランキング!」がイメージ出来る画像01
このページの先頭へ戻る