Pick up news !!

年収350万円の手取り月収や差し引かれる税金について!年齢によっては転職もアリ?

年収350万は安い!?【※貰える平均年齢と転職すべき目安!】

 

日本人男性の年収では、年収300万円台と400万円台の割合が最も高くなる傾向にあります。

 

そのなかにあって「年収350万円」というのは、高すぎず安すぎずといえるかもしれません。

 

さて、そんな350万という金額に対しては以下の様な疑問が出てくることもあるのではないでしょうか。

 

「年収350万の手取り月収はどれくらい?」
「年収350万の所得税や住民税は?」
「年収350万だと住宅ローンはどんな感じ?」

 

今回は、こうした疑問を解消していただける情報をはじめとし、それに関連した情報をたっぷりとお届けしていきます。

 

気になった方は是非チェックしてみてくださいね。


年収350万円の手取り月収、住宅ローン関連まとめ!

年収350万円の手取り月収、住宅ローン関連まとめ!

 

それではさっそく、年収350万の手取り月収や住宅ローンなど、気になるお金関連の情報をチェックしていきましょう。

 

年収350万円なら手取り月収はどれぐらい?

年収350万の手取りの年収がだいたい「278万円」になります。

 

それを単純に12で割りますと、手取り月収は「約23万円」です。

 

また、ボーナスが年60万円だとした場合、手取り月収は「約18万円」となります。

 

このように、年収350万ですとボーナスありの場合は手取り月収が20万円を切る可能性があります。

 

年収350万円の税金、所得税や住民税はいくら?

あくまでも目安ではありますが、年収350万円の場合、所得税や住民税等は以下の様な金額になります。

 

  • 所得税 7万円
  • 住民税 15万円
  • 社会保険料 51万円

 

これらを一度に支払うわけではないとはいえ、こうして見るととくに社会保険料の金額はとても大きいと思えてしまいますね。

 

年収350万円で適正な車のローンの金額っていくらぐらい?

車はマイホームに次ぐ高い買い物ということもあり、ローンを利用して購入するケースも多いですよね。

 

車のローンを契約するにあたっては審査が必要となり、その際には当然年収も審査対象となります。

 

そこで気になるのが、「年収350万だと、どれくらいの金額のローンが組めるのか?」という点です。

 

よくいわれているのが、「車のローンは、多くても年収の半分以下に収めるようにする」というものです。

 

つまり単純計算で、350万円の年収であれば「最大175万円程度」のローンを組むことができます。

 

ただ、この程度の金額ですとクルマ好きとしては少し物足りない結果になってしまうかもしれません。

 

175万円程度の予算があれば軽自動車や一部コンパクトカーは問題なく買うことができますが、それ以外を望むとなると少し厳しくなってしまいます。

 

ちなみに、審査に通ることができれば、年収以上の金額のローンを組むことも可能です。

 

しかしその場合、クルマ以外の部分で我慢することが多くなったり返済計画をしっかりと立てておかないと後で返済が苦しくなったりといったことが考えられますので、そこら辺も考慮しながら計画を立てていく必要があります。

 

仮に年収と同額のローンを組むことができれば、車を選ぶ幅も広がります。

 

350万円程度の予算があれば、車種やグレードによってはSUVやセダンなども購入対象に含まれてきますね。

 

年収350万円で適正な住宅ローンの組み方や考え方は?

住宅ローンを組むうえでは、「返済負担率」を年収の何%に抑えるかが重要となります。

 

返済負担率とは、金利も含めた年間返済額の、年収に対する割合を指します。

 

この返済負担率は、年収やその他の借入状況などによってその目安が変わってくる場合もあります。

 

また、金融機関によっても返済負担率の基準が変わってきます。

 

ただ年収350万に該当する場合は、以下の様に金融機関ごとの差はないようです。

 

フラット35の場合
  • 年収・・・400万未満
  • 基準・・・30%以下

 

民間住宅ローンの場合(例)
  • 年収・・・300万円以上450万円未満
  • 基準・・・30%以下

 

これに従い返済負担率の割合を30%とした場合、年収350万であれば住宅ローンの年間返済額は最大105万円程度となります。

 

では続いて、以下の条件で借入可能額を試算してみましょう。

 

  • 返済方法・・・元利均等返済方式
  • 返済期間・・・35年間
  • 当初金利・・・0.3%
  • 年収・・・350万円
  • 返済負担率・・・30%

借入可能額・・・34,880,000円

 

返済負担率を30%に設定すると、かなりの金額を借り入れることができるようです。

 

ただ、「借りられる金額と返せる金額は違う」という考え方があります。

 

無理のない返済のためには、「住宅ローンを毎月いくらなら返していけるのか?」という視点から考えていく必要があります。

 

そのためには、まず手取り年収をしっかりと把握しておくことが大切です。

 

そこから家計収支を試算していくことで、だんだんと住宅ローンの返済に充てられそうな金額というものが見えてきます。

 

年収350万円の気になる結婚事情!共働きは必須?

上記にもあったように、年収300万円台の割合は年収400万円台と並ぶほど多いので、結婚はもちろんできます。

 

女性の場合は年収300万台の人の割合が男性に比べて少ないのが現状なのでここでは男性に限定しますが、男性のなかには「350万円の年収でプロポーズしてもいいのだろうか?」と思っている人もいるかもしれません。

 

女性によってはそれを気にする人もいますが、互いに信頼しあっている状態であればそれは結婚の妨げにはならないでしょう。

 

ただ、「妻となる人には専業主婦になってほしい」、あるいは相手の女性が「将来は専業主婦になりたい」という願望があるのなら話は別です。

 

やはり年収350万円で奥さまが専業主婦だと、節約あっての生活になってしまいますし、お金のかかる子育てにも不安が残ります。

 

また専業主婦願望がある女性のほとんどは、節約ありきの生活は望まないでしょう。

 

ですから年収350万程度であれば、基本的に結婚後は共働きとなります。

 

今の時代はまったくめずらしくないので、共働きを互いに気にする状況でなければ結婚も問題なくできるのではないでしょうか。

 

年収350万だと共働きでも子供2人は厳しい?

旦那さんの年収が350万円で奥さんも共働きというご家庭は多いでしょうが、そういった場合、世帯年収の金額によっては「子供は1人で精一杯」と思うこともあるかもしれません。

 

ですが子育てをしていくうちに「兄弟を作ってあげたい」などと感じることもありますよね。

 

実際、年収350万円程度で奥さんがパートしつつ子供を2人程度育てているというようなご家庭はたくさんあります。

 

ただ「子供を奨学金なしで大学まで行かせたい」というような場合は、世帯年収によって子供2人を育てるのは少し厳しいかもしれません。

 

ちなみに「AIUの現代子育て経済考2005」による試算結果では、出産から22年間の養育費は、子供1人あたり「約1,640万円」となっています。

 

こうしたデータを見ると「子供2人なんて無理無理!」と思う人が多そうですが、その一方で「子育てにかかるお金は何とかなる!」という考え方の人もいます。

 

これは考え方の違いなので、どちらが正しいとはいえません。

 

ただ子供が増えたことがきっかけとなり収入が増える可能性も十分あるので、一見楽観的すぎると思える後者の考え方も一理あるかもしれませんね。

 

年収350万で一人暮らしってどんな感じ?家賃はいくらくらいまで?

賞与が年60万程度とすると、月々の手取りは18万程度となります。

 

これくらいの手取り月収がある場合、家賃は6〜7万円程度を目安に抑えることが望ましいですね。

 

例えば家賃を7万円とした場合、以下の様な生活ができます。

 

家賃7万円の生活費目安

 

家賃

70,000円

食費

25,000円

光熱費

10,000円

交際費・娯楽費

   30,000円

通信費(携帯代込み)

8,000円

その他(衣類・日用品等)

10,000円

合計

153,000円

 

残りの27,000円は、貯金にまわすことができます。

 

ただ、当たり前ですがライフスタイルによって上記項目の金額がかなり変わってきますし、またかなりざっくりとした試算結果でもあるのであくまでもひとつの参考としてご覧ください。

 

例えば、自炊をほぼしない場合は一人暮らしでも食費が月40,000円以上になることもありますし、女性で基礎化粧品にお金をかけている場合はその他の部分が倍以上になってしまいます。

 

いずれにしても、手取り月収18万円程度で一人暮らしをするのであれば、好き放題お金を使えるということはありえませんので、何かしらを節約しなければならない部分が出てきます。


年収350万円の仕事と転職!

年収350万円の仕事と転職!

 

では続いて、年収350万円以上が目指せる職業や転職エージェントなどについて紹介していきます。

 

女性の割合が高い仕事で年収350万円以上が目指せそうなのは何?

数ある職業の中には、女性比率が高い職業というのもいくつかあります。

 

そのなかで、年収350万円以上が目指せそうな主な職業を以下でまとめていきます。

 

職業

平均年収

出典

保健師

529万円

厚労省各種統計調査結果

看護師

519万円

平成27年度人事院統計書

薬剤師

533万円

平成25年賃金構造基本統計調査

歯科衛生士

345万円

賃金構造基本統計調査

経理 

443万円

マイナビエージェント

小学校教員

693万円

地方公務員給与実態調査結果

MR

580万円

マイナビエージェント

医療事務 

364万円

30代/マイナビエージェント

など

 

平均年収350万円以上400万円未満の企業まとめ!

上場企業ですと、平均年収などのデータを有価証券報告書等で公表しているケースが多いです。

 

このため上場企業であればその会社の平均年収が簡単にわかります。

 

2015年の会社四季報 夏号に掲載されたデータによると、上場企業のなかで平均年収400万円未満の企業は「214社」あることがわかっています。

 

そこでこちらでは、その中から平均年収350万円以上400万円未満の主な企業を紹介していきます。

 

平均年収350万円以上400万円未満の主な企業

 

企業

平均年収

業種

堀田丸正

350万円

卸売業

きょくとう

353万円

サービス

Aiming

354万円

情報・通信

エコナックホールディングス

355万円

不動産

トミタ電機

357万円

電気機器

日本駐車場開発

358万円

不動産

アップルインターナショナル

359万円

卸売業

夢展望

362万円

小売業

はるやま商事

364万円

小売業

エービーシー・マート

372万円

小売業

旭化学工業

376万円

化学

スタジオアリス

379万円

サービス

岡山県貨物運送

381万円

陸運

日本アクア

387万円

建設

ケンコー コム

389万円

小売業

不二硝子

391万円

ガラス・土石製品

ヴィレッジヴァンガードコーポレーション

394万円

小売業

アマテイ

397万円

金属製品

日本サード・パーティ

398万円

サービス

京都きもの友禅

398万円

小売業

 

平均年収400万円以上450万円未満の企業まとめ!

では続いて、同じく2015年の会社四季報 夏号に掲載されたデータより、平均年収400万円以上450万円未満の上場企業をいくつか紹介していきます。

 

平均年収400万円以上450万円未満の上場企業

 

企業

平均年収

業種

ラオックス

400万円

小売業

オートウェーブ

402万円

小売業

ドクターシーラボ

405万円

化学

進学会

405万円

サービス

ハウスオブローゼ

406万円

小売業

アウンコンサルティング

408万円

サービス

オーミケンシ

410万円

繊維製品

児玉化学工業

412万円

化学

日本ビューホテル 

415万円

サービス

ジョイフル

416万円

小売業

ネクストウェア 

417万円

情報・通信

シード平和

418万円

建設

ジェイテック

420万円

サービス

明治機械 

422万円

機械

アルトナー

427万円

サービス

長野計器

429万円

精密機器

近鉄百貨店

431万円

小売業

日本研紙

435万円

ガラス・土石製品

佐渡汽船

437万円

海運

カヤック

440万円

情報・通信

ホリイフードサービス

442万円

小売業

ビューティ花壇

444万円

卸売業

クスリのアオキ

445万円

小売業

極楽湯

446万円

サービス

中広

447万円

サービス

 

年収アップにも◎転職エージェントの特徴・流れまとめ!

求人票では、「年収は経験・スキルを考慮して決定」というような文言をよく見かけますよね。

 

転職エージェントを利用することによってキャリアアドバイザーから推薦状を作成してもらえますが、その推薦状がそういった年収の決定に影響する可能性があるのです。

 

推薦状には、利用者との面談を通じてキャリアアドバイザーが把握した利用者の「強み」が伝わるような内容が記載されています。

 

そういった第三者の視点は採用担当者にとっても有用なので、それが年収アップの実現につながっても不思議ではありません。

 

このような特徴のある転職エージェントに登録した場合は、以下の様な流れでサービスが提供されます。

 

ステップ1.キャリアカウンセリング

 

転職活動をサポートする専門家であるキャリアアドバイザーとの面談が、転職活動の第一歩。しかも転職エージェントなら、専任担当者がついてくれます。

 

ステップ2.求人の紹介

 

希望条件や経歴、スキル、キャリアプランなどを把握し、そのうえで最適と思われる求人を紹介してくれます。また紹介する求人には、Webサイトでは閲覧できない「非公開求人」も含まれています。

 

ステップ3.応募書類作成、応募

 

転職エージェントでは、応募書類の作成についてもアドバイスしてくれます。またこの段階で、転職エージェントはあなたの推薦状を作成し、企業に提出します。

 

ステップ4.面接対策

 

面接対策や日程調整なども転職エージェントのサービスに含まれます。久しぶりの面接という場合も、これなら安心ですね。

 

ステップ5.内定、入社

 

内定を得た後も、転職エージェントのサービスは終わりません。入社日や年収などの交渉も、代行してくれます。

 

このように手厚いサービスで転職希望者を支えてくれる転職エージェント。

 

当サイトの他ページでも、type転職エージェントdodaエージェントサービスマイナビエージェントなどの転職エージェントや転職サイトについてたっぷりと紹介しています。

 

もし興味がおありなら、そちらも是非気軽にチェックしてみてくださいね。

 

年収350万と年齢、何歳くらいから転職すべき?

「平成26年 国税庁 民間給与実態統計調査」では、25〜29歳の男性の平均年収が「378万円」ということがわかっています。

 

平均値は高年収に影響を受けるので一概にはいえない部分もありますが、350万円以下の年収からの脱却を目指すのであれば、20代後半を目安にして転職活動を進めていくといいかもしれませんね。

 

もしその年齢を過ぎていたとしても、今は35歳を過ぎての転職成功事例も多く聞かれるようになってきましたので、興味があればまずは転職サイトなどをチェックして情報収集をすることが大切です。

 

さて今回は、年収350万の手取りや住宅ローン事情など、幅広い情報をお届けしてきました。

 

そのなかで何かお役立ていただける情報があれば幸いです。


「東京、埼玉、千葉、神奈川の正社員求人ならtype転職エージェントがオススメ!」がイメージできる画像01

>当サイトから一番登録が多い「type転職エージェント」の詳細はこちら<



↓↓↓当サイト経由で申し込みが多い人気の転職サービスとオススメポイント!↓↓↓


人気の転職サービス

地域/紹介職種/サービスタイプ

オススメポイント

type転職エージェント

関東中心

総合転職

転職エージェント

転職した人の71%が年収UP!
● アドバイザーが年収交渉!
● 履歴書や面接対策までサポート
20代の事務職の転職に強い!
女性の転職に強い!

DODA

転職サイトdoda

全国対応

総合転職

転職サイト・エージェント

面談”あり”、”なし”の選択可!
● 転職サポートが充実!
● アドバイザーの変更も可能!
● 転職業界大手!
● 転職のプロが徹底サポート

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス

関東・関西・中部

アパレル業界専門

転職エージェント

アパレル業界専門サービス!
● 10万人以上の登録ユーザー数
● 求人企業数2300社以上!
● 業界出身のコンサル多数
● デザイナーからMDまで豊富

「転職エージェント徹底比較ランキング!」がイメージ出来る画像01
このページの先頭へ戻る