Pick up news !!

年収400万円の手取り月収はどれぐらい?転職すべき年齢の目安とかある?

年収400万円の手取り月収は?【※400万以下は転職すべき?】

 

今、日本人の平均年収というと400万円くらいをイメージする方が多いですが、その手取り額は「一体どれくらいなのか?」というのが気になるものですよね。

 

またそれに付随して、以下の様な疑問が出てくることもあるのではないでしょうか。

 

「年収400万円の基本給はどれくらい?」
「年収400万円の所得税はいくらくらい?」
「年収400万って、結局多いの少ないの?」
「年収300万だと、転職したほうがいい?」

 

今回は、上記をはじめとしたさまざまな疑問を解消していただける情報をまとめていきます。

 

気になった方は是非ご覧になってみてくださいね。


年収400万円の給料まとめ!基本給や所得税はいくらぐらい?

年収400万円の給料まとめ!基本給や所得税はいくらぐらい?

 

こちらでは、年収400万の手取りや基本給、所得税などについて説明していきます。

 

年収400万円の場合の手取り月収ってどれぐらい?

残業手当や通勤手当など、各種手当や歩合給などを含まない賃金が「基本給」で、それらを含めた総支給額から保険料などの控除額を差し引いたものが「手取り」になります。

 

もしボーナスがない場合、年収400万の手取り月額は「27万円程度」となります。

 

一方、ボーナスを得ている場合はその手取り月額が「20万円程度」となります。

 

ちなみに、過去の経験で「基本給が手取りと同じくらいになる」という意見を述べている人もいるので、これはわかりやすい考え方といえそうですね。

 

また、面接などの際に年収を聞かれた場合は手取りではなく総支給額を答えるようにしてくださいね。

 

いずれも目安ですが、参考にしていただけるのではないでしょうか。

 

年収400万円の場合、所得税や住民税はいくらくらい?

税理士法人チェスターの「相続情報ラボ」によりますと、年収400万円の所得税、住民税※は以下のように紹介されていました。

 

※配偶者がいて、子どもがいないビジネスパーソンを前提として試算。

 

  • 所得税・・・96,900円
  • 住民税・・・201,000円
  • 年収400万の場合の税金支払い目安合計・・・297,900円

出典:相続情報ラボ

 

これらはあくまでも目安なので実際とは異なるケースがあるのですが、こうしてみると税金負担は大きいなと思ってしまいますね。

 

年収400万円って結婚はどうなの?

「年収400万は日本人の平均年収といわれるけど、まわりを見るとそれ以上稼いでいる人も結構いるような?」

 

こんな出来事があると、「年収400万での結婚ってどうなんだろう?」と心配になるかもしれません。

 

上記のように、年収400万でボーナスありだと月額の手取りが20万くらいになるので、そうなると配偶者に専業主婦になってもらうのは厳しくなります。(そういうご家庭でも配偶者が専業主婦というケースは意外とあるようです。)

 

ただ、今は共働きのご家庭も多いですし、配偶者となる人が結婚後も仕事を続けるのであれば年収400万程度での結婚も何ら問題ありません。

 

子供が産まれても大丈夫?

 

心配なのが子育てですが、世帯年収が400万円程で子どもを育てているケースも沢山あり、共働きであれば余裕を持てるケースもあるので、特に心配する必要もありません。

 

しかし、核家族化が当たり前となっている現代では、共働きによって女性側の負担が大きくなる傾向にあり、”そのあたりをどうするか?”ということも夫婦として考えていく必要がありそうです。

 

なお、子どもを大学まで行かせたい場合はその費用についても考えておかなければなりません。

 

奨学金などがあるにせよ、大学の学費は、国公立大学でも4年間で500万円程度の学費がかかるので、事前にこうしたお金のことも把握しておくといいのではないでしょうか。

 

ただ、「こういったことを気にしすぎることも少子化の要因になっているのではないか?」という指摘は無視できません。


年収400万は多い?少ない?年齢別平均給与と転職の目安!

年収400万は多い?少ない?年齢別平均給与と転職の目安!

 

「日本人の平均年収は400万円程度」という言葉が独り歩きしている感もある昨今ですが、実際のところこの「年収400万」というのは年収として多いのでしょうか?それとも少ないのでしょうか?

 

20代の平均給与、新卒と20代後半の平均給与の差は?

dodaのWebサイトでは、2016年9月〜2017年8月までの期間中、dodaエージェントサービスの新規登録者となった約29万人のデータから抽出した正社員の平均年収の詳細なデータを公開しています。

 

そのなかで、20代の平均年収に関しては以下の様な結果が出ています。

 

20代男女の平均年収

 

年齢

男女全体の平均

男性

女性

20歳

277万円

308万円

248万円

21歳

286万円

310万円

261万円

22歳

279万円

293万円

263万円

23歳

293万円

305万円

280万円

24歳

320万円

333万円

304万円

25歳

342万円

357万円

321万円

26歳

360万円

376万円

338万円

27歳

376万円

393万円

349万円

28歳

388万円

408万円

355万円

29歳

402万円

425万円

359万円

 

  • 20代の平均年収(全体)・・・346万円
  • 平均年収(男性)・・・365万円
  • 平均年収(女性)・・・319万円

出典:転職サイトdoda

 

20代全体の平均年収では400万円に届きませんでしたが、同じ20代でも20代後半の男性の平均年収はすでに400万円を超えているという結果になりました。

 

また上記データを見ると、20代前半と20代後半の差が案外大きいことがわかり、全体の平均年収だと20歳と29歳の平均年収の差は「125万円」にもなります。

 

なお、初任給の平均額は以下の様になっています。

 

男女全体の初任給の平均額

 

学歴

初任給の平均額

対前年増減率

大学院修士課程修了

22万6100円

-3.6%

大学卒

20万3400円

0.7%

高専・短大卒

17万6900円

0.7%

高校卒

16万1300円

0.2%

 

男性の初任給の平均額

 

学歴

初任給の平均額

対前年増減率

大学院修士課程修了

23万1700円

1.4%

大学卒

20万3400円

0.7%

高専・短大卒

17万9700円

1.4%

高校卒

16万3500円

0.1%

 

女性の初任給の平均額

 

学歴

初任給の平均額

対前年増減率

大学院修士課程修了

22万9700円

0.5%

大学卒

20万円

0.6%

高専・短大卒

17万5200円

0.3%

高校卒

15万7200円

0.6%

出典:ハタラクティブ

 

これから就職活動を控えている学生は、上記のデータを参考に就職先を検討してみるのも良いかもしれませんね。

 

30代、40代っていくらぐらいの年収が普通なの?

では続いて、30代、40代の平均年収について見ていきましょう。

 

上記と同じくdodaの調査によれば、30代の平均年収は以下の様な結果になりました。

 

30代男女の平均年収

 

年齢

男女全体の平均

男性

女性

30歳

416万円

440万円

372万円

31歳

430万円

456万円

381万円

32歳

445万円

475万円

383万円

33歳

452万円

482万円

389万円

34歳

459万円

492万円

388万円

35歳

468万円

502万円

390万円

36歳

475万円

513万円

393万円

37歳

483万円

520万円

401万円

38歳

485万円

527万円

393万円

39歳

501万円

545万円

396万円

 

  • 30代の平均年収(全体)・・・455万円
  • 平均年収(男性)・・・487万円
  • 平均年収(女性)・・・386万円

 

20代と同様に、一部をのぞき年齢が上になるほど平均年収が上がっていくようです。

 

また、34歳以降は平均年収の男女差が100万円以上と大きなものになっています。

 

続いて40代の平均年収は以下の様になっています。

 

40代男女の平均年収

 

年齢

男女全体の平均

男性

女性

40歳

513万円

553万円

412万円

41歳

515万円

559万円

419万円

42歳

523万円

568万円

418万円

43歳

525万円

571万円

416万円

44歳

543万円

588万円

432万円

45歳

542万円

590万円

418万円

46歳

559万円

610万円

425万円

47歳

574万円

624万円

436万円

48歳

585万円

635万円

440万円

49歳

594万円

643万円

439万円

 

  • 40代の平均年収(全体)・・・541万円
  • 平均年収(男性)・・・587万円
  • 平均年収(女性)・・・423万円

 

40代だと、女性の平均年収も各年齢で400万円という結果になっています。

 

結局年収400万て多いの少ないの?

上記データを見ると、人によっては「やっぱり年収400万は少ないんじゃないか?」と思うかもしれません。

 

ではここで、国税庁による平成28年分民間給与実態統計調査の結果を見てみましょう。

 

  • 平均年収(男性)・・・約521万円
  • 平均年収(女性)・・・約280万円
  • 平均年収(全体)・・・約422万円

 

男性からすると、「平均年収が高い」と感じやすいかもしれません。

 

ただ平均値というのはひときわ平均年収が高い職種があるとその影響を受けてしまいますので、実態に即していないケースも出てきます。

 

ここで注目したいのが「年収幅」です。

 

上記の調査結果をもとに算出された年収幅は以下の様な結果になっています。

 

  • 男性・・・400〜500万円の間
  • 女性・・・200〜300万円の間
  • 全体・・・300〜400万円の間

出典:スマダン

 

平均年収よりもこちらのデータのほうが、実態に即していると感じる人は多くなるのではないでしょうか。

 

年収300万円は少ない方?転職を考えるべき?

上記データ等を踏まえると、年収300万円は年齢や性別によってはやや年収が少ないといえます。

 

男性でも20代であれば少ないとはいえませんが、30代以降になると「年収300万円は少ない」と感じる人が増えるのではないでしょうか。

 

年収300万円で手取りをその8割とした場合、ボーナスなしとして計算すると月収の目安は「手取り20万円」となります。

 

都心部だと家賃の関係で手取り20万円だといろいろと厳しくなるかもしれませんが、地方ならまったく問題ありません。

 

また、ボーナスありの場合は手取りの目安が「月16〜17万円」になります。

 

こうなるとボーナスがないとき以外はあまり贅沢はできませんが、一人暮らしはできる金額です。

 

都心部の場合は手取り20万円でも手取り16〜17万円でも、いかにして家賃を抑えるかが重要になってきそうです。

 

いずれにしても「もう少しゆとりのある生活がしたい」「独身ならいいが結婚して子どもを育てるなら、ローンとかのこともあるしもう少し収入がほしい」などと考えている場合、年収300万というのは転職を考えるきっかけになり得る年収といえます。

 

年収400万円以上の割合ってどれぐらい?男女の違いを調査

国税庁の「平成26年民間給与実態統計調査結果」によりますと、年収400万円以上の男女の人数、割合は以下の様な結果になっています。

 

年収400万円以上の男性の人数と割合

 

男性 人数 割合

500万円台

358.2万人

12.8%

600万円台

235.6万人

8.4%

700万円台 

165.7万人

5.9%

800万円台

112.3万人

4.0%

900万円台

75.2万人 

2.7%

1,000〜1,500万円

136.4万人 

4.9%

1,500〜2,000万円

28.4万人 

1.0%

2,000〜2,500万円

8.6万人

0.3%

2,500万円超え

8.6万人 

0.4%

 

年収400万円以上の女性の人数と割合

 

女性 人数 割合

500万円台

92.0万人

4.7%

600万円台

44.8万人

2.3%

700万円台 

23.8万人

1.2%

800万円台

12.6万人

0.6%

900万円台

6.9万人 

0.4%

1,000〜1,500万円

12.0万人 

0.6%

1,500〜2,000万円

2.2万人 

0.1%

2,000〜2,500万円

0.9万人

0.0%

2,500万円超え

0.9万人 

0.0%

 

なお、年収300万円台と400万円台の男女別の人数と割合は以下の様な結果になっています。

 

男性 人数 割合

300万円台

513.8万人

18.3%

400万円台

487.8万人

17.4%

 

女性 人数 割合

300万円台

310.3万人

15.9%

400万円台

175.5万人

9.0%

 

ここまでのデータをみると男性の場合は年収300万円代の割合が一番多く、一方で女性の場合は年収100万円台の割合が26.2%とトップでした。

 


年収400万円以上の求人探しのコツとオススメサービス!

年収400万円以上の求人探しのコツとオススメサービス!

 

男性の場合は年収400万円台の人の割合も多いので、その額をひとつの目安にして転職をしたいと考えるケースも少なくありません。

 

その場合、どのような方法で求人情報を検索していけばいいのでしょうか?

 

年収400万円以上の求人探しにおすすめの転職サービスとその特徴!

転職サイトdodaでは、以下のように各種条件を設定して求人情報を検索することができます。

 

  • 職種
  • 勤務地
  • 業種
  • 雇用形態
  • 希望年収
  • こだわり条件
  • キーワード

 

希望年収に関しては下限と上限が設定できますので、より詳細な検索が可能です。

 

また、こだわり条件の他に絞り込み条件というのも設定することができ、主に以下の様な項目があります。

 

  • 週休2日制
  • 年間休日120日以上
  • 学歴不問
  • 社会人経験10年以上歓迎
  • 中途入社者50%以上
  • 女性管理職登用実績あり
  • 英語を活かす
  • 退職金制度
  • 研修制度充実

 

こういった詳細検索が可能な転職サイトdodaは、年収400万円以上の求人を探す際にはおすすめ出来ます。

 

dodaなら転職エージェントサービスも利用できる

「自分で求人検索をしてもピンとくる求人がなかなかない」「転職活動についてアドバイスがほしい」

 

こういったときにオススメなのが転職エージェントサービスです。

 

dodaエージェントサービスでは、キャリアアドバイザーと採用プロジェクト担当が利用者の転職活動をサポートしてくれます。

 

対面もしくは電話でのカウンセリングをはじめ、非公開求人を含む求人の紹介や面接のアドバイス、雇用条件等の確認など、幅広いサービスが提供されますので転職活動が初めてでも安心です。

 

doda転職エージェントはこちら

 

女性で年収400万円超えが狙える職業は?

上記にもあった国税庁の「平成26年民間給与実態統計調査結果」では、年収300万円台の女性の割合は15.9%、そして年収400万円台の女性の割合は9.0%という結果でした。

 

この結果からもわかるように、女性にとっての年収400万円の壁は男性以上に大きいといえます。

 

とはいえ以下のような職業であれば400万円以上稼ぐことも十分に可能です。

 

  • 看護師
  • 薬剤師
  • 医師
  • ファンドマネジャー
  • 金融アナリスト
  • 経営コンサルタント
  • 会計士
  • プロジェクトマネジャー
  • MR
  • 医薬品開発職
  • プリセールス
  • マーチャンダイザー
  • 広報
  • 営業企画
  • 人事
  • 税理士

など

 

中には、一般的に見て年収400万円以上が当たり前というような職業も含まれていますが、この他にもまだまだたくさんの職業で年収400万円以上が目指せます

 

さて今回は、年収400万の手取りや所得税といった給料に関わる情報から転職事情やオススメ転職サイトまで、幅広い情報をお届けしてきました。

 

現状、男性にとってはとくに気になる「年収400万の壁」。

 

年収300万円台の人も少なくないとはいえ、年収400万円台の割合も多いなら自分もそうなりたいと感じるのは自然なことです。

 

もしそこから転職に興味を持ったのなら、dodaエージェントサービスなどの転職支援サービスや転職サイトを是非チェックしてみてくださいね。

 

 


「東京、埼玉、千葉、神奈川の正社員求人ならtype転職エージェントがオススメ!」がイメージできる画像01

>当サイトから一番登録が多い「type転職エージェント」の詳細はこちら<



↓↓↓当サイト経由で申し込みが多い人気の転職サービスとオススメポイント!↓↓↓


人気の転職サービス

地域/紹介職種/サービスタイプ

オススメポイント

type転職エージェント

関東中心

総合転職

転職エージェント

転職した人の71%が年収UP!
● アドバイザーが年収交渉!
● 履歴書や面接対策までサポート
20代の事務職の転職に強い!
女性の転職に強い!

DODA

転職サイトdoda

全国対応

総合転職

転職サイト・エージェント

面談”あり”、”なし”の選択可!
● 転職サポートが充実!
● アドバイザーの変更も可能!
● 転職業界大手!
● 転職のプロが徹底サポート

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス

関東・関西・中部

アパレル業界専門

転職エージェント

アパレル業界専門サービス!
● 10万人以上の登録ユーザー数
● 求人企業数2300社以上!
● 業界出身のコンサル多数
● デザイナーからMDまで豊富

「転職エージェント徹底比較ランキング!」がイメージ出来る画像01
このページの先頭へ戻る