Pick up news !!

転職に失敗した人から学ぶ! 失敗しない為の7つのポイント!

転職に失敗した人から学ぶ!【※失敗しない為の7つのポイント!】

 

「転職に興味はあるけれど、失敗したらと思うとなかなか行動に移せない。」

 

転職に対して、このような思いを抱いている方も多いのではないでしょうか。

 

転職の機会というのはそう多くはやってこないわけですから、やはり誰しもが「失敗したくない」と思うものですよね。

 

そしてそういった場合には、以下の様な点も気になってくるかもしれません。

 

「転職に失敗した人と同じような経験はしたくない。そのためには何を意識すればいい?」
「転職に失敗しないためにはどんなことに気をつければいい?」
「転職活動は、仕事しながらのほうが失敗するリスクは少ないものなんだろうか?」

 

そこで今回は、こうした疑問を解消していただける情報を紹介していきます。

 

気になった方は是非チェックしてみてくださいね。


転職成功への近道!失敗しない為の7つのポイント!

転職成功への近道!失敗しない為の7つのポイント!

 

それではさっそく、転職に失敗しないためのヒントを探っていきましょう。

 

1.退職理由をハッキリさせておく

退職理由は、人によってさまざまです。

  • 残業が多すぎる。
  • 職場の人間関係に問題がある。
  • 給料が低い。
  • もっと他にやりたい仕事が出てきた。

 

それがどういった理由であっても、まずはそれをハッキリとさせることが大切です。

 

そうしないまま転職活動をすると、また同じような条件の会社に転職して不満を解消できないままなんてこともあります。

 

退職理由は「次はどんな職場がいいのか?」という希望条件につながってきますから、そのためにもまずは退職理由を明確にすることが大切です。

 

2.「これだけはゆずれない条件」は絶対に叶える

後悔のない転職のためには、自分にとって絶対にゆずれない条件を設定するのが効果的です。

 

  • 残業は少なめがいい。
  • 完全週休2日制がいい。
  • 有給消化率が高い会社がいい。
  • 自分がやりたかった仕事ができる。
  • 育休取得実績がある会社がいい。
  • 今よりも高い給料のところがいい。

 

などなど、転職先に求める条件はさまざまです。

 

その中で、「これだけはゆずれない」という条件を1〜3個まで決めましょう。

 

そうしたら、絶対にその条件を叶えられる転職活動をするように心がけてください。

 

「このままだと転職活動が長引いてばかりだから」と簡単に諦めてしまうと、「転職に失敗した」と感じやすくなってしまいます。

 

3.できれば叶えたい条件は、あくまでもおまけ

自分が希望する条件にすべて合致する会社というのは、なかなか存在しません。

 

ですが転職先に求める条件を考え出すと、いくつかその条件が出てくるものですよね。

 

そういった条件は「叶えられれば儲けもの」というような考え方で転職活動を進めていったほうが、視野を広く持つことができます。

 

4.逃げ出すような転職は避けるべき

劣悪な労働環境やセクハラ、パワハラなどの問題を抱えている場合は別ですが、「何だか今の会社じゃ上手くいかないな」といった気持ちからリセットを目的として逃げるように転職をするのはあまりオススメできません。

 

そういった転職では、「自分のキャリアやスペックならまず採用されるだろう」というレベルの同業他社を中心にエントリーする場合があります。

 

そして予想通り楽々と内定を得ると、そのいっときは良い気分になるものです。

 

しかし、その後はまた同様の問題を抱えてしまう可能性が高くなるので、これといった問題がないのならもう少し様子見をして転職のタイミングを探ったほうが無難です。

 

5.内定後は労働条件通知書をきちんと確認

「面接で説明されたときには、こんな労働条件じゃなかったはずじゃ…」

 

転職後にこうした現実を突きつけられると、「転職に失敗した」と思ってしまいますよね。

 

こうした問題に巻き込まれないためにも、内定後は「労働条件通知書」という書類にしっかりと目を通しておきましょう。

 

労働条件通知書には、

  • 勤務地
  • 仕事内容
  • 賃金
  • 休暇
  • 退職

といったことが明記されています。

 

この労働条件通知書に目を通していく中で「求人票の内容や面接で聞いていた話と違う」と思うことがあれば、速やかに転職先に問い合わせるようにしてください。

 

それでもその違いが正されなければ、内定辞退ももちろん可能です。

 

せっかく得た内定を辞退することなどに抵抗感があるかもしれませんが、こういったモヤモヤは後々響いてくるので、状況に応じて内定辞退も視野に入れていきましょう。

 

6.応募する企業は複数考えておこう

「この会社に入りたい」という強い気持ちを持って転職活動に臨むのは悪いことではありませんが、必ずしもその会社に入れるわけではありません。

 

本命の企業一社に絞っての転職活動だと、そこに落ちたときのダメージが大きすぎてしまいます。

 

ですから本命の企業は別として、他に応募する企業を複数考えておくことをおすすめします。そうしたほうが、転職活動の効率という面でもメリットがあります。

 

7.今の仕事を続けながら転職活動をする

一度退職をして落ち着いてから転職活動をするというのも悪くはありません。

 

人によっては、そちらのほうが転職活動をしやすい場合もあります。

 

しかし雇用保険による失業給付金は、退職してからすぐに受け取れるわけではありません。

 

自己都合退職ですと給付までに3ヶ月間の期間が開き、その間は収入ゼロということになります。

 

1ヶ月程度で転職先が決まればとくに問題がないかもしれませんが、それが2ヶ月、3ヶ月と続いていくと気持ち的にも焦ってきてしまい、「妥協」へとつながってしまいます。

 

この妥協は、転職の失敗リスクを高める要因になりますから注意が必要です。

 

その一方で、仕事を続けながらの転職活動であれば収入が途切れるということがありませんからそういった焦りを感じることもありません。

 

もちろん、働きながらの転職活動には面接日程の調整などの場面で苦労もつきものですが、「すぐに結果を出さなくてもいい」という気持ちで臨むことができるので、その苦労も案外気にならないものです。

 

こうした余裕が、企業選びなどにおける選択ミスを防いでくれます。

 

さて今回は、「転職に失敗した」と後悔しないための7つのポイントを紹介してきました。

 

その中で、ひとつでも参考になる情報があれば幸いです。


「東京、埼玉、千葉、神奈川の正社員求人ならtype転職エージェントがオススメ!」がイメージできる画像01

>当サイトから一番登録が多い「type転職エージェント」の詳細はこちら<



↓↓↓当サイト経由で申し込みが多い人気の転職サービスとオススメポイント!↓↓↓


人気の転職サービス

地域/紹介職種/サービスタイプ

オススメポイント

type転職エージェント

関東中心

総合転職

転職エージェント

転職した人の71%が年収UP!
● アドバイザーが年収交渉!
● 履歴書や面接対策までサポート
20代の事務職の転職に強い!
女性の転職に強い!

DODA

転職サイトdoda

全国対応

総合転職

転職サイト・エージェント

面談”あり”、”なし”の選択可!
● 転職サポートが充実!
● アドバイザーの変更も可能!
● 転職業界大手!
● 転職のプロが徹底サポート

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス

関東・関西・中部

アパレル業界専門

転職エージェント

アパレル業界専門サービス!
● 10万人以上の登録ユーザー数
● 求人企業数2300社以上!
● 業界出身のコンサル多数
● デザイナーからMDまで豊富

「転職エージェント徹底比較ランキング!」がイメージ出来る画像01
このページの先頭へ戻る