会社を辞めるのはいつが良い?言うタイミングと退職の流れ!

「会社を辞めるのはいつが良い?【※言うタイミングと退職の流れ!】」がイメージ出来る画像03

 

近い将来の転職を考えていても、自分の社内でのポジションや上司に伝えるタイミングなどに迷い、中々前に進めないと言う人も少なくありません。

 

実際に退職を考えていながら、言う時期やタイミングが分からずに、ズルズルと同じ会社で働き続けている人も意外に多い様です。

 

そこで今回は以下についてまとめてみました。

会社を辞める時の言うタイミングまとめ!
会社を辞める時の流れについて!
円満に退職する為にやるべき事は?

 

もし今現在退職や転職を考えていて、上記について気になるようでしたら是非参考にして頂ければと思います。

 

長年お世話になった会社、”飛ぶ鳥後を濁さず”と言う言葉もある通り、出来るだけしっかりと順序を踏んで円満に退職したい所です。


会社を辞める時の言うタイミングまとめ!

「会社を辞める時の言うタイミングまとめ!」がイメージ出来る画像01

 

転職や退職で会社を辞めると言う経験は、今の時代誰でも一度は経験するかもしれません。

 

しかし、人生の中でそれほど多くはないので実際に会社を辞めようと決意しても、「最初に誰に、どんなタイミングで言うのが良いのか?」は分からないかもしれません。

会社を辞める時は、誰にいつ言うのが良い?

会社を辞める時に最初に伝えるのは?

 

まず会社を辞めるタイミングよりも更に重要となるのが、”会社を辞める意思を最初に伝える人”に関してです。

 

普段から会社帰りに飲みに行く事が多い人で最悪なパターンが、”飲んだ勢いで同僚や後輩に言ってしまう”事です。

 

会社を辞める際には、まず最初に直属の上司に直接伝えるのが退職のマナーとなります。

 

この順序を間違ってしまい、自分から上司に伝える前に周りから伝わってしまうと言うのは、言うタイミング以前の問題になります。

 

辞める事を伝えるのはいつのタイミング?

 

会社を辞める事を伝えるタイミングに関して、一般的に良く言われる事をまとめてみました。

 直属の上司には退職の意思が固まり次第すぐに伝える
 辞める事を伝えるタイミングは出来れば3ヶ月前、遅くても2ヶ月前
 直属の上司意外に言うタイミングは直属の上司と相談する
 会社に言うタイミングは就業規則も確認し、直属の上司と相談して決める

上記の様に、基本的にはお世話になった直属の上司に最初に伝え、全て相談の上決めるのが後々面倒な事にならずに済むのでオススメです。

 

また、退職届けを出すタイミングに関しては、就業規則にもよりますが法律上は2週間前に退職届を出しても実は問題はないのです。

 

退職理由は真実を伝えるべき?

 

会社を辞めようと思った時には「退職理由は真実を伝えるべきか?」と言うのも迷う所かもしれません。

 

と言うのも中途半端な理由を伝えても”引き留め”に合う可能性がありますし、会社への不満などを伝えても辞めるまで気まずくなってしまいます。

 

実際に、本来の退職する理由として多いのが

 給料が安い、全く上がらない
 人間関係がしんどい
 仕事にやりがいがない

などのネガティブな理由なのに対し、正直に上記の理由を伝えているケースはほとんどありません。

 

ただ法律上では、退職理由に関しても”一身上の都合により”で退職出来る事になっているので、特に本当の理由を言わなくても問題はないと言われています。


会社を辞める時の流れについて!

「会社を辞める時の流れについて!」がイメージ出来る画像01

 

会社を辞める事を最初に伝える人や、「いつのタイミングで言うべきか?」についてはご理解頂けたかと思うので、ここからは実際に会社を辞める流れについて説明させて頂きます。

会社を辞める流れと準備

転職や退職を真剣に考え始めると、1日でも早く辞めたいと考えてしまう人もいます。

 

ですが、会社を辞める際にはしっかりとした準備が必要ですし、退職までのスケジューリングも上司と相談して決める必要があります。

 

基本的には以下の様な期間で準備を行い、退職に向けて着実に前に進んで行く方が円満に退職出来ます。

 

会社を辞める基本的な流れ

 

本当に退職しても良いか?転職しても後悔しないか?をもう一度考える(退職3〜4ヶ月前)

転職サイトに登録し、何となくでも転職先のイメージを持っておく(退職2.5〜3ヶ月前)

※当サイト経由で登録が多いオススメの転職サイト3選♪

type転職エージェント・・・関東のIT・WEB系、事務職、専門職に強い
doda・・・求人数日本最大級、適職診断や年収診断が人気
マイナビエージェント・・・サポート力が魅力、全国対応、老舗転職サービス


退職の意思を直属の上司に伝え、その後の退職までの流れやタイミングを相談する(退職2〜3ヶ月前)

上司に伝えた後、転職先を具体的に探しだす ※面接も受ける(退職2〜2.5ヶ月前)

上司と相談しながら、退職の意向を会社全体に報告し、引き継ぎなどを行う(退職1.5〜2ヶ月前)

退職届を直属の上司に手渡しする(退職2週間〜1ヶ月前)

退職後の公的手続きに関してを確認しておく ※年金・税金・健康保険・雇用保険(退職2週間前)

上記の様な流れで退職すると、比較的円満に会社を辞める事が出来ます。


円満に退職する為にやるべき事は?

「円満に退職する為にやるべき事は?」がイメージ出来る画像01

 

”辞めてしまえば過去の事”と考え、欠勤が続いた後に理由も手続きもせずに、そのまま会社を辞めてしまう人も中にはいます。

 

しかし、一般常識のある社会人としては、どんな会社であっても退職する際には、然るべき順序を踏んで円満に退職すべきです。

円満退職する為にすべき3つの事!

1.伝えるべき人に伝えるべき順序で!

 

円満退職する為には、最初に説明した様に”しっかりと伝えるべき人に最初に伝える”と言う事が非常に重要になります。

 

色々な不満なども溜まっているかもしれませんが、同僚や後輩などに辞める事を漏らさない様に注意し、まずは直属の上司に伝えましょう。

 

その後、会社の更に上司や社長などに伝える様にし、伝える順序を間違えない様にするのが円満退職の秘訣と言えます。

 

この順序を間違ってしまうと、全ての人から嫌な目で見られながら退職しなければならなくなる可能性もあるので、しっかりと順序は守って伝えるようにしましょう。

 

2.退職までのスケジュールをしっかり立てる!

 

前項で紹介した様に、会社を辞めたいと言う思いが強くても、退職までは余裕を持ってスケジューリングを行う必要があります。

 

辞めたいと言うのはあくまで自分の意思であり、会社の状況によっては引き継ぎをしっかりと行わないと、今後の運営に大きな支障をきたす事もあります。

 

転職先は早めに探しておく方が良いですが、”引き留め”に合う可能性もありますし、しっかりと上司と相談しながら退職までのスケジュールを立てるのも、円満退職のコツと言えます。

 

3.自分の意思をしっかりと確認!

 

最初に直属の上司に退職の意思を伝え、自分の仕事の引き継ぎもしっかりと行い、周りからも祝福されて退職しても、それが円満退職と呼べない事もあります。

 

誰でも一度は退職や転職を考えますが、実際に勢いで会社を辞めた後に、今まで勤めていた会社の良さが分かったり、新しい転職先で苦労して後悔すると言う人もたくさんいます。

 

全てにおいて円満退職をしたいと言う事なら、自分自身の気持ちを整理し、今後進んで行く道をしっかりと見据えて、行動を起こさなければいけません。

 

最終的に円満に退職し、転職を成功させるには、自分自身の意思と決意はかなり重要となるので、しっかりと退職する前に確認しておきたい所です。


会社を辞めるのに最適なのはいつ?

「会社を辞めるのに最適なのはいつ?」がイメージ出来る画像01

 

会社を辞めるのはいつが良い?良くあるタイミングは?

最後に、会社を辞めるのはいつが良いか?と言う点に関して、まとめてみましたので、こちらもご参考頂ければと思います。

ボーナスを貰ってから
逆算して引き継ぎが終わるタイミング
会社の決算が終わるタイミング
次の新卒が入ってくる前
転職先が決まり次第

実際に上記の様なタイミングや時期に辞めている人が多いようです。

 

辞めるタイミングは転職先が決まってから?

会社を辞めるタイミングに関して迷う人も多いようですが、退職して休職するか?退職して転職するか?によっても、そのタイミングは変わってきます。

 

もし転職を考えているなら、≪転職エージェント大手doda≫などでも、以下の様に記載がある通り、相談すれば”退職の流れ”や”円満退職のコツ”に関しても詳しくアドバイスしてもらえます。

 

「転職エージェントに相談すると、退職のタイミングもわかる」がイメージできる画像01

 

また一度退職して、期間を開けてからの転職を考えている場合も、面接や入社時期の調整を転職アドバイザーが行ってくれるため、利用しない手はありません。

 

退職後、転職するまでのブランク期間が開けばあくほど転職は難しくなりますので、その辺も踏まえて、退職と転職に関してはしっかりと検討したい所です。

 

 

 

会社を辞めるのはいつが良いか?と言う点や、意思を伝えるタイミングなどを今回はまとめて紹介させて頂きましたがいかがだったでしょうか?

 

ここまでをまとめると、今回紹介した様なスケジュールで退職日を設定し、自分にとっても会社にとっても都合の良いタイミングで辞めるのが、円満退職の秘訣と言えるかもしれませんね。

 


このページの先頭へ戻る