Pick up news !!

異なる職種や業種への転職!新卒から何年目で転職すべき?

「異なる職種や業種への転職!【※新卒から何年目で転職すべき?】」がイメージできる画像01

 

世の中にはさまざまな職種・業種があります。したがって「次に転職するなら違う職種や業種がいい」と考える方がいても、まったく不思議ではありません。

 

しかしそのような形で転職をするときには、以下の様な葛藤や悩みを抱えることもあるのではないでしょうか。

 

「異なる職種への転職を考えているが、正直不安もある」
「異なる業種に転職したいと友人に相談したら、良い反応がなかった」
「異業種への転職を成功させるにはどうすればいいだろうか」
「今までとは違う業種に転職するなら、第二新卒を狙うべき?」

 

今回は、こうした状況にある方に是非ご覧いただきたい情報をお伝えしていきます。


異なる職種や業種への転職!どんなタイミングでするのが理想的?

異なる職種や業種への転職!どんなタイミングでするのが理想的?

 

物事にはタイミングというものがありますが、異なる職種への転職においてはどんなタイミングが理想とされるものなのでしょうか。まずはその辺りを解説していきたいと思います。

 

第二新卒採用を狙った異業種転職

一般的に、何か違うことを始めるのは年齢が若いほうがいいという考え方があり、異なる職種や異なる業種への転職でもその考え方を当てはめる方も少なくありません。

 

確かに、新卒採用によって入社したはいいものの、「自分には合わない」と感じるのであれば、早めに転職という決断をしたほうがいいこともあります。

 

そうすれば「第二新卒採用」というルートから新たな転職先を探すこともできるため、選択肢が広まるという可能性もあります。

 

第二新卒の場合、社会人としての基礎ができているという点が評価されるので、そこを武器にして転職活動を進めることができるのです。

 

ただ企業によって第二新卒の採用に積極的かどうかはもちろん違ってきますし、即戦力となる人材のみを募集しているような企業だと、エントリーしても見込みがないとさえ言えます。

 

しかし、第二新卒として異業種への転職を目指すのであれば即戦力云々はそもそも関係のない話ですから、「第二新卒歓迎」というスタンスの企業を中心に選んでいくことでその特徴を生かした異業種転職も実現します。

 

転職が逃げ道になっていないか

新卒として採用されたばかりの頃は何かと苦労も多く、「自分にはこの仕事や職場は合っていない」という考えに陥りやすいという傾向があります。

 

おそらく新社会人の頃は、ほとんどの方が一度はそういう考えを持ったことがあるはずです。

 

ですから異業種転職がその逃げ道になってしまうようでは、また同じことの繰り返しになってしまうおそれがありますので、新社会人の頃は特に一度冷静になって考える時間を設ける必要があります。

 

基本的には「思い立ったが吉日」の考えで

ここまでは新社会人を対象とした異なる職種への転職のタイミングについて解説してきましたが、どの世代にとっても共通して言えるのが「転職の意思が固まったらすぐに転職活動を開始すべき」ということです。

 

それがあなたにとっての転職のベストタイミングになるとは限りませんが、転職活動というのは大きな決心がついたときに行わないと先延ばしを繰り返してばかりになりやすいので、それを避けるためにはやはり「思い立ったが吉日」の精神でいくことが大切なのです。

 

ただ、ある程度の年代になると転職自体が厳しくなるかもしれませんが、それでも自分の強い意志があれば異なる職種への転職活動にチャレンジすることはできます。


異なる業種への転職をする上での注意点やポイント

異なる業種への転職をする上での注意点やポイント

 

異なる業種や異なる職種への転職では、どんな部分を心がけていけばいいのでしょうか。

 

通常の転職よりもチャレンジングな異業種転職。そのポイントを知ることで成功の秘訣も見えてくるはずです。

 

情報収集を怠らないこと

通常の転職でも重要な情報収集。異業種転職ともなれば、なおさら情報収集は重要になってきます。

 

しかし例えば、現在体力的にも精神的にもハードな仕事をされており、「楽をしたいから」と異業種転職を希望している方の場合、「今よりキツい業界はないだろう」という思いがあると異業種に対する情報収集をほとんどせず安易に転職をしてしまうなんてことも考えられます。

 

そうなると失敗のリスクは高まってしまいますから、いずれにしても異業種に対する情報収集や研究はきちんと行った上で転職活動を開始することが大切です。

 

また上記のような逃げ道としての異業種転職よりも、やはりその業種への興味からの異業種転職のほうが成功しやすいと言えます。

 

したがって異業種転職が逃げ道になっていないかどうかを、一度考える必要があります。

 

採用企業が転職希望者に求めるポイントを知る

「enミドルの転職」のコンテンツである「転職コンサルタントの本音」において、“「異業種転職の実態」について”というアンケートの結果が公開されています。

 

そのアンケートの10番目の項目で、異業種転職を成功させる上では重要と思われる情報がありましたのでそれを以下で紹介いたします。

 

異業種からの転職者に対して、「採用企業が期待するもの」を教えてください。

  • 慣習にとらわれない柔軟な思考…39%
  • 経験業種での専門知識・専門スキル…39%
  • 新しい環境下でも主体的に動ける行動力…39%
  • 異なる視点からのアイデア創出力…33%
  • 経験業種でのスキル・ノウハウの転職先企業への汎用化…31%
  • 新しい知識やスキルを獲得しようとする姿勢…29%
  • 異なる背景を持つ方とのコミュニケーション力…25%
  • 新しい業務・商習慣などへの適応力…21%
  • 経験業種での人脈…16%
  • グローバル展開への対応…9%
  • その他…4%

 

こうした結果を参考にしながら、自分が異業種転職をするとすればどのような部分を強みとして押し出していけるのかということを考えていくことが、異業種転職を行う上では重要になってくるはずです。

 

さて今回は、異なる職種や異なる業種への転職をテーマに情報をお届けしてきましたがいかがでしたでしょうか。

 

もしかしたら、こうした情報をチェックしてかえって不安が高まってしまったという方もいらっしゃるかもしれません。

 

ですがそういった方でも、「転職エージェント」をご利用いただければ安心できるはずです。

 

転職エージェントに在籍する経験豊富な転職コンサルタントが、充実のサービスを提供してくれますよ。


「東京、埼玉、千葉、神奈川の正社員求人ならtype転職エージェントがオススメ!」がイメージできる画像01

>当サイトから一番登録が多い「type転職エージェント」の詳細はこちら<



↓↓↓当サイト経由で申し込みが多い人気の転職サービスとオススメポイント!↓↓↓


人気の転職サービス

地域/紹介職種/サービスタイプ

オススメポイント

type転職エージェント

関東中心

総合転職

転職エージェント

転職した人の71%が年収UP!
● アドバイザーが年収交渉!
● 履歴書や面接対策までサポート
20代の事務職の転職に強い!
女性の転職に強い!

DODA

転職サイトdoda

全国対応

総合転職

転職サイト・エージェント

面談”あり”、”なし”の選択可!
● 転職サポートが充実!
● アドバイザーの変更も可能!
● 転職業界大手!
● 転職のプロが徹底サポート

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス

関東・関西・中部

アパレル業界専門

転職エージェント

アパレル業界専門サービス!
● 10万人以上の登録ユーザー数
● 求人企業数2300社以上!
● 業界出身のコンサル多数
● デザイナーからMDまで豊富

「転職エージェント徹底比較ランキング!」がイメージ出来る画像01
このページの先頭へ戻る