Pick up news !!

転職活動の準備や進め方!上手く進まない場合の対処法!

転職活動の準備や進め方!上手く進まない場合の対処法!

 

どうしても今の仕事を離れて転職したいという強い思いがあれば、転職活動にも積極的に迅速に取り組むことができるでしょうが、その一方でそこまで強い思いがなくても転職をしたいと感じることもありますよね。

 

そんな状態だと、以下の様な悩みを抱えることも多くなるかもしれません。

 

「転職活動はどれくらいの期間がかかるのかな」
「転職活動を始めたけど、どんな準備をしたらいいのだろう」
「転職活動は仕事しながらと辞めてからどっちがいいのかな」
「転職活動の進め方がよくわからない。何から手をつけたらいいのだろう」

 

もしこのような悩みをお持ちであれば、今回の情報はきっと役に立つのではないでしょうか。


転職活動の期間の目安!内定や入社までどれくらい?

転職活動の期間の目安!内定や入社までどれくらい?

 

転職活動は、どのくらいの期間を設けたら良いのか不安だらけですよね。特に初めて転職を考えている人にとっては気になります。

 

ここでは、転職活動における期間の目安について詳しくご紹介します!

 

転職活動は平均どれくらいの期間がかかるの?

転職活動にかかる期間ですが、「希望条件」や「希望職種」、「転職時期」、「在職中に転職するのか」、「退職後に転職するのか」でも大きく異なります。

 

一般的には、「3〜6ヶ月」と言われています。希望職種がなかなか見つからない場合や、在職中で、すぐに辞められない場合は、どうしても長引いてしまいます。

 

在職中で、転職活動を進めたい場合には、転職期間を逆算して進めるのが良いでしょう。

 

年代別(20代・30代・40代)の転職活動期間の目安!

ここでは、年代別の転職活動時期の目安についてみていきます。年代によってどのように転職時期が変動するのか把握し、自身の転職活動に役立ててください。

 

20代の転職活動時期の目安

 

20代での転職というと、大学を卒業して新入社員で会社に就職、そして1年間働くことを想定しても、25歳以降の転職となります。この場合、第二新卒のタイミングと合致しますよね。

 

第二新卒のタイミングでの転職は、昨今人手不足であること、年齢が若いことも合間って転職時期に関しては、1〜3ヶ月で決まる場合が多いです。

 

この年代は、在職中であっても重要な役職につく前の時期であることが多いため、比較的スムーズに現在の会社を退職できる傾向にあります。

 

30代の転職活動時期の目安

 

30代の転職時期に関しても、20代よりは転職に時間がかかることが想定されますが、3〜4ヶ月までの間に決まる場合が多いです。

 

ただ、20代と比較をすると30代では役職についている方も多いですから、引き継ぎ等で時間を要します。

 

また、30代で未経験の業種への転職となると、即戦力が期待できないために、転職先がなかなか決まらないということも想定できます。

 

転職者それぞれで事情が異なると思いますので、3〜4ヶ月はあくまで目安として考えてみてください。

 

40代の転職活動時期の目安

 

40代の転職活動は、ミドルということもあり、いかにキャリアを生かせるかが重要です。40代となると、管理職につく方が多いため、転職もそれなりのポジションを望む方が多いのも事実。

 

キャリアを十分に生かせる転職活動が行えれば、4ヶ月前後で転職活動が終了する場合もありますが、転職する業種や職種によっては半年以上かかる場合も珍しくありません。


転職活動の進め方!転職サイトやエージェントを利用した場合の違いは?

転職活動の進め方!転職サイトやエージェントを利用した場合の違いは?

 

ここでは、転職活動の進め方について、転職サイトやエージェントを利用した場合の違いを解説します。ぜひ、一般的な転職活動の進め方と比較して、自分に合った転職活動の進め方を選んでみてください。

 

一般的な転職活動の進め方と流れ!

ここでは、一般的な転職活動の進め方として、転職サイトやエージェントを利用しない場合の流れや進め方を解説します。

 

一般的な転職活動の流れは以下の通りです。

一般的な転職活動の流れ

≪参考元:転職活動にはどのくらいの期間がかかる?ケース別・転職活動スケジュール

 

一般的には、「転職準備」としてスキルの棚卸しや、自己分析を行います。自分には、どのようなスキルや特技があるのかを徹底的に分析するのです。

 

そして、次に転職先の企業の「情報収集」をします。どのような特色の企業なのか、どんな人材を必要としているのか、自分とその企業との相性などです。

 

これらの段階が終了したら履歴書や職務経歴書などの「書類作成」に入ります。ここまでの期間で約2週間と認識しましょう。

 

次に、「求人応募」や「面接」に進みます。面接に関しても、一次面接や二次面接、三次面接と応募する企業によって期間も異なります。ここまでの期間で、約2ヶ月と想定しましょう。

 

最後に、「内定」の判定や「退職手続」に移行します。管理職や役職につく方ほど、退職手続きに移行するまでの期間を要します。スムーズに進んだ場合で、約1ヶ月と認識しましょう。

 

転職サイトやエージェントを使用した手順!

続いて、転職サイトやエージェントを使用した場合の流れと手順についてご説明します。基本的には転職エージェントの場合は、転職者のサポート期間は『約3ヶ月』と言われています。

 

もちろん各転職エージェントによって、サポート期間は異なるため、詳細はお使いのエージェトに相談してみてください。

 

それでは、転職エージェント「パソナキャリア」の転職支援サービスの流れを参照して、詳しく見ていきましょう!

 

ご登録

 

ご登録

 

転職エージェントの公式ページにて、転職者のプロフィールを登録します。どの転職エージェントも登録は数分で完了しますし、無料で利用できます。

 

キャリアカウンセリング

 

キャリアカウンセリング

 

転職エージェントに登録をすると、登録者に1週間前後でキャリアアドバイザーから電話やメールで連絡がきます。そして、転職希望者のこれまでの経験や、今後の転職先への要望の詳細をヒヤリングします。

 

状況によっては、このタイミングで転職希望者とキャリアアドバイザーの面談が設けられる場合もあります。

 

ポイント!

登録からキャリアアドバイザーにヒヤリングまでは約1週間

 

キャリアアドバイザーによる転職情報提供

 

キャリアアドバイザーによる転職情報提供

 

転職希望者からヒヤリングした情報をもとに、あなたに合った求人情報を提供してくれます。

 

各転職エージェントは、独自に非公開求人を保有しており、登録者にしか提供されない独占求人も紹介してくれます。

 

ポイント!

キャリアアドバイザーのヒヤリングから求人情報提供までは約1週間
求人情報提供は随時案内してくれる

 

企業への推薦を行う

 

企業への推薦を行う

キャリアアドバイザーから紹介してもらった求人の中で、興味のある求人があった場合には、キャリアアドバイザーから企業に対して推薦を実施します。

 

このタイミングで、各企業への職務経歴書の書き方や、面接対策も行ってくれます。また、面接日調整なども全て転職エージェントが行ってくれますので、安心して転職活動ができます。

 

ポイント!

求人情報の提供から企業への推薦までは、約2ヶ月となります。

 

面接・内定・入社へ

 

面接・内定・入社へ

 

面接日程も転職エージェントが調整してくれますので、働きながらでも安心して転職活動ができます。そのほかにも、転職エージェントはあなたに代わって年収交渉をしてくれます。

 

面接、内定、入社までの期間は、およそ1ヶ月となります。

 

年齢や希望する業種、職種によっては、なかなか面接に辿りつかない場合もあるため、この期間に1ヶ月は設けておいた方が良いでしょう。

 

ポイント!

面接日程の調整から、面接、内定、入社までは約1ヶ月と認識しておきましょう。


転職活動の事前準備!成功を左右する準備は?

転職活動の事前準備!成功を左右する準備は?

 

ここからは、転職活動で準備するものや、準備期間はどのくらいにしたら良いのかをご紹介させて頂きます。

 

転職活動で準備するものは?

転職活動で準備するものは?

 

転職活動で準備するものというと、「履歴書」や「職務経歴書」が浮かぶと思いますが、もっとも重要なものは下記の3点です。

 

転職する目的
スキルの棚卸し
将来のキャリアプラン

 

なぜこれら3点が必要となるのかをご紹介させて頂きます。

 

転職する目的

 

あなたは、転職する目的を決めていますか?もし「お給料が高いから」、「残業が少ないから」、「通勤距離が短いから」という理由だけで転職しようと考えているのなら、少し立ちどまる必要があります。

 

というのもなんとなく条件が良いからという理由で転職しようとすると、あなたの転職の目的が曖昧になり、面接に辿りつけたとしても、必ず転職先に見破られます。

 

たとえば、「エンジニアはお給料も良いから」となんとなく転職先を見つけている人と、エンジニア養成講座を受講して、エンジニアのスキルを磨こうと考えている人では、まるで目的意識が異なります。

 

目的を明確に設定しましょう。「お給料が良いから転職する」のではなく、「お給料をあげるためのスキルを磨くため」に転職するのでは、明確さに違いがあります。

 

スキルの棚卸し

 

転職をする前に重要な準備として「スキルの棚卸し」があります。スキルの棚卸しとは、今の自分にはどのようなスキルがあって、どんなことを得意としているかです。

 

たとえば、前職で営業職として働いていたのであれば、コミュニケーションスキルや接客に関しては他の職種よりも秀でていますよね。

 

自分のスキルを理解せずに、面接に辿りついたとしても、転職先の会社にどんな貢献ができるのかを発言できず必ずつまずきます。

 

まずは、紙でもパソコンでも良いので自分が得意とするスキルや分野について、全て書き出してみましょう。そうすることで、自分の適正が見えてきます。

 

将来のキャリアプラン

 

スキルの棚卸しと同様に、将来のキャリアプランについてもしっかり考えておく必要があります。

 

というのも、転職先ではどのようなキャリアを歩みたいのかを明確にしておくことで、やる気にもつながりますし、自己成長にもつながります。

 

将来のキャリアプランが明確でないまま転職したとしても、なんとなく会社で過ごしてしまう、上司や部下との人間関係でつまずいてすぐに辞めてしまう場合もあります。

 

キャリアプランが明確であれば、たとえば1年間頑張ってスキルを身につけて、独立しようなど、より幅広い選択肢が視野に入りますよね。

 

自分が将来歩みたいキャリアを想像して、実りのある転職活動をしていきましょう。

 

転職活動の準備期間はどれくらい?

転職活動の準備期間はどれくらい?

 

転職活動の準備期間って気になりますよね?

 

多くの場合転職活動にかける時間は、「一般的な転職活動の進め方と流れ!」の章でご説明した通り、3ヶ月が目安です。となると、転職活動の準備期間はどのくらいに設定したら良いのでしょうか。

 

あくまでも目安ですが、転職活動の準備期間は約2週間と言われています。この2週間のうちに、「応募企業の選定」や「自己分析」を行うようにしましょう。

 

転職活動において、もっとも重要になる部分だけに手を抜かずに、スキルの棚卸しや自分のスキルを活かせる企業の選定を実施してください。


転職活動は在職中と辞めてからのどっちが成功しやすい?

転職活動は在職中と辞めてからのどっちが成功しやすい?

 

転職活動は、「在職中に行う人」と「退職してから行う人」の2パターンに分かれますよね。となると、どちらが成功しやすいか気になります。下記のグラフをご覧ください。

 

転職活動にはどれくらいの期間がかかる?ケース別・転職活動スケジュール

≪参考元:転職活動にはどれくらいの期間がかかる?ケース別・転職活動スケジュール|リクナビ NEXT

 

こちらのグラフは、大手転職サイトである「リクナビNEXT」が転職成功者1000人に行ったアンケート調査です。

 

こちらのアンケート調査によると、「会社に在職しながら転職活動を行った」という割合は、全体の63%にのぼります。

 

「会社を退職してから転職活動をした」という人の割合は、34%です。

 

つまり、在職中に転職活動する人の割合が高いことがわかります。では、在職中と辞めてからの転職活動の進め方には、どのような違いがあるのか見ていきましょう。

 

在職中の転職活動の進め方!

在職中の転職活動の進め方!

 

ここでは、在職中の転職活動の進め方についてお届けします。在職中の転職活動は、現在お勤めの会社の就業時間外に行う必要があります。

 

つまり、退職してから転職活動するよりも転職活動に割ける時間が少なくなります。

 

主に休暇を利用して、自己分析から転職する会社の選定、面接のスケジュールを組まなくてはいけません。以下のことに気をつけて転職活動を進めましょう。

 

@転職準備期間は3ヶ月に設定する

 

在職中に転職活動を行う場合、休暇を利用して進める形になりますので、余裕をもって転職準備期間は3ヶ月に設定しましょう。

 

たとえば、現在お勤めの会社のボーナス時期に合わせて、その3ヶ月前から転職準備を行うのも良い方法です。

 

A最初の2週間はスキルの棚卸しからスタート

 

転職準備期間を設定したら、最初の2週間は、自分のスキルの棚卸し、転職の目的、得意分野を徹底的に書き出します。

 

そして、自分のスキルにあった応募企業を5〜10社ほど選定しましょう。休暇を利用して、まずはスキルの棚卸しからスタートしてください。

 

B2ヶ月を目安に求人応募と面接を行う

 

スキルの棚卸しや応募したい会社が決まったら、求人応募に移行します。履歴書や職務経歴を書き、提出しましょう。

 

在職中にもっとも難しいのが、面接日程の調整です。平日に面接日が決まる場合もありますから、現在のお仕事の合間を縫って有給を消化したり、休日に面接日を調整してもらい決定します。

 

無理に仕事終わりに面接日を設定すると、焦りなどから良い面接にならない場合もありますので、休日や有給で対応する方が良いでしょう。

 

C退職のスケジュールを決める

 

約2ヶ月に渡り、求人応募と面接を終えて、見事内定が決まった場合には現在お勤め先の退職スケジュールを組まなくてはいけません。

 

事前にお勤めの会社の就業規則を確認する必要があります。多くの場合は、2週間〜1ヶ月前に退職を申し出る必要があります。

 

会社を辞めてからの転職活動の進め方!

会社を辞めてからの転職活動の進め方!

 

割合としては、在職中に転職活動をする方が多いですが、中には会社を辞めてから転職活動をする方も、いらっしゃいます。その場合の進め方についてポイントをご紹介します。

 

転職活動の進め方は一緒

 

基本的に、在職中も会社を辞めてからの転職活動も、その進め方は一緒です。つまり、自己分析からスキルの棚卸し、転職企業の選定、応募・面接、内定と進みます。

 

3ヶ月分の生活費を用意する

 

会社を勢いで辞めてしまい転職活動をする方も多いと思いますが、できるだけ転職活動のリスクを把握しておきましょう。

 

退職後に転職活動をすると、すぐに転職先が決まる場合は良いのですが、業種や職種によっては、なかなか決まらない場合もあります。そのような場合に備えて、3ヶ月分の生活費を用意してください。

 

貯蓄がどんどん削られていく中では、次の転職の冷静な判断ができないですし、焦って転職先を決めてしまうかもしれません。また、家族がいる場合には、家計にも大きな影響を与えます。

 

貯蓄が削られてしまわないように転職活動の平均期間である3ヶ月分の生活費を貯めておきましょう。

 

ただ、場合によっては転職活動が長期化する場合もありますので、できるだけ在職中に転職活動をすることをオススメします。

 

空白の期間の回答も用意する

 

会社を辞めてから、転職活動を順調に進めて面接に辿りついたとします。すると、多くの場合面接官から前職の退職後に生じる空白の期間について質問されることがあります。

 

この空白の期間が長引けば長引くほど、転職には不利になります。ただ、空白の期間を転職に生かすための方法も存在します。

 

それは、転職準備期間に何をしていたかを明言することです。

 

たとえば、「スキル向上のための講座を受講していた」や「転職に生かすための資格に合格した」など正当な理由を述べれば、あなたの印象もアップします。

 

いかに空白の期間に漠然と過ごさないようにするかが重要でしょう。


転職活動が進まない!やる気が出ないのはナゼ?原因と対処法を徹底解説!

転職活動が進まない!やる気が出ないのはナゼ?原因と対処法を徹底解説!

 

転職活動をしたい気持ちはあるけれど、「また今度でいいや」と先延ばしになる…なんてことはよくありますよね。

 

ではなぜそのような状態になってしまうのでしょうか。こちらではその原因と対処法について解説してきます。

 

ケース1:我慢して働き続けた方がいいと思ってしまう

原因1「転職をすることで今よりも雇用条件などが悪化するのではないかという不安」

 

転職理由として給与や待遇の悪さ、人間関係のこじれを挙げる方は多いです。

 

そのような理由で転職をするからには、当然次の職場には今よりも雇用条件が良いこと、そして人間関係にも恵まれていることを希望するものですが、特に後者の場合は転職してみないと本当のところはわからないという部分もあります。

 

そういうことばかり考えていると、「このまま我慢して働き続けたほうがいいのかもしれない」という思いにつながるため、なかなか転職活動の最初の一歩を踏み出すことができないのです。

 

対処法1「雇用条件については思い切って聞く」

 

雇用条件への不安がある方は、面接の段階で思い切って質問をしてみてください。

 

雇用条件の質問をすることは決して悪いことではありません。むしろそういった姿勢が評価されることもあるくらいです。

 

ただ注意してほしいのは「自信なさげな態度で質問しない」ということです。

 

面接官によってはそういう態度をマイナスと捉えるため、自信を持って雇用条件について聞くことが大切です。

 

そして人間関係についてですが、これは正直なところ賭け的な要素も強くなります。

 

いくら転職エージェントが企業訪問をして職場の雰囲気などをリサーチしたとしても、実際にそこで働いてみるまでは周囲の人間の詳細な人柄まではわからないものです。

 

ですから人間関係についてはあまり気にせず「もしダメでもまた次がある」というくらいの気持ちで転職活動に取り組んでいったほうが何事もスムーズです。

 

ケース2:努力しても無駄になるのではと考えてしまう

原因2「努力がムダになってしまうかもしれないという気持ち」

 

転職活動をしていく中で何度も面接を受けているのに、採用という結果がついてこないというケースもあります。

 

このご時世ですから、転職活動でつまずきを感じる方も少なくありません。

 

そういった努力がムダになることへの恐怖感や諦めが強いと、それが原因で転職活動を前に進めることができないこともあります。

 

対処法2「早く結果を出そうとしないこと」

 

当然、すんなりと転職先が決まるのに越したことはありません。何度も面接を受けるのは面倒ですし、不採用という結果にはやはり多少なりともショックを受けるものです。

 

しかし、転職活動を長期戦として捉えれば、面接でなかなか良い結果がでなくてもそこまで焦らずに済みます。

 

また「すぐに結果が出ないのは自分ばかりではない」と思うことも、気持ちを前向きに、そして転職活動へのやる気を維持するためには重要なことです。

 

ケース3:求人検索しても良いところが見つからない

原因3「自分が何を転職先に求めているのかを決めきれていない」

 

転職先に求める具体的な条件が定まらないまま、何となく転職活動を進めているなんてケースもあるはずです。

 

そういった場合、求人検索をしてもなかなかピンとくるものがなく、ただ時間だけが過ぎていくというような状態に陥ることもあります。

 

対処法3「転職先に求める具体的な条件を決める」

 

こうした場合の対処法としては、まず「自分がどんな職場に転職したいのか」ということを具体的に考えてみる必要があります。

 

そして転職先に求める条件をリスト化し、その中から自分が絶対譲れないものを「2つまで」選びます。

 

自分が譲れない条件が多すぎるとそれはそれで転職先選びが難航するので、2つまでに絞っておくのが無難です。

 

このステップを経ることで、転職先選びがスムーズにいくようになるはずです。

 

ケース4:自分でも何をしたら良いのかわからない

原因4「自分が本当に転職したい理由がわからない」

 

次の転職先は、どのような職種にしたら良いのか、どのような業種にしたら良いのかわからないという方が、意外にも多いです。

 

このような場合の原因は、転職したい理由や転職の目的が曖昧になっているということ。

 

単純に「人間関係が嫌だから」、「お給料が低いから」という理由だけでなく、転職をしようと思った理由をよく考える必要があります。

 

対処法4「将来のキャリアプランについて考える」

 

自分がなぜ転職をしたいのかわからない場合は、将来のキャリアプランについて考えると良いでしょう。

 

たとえば「結婚をして家族を持ちたいから、今のスキルを活かしてさらに飛躍できる会社に転職したい」などです。

 

ここまで考えることができれば、今のスキルを活かせる会社を探せるようになり、さらにはその会社に転職するために必要なスキルを確認できます。

 

単純に「お給料をあげたい」だけだと、漠然と求人を探してしまう場合もあり、時間だけがすぎてしまいます。

 

何をして良いのかわからないという方は、まずは今の自分のスキルを活かせる転職を考えましょう。

 

さて今回は、「転職活動が進まない」というようなお悩みを抱えた方にピッタリな情報をお届けしてきました。

 

転職活動は社会人にとっての一大イベントでもあるので、それに取り組むための勇気を持てない方も多いかもしれません。

 

今回の情報が、そういう方にとって何か良いきっかけになれば幸いです。


「東京、埼玉、千葉、神奈川の正社員求人ならtype転職エージェントがオススメ!」がイメージできる画像01

>当サイトから一番登録が多い「type転職エージェント」の詳細はこちら<



↓↓↓当サイト経由で申し込みが多い人気の転職サービスとオススメポイント!↓↓↓


人気の転職サービス

地域/紹介職種/サービスタイプ

オススメポイント

type転職エージェント

関東中心

総合転職

転職エージェント

転職した人の71%が年収UP!
● アドバイザーが年収交渉!
● 履歴書や面接対策までサポート
20代の事務職の転職に強い!
女性の転職に強い!

DODA

転職サイトdoda

全国対応

総合転職

転職サイト・エージェント

面談”あり”、”なし”の選択可!
● 転職サポートが充実!
● アドバイザーの変更も可能!
● 転職業界大手!
● 転職のプロが徹底サポート

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス

関東・関西・中部

アパレル業界専門

転職エージェント

アパレル業界専門サービス!
● 10万人以上の登録ユーザー数
● 求人企業数2300社以上!
● 業界出身のコンサル多数
● デザイナーからMDまで豊富

「転職エージェント徹底比較ランキング!」がイメージ出来る画像01
このページの先頭へ戻る