Pick up news !!

20代の再就職と転職まとめ! 成功のコツとオススメサービス

20代の再就職と転職まとめ!【※成功のコツとオススメサービス】

 

入社してみたはいいけど、自分にはどうも合わない・・・とんでもないブラック企業で逃げるように退社した・・・

 

20代のうちに会社を辞める理由は、人によってさまざまです。

 

そして再就職を考える頃になると、以下の様な疑問が出てくることもあります。

 

「20代の再就職だと、第二新卒採用とキャリア採用どっちがいいんだろう?」
「20代にしては転職回数が多いんだけど、やっぱり再就職で不利になる?」
「20代の再就職にオススメのサービスは?」

 

そこで今回は、上記のような20代の再就職で生じがちな疑問とその解消法や再就職成功のためのポイント、オススメのサービスについて紹介していきます。

 

気になった方は是非チェックしてみてくださいね。


20代の転職と再就職でよくある疑問と解決法まとめ!

20代の転職と再就職でよくある疑問と解決法まとめ!

 

それではさっそく、20代の再就職でありがちな疑問とその解消法をチェックしていきましょう。

 

20代の再就職は第二新卒とキャリア採用どっちが良い?

第二新卒には明確な定義は存在しませんが、一般的に「新卒での入社から3年未満の就職希望者」を意味することが多いです。

 

ですから20代の再就職では、年齢によっては第二新卒としての採用も可能となります。

 

第二新卒採用のメリット

 

  • 企業により異なるが、新卒と同じように研修で基礎から指導してもらえる。
  • 3年以内に退職する新卒が少なくないため、人材不足の企業にとって第二新卒は積極採用したい存在。
  • 短期間でも社会人としての経験を積んできたので、新卒より指導しやすいと評価されている。

 

第二新卒採用のデメリット

 

  • 企業により異なるが、新卒と同待遇となるため給料はあまり期待できない。
  • 「またすぐ退職するのでは?」という疑いの目で見られる可能性もある。

 

一方、キャリア採用にはどういったメリット・デメリットがあるのでしょうか。

 

キャリア採用のメリット

 

  • 年齢やキャリアが考慮されるため、第二新卒採用よりは待遇面で期待できる。

 

キャリア採用のデメリット

 

  • 経験者として扱われるので、第二新卒採用に比べると仕事でのプレッシャーが強くなる可能性がある。

 

20代での転職、何回までなら面接で不利にならない?

昔に比べると転職も一般化してきましたが、そんな現代の20代はどの程度の割合で転職を経験しているのでしょうか?

 

以下で、リクナビNEXT調べ※のデータを紹介します。

20代の転職回数

 

  • 76%…転職経験なし
  • 16%…1回
  • 6%…2回
  • 2%…3回

※2017年1〜6月までのリクナビNEXT新規会員データからの集計結果。

 

上記データでは、20代ですと転職をしない人の方が圧倒的に多いということになります。

 

転職回数2回がより少数派になっていることからもわかるように、一般的には20代であれば「転職回数2回以上だと厳しくなる」という見方が強いです。

 

ただすでに2回以上の転職回数があるなら、それを今さら気にしたところで仕方ありません。

 

それに採用担当者によっては「転職歴とその人のスキルは無関係だから」という理由から「転職回数を気にしない」場合もありますので、あまり神経質にならないことが大切です。

 

20代前半と後半、再就職するならどっちが成功しやすい?

まだ退職するかどうか迷っている場合、「20代前半と20代後半だったら、どちらがより納得のいく再就職がしやすいんだろうか?」と気になることもあるかもしれません。

 

どちらが成功しやすいか?もちろんこれに答えはありません。自身のキャリアやスキル、目指す業界などによって変わってきます。

 

ただ第二新卒採用を目指すなら、20代後半になる前に再就職に向けた活動を進めていく必要があります。

 

一般的な解釈では、20代中盤までを第二新卒とするというケースが多いからです。

 

一方、自身のキャリアを評価してもらい、ステップアップのための再就職を実現させたいというのであれば20代後半になるまで待ってから再就職をすることになります。

 

大卒者の場合、20代前半のうちにそこまでのキャリアを築けるケースというのはあまりないでしょうからね。

 

20代の再就職成功のコツとオススメの就職支援サービス!

20代の再就職を成功させるためには?

 

「また辞めればいい」はNG

「もし再就職に失敗しても、20代だからいくらでもやり直しがきく。」

 

こうした前向きさはもちろん悪いことではないのですが、そういうスタンスでいると真剣に就職先選びをすることができなくなり、再就職失敗のリスクが上がる可能性があります。

 

また、そうした意識の低さは採用担当者も見抜いていますので、「また辞めればいい」という思いは捨てて活動を進めていくことが重要です。

 

退職をし、再就職をする理由を明確にする

これはどんな再就職においても重要なことですが、まずはその理由を明確にすることが大切になってきます。

 

そこをきちんとしておかないと、また同じような職場を選んでしまう可能性があります。

 

退職理由を通して「次はこういう職場がいい」という目標を明確にしておけば、活動も進めやすくなります。

 

自己分析を徹底する

20代という年代での再就職であれば、比較的他の年代よりも異業種や異職種への新たなチャレンジがしやすいです。

 

しかしその優位性から自己分析をおろそかにすると、自身を過大評価することにつながり、失敗リスクも高まってしまいます。

 

ですから自己分析を徹底して行ない、次の会社で自分はどんなことをしたいのか、これからどのようなキャリアを重ねていきたいのかなどを、突き詰めていくことが重要です。

 

第二新卒採用でも甘えない

20代ですと、年齢によっては第二新卒としての採用も可能です。

 

新卒と同じように扱われる第二新卒として新たなスタートを切りたいという気持ちは立派ですが、その中に「甘え」があるとそれを採用担当者に見抜かれてしまうかもしれません。

 

企業側としては、わずかでも社会人経験があるという点などを高く評価しているわけですから、たとえ扱いはおなじでも新卒とまるっきり同じスタンスをとるのは好ましくありません。

 

オススメの就職支援サービス

 

ハタラクティブ

 

ハタラクティブの画像

 

主に20代の既卒、第二新卒、フリーターへの就職活動支援サービスを提供している会社です。

 

一般的な転職支援サービスとは異なり、20代の若年層に特化したサービスであるため、利用する側としてはより心強いのではないでしょうか。

 

そんなハタラクティブの主な特徴を、以下でまとめています。

20代の若年層に特化してサービスを提供している。
就活アドバイザーによる個別カウンセリングを実施。
非公開求人を含む求人を紹介。
チャット機能で気軽に相談できる。
サービスはすべて無料。
難しい自己分析も、就活アドバイザーが相談に乗ってくれるから安心。
書類作成のアドバイスもしてくれる。
面接日程の調整を任せられる。
入社後のフォローもある。

 

ハタラクティブの詳細はこちら!

 

さて今回は、20代での再就職について掘り下げた内容をお届けしてきました。何か参考にしていただける内容があれば、幸いです。


「東京、埼玉、千葉、神奈川の正社員求人ならtype転職エージェントがオススメ!」がイメージできる画像01

>当サイトから一番登録が多い「type転職エージェント」の詳細はこちら<



↓↓↓当サイト経由で申し込みが多い人気の転職サービスとオススメポイント!↓↓↓


人気の転職サービス

地域/紹介職種/サービスタイプ

オススメポイント

type転職エージェント

関東中心

総合転職

転職エージェント

転職した人の71%が年収UP!
● アドバイザーが年収交渉!
● 履歴書や面接対策までサポート
20代の事務職の転職に強い!
女性の転職に強い!

DODA

転職サイトdoda

全国対応

総合転職

転職サイト・エージェント

面談”あり”、”なし”の選択可!
● 転職サポートが充実!
● アドバイザーの変更も可能!
● 転職業界大手!
● 転職のプロが徹底サポート

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス

関東・関西・中部

アパレル業界専門

転職エージェント

アパレル業界専門サービス!
● 10万人以上の登録ユーザー数
● 求人企業数2300社以上!
● 業界出身のコンサル多数
● デザイナーからMDまで豊富

「転職エージェント徹底比較ランキング!」がイメージ出来る画像01
このページの先頭へ戻る