Pick up news !!

正社員の退職まとめ!退職金や退職届、辞める為の流れは?

「正社員の退職まとめ!【※退職金や退職届、辞める為の流れは?】」がイメージ出来る画像03

 

上がらない給料や人間関係の悪さなど、様々な理由で会社を辞めようと考える人がいますが、退職に関しては分からない事も多いかもしれません。

 

特に、正社員として長い年数勤めた会社ほど、退職届を出すタイミングや流れ、退職金については気になる所です。

 

そこで今回は以下の点についてまとめてみました。

 

退職届を出すタイミングと流れについて!
正社員が退職金を貰える条件や規定は?

 

入社する際にも様々な段取りが必要となりますが、退職する際にもしっかりと段取りを組んで辞める方が、会社にとっても働いている本人にとっても良いのは間違いありません。

 

もし今現在正社員として働いていて、近い将来退職を考えていると言う事なら、是非参考にしてもらえればと思います。


退職届を出すタイミングと流れについて!

「退職届を出すタイミングと流れについて!」がイメージ出来る画像01

 

正社員として働いているなら、退職する際にもしっかりと会社からも納得してもらってから辞めるべきです。納得してもらうには、退職届を出すタイミングや流れについて知っておく方が良いかと思います。

退職の際のタイミングや流れまとめ!

退職届を出すタイミング、誰にいつ出すの?

 

退職届に関しては、まず直属の上司に会社を辞める意思を伝え、その後引き継ぎや会社全体への報告などの段取りを組みながら、2週間〜1ヶ月前ぐらいに出すのが一般的です。

 

ちなみに、退職願と退職届は若干違い、退職を撤回出来る状態なのが”退職願”になるので、退職日を決めているのであれば、しっかりと1ヶ月前には”退職届”を出したい所です。

 

正社員が退職する場合のスケジュール

 

アルバイトが会社を辞める場合は、そこまで段取りを組む必要はありませんが、正社員として働いてきたなら、しっかりとスケジューリングの上退職するのが礼儀です。

 

基本的には以下の様な流れで行うと、スムーズに円満に退職する事が出来ます。

 会社を辞める意思を、一番世話になった上司に伝える・・・退職の2〜3ヶ月前が理想

 その上司と相談の上、退職の意思を会社に伝える時期を決める・・・退職の2〜2.5ヶ月前が理想

 退職届を一番世話になった直属の上司に渡す・・・退職の2週間前〜1ヶ月前が理想

この間に、自分の仕事の引き継ぎや、関係各社へのあいさつ、転職先の検索を行います。

 

また、辞める直前には、健康保険、年金関係など、必要な手続きについても事前に確認しておきたい所です。

 

正社員が退職する時期で多いのは?

 

基本的に正社員が辞める時期として多いのが、

 ボーナスを貰った後
 引き継ぎが終わり次第
 自分の辞めたいタイミング
 転職先が決まり次第
 新卒や新入社員が入ってくる前

と言うタイミングや時期で、上記で辞めるのが比較的辞めやすい上に、自分にとってもメリットは大きくなるのでオススメです。


正社員が退職金を貰える条件や規定は?

「正社員が退職金を貰える条件や規定は?」がイメージ出来る画像01

 

正社員として働いている場合、「退職金は貰えるのか?」についても気になる所です。そこでこちらについてもまとめてみました。

正社員の退職金まとめ!

正社員が貰える退職金は2種類ある

 

一般的に退職金としては、≪退職一時金≫と≪定年退職金≫と言う2種類があります。

 

読んでもらうと分かりますが、基本的に定年後貰えるものが≪定年退職金≫で、転職の際などに貰えるのが≪退職一時金≫となります。

 

ここでは、正社員の退職と言う事で、この≪退職一時金≫に関してまとめています。

 

退職金が貰える条件や規定は?

 

正社員として働いていて、会社を退職する際や転職する際に貰える≪退職一時金≫ですが、貰える場合と貰えない場合があります。

 

一般的には”勤続年数”のみが影響すると思われがちですが、実際には勤めている会社が定めている”就業規則”や”退職給付制度”により異なります。

 

しっかりと退職一時金に関して定めている優良企業であれば、勤続3年以上で退職一時金を貰える事もあるので、まずは勤めている会社の”就業規則”や”退職給付制度”を確認してみましょう。

 

基本的に自己都合退職は安くなる

 

退職時には、”会社都合の退職”と”自己都合の退職”があり、基本的に転職や自分が辞めたいと思って会社を辞める場合は”自己都合”になります。

 

この場合、会社が退職一時金の制度を定めていても、会社都合よりも自己都合退職の方が、貰える退職一時金が少なくなります。

 

退職金の相場と計算方法

 

退職一時金が貰える会社であれば、基本的に以下の様な計算式で金額を算出する事が出来ます。

退職時の1ヶ月分の基本給 × 勤続年数 × 給付率

この給付率と言うのは、会社ごとに定められているものなのですが、平均的には以下の様な給付率だと言われています。

勤続年数

自己都合での平均給付率

会社都合での平均給付率

1年

43%

72

3年

33%

51

5年

36%

51

10年

42%

55

15年

47%

59

20年

52%

62

25年

57%

65

30年

59%

65

35年

59%

65

定年

69

最初に紹介した計算式に、上記の勤続年数に相当する給付率を当てはめて計算すると、およその退職金の相場を計算する事が出来ます。

 

 

 

正社員の退職に関して今回はまとめてみましたが、勤めている会社によっても退職の流れや退職金については大きく異なります。

 

もし退職や転職を考えているなら、まずは勤めている会社の就業規則や退職給付金制度に関して確認した上で、上記をご参考頂ければと思います。


「東京、埼玉、千葉、神奈川の正社員求人ならtype転職エージェントがオススメ!」がイメージできる画像01

>当サイトから一番登録が多い「type転職エージェント」の詳細はこちら<



↓↓↓当サイト経由で申し込みが多い人気の転職サービスとオススメポイント!↓↓↓


人気の転職サービス

地域/紹介職種/サービスタイプ

オススメポイント

type転職エージェント

関東中心

総合転職

転職エージェント

転職した人の71%が年収UP!
● アドバイザーが年収交渉!
● 履歴書や面接対策までサポート
20代の事務職の転職に強い!
女性の転職に強い!

DODA

転職サイトdoda

全国対応

総合転職

転職サイト・エージェント

面談”あり”、”なし”の選択可!
● 転職サポートが充実!
● アドバイザーの変更も可能!
● 転職業界大手!
● 転職のプロが徹底サポート

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス

関東・関西・中部

アパレル業界専門

転職エージェント

アパレル業界専門サービス!
● 10万人以上の登録ユーザー数
● 求人企業数2300社以上!
● 業界出身のコンサル多数
● デザイナーからMDまで豊富

「転職エージェント徹底比較ランキング!」がイメージ出来る画像01
このページの先頭へ戻る